選び方が大切!ダイエットや筋トレにおすすめのバランスボール15選

バランスボールは種類やサイズがたくさんあるので、選び方のコツを知って自分に合ったものを使うようにしましょう。

バランスボールの「種類」や「選び方」を知っておこう

バランスボールはたくさん種類があるので、どのようなボールを選んだら良いのか分かりずらいかもしれません。

同じようなサイズのものでも、価格はピンきりですよね。

実はこのバランスボール、用途によって選び方が変わってきます。

初めてでも購入しやすいリーズナブルなものでお試ししてみるのもおすすめな方法ですが、体重をしっかりかけることが多いので、耐荷重や素材選びも重要になってきますよ。

バランスボールの種類は、椅子になったタイプ・サイズ違い・ミニタイプに平べったい型などいろいろ。

どのような使い方をするのか見ていきましょう。

「目的」に合ったバランスボールを選ぶのがポイント!

本格的な筋トレを目的として選ぶ場合は、様々なエクササイズに使いやすい丸型のポピュラーなものを選びます。

体幹やインナーマッスルを鍛えたい場合は椅子タイプを選ぶと、椅子に座りながら日常の動作で知らずしらずのうちに体幹が鍛えられていくでしょう。

また、体の特定の部位を鍛えたい場合は手の平に収まりやすいミニサイズや、床に敷いてウエスト周りの引き締め運動に使いやすい平べったいタイプを使用します。

目的に合ったバランスボールで効率良くトレーニングしていきましょう。

サイズは身長で選ぶのが正解!自分に合ったバランスボール

さて、同じバランスボールでもサイズが4種類あるものが多いのではないかと思います。
どれが良いのか迷いませんか?ヒントは「身長」。

バランスボールは使用する方の身長によって選ぶように推奨されています。

目安は身長150cm以下の方は45cm、身長170cmまでの方は55cm、身長185cmまでの方は65cm、それ以上の方は75cmと、10cm刻みで選べるようになっています。

いろいろなバランスボールを15選ピックアップしていますので、ぜひご参考になさってくださいね。

#1 ロングセラーならこれ「アルインコ」

ALINCO(アルインコ) バランスボール 65cm エアーポンプ付 EXG025 ホワイト

初心者から上級者まで根強い人気のアルインコは、上質な素材を採用。

空気入れが大変なバランスボールですが、アルインコならエアーポンプ付きなので簡単に膨らませられますよ。

また、耐荷重は300kgと安心して体を預けることができるので、ハードなエクササイズにも最適。

ボールは手に吸い付くようなしっとりとした手触りで、滑りにくく掴みやすいバランスボールです。

#2 初心者にも使いやすい「アクティブウィナー」

Active Winner バランスボール 65cm シルバー ポンプ付き! ヨガボール ダイエット アンチバースト仕様

どれを選んだら良いのか迷う初心者にも安心のアクティブウィナー。

バランスボールで危険なのは破裂することですが、万が一穴が空いても、急激に空気が抜けるのを防ぐアンチバースト仕様で安心です。

取扱説明書や1年間の保証がついていて安全性の高い本格的なバランスボールなので、迷ったらこれ。
同じアンチバーストでも保証がついているほうが安心ですよね。

付属でピンがついているタイプは、椅子としての仕様もOK。

#3 リーズナブルでも安全性が高い「EGS」

EGS(イージーエス) バランスボール アンチバースト仕様 ポンプ付き ブルー 65cm EG-3062

シンプルでロゴのないEGSのバランスボールは、滑りにくく掴みやすいフィット感の高いバランスボールとして人気です。

足踏みタイプのエアーポンプ付きなので、空気入れが楽。

耐荷重は200kg、アンチバースト仕様ですので、突起物により穴が開いても空気はゆっくりと抜けていきます。

ロゴがないのもコストダウンのためなのだそう、リーズナブルで試しに使用してみたい方は入門編としてもおすすめですよ。

#4 フィットネスクラブでも使用されている「東急スポーツオアシス」

東急スポーツオアシス バランスボール 55cm DVD&ハンドポンプ付 FB-600 ベビーピンク

フィットネスでのトレーニングのために、開発されたとされる東急スポーツオアシスのバランスボール。

いきなりバランスボール座ってのトレーニングは、バランスを取りにくくハードルが高いもの。

ボールを固定できる台座リングが付いているので、すぐチャレンジできますよ。

椅子代わりに椅子として普段使いもおすすめ。

いろいろなエクササイズの方法が参考になるDVD付きなので、すぐトレーニングできる点もうれしいですよね。

#5 プロ向きバランスボール「ギムニク」

ギムニク フィットボール 65cm パールホワイト

今でこそ筋トレやダイエットに使用されるバランスボールですが、元々医療現場でリハビリに使用されていたのが始まりです。

ギムニクは、医療現場で選ばれている実力派バランスボールで常にランキング上位。

価格も高価ですが、耐久性や安全面など高品質で多くのアスリートが使用しています。

しっかり不可を掛けたエクササイズに適しているタイプ、肉厚で弾力性が高いタイプ、柔らかく初心者にも使いやすいタイプなどいろいろな種類がありますよ。

#6 初めて購入するなら「鉄人倶楽部」

IRONMAN CLUB(鉄人倶楽部) ノーバースト ヨガ ボール 65cm グレー IMC-81 ポンプ付 破裂しにくいタイプ バランス トレーニング

耐荷重80kgですが独自の耐荷重試験では500kgを達成。

体幹ストレッチやバランスボールを使った腹筋・腕立て伏せ、足や背中のストレッチなど幅広いエクササイズが楽しめます。

エクササイズレシピも充実しているので、届いたその日から運動を始められる点も魅力。

ノンバースト仕様で安心ですね。

リーズナブルな価格もうれしいポイント。

テレビを観ながらの「ながらエクササイズ」にぴったりです。

#7 トレーニングチューブ付きなら「Setom」

Setom バランスボール ヨガボールセット フィットネスボール 75cm PVC アンチバースト ポンプ、トレーニングチューブ付 ジム/ホーム/オフィスなどに適用

バランスボールにトレーニングチューブ付きの台座リングがセットになったSetom。

トレーニングチューブを使いながら難しい体勢を取ることで負荷を掛け、深部の筋肉を鍛えていきましょう。

チューブを引っ張ることで腕の筋トレにもなりますよ。

丈夫で耐久性のある素材なので弾力性も高め。

ハードなトレーニングに向いています。

#8 しっかり体幹を鍛えたいなら「ホームサーキットセット」

東急スポーツオアシスのホームサーキット セット3(リセットポール&バランスボール65cm) (リセットポール(ベージュ))

東急スポーツオアシスのバランスボールとリセットポールがセットになっている、ホームサーキットセットも人気です。

リセットポールとは細長い筒状のポールで、背骨の下にセットしエクササイズすることで猫背の改善をサポート。

体をほぐすのにも役立つので肩こりや腰痛がある方にもおすすめです。

バランスボールと組み合わせることで、幅広いエクササイズが可能に。

#9 椅子代わりにするなら「シッティング・ジム」

ギムニク(GYMNIC) シッティング・ジム 35 LP8935 イタリア製

バランスボールの種類が多いギムニクは、椅子の代わりに使用できるシッティング・ジムもおすすめ。

バランスボールに小さな突起が付いていて、座位が取りやすくなっています。

突起そのものは柔らかいので、スタンダードなバランスボールと変わらないエクササイズができますよ。

椅子兼トレーニング用でお探しならシッティング・ジムで決まりです。

#10 肌にやさしく上質な素材「ヨガデザインラボ」

Yoga Design Lab (ヨガデザインラボ) ヨガボール バランスボール 65cm ポンプ付き (Night)

カナダのヨギーニでもあるチャド・ターナー素材氏により考案されたバランスボールは、環境に配慮されたゴム材を使用。

肌が弱い方にも好評なのだそうです。

ボールの半分に突起があり、背中や足をのせるとマッサージされているような心地良さが味わえますよ。

いつものトレーニングメニューに加えて、ゆったりとヨガで体を伸ばすのも良いですね。

#11 転倒を防ぐ「ドーナツ型バランスボール」

IRONMAN CLUB(鉄人倶楽部) ドーナツ ボール グリーン IMC-35 ポンプ付 バランス トレーニング

丸型のバランスボールを椅子として使用するのは、転倒によるケガが怖いという方におすすめなドーナツ型バランスボールです。

デスクワークに集中していてうっかり後ろに転倒…を防ぎやすい楕円形で、真ん中に穴が開いています。

お子さまでも安心して使用できそうですね。

気になるエクササイズも、座ってのストレッチ、お腹の下にして腕立て伏せ、足に挟んで足上げ腹筋など一通りのメニューがこなせます。

#12 クッション代わりにもなる「バランスディスククッション」

DABADA(ダバダ) バランスディスク バランスクッション 体幹クッション ポンプ付き (イエロー1個)

ドーナツ型よりさらに厚みがないタイプがバランスディスクです。

表面に突起がたくさんついていて、マッサージ効果も期待できますよ。

丸型のバランスボールと同じように座ってストレッチもできますし、ボールの上に立ってバランスを取ることもできるので、より全身のインナーマッスルが鍛えられそうですね。

2個用意すれば腕立て伏せもかなり負荷を掛けられます。

いつもご使用の椅子にクッション代わりにしてもOK。

#13 家族で楽しめる「ピーナツ型バランスボール」

ピーナッツタイプ フィットネスボール バランスボール ジムボール 空気入れ付き アンチバースト (ブルー, 45cm*90cm) [並行輸入品]

ヨガやフィットネスでも使用されているピーナツ型のバランスボール。

使い方が気になりますよね?真ん中の凹んでいる部分に座ったり、足や背中を置いてストレッチやエクササイズをしていきます。

滑りにくいようほどよくグリップが効いていて、肉厚で丈夫な素材を採用。

小さなお子さまと一緒に使える点も魅力です。

#14 専用フレーム付き「バランスボールチェア」

HATAS(ハタス) バランスボールチェア 50cm DB120C

半円型でもディスク型でもないバランスボールチェアをお探しならこちら。

フレームから外せば普通のバランスボールと変わらずエクササイズを楽しめます。

椅子としても背もたれのあるフレームなので安心して使用でき、バランストレーニングはしっかり行えるのでお得な気分に。

腰痛に悩まされている方にも無理なく使用していただけそう。

#15 しっかりトレーニングしたいなら「進化系バランスボール」

【 バランスボールの進化系 】 バランスボール 半円 半球 トレーニング 運動 ヨガ ピラティス 【 空気入れ付き 】 安定 両面 器具 体幹 筋トレ ダイエット エクササイズ 【 チューブロープ付き 】 SY-HANBARA

半円型のバランスボールにチューブロープが付いた進化系バランスボール。

これひとつでバリエーション豊かなトレーニングが可能です。

普通に立つだけでも体幹を鍛えられますが、チューブロープを使うことでより全身の筋肉を刺激できますよ。

使うほどにアイデアが湧き、いろいろなトレーニングができるので長く愛用していただけるでしょう。

空気漏れには注意しましょう

バランスボールにはたくさん種類がありましたね。

目的に合ったものを選んで定期的にトレーニングしていきましょう。

空気漏れは危険ですので、使用前に手で押しながらチェックするようにしてくださいね。