ボブに失敗する原因は?美容師さんに伝える時のポイント

パーマ×ボブの上手なオーダー方法は?アレンジ方法も紹介

どんなヘアスタイルにするかは全体の雰囲気にも大きく影響する大事なところです。中でも最近注目されているのがパーマ×ボブの組み合わせです。それぞれの特徴をうまく生かして、イメージ通りのヘアスタイルにするにはどのようにオーダーすればよいのでしょうか。

今回は、

  • 「ボブ」スタイルの種類について
  • ボブでパーマをかけるメリット
  • 美容室でパーマ×ボブをオーダーする時のポイント
  • パーマ×ショート/長めボブのおすすめスタイル
  • トレンドのパーマ×ボブスタイル
  • パーマ×ボブのおすすめアレンジ方法

をご紹介します。髪型を変えようと思っている方、すでにボブスタイルの方向けに、いろいろなアレンジやスタイルを集めてみました。是非、参考にしてみてください!

ボブってどんな髪型?

ボブとはどんな髪型なのでしょうか。少し前から爆発的な人気を見せるボブの魅力をご紹介します。ボブの特徴を理解した上で、さらに自分のイメージを膨らませていくとよいでしょう。

髪が肩ぐらいまでの長さで全体に丸みを帯びたヘアスタイルのこと


ボブヘアの場合の髪の長さは肩くらいまでです。短めで、首元をすっきりと見せることができます。また全体的に丸みを帯びたヘアスタイルのためガーリーな演出にもピッタリでしょう。短めの髪型ですので、お手入れも比較的簡単なのもうれしいところです。また、アレンジの仕方によっては、クールな印象にも、可愛らしい印象にも自在に変えていくことができます。短いながらもアレンジの幅の広い髪形といえるでしょう。

全体的に重ためのスタイルが特徴

ボブヘアは全体的に落ち着いたヘアスタイルといえます。適度なボリューム感のある重ためのスタイルのため、ナチュラルな仕上がりにもなりやすいといえるでしょう。前髪の長さなどを少し変えたり、毛先のアレンジを変化させることで全く異なる印象を与えるのも特徴といえます。

髪の長さや形によって異なる呼び名がある

ボブヘアといっても、様々なアレンジがあるため、髪の長さや形によって細かく呼ばれ方が変わります。例えばショートボブと呼ばれる場合、後ろの部分が通常のボブよりもタイトにまとめられている髪型を指します。通常のボブは後ろのボリューム感がありますが、ショートボブの場合はそこまでのボリューム感を出さないためすっきりとしたシルエットになります。

また、Aラインボブと呼ばれるボブヘアは、裾に向かって広がっていくスタイルのことを指します。とても柔らかい印象になります。ガーリーな雰囲気を目指している方にはぴったりなヘアスタイルといえるでしょう。また、長すぎもしないので扱いやすく、いろんなアレンジを試しやすいというメリットもあります。

ボブのスタイルは多種多様

ボブに失敗する原因は?美容師さんに伝える時のポイント
このようにボブヘアといっても、そのスタイルはとてもたくさんあります。そのため、美容室でボブにしてほしいという希望を伝えるだけでは、もしかすると自分のイメージではないボブになってしまうかもしれません。そこで、自分がなりたいイメージを的確に伝えるようにしましょう。その際に参考にできる画像などを用意して、注文する際にみてもらうとより明確に意思が伝わると思います。

パーマをかけて軽く見せるボブスタイルが流行中

ボブスタイルの中でもパーマと合わせてアレンジするスタイルが流行っています。ボリューミーで重たい印象になりやすいボブをパーマと合わせることによってより女性らしく軽やかな印象に出来るでしょう。パーマをどのようにかけるかでもアレンジの幅はとても広がります。様々なアレンジを試しながら自分にぴったりの組み合わせを見つけましょう。

ボブスタイルの人がパーマをかけるメリット

ボブスタイルにパーマを合わせるスタイルが流行していますが、それには様々なメリットがあります。パーマをかけるのには難色を示している方も、こうしたメリットを考えるととても興味がわくことでしょう。もしかするとコンプレックスに思っている部分も、アレンジ次第で克服できるかもしれません。そこでボブスタイルの人がパーマをかけた場合のメリットをまとめました。

重たくなりがちな見た目の印象を変えられる

ボブは全体的に重たくなりがちなヘアスタイルです。適度なボリューム感や後ろの厚みで落ち着いたイメージにはなりやすいですが、軽やかにはなりにくいものです。しかし、そこにパーマをかけると、適度なボリューム感が軽やかな印象を作り出します。毛先のみパーマをかけるだけでも大きく印象を変えることができるでしょう。

トップにふんわり感を出せるので小顔に見せられる

ボブヘアのトップにパーマをかけることで、ふんわりとした印象を作り出します。また、適度なボリュームがありますので、小顔に見せることもできるのです。全体的にパーマをかけなくても、ポイントをおさえてパーマをかければボブの上品さを損なうことなくパーマを楽しめるでしょう。上品かつ小顔ですっきりとした印象を与えることができます。

パーマをかけるとアレンジがしやすくなる

ボブスタイルの場合、いつも同じスタイルであることがほとんどかもしれませんが、パーマをかけるとアレンジの幅が広がります。パーマ特有の動きのあるシルエットを活かして優しくフェミニンな印象にすることも、少し無造作気味にすることで大人っぽさを醸し出すこともできます。全体的にかけるもよし、毛先にだけかけてさりげなく印象を変えるのか、ボブスタイルとパーマの組み合わせは数えきれないほどあるといってよいでしょう。

美容室でパーマ×ボブをオーダーするときのポイント

パーマ×ボブには様々なスタイルがあります。そのため、美容室で好みのパーマ×ボブの組み合わせを伝えるのはいくつかのコツがあります。ぴったりの画像を用意するのも良いですが、いくつかの基本的な好みを伝えるだけでもイメージに近いものにしてくれるでしょう。ボブスタイルにとって重要なポイントをご紹介します。

ショートボブにするか長めのボブにするか

ボブといっても髪の長さには幅があります。例えば、ショートボブにしてクールで大人っぽい印象にするのか、それとも長めのボブにしてガーリーなイメージにするのかといった違いです。どちらもボブ特有のボリューム感は共通しても長さによってはだいぶ違った印象を与えるのです。もちろん、アレンジの仕方によっては長くても大人っぽく、短くてもガーリーにすることも可能でしょう。いずれにしても、まずは長さを明確に伝えましょう

前髪はありかなしか

ボブをオーダーする時には前髪を残すのかなくすのかも伝えましょう。前髪があると少し幼い印象になります。柔らかい印象にしたい場合は、前髪を作るのはありでしょう。一方前髪がないと大人っぽくクールな印象になりやすいといえます。前髪は全体の仕上がりの印象もおおきくかえますので、しっかりオーダーしましょう。

ゆるふわスタイルかしっかりウェーブか

パーマのかけ方も多種多様ですが、大きな点としてゆるふわスタイルかしっかりウェーブかを決めましょう。ゆるふわスタイルの場合はフェミニンな印象になりやすいといえます。逆にしっかりウェーブの場合はスタイリッシュに決めやすくなるといえるでしょう。オーダーの際にどの程度かけるのか、どの位置にかけるのかを伝えておくとイメージに近づきやすくなります。

パーマ×ショートボブの人気スタイル

パーマ×ショートボブといっても魅力的なスタイルはいくつもあります。その中でも特に印象を大きく左右するポイントをご紹介します。いくつかのポイントをおさえたうえで自分なりのアレンジを探してみるのも良いでしょう。

前髪あり

前髪があると、かわいらしく丸い雰囲気になります。前髪があってもフェミニンになりすぎることなくアレンジすることも可能です。例えばカラーリングを黒髪か、それに近い色にすると大人っぽい雰囲気も醸し出せます。前髪があることによって細かいニュアンスも出しやすくなるといえるでしょう。

前髪なし


前髪のないボブスタイルは、洗練された印象を与えます。ショートボブの場合は特に、スタイリッシュで大人な雰囲気になりやすいでしょう。清潔感もあるので、透明感を全体的に出していきたいという場合にもお勧めです。さっぱりとした印象の中にも、ボブ特有のボリューム感がほどよく優しい雰囲気も出してくれます。

ゆるふわスタイル


ショートボブでゆるふわスタイルにすると、女性らしさの中にも、大人っぽい雰囲気を作り出します。ボブスタイル自体はフェミニンな印象を造りやすいものですが、ゆるふわパーマを組み合わせると少し無造作な大人の余裕を感じさせるのです。ラフな服装にも、アレンジ次第ではドレスアップの時にも映えるスタイルといえるでしょう。色んなシーンで活躍される方にお勧めのスタイルです。

しっかりウェーブ


しっかりウェーブとショートボブの組み合わせは、フェミニンで透明感のある印象になりやすいです。毎日のスタイリングも簡単です。忙しくてスタイリングにそれほど時間をかけられない方にもおすすめのスタイルといえるでしょう。

パーマ×長めボブの人気スタイル

パーマ×長めボブの組み合わせは、ショートの時とはまた違った印象を与えます。大きく分けたポイントに絞ってそれぞれの印象をご紹介します。オーダーの時にはボブの長さとともに、ポイントのアレンジはどうするのかも伝えましょう。

前髪あり


前髪のある長めボブスタイルにパーマをかけると、大人っぽい印象になります。とはいえ、前髪のあるかわいらしさもあって柔らかな雰囲気も作りやすいといえるでしょう。落ち着いたお姉さんのような雰囲気にしたい方におすすめのスタイルです。

前髪なし


前髪なしの長めボブにパーマをかけると、しっかりとしたウェーブができやすくエレガントな雰囲気になります。前髪がないだけでもスタイリッシュな雰囲気になりますが、長めボブのガーリーな雰囲気が絶妙に柔らかさも演出してくれるでしょう。アレンジの仕方で様々な表情を見せてくれるのもおすすめのポイントです。

ゆるふわスタイル


長めのボブにゆるふわパーマをかけると、おしゃれで決めすぎていないスタイルになります。ロングにしたい方の途中の髪型としてもおすすめです。ボブとはいえ重くなりすぎないようにスライドカットで落としていくと、重たすぎない丁度良い印象になるでしょう。

しっかりウェーブ


長めのボブにしっかりウェーブのパーマをかけると、とても活動的でポップな印象になります。程よいボリューム感がありますので、パーマの存在感も十分といえるでしょう。髪を束ねるなどのアレンジで、女性らしさをさらに加えていくアレンジもおすすめです。

トレンドのパーマスタイルをオーダーしたい時のキーワード

パーマのスタイルはその都度流行があります。トレンドについていくためにもしっかりとオーダーの際にポイントを伝えましょう。そこで、人気のスタイルのいくつかをまとめました。

外はねゆるウェーブ


人気のスタイルの一つが外はねゆるウェーブです。短めのボブの場合にはスタイリッシュで洗練された印象になるでしょう。長めのボブの場合には、ラフさの中にも決めすぎないフェミニンさを醸し出しやすいといえます。スタイリングも簡単で、時間の無い方でもまとめやすいアレンジといえるでしょう。

前下がりボブ×ゆるパーマ


前下がりボブ×ゆるパーマは自分をしっかりともった大人といった感じの落ち着いたイメージを作り出します。首元もすっきりと見せることで透明感をキープしつつも、ゆるパーマでラフな感じも残しすため絶妙なバランスといえるでしょう。どんな服装にも合わせやすいのもポイントの一つです。

レイヤーパーマ×ショートボブ


レイヤーパーマ×ショートボブの組み合わせは全体としてすっきりとした印象となります。また、上品な中にもレイヤーパーマの遊び心が光るアレンジになるでしょう。ボブのボリューム感と合わさると、さわやかなスタイルになります。

切りっぱなしボブ×ゆるパーマ


切りっぱなしボブ×ゆるパーマの魅力はなんといってもワイルドさでしょう。ワイルドといってもぼさぼさという訳ではなく、絶妙に整えられたボリューム感とゆるパーマによってつくりすぎないおしゃれを演出できます。あまり決めすぎず、それでいながらトレンドをしっかり押さえたアレンジといえるでしょう。

Sカールパーマ×ボブ


Sカールパーマ×ボブは落ち着いた雰囲気が魅力です。常にふわっと丸い印象を与えるので、優しい雰囲気も出しやすくなるでしょう。シルエットも非常にきれいですし、どんな服装やシーンにも合わせやすいといえます。

ボブパーマのアレンジ方法

ボブパーマは様々なアレンジを駆使することでより魅力的に、また簡単に印象を変えることもできます。簡単なアレンジでも効果は抜群といえるでしょう。そこで代表的ないくつかのアレンジ方法をまとめました。服装やシーンに合わせてアレンジを楽しみましょう。

ねじってまとめるだけの簡単アレンジ

まず代表的なアレンジとしてねじってまとめるだけのアレンジがおすすめです。サイドの前の部分から比較的小まめにまとめていきます。後ろの部分はまとめすぎずに、余った襟足をまとめてすっきりさせる程度にします。そうすることによって適度に動きがありながらもすっきりとまとまるスタイルになるでしょう。

「くるりんぱ」で作る簡単アレンジ

簡単アレンジの一つに「くるりんぱ」で作るスタイルもおすすめです。まずVの字になるように髪の毛を巻き取ります。後頭部の位置でゴムで留めて、その留めた部分を中心に毛先を一回転させます。これがくるりんぱです。これをサイドにも行います。すっきりとまとまりながらも、遊び心のあるアレンジといえるでしょう。

ゆるふわボブにおすすめのハーフアップヘアアレンジ

ハーフアップヘアアレンジは特にゆるふわボブにおすすめです。トップの髪をロープ網みして、サイドの髪を後ろで結びくるりんぱします。次に前髪もねじりながらまとめていき、くるりんぱします。全体的に少し毛先を遊ばせ、ヘアクリームなどでスタイリングすれば完成となるので、簡単にできるアレンジといえるでしょう。

まとめ

パーマ×ボブの組み合わせはいろいろなアレンジのバリエーションがあります。そのため、おしゃれをより充実させることができる髪型といえるでしょう。長さやパーマのかけ方によって印象も大きく変わるので、オーダーの際にはポイントをしっかり伝えることも忘れないようにしましょう。