ふっくらコロコロくるみボタン♪いろいろなパーツに活用できる!おすすめ活用法7選

小さくて、ふっくらしてコロコロした可愛いくるみボタン。 置いてあるだけでもなんだか嬉しくなりますね。くるみボタンは100円ショップで売ってるキットや普通のボタンで作ることができますよ。また、ボタンとして使う他にもアクセサリーになったり雑貨になったり色々活用出来ちゃいます。リボンを付けたりスタンプ押したりして自分だけのオリジナルくるみボタン作ってみませんか?ここではくるみボタンの作り方とおすすめ活用方法をご紹介します。今人気のくるみボタンでハンドメイドを楽しみましょ♪

種類が豊富なボタン

買った洋服についてきたボタンや、ついつい買ってしまったボタンなど、どんどん増えてしまうボタン。
そのままでも十分何かに使えそうだけど、布で包むととっても可愛く変身します♪

100円ショップにキットがあるよ

100均にはくるみボタン用のキットがあります。
サイズも色々あるのでぜひ試して下さい。
今回は18mm用のものにしました。

はさみ 布 鉛筆 綿(キルト芯) 針と糸  布はあまり厚いと作りにくいです。
模様も大きすぎると綺麗に見えません。

1.中に入っている型紙に合わせて布を切ります。

2.布・綿・くるみボタンの上側パーツを重ねます。
3.布の周りを縫って絞ります。
4.付いてきた打ち具でパーツの下側を押し込めば完成。

綿は入れすぎると押し込む時にきつくなってしまうので少な目でOK!代わりにキルト芯でも出来ます。
ない場合は入れなくても良いですが、薄めの布の場合金属が透けて見えてしまいます。

普通のボタンでも作れます

キットを買いに行くのが面倒な方や、家にたくさんボタンがある場合はそれでも代用出来ますよ♪ 布・綿・ボタンを乗せて周りを縫って絞り、裏でしっかり縫い留めます。
また、裏にボンドを付けてラップで絞る方法もあります。
自分のやりやすい方法でお試し下さい。

ハギレで出来ちゃう

貰ったけど使わない風呂敷、古くなったネクタイやバンダナ、もちろん着なくなった服やハンカチなど何でも使えます。
お好みの布を見つけて、もう一度使って生き返らせてあげましょう。

風船も出来ますよ

なんとビックリ!風船も円に切って同じように作ることが出来ます。
こちらは綿は入れなくて大丈夫。
布以外でも色んな素材に挑戦するのも楽しそうですね♪

くるみボタンおすすめ活用法その1. かわいいデザインはブローチに

くるみボタンでアクセサリーも色々作ることができます。
こちらはブローチ☆くるみボタンにサテン生地やレース生地を組み合わせてお花風のブローチにするのもかわいいですね。
お好みのアレンジをプラスして自分だけのアクセサリーを楽しみましょ♪

くるみボタンおすすめ活用法その2. 大人っぽいイヤリングも

“>

厚手の無地の布で作ったくるみボタンにパールなどのパーツをプラスするだけで、大人かわいいイヤリングに!シックな雰囲気のおしゃれにもよく合いそうですね。

くるみボタンおすすめ活用法その3. ヘアゴムにも最適

“>

くるみボタンを使ったヘアゴムもかわいいですよ。
こちらのくるみボタンは刺繍風のデザインで大人っぽいヘアゴムですね。
女の子には柄のある布で作ったくるみボタンで、ポップな雰囲気のヘアゴムを作ってあげるのもおすすめです。

くるみボタンおすすめ活用法その4. お好みのくるみボタンはストラップに☆

“>

好きなデザインのくるみボタンができたらストラップにして、いつも持ち歩くものにつけませんか?カバンやスマホなど、自分の持ち物の目印にぴったり!写真は津軽の伝統模様こぎん刺しデザインのくるみボタンです。

くるみボタンおすすめ活用法その5. くるみボタンのCUTEなクリップ

“>

くるみボタンをクリップにしてかわいい文房具にアレンジするのも良いですね。
メモなどを挟んで使ったり、ラッピングの留めとして使うのもおすすめです。
ワンポイントつけるだけで、気分も明るくなりますね☆

くるみボタンおすすめ活用法その6. インテリアに活用☆カーテンタッセル

“>

くるみボタンをつなげてオリジナルのカーテンタッセルも作れちゃいます。
手作りならカーテンの色に合わせたり、お部屋の雰囲気にあったものが作れて良いですよ☆インテリア雑貨にも活用できるのはうれしいですね。

くるみボタンおすすめ活用法その7. おしゃれリースも

“>

くるみボタンをたくさん作ってリースを作るのも素敵ですよ。
ドットの柄とお花模様がとってもかわいいですね。
赤やグリーンをベースにして、クリスマスリースを作るのもおすすめです◎

くるみボタンの活用方法はいっぱい!

いろいろな布で作ることのできるくるみボタンはお洋服につけるだけでなく、自分のお気に入りのグッズに飾るのもおすすめです。
アイデアの幅を広げれば、インテリアグッズにも活用できちゃいます。
今回ご紹介したグッズで気になるものがあったら、ぜひチャレンジしてみてくださいね。
1度作ったら病みつきになっちゃうかも。