薔薇をボリュームたっぷりに育てる誘引のコツをご紹介♪お勧めは香りの強い「ナエマ」!

お花でいっぱいのお庭は、いつの時代も女性の憧れですよね。色とりどりのお花たちの中でも、特に人気が高いのはやっぱり綺麗な「バラ」! ガーデニングが好きな人も、「興味がある」程度にとどまっている人も、美しいバラのフェンスをご自宅のお庭に飾っておけたらいいなと思いませんか? 今回は、香りが強く育てやすいつるバラの一種、フレンチローズの「ナエマ」をお庭で大きく育てる誘引のコツをご紹介いたします。

育てやすい「ナエマ」はとっても魅力的なバラ

image by PIXTA / 2908806

「ナエマ」という種類の薔薇をご存知ですか?

バラには真っ赤なものや真っ白なものがありますが、こちらのナエマは写真を見てわかるように淡いピンク色がとってもキュートなつるバラなんです。

つる状に伸びるので、フェンスに絡めてお庭に飾っておくことも可能。
華やかなバラのフェンスは道行く人にも注目されるので、強い香りを周囲に振りまいてくれるナエマはフェンスにピッタリ。
ガーデニング初心者にもおすすめできる品種なんですよ♪

ナエマを育ててみましょう

ご自宅のお庭にボリュームたっぷりのバラの花を咲かせてみませんか? ナエマは育てやすいうえに「つる」が伸びやすく、大きく育ってくれるんですよ。
フェンスに絡ませるのにも向いているので、愛好している人も多くいるんです!

ちなみに、フェンスに絡んだナエマはこの画像のような感じになります。
まるで西洋のお城のガーデンに見えますよね。
もしお宅に小さな女の子がいれば、お庭のバラを見るたびにお姫様気分に浸れること間違いなしです♪

手順その1・トレリスを用意

ここからは上手なバラの育て方の基本、フェンスに絡めるための誘引方法についての情報をお送りいたします!

上手に育てるためには、苗のうちにつるの伸びの手入れをする必要があるんです。
ナエマのバラをボリュームたっぷりに育てるため、枝を誘引していきましょう。

まず、つるを巻きつかせる対象であるフェンス「トレリス」を設置しましょう。
これは、ホームセンターなどで取り扱っています。
お庭の土に突き立てるようにして設置します。
鉢の場合は、専用のスタンドを使うのがいいでしょう。

手順その2・太くて長い枝を誘引する

バラには色々な種類がありますが、ナエマのバラは特に太くて立派なつるに花を咲かせます。
支柱となる立派な太いつるをなるべく広げるようにして誘引し、専用の「ガーデンソフトタイ」を使って固定していきましょう。

つる同士を近づけすぎると、ナエマが育って葉っぱが出てきたときに葉っぱ同士がお互いの日照を邪魔してしまうので、枝同士の間は広げた手のひら程度の距離を開けるようにするのがいいでしょう。

手順その3・ほかの枝を隙間に誘引する

太くて立派な主要な枝を固定したあとは、残った細い枝を配置していきましょう。
こちらも葉っぱが重なりすぎないよう、なるべく隙間を開けるようにして配置するのがポイントです。
配置する場所が決まったら、主要な枝と同じようにガーデンソフトタイを使って固定していきます。

ナエマの花が咲いた時のことを想像して、時おりフェンスの全体を見てみるようにしましょう。
せっかくのナエマですから、バランスのよくなるように配置していきたいですね。

手順その4・不要な枝をカットする

どのように配置してもバランスがとれそうになく、いびつになってしまいそうな枝や、細すぎて花が付かなさそうな枝など、半端なものは根元からカットしてしまって構いません。

写真で見てもわかるように、根元は特にトゲの付き方が激しいですから、カットする際にケガをしてしまわないよう注意しましょう。
作業の際には厚手の軍手などを装着しておくのを忘れずに。
薔薇を触るのに素手で行う人はいないとは思いますが、軍手が薄すぎるとトゲが貫通する恐れがありますよ!

手順その5・確認をして問題がなければ完成!

最後に、枝がきちんと広げて固定できているかをご確認ください。
すべての枝がきちんと固定され、邪魔な枝をカットできていれば、これで完成です!

誘引が完了したら、あとはナエマが育つのを待ちましょう。
バラが育っていくにつれ、自然とバラのフェンスができていきますよ。
水やりや肥料、害虫対策など、お手入れもこまめにしておきたいですね。
ナエマは耐病性にも優れている強健な品種なので、病気の心配はあまりいりません。

作業をするべき時期・花の咲く時期について

花が綺麗に咲く時期についてですが、ナエマの誘引が終わってから、だいたい3年後の5、6月ごろに満開を迎えるでしょう。

誘引作業を行うのに向いている時期は、ところによって違ってきます。
暖地の場合なら2月~2月の初旬がおすすめ。
積雪地帯であれば11月~12月初旬がいいでしょう。
また、寒冷地の場合には早春3月あたりがよいと言われています。

いい時期に栽培を始めて、より綺麗な花を咲かせるようにしたいですね♪

ナエマを育てて美しいお庭を作ろう♪

image by PIXTA / 21397277

今回は、ナエマの誘引のコツをお届けいたしました。
ナエマは丸く可愛いカップ咲きをする品種で、香水の名前を与えられるほど強香なバラでもあります。
淡いピンク色がとっても素敵という理由もあって、非常に人気の高い品種なんですよ。

意外と簡単ですから、園芸を始めてみたいと思っている人にもオススメ。
皆さんぜひナエマを栽培してみてくださいね♪