お小遣いは家計の縮図!夫にお金の管理を学んでもらうコツ10選

日本の多くの家庭では、奥さんが家計を管理しています。旦那さんにもお小遣い制を敷いている家庭が多いのも日本ならではです。旦那さんにとっては自由に使えるお金が限られてしまうので不満に思うこともあるかもしれませんが、やり方によっては旦那さんにお金の管理を覚えてもらうチャンスでもあります。今回は旦那さんにお金の管理方法を学んでもらうコツをご紹介します。

旦那さんは家計に無関心!?

お小遣い制を敷いている家庭の多くは、奥さんが家計を管理しています。

毎月銀行に振り込まれるお給料を確認し、家賃や生活費、固定出費などの使い道ごとにお金を振り分けているはずです。
中には目的ごとに口座を開設し、自動で振り分けられるようにしている家庭もあるかもしれませんね。

奥さんが1ヵ月の資金分けをしているので、多くの旦那さんは自分に与えられたお小遣いしかお金を見る機会がありません。
つまり家計の状況は奥さんだけが知り、旦那さんにとっては不透明になってしまっているのです。

家計が不透明のため、奥さんが一生懸命に節約をしていてもその努力が旦那さんには伝わっていないケースが多くあります。
実際に「家計がカツカツなのにお小遣いを増やしてほしいとお願いされる」といったことはありませんか?

これはまさしく旦那さんが家計の状況を把握していないということです。

しっかりとお金を管理できるようになってもらうためにも、お小遣い制を上手く活用する必要があります。

方法1:お小遣いの金額を決める

あなたの家庭では旦那さんのお小遣いの金額をどのように決めていますか?

同じお小遣い制でもその金額はまちまちです。

一般的にお小遣いの目安は月収の10%といわれています。

つまり月収25万円であれば2万円~2万5000円程度になります。

収入がある程度安定しているのであれば、毎月固定の金額を決めるようにしましょう。
お小遣いの金額が毎月不規則になってしまうと、旦那さんは自分のお小遣いの資金繰りを上手く行うことができなくなってしまいます。

もちろん家計のお金が足りないからといって、真っ先に旦那さんのお小遣いを減らしてしまうのもNG。
お小遣いというのは旦那さんにとって小さな給料のようなものです。
それを一方的に減らされてしまっては仕事に対するモチベーションも下がってしまいます。

どうしてもお小遣いを減らす必要がある場合は、何も言わずにお小遣いカットをするのではなく必ず話し合いを行い、了承を得た上で減らすようにしましょう。

方法2:お小遣い用の口座を用意する

どのように旦那さんへお小遣いを渡していますか?

現金で1ヵ月分のお小遣いを渡している、必要な際に少しずつ渡している、週ごとに分けて渡しているなど、渡し方ひとつ取っても家庭によって様々。

様々ある方法の中でオススメなのが「口座振込」です。

方法は簡単。
旦那さんのお小遣い用の口座を1つ開設し、毎月決まった日にちにお小遣いを振り込みます。
旦那さんは必要に応じてその口座からお金を引き出していくのです。

現金で渡す方法はすぐにお金を手に入れることができますが、今月のお小遣いがいくら残っているか確認しづらく、その月のお小遣いがなくなるまで使ってしまいます。

お金を銀行口座で管理することによって、自分が使える金額を明確化することができます。
また、残ったお小遣いはそのまま貯金として蓄えられるため残ったお金を簡単に翌月に持ち越すことができます。

口座を作る際はなるべく手数料がかからないものを選ぶようにしましょう。

出し入れがメインになる口座なので、金利ではなく利便性を重視するのがポイントです。

方法3:クレジットカードを見直す

クレジットカードを持ち歩いている旦那さんも多いでしょう。

しかしこのクレジットカードに大きな落とし穴があるのです。

前述した通り、多くの旦那さんは家計全体の状況を把握していません。
そのためクレジットカードを持ち歩いてしまうと来月、再来月の支払い金額を気にせずに使い込んでしまうケースが多々あります。
実際に家計の口座から引き落とされるようになっているクレジットカードを使いこんでしまい、貯金を切り崩すことになってしまう場合もあります。

そのような事態に発展させないためにも、クレジットカードの見直しが必要です。

不要なクレジットカードは解約し、引き落としの口座も旦那さんのお小遣い口座に変更しましょう。

お小遣い口座と紐づけしておけば、その口座の残高を把握しているのは旦那さんなので不必要に使い込まれてしまう心配もありません。

方法4:ボーナスを設定する

旦那さんのお小遣いにもボーナスは必要です。

ボーナスは旦那さんが頑張って働き、それが認められて得られるもの。
お小遣い制だからといってボーナスを全くもらえないというのは仕事のモチベーションが低下してしまう原因にもなってしまいます。

仕事を前向きに頑張ってもらうためにも、旦那さんのお小遣いにもボーナスを反映させるようにしましょう。

平均的な金額は2~5万円で、ボーナスの10%程度がお小遣いにあてられています。

つまり毎月のお小遣いと合算すれば、ボーナス月に限っては約2倍のお小遣いをもらえることになります。
このお金でほしかった物を買うことができますし、友達と飲みに行くこともできます。

お小遣いのボーナス金額を明確に設定することで、仕事だけではなく「お金を貯める」という目的に対してのモチベーションを上げることもできます。

上手なお金の管理を継続させるためにも、旦那さんのモチベーションをコントロールすることが大切です。

方法5:お金の使い方は旦那さんに任せる

旦那さんが一生懸命に貯めたお小遣いは旦那さんのものです。

その使い道があなたにとって納得できないものであっても、ケチをつけたり否定したりしないように気を付けましょう。

同じ趣味のものにお金を使うのであれば納得できるかもしれませんが、自分には理解できないものにお金をつぎ込んでいると「もったいない!」と思ってしまうものです。

例えばスマホゲームに課金をしたり、友達と一晩中飲みに行ったりするのを見ると、「そんなものにお金をかけるのであれば、プレゼントのひとつでも買ってくれたらいいのに」と思ってしまうかもしれませんね。

しかし旦那さんのお小遣いは旦那さんのもの。

使い方にまで文句を言われてしまっては、頑張って貯めた意味がなくなってしまいます。

自分でお金を貯め、自分の好きなように使う。
楽しみを得るためには、多少の我慢が必要というサイクルを定着させるためにも、旦那さんの趣味や意思を尊重してあげることが大切なのです。

方法6:臨時支給も検討しておく

サラリーマンであれば、仕事の付き合いで飲み代がかさんでしまうこともあります。

特に年末年始は忘年会や新年会が重なり大きな出費が予測されます。
また、期末の前後は歓送迎会が重なる場合もあるので飲み会に誘われる回数も増えるでしょう。

こればかりは個人でどうすることもできませんので、奥さんの理解が必要になります。

場合によっては臨時のお小遣いを支給し、飲み代にあてることになるでしょう。

その際大切なのは、頭ごなしに否定をしないこと。

前述した通り、仕事の上では人付き合いが非常に重要です。
日本人は協調を重んじるため、飲み会などを開いて親睦を深めることをとても大切にしています。

場合によっては仕事に生かされることもありますから、まずはその飲み会の内容をしっかりと把握する必要があります。
その重要度によっては家計から臨時のお小遣いを支給してあげるようにしましょう。

「お願いすればもらえる」という癖をつけないためにも、臨時支給をする場合のポイントをあなたのなかでしっかりと決めておきましょう。

方法7:お弁当を作ってあげる

毎月のお小遣いとは別に昼食代を渡している家庭もあるでしょう。

できればお小遣いのなかで賄ってほしいところではありますが、毎日の食事をお小遣いの中でやりくりしていくとなると、お小遣いの金額を上げざるを得ません。

家計の節約のためにも、お弁当と水筒を持参してもらうのがオススメです。

仮に冷凍食品ばかりを詰めたお弁当であっても、1食1000円のランチを食べるよりもはるかに安く済ませることができます。

夕飯の残り物を温めなおして入れてあげるのでもOK。
お弁当箱に詰めるだけで旦那さんにとっても家計にとっても大きな節約になります。

また、保温性の高い水筒とインスタントコーヒーやティーパックなどを持っていけば自販機で買うよりも安くコーヒーや紅茶を飲むことができます。
企業によっては給湯室があるため、お湯を入れるのはタダ!これもドリンク代を浮かせる節約になるのです。

方法8:旦那さんの節約に協力してあげる

家計と旦那さんのお小遣いは別物ですが、節約の先輩として奥さんの応援が必要不可欠です。
旦那さんが上手く節約できるように協力してあげましょう。

例えば会社に持っていくインスタントコーヒーやティーパックを格安で購入しておいてあげることも節約への一歩。
昼間は会社で働いているので特売品を買いに行くことができません。
しかしあなたが買い物のついでに安く買っておいてあげれば、それだけでお小遣いを浮かすことができるのです。

その他にもお得な情報が得られるアプリを教えてあげたり、無料のクーポンを分けてあげたりするなど情報を共有することで楽しく節約をすることができます。

あれも我慢、これも我慢と我慢ばかりしていては節約することがストレスになってしまいます。
しかし新しい発見を積み重ねていくことで宝物探しのような新鮮味と面白さを感じることができます。

旦那さんのお金や行動を制限するのではなく、一緒に楽しむような感覚を大切にしてみましょう。

方法9:家計の支出を共有する

旦那さんが自分のお小遣いを管理できるようになってきたら、今度は家計の支出を共有するようにしてみましょう。

お小遣いというのは家計の縮図です。
毎月決まったお給料が入り、その限られたお金で家計をやりくりしていかなければいけません。
お小遣いを上手く管理できるようになれば、以前よりももっと当事者意識を持って家計のことを考えられるはず。

支出を共有する際に大切なことは、突然の出費を理解させることです。

例えば家電や家具が壊れてしまう、車検で大きなお金が必要になるなど、生活の中には大きな金額が動くタイミングがいくつかあります。
それらのタイミングが重なってしまえばこれまでの貯金を切り崩したり、どこかで我慢をしたりしなければなりません。

これまでは漠然と「まだお金が使えるということは、お金があるということ」と考えていた旦那さんでも、突発的な出費の存在を知ることで一時的なお小遣いの減額への理解を得ることができます。

急な減額依頼で喧嘩にならないためにも、少しずつ家計の状況も共有できるようにしましょう。

方法10:褒めて伸ばす

お金を上手に管理するということに限りはありません。
継続させることが大切なのです。

上手な管理を継続させるためには、時々旦那さんを褒めてあげることもモチベーションの維持に繋がります。

例えば「今月は臨時支給がなかったね」「最近、自分で上手くやりくりできているね」と旦那さんが少しずつ我慢をしていることを認め、褒めてあげるようにしましょう。

これが主婦であれば当然のことかもしれませんが、これまで自分でお金を管理したことがなかった人からすれば大きな一歩であり成長です。
本当に小さいことかもしれませんが、自分の頑張りを認めてもらえれば誰だって嬉しいもの。

月に1回くらいは前月の総評として、「お小遣い制を守ってくれたら家計の方でも○万円貯金ができた」などの報告をしてあげるようにしましょう。

自分がお小遣い制を守ることで、家計を賄えていたり貯金ができていたりしている現状を知ることができれば、役立っていると実感することができます。

お小遣い制を上手く活用して、お金の管理を学んでもらおう

お金を好き勝手に使ってしまうのは、お金の管理方法を知らないから。

それさえきちんと学ぶことができれば、家計のお金を好き勝手散財してしまうことはなくなるでしょう。

お小遣いというのは家計の縮図のようなものです。

毎月決められた金額を得て、自分で上手く運用していかなければなりません。

旦那さんにお小遣い制を敷くことで、お金の大切さや運用方法、管理方法をしっかりと学んでもらいましょう。