子育てに奮闘しているママにおすすめの漫画10選

毎日家事や育児に追われているとなかなか自分の時間をつくるのが難しいですよね。そこでおすすめなのが子育て漫画です。最近は子育てや家事、日々の日常をテーマにした漫画がたくさん発行されています。同じ境遇だからこそ笑えるものや思わず共感してしまう作品が豊富にあります。今回はママにおすすめの漫画をご紹介します。

お気に入りの1冊を見つけよう

子育てをテーマにした漫画は書店で販売されているものだけでなく、個人のブログで連載しているものもありますし、TwitterやInstagramなどのSNSを通じて読めるものもあります。

テーマも妊活や出産、乳幼児の子育て、保育園児、幼稚園児など細かくわかれているのが特徴です。

我が子と同じくらいのお子さんをテーマにしたものを選んでみるのも良いですし、少し上の年齢のお子さんをテーマにしたものを読んで今後の参考にしてみるのも良いでしょう。

個人のブログから書籍化されたものもありますので、お気に入りの作品を書籍として購入しておけば気軽に読み返すこともできます。

家事や育児のひとやすみにお気に入りの1冊を見つけてみませんか?

その1:ママはテンパリスト

価格・情報の取得:2018-05-11

『ママはテンパリスト』の作者である東村アキコさんはドラマ化で話題になった『東京タラレバ娘』や『海月姫』などの作者でもある漫画家です。

物語は息子の「ごっちゃん」と多くの連載を抱えながら初めての育児に慌てふためく作者のふたり。

奇想天外な言動を見せるごっちゃんの愛らしさも魅力ですが、それに振り回される東村アキコさんの姿に思わず「わかる、わかる!」と頷いてしまう読者さんも多いようです。

一話が短めに構成されているため、忙しい育児や家事の合間のひとやすみに丁度良いのも嬉しいポイントですね。

物語のテンポも良く気軽に読めるため、お母さんだけでなく日頃なかなか子どもと接する機会がつくれないお父さんたちにもオススメです。

その2:正直 余裕はありません。 いっぱいいっぱいだけど2人育児楽しんでます

価格・情報の取得:2018-05-11

『正直 余裕はありません。
いっぱいいっぱいだけど2人育児楽しんでます』はあね子さんが描く育児コミックエッセイ。
ブログに掲載していた作品が書籍化され、書籍の方には書下ろしの漫画も収録されています。

こちらの漫画には二人目の妊活、二人目をつくるまでの葛藤や悩みなどが描かれており、姉妹の二人育児の壮絶さを可愛いイラストと一緒に楽しむことができます。

姉妹や兄弟を持つお母さんにとっては「うちと同じだ!」と共感できる部分が多いでしょうし、これから二人目をつくりたいというお母さんたちにとっては励みになるかもしれませんね。

二人育児は決して簡単なことだけではありませんが、あね子さんの作品を読むと姉妹の面白さ、愛おしさを感じ取れます。

その3:ママは悪くない! 子育ては“科学の知恵”でラクになる

価格・情報の取得:2018-05-11

『ママは悪くない!子育ては“科学の知恵”でラクになる』はNHKスペシャル番組「ママたちが非常事態!?」の内容をコミックエッセイにした1冊です。

多くのお母さんたちが感じている「孤独な子育て」や「産後のイライラ」「夫の不満」などの問題をテーマに最新の科学で問題解決を目指していきます。

子育てという観点だけでなく、妊娠や出産、子育てに悩むお母さんたちのケアをする意味でも何かヒントを得られる作品となっています。

悩みを抱えるお母さんだけでなく、当事者として同じ悩みを共有できないお父さんたちにも大切なパートナーを理解するためのきっかけをつくってくれるはずです。

作品内には専門家のコラムを収録されているため、問題解決のアイディアがみつかるかもしれません。

その4:色気は分娩台に置いてきました。

価格・情報の取得:2018-05-11

『色気は分娩台に置いてきました。
』はヤマダモモコさんが描く自虐イラスト日記。
Instagramにアップしていたイラストがフォロワーの心を掴み、書籍化もされました。

「インスタ映え」が流行るなか、こちらの作品ではリアルな育児が着飾ることなく描かれています。
そのありのままの姿は多くのフォロワーから共感され、支持されているのです。

女性としての煌びやかさはないけれど、子どものために一生懸命育児に取り組み、向き合うヤマダモモコさんの姿がとても印象に残る作品となっています。

ユーモアあふれるイラストと思わずくすっとくる文章から構成されているため、気軽に読み進めていくことができます。

思い描いていた育児ができていないと悩んでいるお母さん方におすすめの1冊です。

その5:空回り母ちゃんの日々

価格・情報の取得:2018-05-11

『空回り母ちゃんの日々』は作者であるホリカンさんの実体験をもとにしたコミックエッセイです。
もともとはアメーバブログで漫画を掲載されており、大人気ブログとして多くのファンを引き付けていました。

ホリカンさんのお子さんはお調子者の長男、女子力高めの長女、自由奔放な次男、一家のアイドルである三男の4兄弟。

個性豊かな兄弟は作品の大きな魅力のひとつです。
性別も年齢も異なるため、多くの読者が共感することができます。
一人ひとりにスポットをあてるだけでなく、兄弟同士のやり取りやそれに振り回されるホリカンさんや旦那さん、周囲の大人たちの反応にも笑ってしまいます。

毎日家事や育児に追われて疲れているお母さんたちを元気づけてくれる1冊です。

その6:生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした

価格・情報の取得:2018-05-11

『生きづらいと思ったら親子で発達障害でした』の作者であるモンズースーさんはタイトルの通り自身が発達障害であることを大人になってから知ります。

それだけでなく二人の息子も発達障害グレーゾーンであることを知り、時には自分のことを責めてしまったり、他の子と違う我が子にショックを受けたりするなどあらゆる壁にぶつかります。

しかし発達障害について懸命に調べ、お子さんたちと向き合うことで少しずつ前向きな姿になっていく様子に多くの読者が感動したはずです。

特に同じく発達障害を持つ読者さんからは「私の気持ちを代弁してくれた」という声が多く、発達障害を持たない方々にとっても理解を深めるきっかけをくれる作品となるでしょう。

その7:イクメンと呼ばないで ニブンノイクジ

価格・情報の取得:2018-05-11

『イクメンと呼ばないで ニブンノイクジ』は作者であるうめさんの実体験をもとにしたコミックエッセイです。

近年女性の社会進出が進むなか、仕事と家庭の両立や共働きの在り方、男性の育児などが課題となっています。
この作品ではまさに共働きや夫婦で行う子育てについて描かれています。

「私も社会復帰したけど育児がおろそかになってしまわないか心配」と悩んでいるお母さん方や夫婦での育児分担の仕方に頭を抱えているご夫婦におすすめの1冊です。

育児に悩むお母さんだけでなく、これから育児を分担していく旦那さんにも参考になることがたくさん描かれています。

子育てだけでなく、夫婦としての在り方や考え方を見直してみたい方が是非手に取ってみてください。

その8:おひさまもっちゃん!漫画家パパの育児日記

価格・情報の取得:2018-05-11

『おひさまもっちゃん!漫画家パパの育児日記』はタイトルの通り作者である丸本チンタさんのパパ目線で描かれたコミックエッセイです。

育児漫画やエッセイというと女性の作者が多い傾向にありますが、こちらはパパである男性目線で描かれているため、新しい育児の考え方や視点を楽しめる作品になっています。

主人公であるもっちゃんは5歳の女の子。
おしゃべりが大好きでわんぱくな女の子だけど、成長とともに少しずつ女の子らしい一面が見えてきます。

可愛い子どもだった子が少しずつ女の子へと生長していく姿は愛らしいような、寂しいような複雑な気持ちで見ることができます。

周囲の大人たちが想像できないような言動に思わず読者も笑ってしまうことでしょう。

その9:ウラクさんちのふたごちゃん

価格・情報の取得:2018-05-11

『ウラクさんちのふたごちゃん』は作者であるウラクさんのコミックエッセイです。
Instagramとブログで掲載していた漫画が書籍化され、1冊の本になりました。

主人公は女の子と男の子の双子姉弟。
双子だからこそ大変な育児やちょっぴり笑ってしまうようなエピソードが豊富に盛り込まれています。

もちろん双子のお子さんを持つお母さんでなくても、思わず「うちも同じ!」と共感できる内容が多いため、どなたでも楽しめる内容になっています。

シンプルなイラストとは異なり、パンチの効いた双子姉弟の成長を辿っていけるのもこの作品の魅力のひとつ。

双子育児の大変さがリアルに描かれておりますが、何よりも子どもたちに対する愛情が伝わってくる作品です。

その10:出産の仕方がわからない!

価格・情報の取得:2018-05-11

『出産の仕方がわからない!』は30代、オタク女子であるカザマアヤミさんの実録コミックエッセイです。
こちらの作品以外にも自身が結婚するまでの道のりを描いた漫画が発行されています。

この作品はこれまでご紹介した作品とは異なり、子育てではなく「出産」をテーマにした漫画です。

子どもがほしくてもなかなかできない。
初めての不妊治療に不安を抱えながらも夫婦で前向きに取り組む姿に心がほっこりします。

これから結婚をするカップルや赤ちゃんが欲しいと考えているご夫婦、今まさに不妊に悩んでいる方々におすすめの作品です。

妊活や不妊治療というのは親しい友達にもなかなか相談しづらいものですが、こちらの作品では作者の実体験がもとになっているので初心者目線で学んでいくことができます。

漫画を読んで隙間時間に気分をリフレッシュ!

日々の育児や家事の疲れをリフレッシュするのに漫画はとても有効なコンテンツです。

特に育児や子どものいる日常をテーマにした漫画であれば、思わず「わかる、わかる」と共感してしまう内容も多く、一人で悩んでいた気持ちを整理するきっかけを与えてくれるかもしれません。

ストーリーの構成も連続しているものが少ないため、家事や育児の隙間時間に手軽に読むことができます。

なかなか自分の時間がつくれない、リフレッシュできていないと悩んでいる方は是非、お気に入りの1冊を探してみてください。