旦那がイライラしてる?そのような時でも旦那をご機嫌にできる方法10選

男性は仕事で嫌なことがあったときなどに時折、家庭にまでイライラを持ち込むことがあります。そのような時にどのような対応をしているか紹介していきます。

旦那のイライラの原因は?

私の旦那はとても気分屋です。

突然イライラしだしたり、少しの発言に対してものすごく怒り出すこともあり、なかなか怒りのポイントをつかむことが出来ません。

ですが、生活の中で旦那をそれ以上に怒らせないために、旦那の怒りを少しでも鎮めるために少しの気遣いをしています。

旦那も私も嫌な思いをしない為には冷静なほうが少し、気を使ってあげるのが良いことです。

夫婦で毎日一緒に過ごしていると怒っているとき、イライラしているときなどがわかるようになってきます。

私の旦那は無口になり笑わなくなるので、とても分かりやすいです。

旦那の怒りの原因までは表情だけでは汲み取れませんが、後々に上手に聞き出して怒りを鎮めていくことに専念しています。

家庭の雰囲気を悪くしない為に

家庭の中で誰か一人が機嫌が悪くなってしまうと、家中の空気が悪くなっていき子どもがぐずりだすこともしばしば。

旦那の機嫌に左右されていたら、妻や子どもの身が持ちません。

イライラしているときにはしっかりと話を聞いて解決していくことが大切なことになります。

なぜイライラしているのか、家族に当たっても良いのかを理解してもらいましょう。

旦那がイライラしているときに、あなたはどのような工夫をしているでしょうか。

家庭を笑顔にするための工夫は家庭それぞれです。

私の家庭で実践している、旦那がイライラしているときの解決策を紹介していきます。

方法1 ねぎらいの言葉をかける

仕事から帰宅して早々にイライラしていることも少なくありません。

イライラしているのが目に見えてわかる日にはいつもの倍、ねぎらいの言葉をかけるようにしてみています。

自分が頑張ったことを認めてもらうだけで気持ちよくなる人は多いでしょう。

旦那も同じで特に疲れた日などにねぎらいの言葉を多くいってもらえると、次からも頑張れるそうです。

ねぎらいの言葉一つで機嫌が直る日もありますし、そうでない日もあります。

ほんの少しの言葉で機嫌が良くなり楽しく過ごせるようになるのならば、たくさんかけたほうが良い言葉でしょう。

方法2 感謝の言葉を伝える

仕事を頑張ってくれてありがとう。

家事、育児を手伝ってくれてありがとう。

などのたくさんのありがとうを伝えます。

感謝の気持ちを伝えるだけで得意げな顔をした旦那さんを見たことありませんか。

私の旦那はありがとうというと、いつもにやっとして得意げな顔をします。

よほど感謝の気持ちを伝えられて嬉しいのでしょう。

感謝の気持ちというのは意外と伝えるのを忘れがちです。

伝えるだけで誰もが気持ちよくなれる言葉、ありがとう。

旦那がイライラしているときこそ使える魔法の言葉になります。

旦那の機嫌が悪くてむかつくこともありますが、ぐっとこらえましょう。

方法3 手伝ってもらったら大げさにほめる

私の旦那は結婚してから毎日、食器洗いなどの家事を手伝ってくれます。

イライラしていながらも手伝ってくれた時にはありがとうと共に、褒めちぎることにしました。

当たり前に出来るようになってくれた家事。
毎日感謝は伝えるけど、褒めないのでイライラしているときに褒めると効果が絶大になります。

大人になると職場や家でほめられることは少なくなってしまう方がほとんどです。

今、褒められることはとても貴重なことになります。

あなたがたくさんほめてあげてください。

私の旦那は褒められるだけで機嫌が直り、率先して家事をしてくれるようになりました。

方法4 今日の楽しかった話をする

イライラしている日に楽しくない話を聞いても余計にイライラしてきてしまいます。

旦那がイラついているときには楽しい会話をしましょう。

旦那が好きなものの会話などをしたら機嫌が戻る可能性も高いです。

好きなものの話になると火がついてしまう男性もたくさん。

旦那の様子を見て会話していきましょう。

あなたの今日一日の出来事の中で楽しかったこと。

子供の成長の話などをしたらとても喜びます。

自分の見ていないところでの子供の成長は旦那にとっても大切な記憶になります。

日々の中で、会話の種になるものを探していってください。

方法5 旦那にそれとなく何があったのかを聞く

イライラしている日には何があったのかを聞いてあげましょう。

自分から話しにくいことなどもあるので、それとなくたずねてみてあげると話してくれます。

聞き上手の奥様になってみると旦那にとっては嬉しいことです。

話しているときには絶対に否定はしないでただただ聞くことに専念しましょう。

仕事をしている旦那は社会の中でストレスを受けて帰ってきます。

家でもストレスが溜まってしまったり問題があると、離婚も考えるでしょう。

幸せな結婚をして家庭に求めるものは癒しと安心。

あなたが広い心で旦那の心を受けとめてください。

方法6 大変だった話が出たら同意する

会話の中で大変な話が出た時には、同意して心配してあげましょう。

決して否定や責めるようなことは言わないでください。

会話をすることはストレス発散になりますが、遮られ否定されると不安になり精神状態が悪化します。

イライラしているときには理由を聞くこともせず、静かに聞くだけにしましょう。

思っていることや、ストレスの理由を自分から話してくれるようになります。

大好きな妻に相談するように話し、聞いてもらうことで安心でき良い関係になっていくのです。

苦労を理解し旦那を理解してください。

方法7 少しの間一人にさせてあげる

人は誰とも話したくなく、一緒の空間にいたくない時があります。

旦那が相当落ち込んで何も話さない時には、そっと一人にしてあげましょう。

少しの間でも一人になって考えると冷静になることが出来るので大切な時間です。

家族だからこそ一人になりたいときを察してあげてください。

冷静になった後に旦那が過ごしやすいように、風呂やご飯を用意しておきましょう。

言葉をかける時には言い方に気を付け、優しく接します。

あなたが旦那の癒しになってあげましょう。

方法8 旦那の好きな食事を作る

旦那がイライラして帰ってきたときには、旦那の好きな料理を作ってあげてください。

食事というのは人間の生理的欲求であり、食事をすることで幸せな気持ちになれます。

自分の大好きな食事が並んでいる食卓。

自分の為だけに用意されたものは旦那を満足させてあげられるものになります。

怒っているときでもお腹はすくでしょう。

食べるということは一番のストレス解消法になります。

あなたが旦那のストレスの解決策を作ってあげてください。

夫婦であるからこそできる励まし方をしてあげることが大事です。

方法9 お風呂でリフレッシュしてもらう

イライラしているときにお風呂に入るとリフレッシュできます。

旦那の為にあったかいお風呂を用意してあげてください。

お風呂で体を洗うだけでも気分が洗い流されます。

温まって落ち着くと嫌なことが忘れられるのです。

頭を休ませるためにもゆっくりお風呂で休ませてあげましょう。

気分のリフレッシュをするために、いつもと違う入浴剤を入れてみるのも良いです。

旦那の為に用意したいつもと違う一番風呂。

旦那の体と心を癒して気分ごとリフレッシュさせてあげてください。

日々の疲れもなくなり、気分が良くなります。

リフレッシュされたことにより気分も良くなり、会話が弾み良いことがあるでしょう。

方法10 抱きしめてあげる

イライラしている旦那を見た時ぎゅっと抱きしめてみてください。

人はハグをすることでストレスが軽減します。

気分が落ちているときに大好きな妻や子供たちに抱きしめられたら、嬉しい物です。

人のぬくもりというのは一番の安らぎとなります。

癒しも安らぎも家族の中で作ってあげるべきです。

あなたが妊娠した時、出産後などに旦那は抱きしめてくれたでしょう。

次はあなたが今までの感謝を込めて抱きしめてあげてください。

強く抱きしめて、大好きと伝えます。

愛情が伝わればイライラも収まってくるのです。

たくさんの愛情を旦那に対して伝えてあげてくださいね。

大好きな旦那に癒しを

イライラしている旦那を見てイライラする妻。

ピリピリした空気の夫婦を見て怖がる子ども。

どの家庭でも見たことのある光景ではないでしょうか。

決して良いとは言えない家族です。

誰も一緒にいたい、帰りたいと思えない家なので居心地がとても悪い家庭になります。

夫婦円満に程遠くなっていくのです。

良くない家族になってしまっている場合、夫婦のどちらかが仲直りのきっかけを作らなければなりません。

女性のほうが男性よりも多少大人な部分もあるので、妻が旦那が気持ちよく過ごせるよう工夫しましょう。

イライラしていた気分も吹っ飛ぶくらいに帰りたくなる家庭を作り上げていくことが大切です。

旦那のイライラを抑えるために

旦那がイライラしているのを見ているのは家族もつらいことです。

家にいても外にいてストレスだらけ。

いつかは旦那がつぶれてしまう状況を作り出してしまうのはやめましょう。

あなたが癒しとなり、安堵の場所を毎日用意して待っていてください。

日々の中の些細なことも幸せに感じられる家族が理想です。

あなたの行動一つで旦那の気持ちが変わります。

気を使うことは難しく、人の気分を変えるのも難しいことです。

夫婦になったからこそお互いの気持ちを察し、分かり合えるのがベストな関係でしょう。

普段からお互いの気持ちの少しの変化にも気が付けるよう、相手のことを観察してください。

イライラしているときにも、解消してあげられる関係を築いていきましょう。