ネイルは透明感を生かしたデザインで時短!クリアネイルの魅力

自分の爪の上にジェルネイルやスカルプチュアなどで固めた人工爪をクリアネイルと言います。自分の爪の硬化や、逆に爪を長くしたい場合など、さまざまな用途で使われます。透明感があって、爽やかな印象を与えてくれることでも人気です。

今回は、

  • クリアネイルの特徴
  • 人気のクリアネイルデザイン
  • セルフでやる場合のクリアネイルのやり方

について紹介します。シンプルな中にもデザインによっては凝った雰囲気にも出来るので、さりげないネイルにしたい方にオススメです。

クリアネイルとは?クリアネイルの特徴

まずは、クリアネイルの特徴やメリットについて見ていきましょう。クリアネイルと言われてもどんなものなのか知ない、使いどころがわからないという人はぜひチェックしてください。

透明タイプのネイルを使ったデザインのこと

クリアネイルとは、透明なデザインのネイルのこと。透明感があるためナチュラルな印象を与えてくれ、涼しげな雰囲気に仕上がるので夏場にもぴったりです。クリアネイルの上にラメやパウダーを散りばめることで、シンプルながらも上品なネイルに仕上がります。

カラータイプのネイルよりも色合いが自然なため職場にもOK

クリアネイルはカラーを爪全体に塗るタイプのネイルと違って、自分の肌の色が透けて見えます。パッと見たときの印象も肌色~ピンクの面積が大きく、色合いが自然であること、派手さがないことから職場や学校で使っている人も多いようです。

自分の爪の色や形を活かすため甘皮の処理が必須


クリアネイルはナチュラルで使い勝手もいいのですが、しっかりと甘皮の処理をしなければいけません。自爪の色合いや形を活かすデザインのため、下準備をしないときれいな仕上がりにはならないのです。

色ムラが目立たず失敗が少ないので時間がないときにもおすすめ

クリアネイルはカラーネイルと比べると色ムラが目立ちません。カラーネイルを失敗すると一度落としてやり直さないと目立ってしまいますが、クリアネイルの場合はムラがほとんど気になりません。セルフネイルが苦手な人や、何度もやり直して乾かして…という時間が惜しいときにもおすすめです。

クリアネイルの人気デザイン

クリアネイルといっても、ラメを散りばめたりストーンを置いたりとさまざまなアレンジがあります。シンプルだからこそ、デザインにこだわらないと「地味」になってしまうのです。個性的なものからシンプルで取り入れやすいものまで、いろいろなデザインを紹介しますので参考にしてみてはいかがでしょうか。

シンプルクリアネイル

こちらはシンプルクリアネイルです。ピンクネイルがかわいらしい印象ながら、自爪も透けているのでとてもナチュラル。血色をよく見せてくれて主張しすぎないので、普段使いにも最適です。

クリアフレンチ×ラメ

カラーネイルを入れずに、ラメとストーンでデコレーションした上品なクリアネイル。クリアフレンチはラメの入れ方などを工夫することでさまざまなバリエーションが作れるので、透明でありながらもしっかり存在感をアピールできるネイルに仕上げられます。

星柄ネイル

クリアネイルの上にラメや星型アートを施したデザイン。星柄というと、ブラックやネイビーカラーに星を散りばめるのが定番ですが、クリアネイルの上から施すのも自然な可愛さがあるのでおすすめです。

シロップネイル

シロップネイルとは、シロップをたらしたように美味しそうな色合いで透明感のあるネイルデザインのこと。ピンクのシロップネイルはストロベリーのイメージで女性らしい甘い雰囲気に。適度なつや感が出ることから、キュートな仕上がりを求める人におすすめです。

クリア×ホログラムネイル

クリアネイルの上からホログラムを施すことで、シンプルながらもポップなネイルを作ることができます。カラー×ホログラムも華やかですが、クリアネイルと組み合わせることで自然な雰囲気に。派手さが抑えられるので職場などにもつけられるのではないでしょうか。

クリアべっ甲ネイル

ネイルデザインの王道として、べっ甲があります。べっ甲デザインはすべての爪に施してしまうとくどさを感じさせてしまうので、10本の指のうちの3本~4本をべっ甲にして、他はクリアネイルや色味を抑えたネイルカラーにするのがポイント。べっ甲デザインを際立たせることができます。

ジェリービーンズ風パステルクリアネイル

あえてすべてのネイルカラーを変えることで、キュートなデザインに仕上げたジェリービーンズ風ネイルです。パステルカラーでクリアネイルを作ることで、お菓子のようなつやのある爪になります。

服装を選びそうなデザインに見えますが、やわらかな色味を選ぶことで意外とファッションは選びません。見た目に楽しいデザインで、好きな色を取り入れられるので、いつもと気分を変えたいときなどにおすすめです。

クリア×花柄ネイル

クリアネイルと花柄ネイルを組み合わせることで、ナチュラルで爽やかな爪に仕上げられます。花柄のカラーにもよりますが、青系を組み合わせると涼しげな印象になるので夏にぴったり。ドライフラワーのようなくすんだ色にすれば、秋冬にも使えます。

すりガラスネイル

クリアネイルは基本的につやを楽しむものが多いですが、つや消しのトップコートと合わせることによってすりガラス風ネイルを作ることもできます。秋冬で暖かみのあるネイルにしたい場合や、落ち着いた大人っぽい雰囲気にまとめたいときにおすすめです。

ビーチ風ネイル

このビーチ風ネイルは、まるで水の中にいるようなさわやかな雰囲気を作ってくれます。ネイルアクセサリーに海に関するモチーフを使うことで、より一層涼しさを感じられるでしょう。ネイルの色も、本物の海のような緑がかった青を使うのがおすすめです。

大理石風ネイル

クリアネイルを使ったデザインで大人っぽさを求めるのであれば、大理石風ネイルがおすすめです。大人の女性を演出できるだけではなく、エレガントな雰囲気を出すこともできるのでフォーマルな服装にもぴったりです。

セルフでできる!クリアネイルのデザインとやり方

クリアネイルは、デザインによってはセルフでも十分可能。ネイルサロンに行けばきれいに仕上げてもらえますが、どうしても費用がかさんでしまいます。使うポリッシュもプチプラのもので十分なので、ぜひ試してみましょう。

グラデーションネイルのやり方

グラデーションネイルは凝ったように見えて実は失敗しづらい初心者向けデザイン。まずはベースコートを塗って準備をしておきます。ベースが乾いたら、パールホワイトを全体にひと塗りしましょう。真っ白にするのではなく、ほんのりラメが乗る程度でかまいません。

パールホワイトが乾いたら、グラデーション作りに取りかかります。好きな色のネイルを爪の先から3分の2ほどまで塗り、乾いたら今度は3分の1ほどに塗りましょう。重ねた部分の赤みが強くなり、自然にグラデーションが作れます。最後にトップコートを塗ってつやを出したら完成です。

たらしこみクリアネイルのやり方

海の底のような不思議な色合いのネイルができる方法です。まずはブルーとクリアでマーブルを作りましょう。あえてムラを残すことで深い味わいを作ることができます。その後はLEDライトで硬化させて、フィルムを貼るためにベースジェルを塗りましょう。ベールジェルが乾いた後、フィルムを張り付けてトップジェルでコーティングをすれば完成です。

透明感が可愛いチークネイルのやり方

ぽっと色づいたチークのような透明感のあるほんのりネイルは、女性らしさを引き出してくれます。使うカラーはシアーなものがおすすめ。濃さの違う2種類のピンクを使って作ります。

まずは薄い方のピンクをスポンジにとって、周りを残して中央をポンポンとぼかしながら塗っていきましょう。最初のものが乾いたら、範囲を狭めながら再びぼかして広げていきます。

薄い色が塗り終わったら、濃い方のカラーも同じ用量で色をつけていってください。最初の色よりも狭い範囲につけることで、きれいにグラデーションができます。

水面風ネイルのやり方

複雑そうに見える水面風ネイルも、実は比較的簡単に作れます。3色のグラデーション用カラーを用意して、まずは一番薄いものを半分程度塗りましょう。その次に、真ん中の色を最初に塗った部分の半分くらいまで塗り、最後に一番濃いものをさらに半分塗ります。

水面作りには白のアクリル絵の具を用意しましょう。これも100円ショップで購入できます。水と溶かして薄めたら、ネイルの上に軽くポンポンと乗せましょう。その後、少し時間を置いて綿棒で吸い取り、数回同じことを繰り返すことで水面風のデザインに仕上がります。最後にトップコートを塗り、飾りつけをしたら水面風ネイルの完成です。

まとめ

女性の手元は意外と見られているもの。きれいにネイルをしている人は好印象を得られます。せっかくなので、自分に合うデザインをいろいろと模索してみてはいかがでしょうか。クリアネイルは透明感のあるさわやかなデザインで、かつセルフでも簡単に凝った模様が作れます。特別な道具も必要ないので、ぜひ試してみてください。