毎日が同じことの繰り返しになっている主婦が楽しみを見つける10の方法

毎日が同じことの繰り返しだと悩んでいませんか?主婦になると、仕事をしていても専業主婦でも家事が生活の中心となってしまい、ルーティーンになってしまいがちです。今回は、生活にメリハリがなくなってしまった経験がある筆者が、兼業主婦の方にも専業主婦の方にも試してもらえる方法をまとめました。

兼業主婦と専業主婦で楽しみの作り方は異なってくる

筆者は結婚した当初、仕事をしながら主婦をしていたので、兼業主婦と専業主婦の両方を経験しています。
兼業主婦だと土日以外は仕事と家事に忙殺され、あとは寝るだけの生活を送っていました。
現在は執筆活動をさせていただいていますが、一時期は専業主婦となり趣味や息抜きの方法が見つからず悩んだ時期もありました。

今回は筆者の経験を元に、金銭的な余裕や時間の余裕も考慮して実際に試したことのある方法を挙げました。
わかりやすく兼業主婦向けと専業主婦向けで分けましたが、興味があるものにはどんどん挑戦してみてください。
また、もし食わず嫌いで挑戦したことのないものがあれば、一度お試し感覚で挑戦してみてください。

兼業主婦の方にオススメの方法

兼業主婦はとにかく忙しいですね。
パートで働いている方でも、仕事が終われば家事や育児に追われ、落ち着ける場所といえばお風呂とベッドの中という方も少なくないのではないでしょうか。
しかし、そんな生活を続けていると毎日に飽きてきたり、仕事や家事のモチベーションが上げられなくなってしまいますよね。
そこで生活の質を落とさずに始められる楽しみの見つけ方をご紹介します。

毎日が同じことの繰り返しで気持ちが塞いでしまっているなら、家族にもその気持ちが伝わってしまっているかもしれません。
特に子供は、お母さんの変化に敏感です。
心配をかけたり、生活が息苦しくなってしまわないようにも自分が楽しめる工夫をしてみてください。

その1:仕事のヤマを迎えたあとはご褒美を準備してみる

最近、自分にご褒美をあげましたか?仕事や家事で煮詰まってしまいやすい方はストイックな方が筆者の周りには多くいらっしゃいました。
しかし自分にご褒美を上げることは悪いことではなく、日々のモチベーションを上げることにも繋がります。
仕事で大きなプロジェクトを終えた後は自分にご褒美を上げるベストタイミングです。
ご褒美を準備し慣れていない方にとって、何をすればいいのか最初は戸惑うかもしれません。

筆者はお酒が大好きだったので、とても頑張った日は晩酌する決まりを作っていました。
甘いものが食べたければスイーツを買うこともありました。
お給料日明けであれば、可愛い雑貨やアロマデュフューザーを買って休日の楽しみにもしました。
普段我慢している物、無駄遣いだと思えるものでもたまに自分へ贈るのであれば仕事を進める上でも業務上以外の目標にもなるのでオススメです。

その2:写真や絵画など出先で楽しむ趣味に挑戦してみる

最近はスマホにも高性能なカメラが付いていますね。
筆者の両親は一眼レフカメラで季節の写真を撮ることが趣味でした。
父方の祖父がカメラ好きだったことも由来しているのですが、特に父は写真を撮るのが趣味でクオリティも高いです。
最近、インスタグラムを始めたらしく沢山いいねを貰って喜んでいる話を聞きました。
このように、自分の作品を発表しやすい時代なので、写真や絵画に挑戦してみるのも一つの手です。

それも出先でできるものにしておくと、家に引き篭もらず外出するきっかけにもなるのでストレス発散としてはオススメ。
知らない場所へ行き、自然や人、物に触れる休日はクリエイティブな仕事に就いている方にピッタリです。
本格的な水彩画に挑戦してみるのも楽しいと思いますが、絵を描く趣味を元々持っていらっしゃるなら、家でイラストを描いてSNSに投稿しても良いでしょう。

その3:家族と一緒にできることを始めてみる

仕事と家事の繰り返しだと、一人の時間をなかなか過ごせないだろうと思い、一人でできる趣味を前述しました。
しかし家族仲が良好であれば、夫婦でできる趣味や子供も一緒に楽しめることを始めてみるという方法もあります。
非日常感を味わうのであれば、キャンプやハイキングがオススメです。
グッズを集めなければいけませんが、そういった計画を立てる段階でもワクワクできますね。

インドア派の家族であれば、最近はやる機会が減ったと思いますがボードゲームはオススメです。
景品を準備して、オセロやトランプなど簡単なゲームをすると意外と盛り上がりますよ。
夫婦二人なら週末には必ず一本映画を観ることをオススメします。
映画館で観ても良いですが、観たことのない過去作品を観ることで現代とは違う価値観を知るきっかけにもなります。

その4:家事の休暇日を作って外出してみる

たまには主婦業をお休みしてみましょう。
筆者の夫は料理が趣味なので、休日は変わりに作ってくれます。
料理を変わりに作ってくれるだけでも、主婦には本当に有り難いことですよね。
しかし読者の方でも、台所は自分しか入りたくないと考えている方がいらっしゃるかもしれませんし、料理が苦手な旦那さんもいらっしゃるでしょう。
そんな時は外出して家事を完全にお休みしてしまう方法がオススメです。

お昼も夜も外食で済ますも良し。
どちらかだけ外食にしてしまうなど、それぞれの価値観で決めていただき、奥さんが主婦業を休める時間を作りましょう。
専業主婦でも日々の家事は同じことの繰り返しで嫌になりやすいもの。
兼業主婦の方は、尚更休むタイミングを自発的に作ってしっかり休日を満喫してください。

その5:定期的に一人もしくは友人と飲む日を作る

お酒が飲めない方は、外食を楽しむ方法でも良いです。
月に一度でも、家族以外の方と夜を楽しむ時間を作ってみましょう。
これは旦那さんの理解が必要になるので、よく話し合った上で行う必要があります。
しかし、恐らく旦那さんも飲み会に参加しているので、お互いフェアに楽しむためにも是非一度、旦那さんに相談してみてください。

子どもがいらっしゃる場合は、育児やお迎えの予定があると思うので夫婦間で意思疎通をしっかりとってください。
旦那さんに子守りをお願いするのが不安な場合は、ワンオペ育児になっている証拠でもあり、奥さんの負担が大きいことを物語っているようなものです。
もし旦那さんが育児に参加できる状況であれば、これを機に子育てについて見直し、あなたも一人で楽しむ時間を持てる工夫ができるよう協力してもらいましょう。

専業主婦の方にオススメの方法

専業主婦の方は、金銭感覚が少し兼業主婦の方と違うと思います。
今回は、あまりお金をかけずにできることや時間にゆとりがあるからこそできるものをご紹介します。
専業主婦は、家庭内や子どもが居る場合はママ友さんなど狭い範囲の人間関係に留まりがちです。
そのため、日々にメリハリが付きにくくなってしまうことも多々あります。

最近はウェブの世界も身近なものになったので、色んな方と交友を深めることができるようになりました。
しかし、根拠の無い情報も飛び交っているため、情報の取捨選択をしっかり行うことが大切になります。
あまりウェブの世界に慣れていない方は、まずネットリテラシーに関する記事に目を通してから楽しむことをオススメします。

その1:懸賞サイトに登録してお小遣い稼ぎしてみる

気軽に暇つぶしができ、更にポイントを貯めることで換金できる懸賞サイトをご存知ですか?広告を閲覧したり、サービスを利用してポイントを貯めていくシステムになっています。
ミニゲームで遊ぶこともできるため、隙間時間の暇つぶしにはピッタリです。
また楽天などネットでよくお買い物する方は、ポイント付与されることもあります。

しかし懸賞サイトにもたくさんの種類があります。
ポイントが貯まりやすいものや信頼性の問題など、様々な確認事項が存在します。
検索すると、色んな懸賞サイトを比較したサイトも出てきますので、もし興味がある場合は一度自分で情報を集めてから始めてみてください。

その2:隙間時間でできる在宅ワークに挑戦してみる

クラウドソーシングという言葉をご存知でしょうか?従来は、ちょっとしたお小遣い稼ぎなら内職をしようと考える方が多かったのですが、最近はインターネットで気軽に仕事を請け負えるサービスがあります。
結婚前はデザインなど技術職に就いていた方にはオススメの方法です。
在宅ワークであれば、仕事内容にもよりますが自分のペースで始められるものが多くあります。

副業として利用されている方もいますが、子育て中の方や理由があって外で働けない方も多く利用されています。
簡単なものであれば、アンケートに答えるだけのものもありますし、自分の特技を発揮できる仕事が待っているかもしれません。
仕事をできる余裕や意欲がある方は、一度色んなクラウドソーシングサイトをチェックしてみてください。

その3:心がときめくものをハンドメイドしてみる

ハンドメイドも今とても人気がありますね。
趣味に留めている方から、ハンドメイド作品を販売されている方など様々です。
筆者は、美術系の短大に通っており、当時から小物作りが得意だった友人は現在ハンドメイド作品の販売を中心に仕事をしています。
筆者も誕生日に作品を頂きましたが、ハンドメイド作品はぬくもりがあるので友人へのプレゼントとしても喜んでもらえますよ。

余裕があるのであれば、手芸店で開かれているハンドメイド体験や講座に出てみると良いでしょう。
わからない部分を直接聞けるという意味では、一番確実に早く身につける方法です。
しかし小さなお子さんが居たり、事情があって外出が難しい場合はハンドメイドを丁寧に説明した記事がたくさんネットにあります。
CRASIAでもハンドメイドのカテゴリーがありますので、ぜひ参考にしてみてください。

その4:行きつけのカフェやお店を作ってみる

家にずっと居たり、特定の人間関係しか築けて居ないと気持ちが塞いでしまうことがあります。
そういったことを解消するために、行きつけのお店を作ってみましょう。
理想としては、店員さんと顔見知りになれるカフェやショップ、美容室などがオススメですが、人見知りな方はスーパーの店員さんと挨拶をする習慣を作るだけでも変わってきます。

筆者は、うつ病になった経験があり、人と関わることを避けていた時期がありました。
しかし元々人と関わることが大好きだったため、気乗りしなくても実家の家族とランチに出掛けたり、友人と出掛けると少しずつ症状が良くなっていることに気付きました。
スーパーの店員さんでも笑顔が素敵で元気の良い方と顔見知りになっておくと、買い物へ行くのがとても楽しくなりますよ。

その5:ブログやアフィリエイトを始めてみる

軌道に乗るまでが大変ですが、もし専門的な知識を持っていたりブログを継続的に書くことができる方は、アフィリエイトに挑戦してみるという手段もあります。
アフィリエイトとは、自分のブログに広告を掲載し、広告経由で購入や契約に繋がると報酬が発生するシステムを指します。
興味がある方は、更に詳しく調べてみてください。
書籍も沢山販売されているので、一度本屋でチェックしてみてください。

アフィリエイトを目的としなくても、絵を描くことが好きな方や何か伝えたいと思うことがある方はブログを始めてみると日々送る生活の見方が変わります。
日常を漫画にされている方を見ていると、平凡な日でも面白い部分を上手に見つけたり、見逃しやすいこともしっかりネタとしてキャッチされていて尊敬します。
生活観を変えるきっかけにもなりますので、毎日に退屈されている方にはオススメです。

家族や会社以外の人脈を広げて色んな趣味を知る

仕事をされている方も、異業種の方と交流を持つことはとても良い刺激になります。
専業主婦の方も、偏った人間関係だけでなく、趣味などを通じて色んな方の価値観に触れて視野を広げると毎日に少しずつ変化が出てきます。
筆者は趣味が多く、色んな方と関わってきましたが、そのジャンルによって集まる人柄の傾向も全く違ってくるので、そういう部分に楽しみを見出すことも日々にメリハリをつけるきっかけになるでしょう。

新しいことを始めるためには大きな労力を必要とします。
家庭の事情、夫婦間での問題、子どもの年齢などによってできることが限られてくるでしょうし、すぐに挑戦できないものも多数存在するでしょう。
半歩だけでも、何か変えようと行動すれば生活に少しずつ変化が出てきます。
妻でいること、母でいることも大切ですが、あなたが女性として楽しめるよう工夫することも忘れないでください。