もう一度信じたい!旦那の浮気を許す10の方法

浮気や不倫は決して許されることではありませんが、それらをしたからといってすぐに離婚に踏み切れるものでもありませんよね。たった一回の浮気や不倫であればもう一度やり直せるチャンスがあるかもしれません。そうするためにはあなたが旦那さんを許してあげる必要があります。今回は旦那さんの浮気を許すための方法をご紹介します。

方法1:自分の気持ちを整理する

旦那さんの浮気や不倫が発覚した場合、なるべく早い段階で話し合いの場を設けましょう。

その際、自分の気持ちを整理しておくことが大切です。
あなたが何に対してショックを受けているのか、旦那さんに対して何を望んでいるのか、今後夫婦としてやり直したい気持ちがあるのかなど、自分の気持ちを言葉にできる準備をしておきましょう。

浮気や不倫が発覚するとどうしても冷静さを失ってしまいがちです。
しかし気持ちが昂ったままだと話し合いが決裂してしまいますし、あなたの気持ちが相手に伝わりづらくなってしまいます。

自分の気持ちを整理する際は「良い妻」を演じる必要はありません。

そこで自分を言い聞かせてしまうとそれが後に不満へと変わってしまう恐れがあります。
気持ちを整理するコツはとにかく自分の気持ちに素直になることです。

方法2:面と向かって話し合う

旦那さんと話し合う際は、面と向かって話し合うようにしましょう。

お互いの顔を合わせることで相手の表情を見て取ることもできますし、あなたがどのような思いを持っているかも表情から伝えることができます。

話し合いの時間を設ける際は、夕飯時や少し空いた時間で話すのではなく、事前に「しっかりと話し合いたいことがある」と伝えた上で話し合うためだけの時間を設けるようにしましょう。

この話し合いはこれからの夫婦の在り方を確認する場です。
何かの片手間で済ませられるほど簡単な話ではありません。
仕事が忙しく、なかなか時間が取れなかったとしても大切なことなのできちんと時間を設けることが重要です。

そして話し合う際は最初からゴールを決めておきましょう。
だらだらと相手の気持ちを探るようなことをしていても時間だけがかかってしまいます。
浮気や不倫をした事実確認、相手の考え、自分の気持ち、今後についての話し合いは順を追って進めていくことが大切です。

方法3:相手の言い分に耳を傾ける

旦那さんの浮気や不倫を知れば、感情的になってしまうことも仕方がありません。
感情のままに相手を問い詰め、事実を認めさせようと躍起になってしまう方も多くいらっしゃいます。

しかし男性と女性とでは根本的な考え方が異なります。
相手を問い詰め、浮気や不倫を認めさせたところで問題の解決策にはなっていません。

そこで大切なことは旦那さんの言い分にもきちんと耳を傾けることです。
あなたに対して不満があったとしても黙って浮気をしていい理由にはなりません。
ですがあなたに対して改善してほしいことがあったということを知ることができます。

その言い分を蔑ろにしてしまうと、浮気や不倫の原因がどこにあったのかという本質を見失ってしまうのです。

話し合いを行う際は相手ばかりを責め立てるのではなく、まずは相手の考えを冷静に聞くように心がけましょう。

方法4:罰ではなくルールを決める

旦那さんが浮気や不倫をしたことに対して罰を与えようとする方がいます。
しかし罰というのは一時的なものであり、浮気や不倫の抑止力にはなりません。

「自分も辛い思いをしたのだから、旦那にも辛い思いを味わってもらいたい」という気持ちもわかりますが、一時的な罰を受ければ過去のことを帳消しにしても良いというわけではありませんよね?

大切なのは罰ではなく、夫婦間のルールを決めることです。

例えば「連絡を無視したら罰金100円」という罰を定めるとします。
違反をすれば100円支払わなければいけませんが、逆に言えば100円を支払えば連絡をしなかったことは帳消しになってしまうのです。

あなたが旦那さんに伝えたいことは違反金を支払ってほしいということではなく、夫婦間のルールをしっかり守ってほしいということではないでしょうか。
ルールをきちんと守ってもらうためにはお互いが納得できるルールを敷くことです。

罰則を考えるのではなく、お互いが納得できるルールを考えてみましょう。

方法5:独占欲を露わにしない

旦那さんが一度でも浮気や不倫をすると小さな行動の変化にも敏感になってしまいますよね。
帰りが少し遅くなっただけでも「また浮気をしているのでは?」と思ってしまったり、メールの通知が頻繁に来るようであれば「まだ浮気相手と繋がっているのでは?」と思ってしまったりするものです。

しかしあなたが独占欲を露わにすればするほど、旦那さんは息苦しくなってしまいます。

多くの旦那さんは浮気や不倫相手と結婚したいと思っているわけではありません。
日常に刺激を求めていたり、ちょっとした出来心だったりするのです。

つまりあなたが独占欲を露わにして、旦那さんを家庭に縛りつければ縛り付けるほど旦那さんの不満が溜まり、再び浮気や不倫に走ってしまう可能性が高くなってしまいます。

夫婦で決めたルールに反していないのであれば、あまり旦那さんの行動を制限しないように心がけることも二人の関係を修復する上で大切なことです。

方法6:夫婦の時間を増やす

一度できてしまった信頼関係の溝を埋めるのは簡単なことではありません。
あなたが傷ついた分だけその修復には時間がかかってしまうでしょう。

しかし焦る必要はありません。
旦那さんのことを知り、自分のことを知ってもらうためにも夫婦の時間を少し増やすだけでもお互いの理解を深めることに繋がります。

普段は相手に遠慮していえなかった意見も、夫婦の時間を増やすことで気兼ねなく言えるようになります。
夫婦の時間を増やすことであなたの不満や心配を解消するだけでなく、旦那さんの不満や心配を吐き出すはけ口にもなるのです。

例えばあなたが会社の同僚の女性に嫉妬しているのであれば、旦那さんを責める前に正直に嫉妬してしまっている気持ちを伝えてみましょう。

浮気や不倫をしていないにも関わらず、いきなり怒鳴られてしまっては気分も悪くなってしまいますが、日常的な会話の延長線であれば旦那さんも冷静に聞くことができます。

方法7:夫婦の恋愛を楽しむ

夫婦の期間を重ねていくと、付き合っていた当時や婚約当時と比べ恋愛感情が希薄になってしまいがちです。
あなたも旦那さんのことを繋ぎとめることに必死になりすぎて良い恋愛をすることを忘れてしまっているかもしれません。

どれだけ年月を重ねていっても恋愛を楽しむことは、夫婦関係に良い刺激を与えてくれます。
特にお互いを単なるパートナーとしか見えていないのであれば、新婚気分を呼び戻してみるのも新鮮です。

たまには夫婦二人で出かけてみるのも良いですし、その日は妻として旦那さんのことを支えてあげることは忘れて恋人のように甘えてみるのも良いでしょう。

旦那さんだけではなく、あなた自身もおしゃれをしてデートをするのは良いリフレッシュになるはずです。
あなたが素直に愛情表現をすれば、きっと旦那さんもあなたの素直さに幸せを感じ、あなたの大切さに気付くでしょう。

方法8:感謝の気持ちを伝える

たとえ小さなことであっても旦那さんに対して感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

浮気や不倫をされれば誰だって傷つきます。
自分に嘘をついていた旦那さんのことをなかなか許すことができず、問題が解決した後も精神的苦痛に悩んでいる方も多くいらっしゃいます。

感謝をすることには2つの意味があります。

一つは旦那さんの行動が改善されていることを認めてあげるという意味です。
せっかく自分の行動を改めてもそれを認めてもらえなければ次第に不満に変わってしまいます。
旦那さんが行動を改めてくれたことを見ているよ、という気持ちを込めて感謝をすることはとても大切です。

もうひとつは旦那さんを許すと自分に言い聞かせるため。
過去の嫌な思い出が再び蘇ってしまうと漠然とした不安感が旦那さんを信用したいという気持ちを妨げてしまいます。

もう一度旦那さんのことを信じようと心に決めたのであれば、そのような不安感に襲われないよう自分に言い聞かせる意味でも感謝の気持ちを言葉にしましょう。

方法9:帰ってきたくなる家庭をつくる

旦那さんが浮気や不倫をした場合、あなたは被害者の立場になります。
しかしだからといってずっと受け身になっていても問題を解決することは難しいでしょう。

むしろあなたが浮気や不倫をされたことを鬱々と引きずっていては、家庭の雰囲気も暗くなり居心地が悪い場所になってしまいます。
そのような家庭にしないためにも、あなたの小さな努力がとても重要なのです。

すぐに気持ちを切り替えることは難しいかもしれませんが、なるべく明るい雰囲気で旦那さんの帰りを迎えるようにしましょう。
普段以上に気合を入れる必要はありませんが、旦那さんが好きな料理を用意してあげたり、優しく接してあげたりすることが旦那さんにとって居心地の良い場所づくりに繋がっていきます。

旦那さんに対して下手に出る必要はまったくありませんが、良い雰囲気を心掛けることで旦那さんと喧嘩をする頻度も減りますし、あなたにとっても良いリフレッシュになるはずです。

方法10:過去のことを蒸し返さない

旦那さんの浮気や不倫を許すと決めたのであれば、後にそのことを蒸し返さないようにしましょう。

口では許すと言っているのに、後からブツブツと文句を言われてしまっては旦那さんも気分が良くありません。
特に旦那さんが変わろうと努力をしているのであれば、あなたがズルズルと引きずっていては旦那さんの努力を妨げてしまう可能性もあります。

辛い気持ちもわかりますが、一度許すと決めたのであれば旦那さんを責めるのではなく、旦那さんが変わる努力をする力になってあげるように心がけましょう。

自分の行動を改めることは、本来自分ひとりで乗り越えていかなければいけないことではありますが、あなたの協力もとても重要です。
あなたが旦那さんをフォローしてあげることで旦那さんの行動も変わりますし、あなた自身も旦那さんのことを許すという気持ちを確信に変えることができます。

浮気は夫婦ふたりの問題。お互いの理解を深めることが大切

浮気はどちらか一方だけの問題ではなく、夫婦ふたりにとっての共通の問題です。
あなただけが我慢をしなければいけないものでもないですし、旦那さんだけが変われば良いという問題でもありません。

お互いがきちんと話し合い、理解を深めることでようやく根本的な解決ができる問題なのです。

早く夫婦関係を再構築できるようにするためにも、あなた自身が旦那さんのことを許すためのコツを知っておく必要があります。

難しいことはひとつもありません。
まずは自分の気持ちと向き合うことから少しずつ始めてみましょう。