仲良く過ごしてストレスフリーに!旦那にイライラしない方法10選

一緒に暮らしているとお互いにイライラしてくることがあります。誰もが必ずぶつかる問題。少しでもストレスをためないように過ごしたいものです。私が旦那にイライラしない為に何をしているのか紹介します。

なぜ旦那にイライラする?

結婚するということは一生一緒に過ごすこと。
毎日一緒の家で過ごし、一緒に食事をし同じ時を過ごします。
二人で楽しいことも分かち合い、嫌なことも分かち合い、何事においても二人で分け合っていくことになるでしょう。
二人で過ごすことがとても楽しく愛おしい時間になるのです。

毎日一緒に過ごすということは好きな部分はもちろん、相手の嫌な部分も見えてきてしまいます。
自分の価値観と相手の価値観は違うものなので、仕方のないことです。
年数がたつにつれ、お互いに妥協できる点がなくなっていくのが相手に対してイライラしてしまう原因となるのでしょう。

仲良く過ごすためには?

仲良く過ごしていくためには自分の中で妥協できる点を見つけることです。
すべてに対して自分の価値観に合わせて行動してもらうことは不可能でしょう。
多少、思い描いていることと違っていても気にしないように意識していくことが大切です。
あなただけでなく、旦那にも妥協してもらいお互いに認め合いましょう。

お互いのことを認め合うといっても簡単なことではありません。
男性は特に女性よりも頑固な方が多く、折れてくれないことも。
折れてくれない場合のことなどを含めどうすればよいのでしょうか。
私の家でしている旦那にイライラしないための方法を紹介していきます。

方法1 大好きだと思う

年数を重ねれば重ねるほど、旦那に対してイライラしてしまうことも増えていきます。
理由としては旦那にイライラすることに慣れてしまい、何をするにも気に食わないことがあるとイライラするのです。
相手の嫌なところだけを見てしまう。
良いところが全く見えなくなっていってしまうのでしょう。

私は旦那に対して必ず一日に一回は大好きだと伝えるようにしています。
大好きだと伝えることにより、旦那のことが本当に大好きになっていくのです。
言葉というのは不思議なもので、口に出した通りになります。
あなたが大好きと伝えれば伝えるほどに旦那のことが好きになっていき、旦那も伝えてくれるようになるでしょう。

方法2 旦那のしたことを褒める

してもらったことにオーバーなくらいに褒めてあげてください。
たくさん褒めてもらうだけで達成感が感じられ、次からも自分からしてくれるようになる可能性が上がります。
あなたのストレスが減るでしょう。
対等な関係で結婚すると相手のことを褒めることはなくなります。
褒められると嬉しくなるはずです。

妻は旦那に対して自分から何もしてくれないからと、イライラしてしまうこともあります。
旦那に対して求めすぎてしまうことの一つです。
まずは頼むところから始めて、出来た時には褒めちぎりましょう。
私の旦那は褒めることで覚えてくれて、頼む手間もなくなりストレスが減りました。

方法3 毎日感謝の声かけをする

仕事をして帰ってきたとき、家事を手伝ってくれた時、お願い事を聞いてくれた時。
必ず丁寧に感謝の気持ちを伝えてください。
丁寧に伝えることが大切で、流れで感謝の気持ちを伝えても意味がありません。
旦那に対してきちんと顔を見てしっかりとありがとうと伝えたのはいつでしょう。
当たり前のことが出来なくなってしまっているのです。

感謝の言葉というのは、きちんと伝えてもらえるからこそ記憶に残り嬉しくなるものでしょう。
私は旦那にきちんと顔をみて感謝の気持ちを伝えるようになったら、旦那が良く笑うようになりました。
笑顔が増えると楽しくなります。
、感謝の気持ちをしっかり伝えるところから始めましょうj。

方法4 笑顔で過ごす

イライラしてしまう原因には、表情があります。
帰ってきて早々に妻が怒っていたら旦那の気持ちも良くありません。
逆に、旦那が怒っていたらあなたも気持ちよくはないでしょう。
嫌な気持ちにならない為にも笑顔で一日過ごすことを意識してみてください。
なにごとも笑っていればやり切れることもあります。

パートナーが笑っているだけで自然と笑顔になる人もいるのではないでしょうか。
妻が笑うことはその家の雰囲気に繋がり大切なことです。
イライラした時ほど、笑ってみてはどうでしょう。
笑うことで、いらいらも吹っ飛んでいくはずです。

方法5 家事の係を分担する

共働きの夫婦ならば特に家事を分担してもらうようにして下さい。
共働きでも妻のほうに負担が大きい場合が多く、イライラしてしまう主な原因は家事の問題でしょう。
しっかりと家事の役割分担をして、旦那にも手伝ってもらい自分の負担を減らしてください。
イライラの原因が少し減り、今よりは良い関係になれるはずです。

男性は家事ができない方多く、例にもれず私の旦那もそうでした。
毎日自分でしようと考えましたが、不満がたまり手伝いを頼むことに。
言い方によって相手の態度は変わります。
私たちの家では、お願いすることで気持ちよくやってくれるようになりイライラの原因が減りました。

方法6 育児を協力する

子どもが出来た時には育児に協力してもらいましょう。
初めての経験で二人ともわからないことだらけです。
一緒に成長していくことで、旦那のことが好きになれるでしょう。
自分一人で抱え込まず、二人で協力しながらすることを忘れずに過ごしてみてください。

基本的に最初はほとんどなにも手伝ってくれないことが多いでしょう。
あなたからしてもらいたいこと、どうすればよいかを旦那に説明しなければなりません。
男性は新しいことがとても苦手です。
どのような手順でしていくのかを一から教えてあげましょう。
旦那が育児が出来るようになれば、あなたの負担が減ります。
あとからのストレスを考え、出来るようになってもらいストレスの原因を減らしましょう。

方法7 話し合う時間を作る

何か問題があったときなどにきちんと二人で話し合う時間を設けましょう。
話し合いが出来ない夫婦は、お互いが勝手に不満をためイライラしています。
気持ちを伝えあうための時間が必要なのです。
意識して時間をとらないと、なかなかとれるものではないので月に一度から作っていきましょう。

私たち夫婦も話し合いをしていなかったときには、お互いがイライラしている時間も多くストレスでした。
相手の考えていることがわからない為、余計にイライラしてしまうのです。
話し合ってからは、考えていることなどがある程度理解できイライラが減っていきました。

方法8 不満をそのままぶつけない

不満があったときなどにダイレクトに相手に伝えないようにします。
そのまま伝えてしまうと、相手もイライラしてしまい悪循環に。
落ち着いている状態で伝えるように意識していきましょう。
不満を伝えるときにそのまま伝えてしまうと、より強くひどい言葉になってしまいます。
気を付けてください。

私たち夫婦は、不満をいうときには落ち着いた時にお茶しながらしています。
そのままぶつけるとお互いにイライラし、話し合いになりません。
お茶を飲むくらいの余裕があるときに話したほうが、理解しあえて良い結果となるはずです。
慌てることはないので、ゆっくりと伝えましょう。

方法9 あまり期待しすぎない

旦那に対して何もかもをして貰いたいと期待しすぎないようにします。
期待すればするほど、してもらえなかったときのイライラが大きくなっていくでしょう。
してもらえたらラッキーくらいの気持ちで過ごしてください。
役割分担しているものに関しては別です。
しっかりしてもらいましょう。

どちらかがやらなくてはならないことに関しては、すべて自分がやると思っておくと良いです。
係が決まっていない分、相手に期待してしまうと落ち込みます。
私の旦那もしてくれないことが多いので、期待はしてません。
その代わりにしてくれた時の喜びは大きいのでお勧めです。

方法10 相手のできることを把握する

旦那のできることを把握したうえで頼みごとをしたり、役割分担すると良いです。
出来ないことを無理に覚えさせようとしたり、出来ないことを責めてしまうとお互いにストレスになります。
得意なことから役割分担して、出来ることを増やしていってもらいましょう。

私の旦那は家事が何もできなかったので、洗濯機を回すところから教えました。
それくらいの気持ちでなければ持ちません。
旦那が出来るようになった時には、自分の負担が少し減りイライラする時間が減ります。
出来ることを増やし物事を頼みましょう。

旦那にイライラした時には新婚の頃を思い出して

これらすべてのことをしてみてもイライラしてしまう場合には、新婚の頃や思い出を振り返ります。
旦那が優しかったこと、してくれたことなどを思い返すだけで馬鹿らしくなってくるでしょう。
日々の中での些細な積み重ねがイライラになるのです。
嫌いになってしまう原因にもなります。

嫌いにならない為にも、旦那を好きになり一緒に過ごせるパートナーとなれるようにしてください。
少しずつ理解しあい、相手のことを認めていくことが必要なのです。
お互いを必要としていれば、自然とイライラしていくことも減っていくでしょう。

旦那にイライラしない為には

旦那に対してイライラする原因は、長年の積み重ねが主な原因です。
期待しすぎてしまうことも大きな原因。
相手のことを理解したうえでも求めてしまうことはあるでしょう。
夫婦関係をより良い物にさせるためには、お互いが相手に対して妥協し認めることが一番大切なのです。

あなたの日頃の行いを考えて旦那の態度と照らし合わせてみてください。
落ち着いて考えると理不尽なことを言っている可能性もあります。
男性は大きな子供だと考えて、なにごとも少し丁寧に教えてあげてみてください。
意外と単純なのであなたの思った通りに動いてくれるかも知れません。
旦那のことをよく理解し、うまく扱えばお互いのイライラは無くなることでしょう。