あれ?と思ったら試してみて。旦那さんの疑惑を暴く浮気診断

メディアでも騒がれている「浮気」や「不倫」。たとえ長続きしない関係だったとしても、自分という妻がいながら他の女性に目移りされては傷つきますよね。本当は疑いたくないのに、疑ってしまう。そんな心理に悩まされている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は旦那さんの浮気疑惑を暴くための浮気診断をご紹介します。最近怪しさを感じる…という方はぜひセルフチェックしてみてください。

チェック1:携帯電話をチェックする頻度が増えた

以前はスマホゲームやSNSなどをやっていなかったのにも関わらず、近頃やたらと携帯電話を持ち歩いたりしていませんか?もしくはこれまでロックがかかっていなかったのに、最近になってロックをかけ始めるような傾向があればさらに注意が必要かもしれません。

いくらあなたの旦那さんだからといって、他人の携帯電話を勝手に盗み見るのはご法度ですが、もし使用頻度があきらかに増えているようなことがあれば浮気疑惑は高いかもしれません。
ストレートに「誰と連絡を取り合っているの?」と聞いてしまうと旦那さんも気構えてしまうため、「最近携帯ばかり見ているよね。
何か面白いゲームでもあるの?」と普段の会話と同じような感覚で聞いてみましょう。
旦那さんが本当にゲームの内容を紹介してくれたり、別の内容を素直に教えてくれたりするのであれば、それほど疑う必要はないかもしれません。

チェック2:いきなり身だしなみやオシャレを気にするようになった

旦那さんがいつまでも若々しく、格好よくいてくれることは嬉しいことです。
しかし今まで買ったことのないようなブランドやファッションを買うようになったり、これまで化粧水のひとつもつけたことがないのにスキンケアを始めたりするような行動が見られたら要注意かもしれません。

もともと美意識の高い方であれば、自分の年齢を気にしてアンチエイジングに目覚めた可能性もありますが、そのようなタイプの方でなければちょっと怪しいですね。

そのような傾向が見えた際は、夫婦のコミュニケーションを増やすためにも一緒に買い物に出かけることをオススメします。
一緒に買い物に出かけることで旦那さんの趣味がわかりますし、もしちょっといつもと違う傾向の服を選ぶようであれば「最近服の趣味変わったね」とさりげなく聞いてみるのもいいかもしれません。

チェック3:トイレやお風呂の時間が長くなった

トイレやお風呂など旦那さんがひとりになる時間があきらかに長くなったようであれば、疑いの余地があるかもしれません。
もしそのひとりになる空間に携帯電話などの通信機器を持ち込んでいるようであれば限りなく黒に近いでしょう。

トイレはもちろん、お風呂でも鍵がかけられるタイプのものもあります。
基本的にはひとりで入る場所なので入るだけであれば何の疑わしさもありません。
しかしそこに長時間こもっているようであれば、そのプライベートな空間を利用して浮気相手やそれに近い方と連絡を取り合っている可能性もあります。

そのような傾向を感じた際はすぐに旦那さんに問いただすのではなく、しばらく行動を観察してみた方が無難です。
まだ完全な証拠ではありませんので、「ただ浮気を疑われている」という認識だけで終わってしまうかもしれません。

チェック4:突然の残業、突然の接待が頻繁に発生する

いつも夜遅くまで仕事を頑張ってくれている旦那さん。
いくら帰りが遅いからといって「もしかして浮気しているのでは?」と考えてしまうのはちょっと気が引けてしまいますよね。

しかしこの世の中には仕事や接待を盾に浮気をしている男性も少なからずいらっしゃいます。

「信じていたのに」と泣くはめにならないためにも、少し気にして見ておくことも必要。

最大のポイントは「突然の仕事」です。
職種やその会社にもよりますが、仕事のイレギュラーはそう簡単には起きません。
その日の朝には「今日の帰りはだいたいこれくらいかな」と予想できるはず。
もし本当のイレギュラーだったとしても週に3日、4日と続くことは考えにくいです。
仮に遅くなるとすれば事前に連絡が入るはず。
帰りが遅くなることや食事がいらないことをすべて事後報告するようであれば浮気をしている可能性もあるかもしれません。

チェック5:自分でお金を管理したがるorお小遣いをねだるようになった

浮気をするにもお金がかかります。
特に男性は浮気相手とのデート代を支払わなければならない立場ですので、もし浮気をしているのであればこれまでのお小遣いではやりくりできなくなるはずです。
そのため「家庭のお金を自分で管理させてほしい」「月々のお小遣いを増やしてほしい」などの要望があった際はその理由をしっかりと明確にさせましょう。

その際注目するべきポイントはお金の使い道です。
例えば自分の趣味であるゴルフやフットサルといったスポーツ用品を買うという名目であれば、買ったものを確認することができます。
しかし友人や同僚と飲みに行くということであればお金の使い道が形に残らず、本当に飲みに行く相手が友人や同僚なのか知る術がありません。

その他にも「同僚の出産祝いを買いたい」「お客様先への差し入れを買うため」などあなたが把握し切れない使い道ばかりを並べるようであれば、注意した方がいいかもしれません。

チェック6:自分の知らない店の会員カードが増えている

男性が浮気を隠す際に見落としがちなのが「会員カード」。

「ふたりで行ったことのないラブホテルの会員カードが見つかり、旦那の浮気が発覚した」という女性は意外と多いのです。
その他にもホテルのライターやレシートなど細かいものの処分忘れが浮気の発覚に繋がります。

その他にもふたりでは行ったことのないデートスポットのお店や同僚同士で飲むには豪華過ぎる居酒屋のレシートや店舗カードなども怪しさ満載です。
豪華な居酒屋や旦那さんが行きそうにないお店のレシート1枚くらいであれば「送別会だったのかな」「誰かのプレゼントを買ったのかな」というくらいで済みますが、そのようなものがたくさん見つかったのであれば浮気をしている可能性が高いかもしれません。

旦那さんも忘れているはずなので、こっそりと保存しておけば立派な証拠になります。

チェック7:以前と比べて夫婦間のコミュニケーションが減った

夫婦間のコミュニケーションはお互いに良い関係を築くためにも大切なことです。
しかし子育てや日頃の家事に追われていると、ついつい旦那さんにそっけない態度を取ってしまうこともありますよね。
そのような関係が続いているのであれば注意が必要です。

多くの男性は本気で浮気相手と恋人関係になり、結婚したいとは思っていないもの。

よく「出来心」という人がいますが、多くの人は日頃のストレスや不満、寂しさを埋め合わせるために浮気する傾向にあります。
もし「最近冷たくし過ぎてしまったかも」「あまり話を聞いてあげていなかったかも」と思う節があるようであれば、新婚当初のラブラブな雰囲気を作ってあげることも大切。
例えば付き合っていた頃のデートスポットに出かけ、思い出話に花を咲かせるのも効果的です。

チェック8:相手からの連絡を無視するようになった

携帯電話を気にし過ぎるのも怪しいですが、連絡通知を無視し続けるのも怪しい行動です。

例えば「電話が鳴っているのに出ない」「メールの通知が光っているのに出ない」「常に携帯電話を見えないところに保管している」など誰から連絡が来ているのかを知られたくないかのような行動は要注意かもしれません。

そのような際は「さっき着信があったよ」「気にしないで確認していいよ」「折り返した方がいいんじゃない?」とその場で確認するように促してみましょう。
ただし「何を隠しているの!」「誰からの連絡なの?」と旦那さんを責めるような言い方は避けましょう。
浮気の可能性を感じてもすぐに問いたださず、どのような反応をするのか観察するのも大切なことです。
確証を得られないうちはなるべく旦那さんを刺激せず、何も気にしていないふりをしている方が証拠も見つけやすくなります。

チェック9:仕事の内容やスケジュールを話さないようになった

浮気をする場合、限られた時間から浮気相手と会う時間を捻出しなければなりません。
そのためどこかでスケジュールの帳尻を合わせないとすぐに疑いを掛けられてしまいます。
それについては相手も重々承知の上でしょう。
もし旦那さんが浮気をしているのであれば、そのようなスケジュール管理は綿密に行っているもの。

そこで重要なのは「仕事と家庭の時間」です。
家庭の時間はあなたと一緒にいるので把握することができますが、仕事の時間は把握することができません。
そのため帳尻を合わせるなら仕事を理由にするのが一番手っ取り早いのです。
上手く時間を調整するためにもあなたに仕事のスケジュールを悟られてはいけません。
今はそれほど忙しくないとバレてしまっては「じゃあ何で帰りが遅いの?」と浮気を疑われてしまうからです。

もし、いきなり仕事の内容やスケジュールの話を避けるような傾向があれば疑いの余地があるかもしれません。

チェック10:過去に浮気をしたことがある

「人の性格はなかなか変えることができない」と言いますが、浮気に関しても同じことが言えます。
あるデータによると一度でも浮気をしたことがある人が再び浮気をする確率は40~60%という結果が出ています。
つまり半数以上の方が一度痛い目を見ているにも関わらず、同じ失敗を繰り返してしまうのです。

それを「浮気性」という一言で片づけてしまうのは簡単ですが、旦那さんに浮気をされている方にとってはそれほど簡単には納得できませんよね。

もちろん旦那さんの気持ちを信じることも大切です。
何度も浮気を繰り返されないためにも旦那さんだけでなく、あなた自身も浮気をされない工夫をする必要があるかもしれません。
一方的に「また浮気をしているんじゃないか」「あなたのことは信用ならない」と相手を追い詰めてしまうと逆効果。
もし浮気をしてしまいそうになっても浮気相手の彼女ではなく、あなたを選んでもらえるほど充実した環境をつくってあげましょう。

まずは厳しく問いたださず、相手の意見にも耳を傾けて

誰だってパートナーに浮気をされたら嫌な気持ちになるもの。
しかし浮気をしていないのに疑われる方もそれ以上に嫌な気持ちになってしまいます。

もし、浮気をしているという確証がないのであればむやみに相手を問いただすようなことはせず、お互いの気持ちを打ち明けられる話し合いの場を設けるようにしましょう。

もちろん浮気をするのは夫婦である以上ルール違反です。
しかし、もしかしたら旦那さんにも不満や言いたいことがあるかもしれません。
怒ったり泣いたりしたい気持ちもあるかもしれませんが、なるべく冷静に話し合えるように心がけましょう。