イライラしないママになりたい!子育てストレスの原因と解消法10選

多くのお母さんは心穏やかで優しいママになれることを願っています。しかし実際は上手くいかない育児や日々追われる家事に余裕がなくなってしまい、イライラしてしまうこともあるでしょう。イライラしてばかりいる自分を責めてしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。今回は子育てストレスの原因と解消法をご紹介します。

子育てストレスの原因は子どもだけではない

育児ストレスの原因は子供にあると考える方がいらっしゃいますが、必ずしも子どもだけに原因があるわけではありません。

もちろん子どもが言うことを聞いてくれなかったり、大人を困らせるようないたずらをしたりすれば「何でそんなことするの!」と怒りが込み上げてくることもありますが、四六時中言うことを聞いてくれないわけではないですよね。

ストレスは瞬間的に感じるものよりも蓄積されていくことの方が多く、小さなイライラが積み重なっていつの日かそれが爆発してしまうのです。

ストレスを効率よく解消していくためには、ストレスの原因になっている小さな問題を理解し、適切な対処を施す必要があります。

日々の生活を振り返り、ストレスの原因と自分に適した解消法を探していきましょう。

その1:理想の母親像と現実のギャップを感じている

多くのお母さんは我が子の誕生を心待ちにしているものです。

「赤ちゃんが生まれたらこういうことをしてあげよう」「旦那と一緒に力を合わせて大切に育てていこう」とこれからの生活に夢と期待を膨らませていた方も多いでしょう。

しかし実際の子育ては育児本に書かれていることをスムーズに行えるとは限りません。

上手くいかない育児に「こんなはずでは…」と落ち込んでしまう方もいらっしゃいますし、なかには上手くいかないことを自分の責任だと感じてしまう方もいらっしゃいます。

ですが理想は理想でしかなく、それが正しい育児とは限りません。

生まれたての赤ちゃんにも私たちと同じように個性があります。
自我が芽生えはじめれば好き嫌いもはっきりしますし、気分によってやりたいことも物事の感じ方も変わってきます。

それはお母さんたちの育て方が悪いというわけではありません。
子どもが少しずつ成長している証拠であり、大変なこともありますが喜ばしいことなのです。

理想の母親像を追い求め過ぎて疲れてしまっているようであれば、一度肩の力を抜いてみましょう。

その2:生活リズムの変化に気持ちが追い付かない

出産を機に生活がガラリと変わります。

これまでは少し近所のスーパーに買い物に行こうと思えば簡単にでかけられましたが、子どもが小さい時期はたとえ少しの間でもお留守番をさせるわけにはいきません。

その他にも美容室に行ったり、友だちと遊びに行ったりするのにも旦那さんやおじいちゃんおばあちゃん、一時保育などとスケジュールを調整する必要があります。

子どもは可愛いけれど、子どもに自分の生活スタイルが縛られているような気がして息苦しさを感じている方もいらっしゃるかと思います。

赤ちゃんが生まれたからといってこれまで長い時間慣れてきた生活スタイルを変えるのは非常に難しいことです。
すぐに切り替えられないからといって落ち込む必要はありません。

まずは1日のスケジュールを立て、何にどれくらいの時間が必要なのかを洗い出してみましょう。
もちろんスケジュール通りにいかなくても問題なし。

大まかな内容を把握し、優先順位の低いものは後回しにしてしまいましょう。

その3:家事や育児に追われて時間の余裕がない

時間や目標が決まっているものに挑戦するときは「時間内に終わるかな」「ちゃんと目標を達成できるかな」と緊張してしまうものです。

育児や家事も同じ。
「ちゃんと掃除をやらなきゃいけない」「子どものご飯もつくってあげなきゃいけない」と自然と自分に「○○しなければいけない」という課題を課してしまいます。

もちろんやらなければいけないこともありますが、あまり気負い過ぎてしまうとそれがプレッシャーになり、小さなストレスを溜めてしまう原因にも繋がってしまいます。

時間に余裕がないと感じた際は自分自身に課している課題を振り返ってみましょう。

無駄なものはないにせよ、上手に優先順位をつけていけば明日に持ち越したり、旦那さんにお願いしたりしてもいい項目が見えてくるかもしれません。

このように時間を効率よく使うだけでなく、やらなければいけないことを減らしていくことも重要なポイントです。

その4:十分に体力を回復できず、疲労が溜まっている

産前産後を比較するとお母さんの睡眠時間は大幅に減ってしまいます。

まず生後2ヵ月頃までは1~3時間おきに授乳が必要なため、まとまった睡眠を取るのが難しくなります。
もちろんすぐに飲んでくれるとも限らないですし、飲んだ後に眠ってくれるかもわかりません。

また生後3ヵ月頃から夜泣きがはじまり、1歳半頃まで続くこともあります。
これにも個人差がありますからもっと早くから夜泣きがはじまることもあれば、2歳頃まで続く子もいます。

疲労が溜まってしまうと体だけでなく、心までも疲れ切ってしまいます。
心が疲れてしまうと思考がネガティブな方向へ向きやすくなり、どんどん自分のことを追い込んでしまうことに繋がりかねません。

赤ちゃんが小さいうちは休息を取るのが難しいかもしれませんが、旦那さんがお休みの日はお子さんのお世話を任せ、体力を回復できる時間を設けるように心がけましょう。

また日頃からやるべきことを大量に抱え込まないようにすることも大切です。

その5:子どもの成長に対して神経質になり過ぎている

子どもの成長には個人差があるとはいえ、ほかのお子さんと比較して遅いところがあるとつい不安になってしまいますよね。
愛する我が子のことですから神経質になってしまうのも仕方ありません。

確かに成長が早い子もいれば、他の子よりもゆっくりと成長していく子もいますが、どれもお母さんの育て方が悪いというわけではありません。

もちろん成長がゆっくりだからといってその子が可哀想なわけでもありませんし、ゆっくりであることが原因で不幸になるわけでもありませんよね。

極端な例を出せば納得できることでも、我が子のこととなると心配になってしまうお気持ちもわかります。
しかしお子さんの個性を無視して急かしても良いことなどありません。

子どもの成長に対してピリピリしているなと感じたら、ほかの子どもたちと比べるのをやめましょう。
ママ友やSNS、インターネットなどからの情報を制限し、お医者さんの診断だけを取り入れてみるのも良いでしょう。

その6:独身時代の友だちを疎遠になり孤独を感じている

子どもが生まれるとライフスタイルも変化していき、自然と独身時代のお友だちと疎遠になってしまうという方も多くいらっしゃいます。

彼とのデート写真やバリバリ仕事を頑張っている様子などをSNSにアップしているのを見ると、自分は毎日スッピンで子どものお世話しかしていないと落ち込んでしまうこともありますよね。

しかしライフスタイルが変化することをネガティブにとらえる必要はありません。

お友だちは独身のまま今を楽しむことを選択しただけですし、あなたも子どもと一緒の生活を選択しただけ。
そこにどちらが偉いとか凄いとかの違いはないのです。

隣の芝は青く見えるもので、楽しそうな写真を見ると幸せだけで満ち溢れているように思えるかもしれませんが、誰しもが少なからず悩みを抱えているものですし、何かしら努力をしているもの。

幸せの形や大きさを比較するのではなく、まずは目の前の自分の喜びにきちんと目を向け、それを大切にすることに集中してみましょう。

その7:家計がひっ迫しており金銭的な余裕がない

家計がひっ迫していると「節約しなきゃ」「貯金をしなきゃ」と気持ちが焦ってしまいますよね。
特に赤ちゃんが生まれるとこれまでになかった出費が嵩んでしまうものです。

残念ながらお金は入り口よりも出口の方が多く、お金を使わないと生活を維持することができません。
どんなに嫌でもお金は出て行ってしまいます。

その出口にばかり気にしてしまうと「お金がないから我慢しないと」とお金がないことがストレスになってしまい、気持ちの余裕もなくなってしまいます。

貯金をすることも大切なことですが、ストレスを溜めないように上手なお金の使い方を練習するのも大切なことです。

もちろん欲しいもの全てを好きなだけ買ってしまえばお金はいくらあっても足りませんが、目標貯金額を設定し、それを達成したら自分や家族にご褒美を買うようにしてはいかがでしょうか。

貯金をするためには我慢することも大切ですが、我慢ばかりしていてはモチベーションも下がってしまいます。
どのように溜めるかも大切ですが、どのようにお金を使うかも重要なポイントです。

その8:旦那さんとの家事分担に不満を感じている

女性の社会進出が進むなかでも「育児や家事は女性の役割」という考え方からはまだまだ抜け切れていません。

確かに授乳はお母さんにしかできないことですし、女性が担当した方が効率の良いこともたくさんあります。
しかし楽だからといって女性にばかり負担がかかってしまえばそれがストレスに繋がってしまいます。

共働きの場合は家事や育児を分担制にしている家庭も多いようですが、専業主婦の場合は家事や育児をすることが「当然の仕事」ととらえられている場合も多くあります。

旦那さんとの家事や育児の分担に不満がある場合は、長く我慢をせずに早い段階で話し合いの時間を設けるようにしましょう。
あまり時間を置き過ぎてしまうと「あなたがやって当たり前」「今までもできていた」と悪い方向に定着してしまう恐れがあります。

分担について話し合う際はこれまでの不平不満を相手にぶつけるのではなく、なるべく冷静かつ穏便に話し合いを進めましょう。
「○○をやって」と命令するのではなく、「何がやりたい?」「何ができる?」と選択肢を与えることも話し合いを上手に進めるコツです。

その9:古い子育て論を押し付けられてうんざりしている

年配の方と頻繁に接しているお母さんのなかには、古い子育て論を押し付けられることにストレスを感じている方がいらっしゃいます。

たとえば「母乳で育てないと可哀想」「あまり抱っこすると抱き癖がつく」「3歳まではお母さんと過ごした方が良い」など基本的には子どものことを思うあまりに余計なことまで口走ってしまうケースが多く見られます。

決してあなたのことを悪く言うつもりがなくても、言われた側からすると自分の育児方法を否定されたような気持になってしまいますよね。

古い子育て論を聞かされても律儀に全てを守る必要はありません。
もちろん先人の知恵として役立つ情報もありますが、医療やそれに関する研究は日々進歩しています。
これまで常識だと思われていたことでも、実はそうではなかったということもたくさんあるのです。

ある程度の情報は参考程度に留め、かかりつけのお医者さんの指示やアドバイスに従うようにしましょう。

その10:ホルモンバランスの影響でイライラしやすくなっている

産後はホルモンバランスが乱れ、産前よりもイライラしやすくなります。

これまではまったく気にならないことでも妙にカンに障ったり、気持ちが攻撃的になったりすることがあります。

時には「何だか心が狭くなってしまったのではないか」「性格が悪くなってしまったのではないか」と自分の気持ちの変化に驚き、傷ついてしまう女性もいらっしゃいます。

必ずしも起こることではありませんが、出産前後では体のつくりも大きく変わりますし、分泌されるホルモンの量も異なりますので決しておかしなことではありません。

気持ちが落ち着かず、イライラが収まらないようであれば一度婦人科に相談してみるのも良いでしょう。
場合によっては専門機関のカウンセリングを受けられることもあります。

また高齢出産の場合はそれとは別に更年期も考えられます。
一般的に更年期は45歳~55歳の間をいい、40代半ばあたりからイライラや頭痛、倦怠感などの症状が現れます。

こちらも必ずしも起こることではありませんので、心配な場合は専門機関に相談してみましょう。

子どもを愛し、大切にしているお母さんほどストレスを溜めやすい

子育てのストレスの多くはお母さん自身に原因があるのではなく、子どもを愛し大切にするがあまり頑張り過ぎてしまったことで多く抱え込んでしまっています。

そのため「イライラしてばかりでダメな母親だ」と自分のことを責める必要はありません。

むしろイライラしているほど、子どもや家庭のことを真剣に考え、大切にしている証拠かもしれませんね。

とはいえ、ストレスを溜め過ぎてしまうと体だけでなく心までも壊してしまう可能性もありますので上手にストレスを解消する必要があります。

「つらい」「大変だ」と思ったら無理をせず、まずは少しでも体を休めるようにしましょう。