崩れさせたくない!「マスクをした時」のメイク術

マスクをつけるとメイクが崩れがち

メイク方法を工夫すれば大丈夫

風邪予防や花粉症などでマスクをつけることがあると、気になるのがメイク崩れです。マスクをつけていると、外したときにファンデーションやリップがついてしまった、ということはありませんか?マスクをつけているためにこまめにメイク直しが必要になると手間です。

そんな時はマスクをつけても崩れにくいメイク方法を取り入れていくのがおすすめ。簡単なステップを踏むことでファンデーションやリップが落ちにくいメイクに仕上がるので、マスクを着用する場合に役立てていきましょう。

ベースメイクにこだわってマスク崩れを防ぐ

保湿をして崩れにくいメイクにする

マスクをしても崩れにくいベースメイクにするためには、スキンケアにこだわりましょう。肌が乾燥しているとファンデーションがのりにくく、マスクをつけることでさらに崩れやすくなります。

洗顔が終わったら、導入美容液を使うのがおすすめ。化粧水の浸透力が良くなると言われているので、活用してみてはいかがですか。化粧水・乳液の順番でじっくりと潤いを補給。時間がある場合はパックをすると良いのではないでしょうか。

下地とリキッドファンデーションでベースを作る

続いて、下地でベースを作ります。崩れ予防機能の高い下地を使っていきましょう。下地でベースを作っておけばファンデーションは薄くても綺麗に仕上がります。ファンデーションが薄ければマスクをつけてよれることも少なくなるのもポイント。

下地をつけたらリキッドファンデーションを顔の中央から外側に向かって塗り広げます。広げたらスポンジを使ってポンポンっと軽く押し当てるように馴染ませてください。小鼻の脇など崩れやすいところはスポンジの角を使ってしっかり馴染ませるのがメイクのコツです。

パウダー&ミストで仕上げる

メイクブラシにパウダーを取ったら、くるくると優しく回し撫でるように広げましょう。クリアタイプのパウダーだとナチュラルに仕上がります。

最後にフィニッシングミストを使うのがマスク崩れしにくいベースメイク方法。フィニッシングミストを全体に吹きかけることでベースメイクが定着し、崩れを防ぎやすくなります。崩れが気になる場合にぜひ活用してみてくださいね。

落ちにくいリップメイクの方法

ティントを使ってマスク崩れを防ごう

マスクをつけているとリップが落ちてしまうこともよくあります。そんな時はティントを使いましょう。唇を染めるタイプのティントであればマスクによる影響を減らせるのではないでしょうか。

リップコートを使うのがおすすめ

ティント以外のリップを落としたくない場合はリップコートを使いましょう。リップメイクの仕上げにコートを塗ることでマスクをつけても落ちにくくなります。食事をする時などもリップの発色をキープしやすいので、活用してみてはいかがですか。

マスクをつけた日も綺麗なメイクを維持しよう

マスクをつけた時に気になるメイク崩れはポイントを押さえることで防げます。ベースやリップのコツを取り入れて、マスクをつけた後も綺麗なメイクを楽しみましょう。