フレンチラベンダーは観賞用におすすめ!育て方は難しい?

うさぎの耳のようにかわいい花を咲かせるフレンチラベンダーは、ハーブを育てたことのない初心者でも比較的容易に育てられると言われています。

ハーブを育てたいと考えているなら、最初はフレンチラベンダーがおすすめ

今回は、

  • フレンチラベンダーの特徴
  • フレンチラベンダーの育て方
  • プランターや鉢植えで育てる注意点

についてまとめました。

フレンチラベンダーってどんなラベンダー?

ラベンダーのアロマオイルやハーブティーなどはよく知っている、という人は多いでしょう。リラックス効果が高いと言われるラベンダーですが、種類も豊富です。

その中でも、見た目がかわいらしく、育てやすいと言われているのがフレンチラベンダーです。フレンチラベンダーの特徴について紹介しましょう。

うさぎの耳のようなキュートな花を咲かせる


青紫の小さな花を咲かせるラベンダー。フレンチラベンダーの花は、細く伸びた茎の先端にフリルのような葉をつけます。葉とは言って緑色ではなく、紫色です。

美しいその色のせいか、花びらのように見えるこの葉っぱは苞葉といい、花穂を守るために葉が変化したもの。4枚の苞葉がまるでうさぎの耳のように見えて、キュートな雰囲気です。

観賞用としての人気が高い

イングリッシュガーデンなどにもよく使用されているラベンダーは、見た目も美しく人気があるハーブの一つです。中でもフレンチラベンダーはかわいらしい見た目から、観賞用としても人気が高い品種

甘い香りが特徴のラベンダーですが、フレンチラベンダーはそこまで香りは強くありません。しかし、キュートで個性的な見た目は、目を楽しませてくれます。

暑さに強く比較的育てやすいのが特徴

ラベンダーは品種によって暑さや寒さに弱いものと、強いものがあります。一般的に見かけるイングリッシュラベンダーは暑さに弱く、寒さに強いのですが、フレンチラベンダーは暑さに強いのが特徴

湿気には注意が必要ですが、ラベンダーの中でも比較的育てやすい品種と言われています。

雨や霜などに注意して、ジメジメした環境下に置かなければ、元気に成長してくれます。水やりもほとんど必要ないくらいなので、それほど神経質な手入れも必要ありません。ガーデニング初心者にもおすすめです。

初心者でもできる!フレンチラベンダーの育て方

複数あるラベンダーの品種の中でも暑さに強く、比較的育てやすいと言われているフレンチラベンダーは、ハーブを育てるのが初めて、という方にもおすすめです。

元気で美しいフレンチラベンダーを育てるためのポイントや注意点を紹介しましょう。

種よりも苗からスタートするのがおすすめ


育て方として、種まきをして苗を育てる方法と、苗から育てる方法があります。種からスタートした方が、費用をかけずに量産することができるので、庭いっぱいのラベンダーを鑑賞することができるでしょう。苗を選ぶ際には、色が変わっていないか、葉が欠けていないか、を確認します。

ただし、発芽まで時間がかかるラベンダーはきちんとした管理が必要です。水やりのタイミングなどにも配慮しなければなりません。発芽させるは難しいので、初心者の場合は、苗から育てた方が失敗しないでしょう

酸性の土を好まない

フレンチラベンダーは酸性の土を好まない傾向にあります。土が酸性の場合は、水はけのいいアルカリ性の土を混ぜるようにしましょう。ラベンダー用の土もあるので、それを用意すると間違いありません。

また、赤土が多いと、水はけが悪くなるので腐葉土とパーライトを混ぜるといいでしょう。

肥料はあまり必要としない

肥料をあまり必要としないのもフレンチラベンダーの特徴です。生育が旺盛の時期、4~7月の間のみ、液体肥料などで追肥をするといいでしょう。

比較的どこでも植えることができる

ラベンダー畑のように庭いっぱいにラベンダーが欲しい、というのであれば地植えをすれば、それも可能です。ラベンダーは花壇にも植えることができますし、ベランダで育てたいというのであれば、プランターで育てることもできます。

フレンチラベンダーは、比較的どこでも植えることができるのも、初心者が育てやすい理由の一つ。プランターで育てるときには、日の当たる場所にプランターを置きましょう。

鉢に植える場合は苗よりも一回り大きいものをチョイス


フレンチラベンダーは、根の成長が早く、株が大きくなります。鉢に植える場合は、根詰まりを起こさないよう、苗よりも一回り大きいものを選んでください。

3.5ビニールポット苗なら5~6号鉢がおすすめです。フレンチラベンダーは湿気が苦手なので、素焼き鉢を選ぶといいでしょう。

多湿を嫌うので寄せ植えはできるだけしない

いろいろなハーブなどを一緒に植えると、華やかで美しいものです。庭先のインテリアとしても魅力的です。ただし、フレンチラベンダーは多湿を嫌うハーブ

高温多湿の環境下では、アブラムシやハダニなどの害虫も発生しやすくなります。ジメジメとした環境にならないよう、できるだけ寄せ植えはしないようにしましょう。

水やりは土が乾燥してきたぐらいがベスト

湿気を嫌うフレンチラベンダーは、水の与えすぎにも注意しなければなりません。カラッとした暑さには強いフレンチラベンダーですが、湿気には弱いのです。

特に地植えの場合は、ほとんど水やりの必要はないくらいです。水を与えるタイミングは、土が乾燥してきたくらいに行うといいでしょう。鉢植えの場合、鉢が熱くなる昼間は鮭、朝夕の水やりがおすすめです。

春先に思い切って剪定を行うと強い枝にすることができる

春先に剪定を行うのがおすすめ。古い枝や幹は思い切って切ってしまいましょう。剪定をすることで、枝の新陳代謝が促され、強い枝が育ってきます。

風通しをよくするためにも、春先から7月上旬、9月、12月頃も、枝や茎が伸びすぎたり、込み合ってきたりしたら、剪定をするといいでしょう。

剪定は、養分を蓄え、翌年の花の成長に使われるためにも大切なこと。思い切って行いましょう。

フレンチラベンダーは挿し木でも根付く


挿し木は花を増やすことのできる方法の一つです。フレンチラベンダーを増やしたい場合は、5~6月の成長期に行いましょう。根の働きが活発な時期なので、根付きやすいです。

株元の古い木は根が出にくいため、枝の先から約7~8cm程度カットして使います。カットしたら、2~3時間ほど、水の入った容器につけ、水を吸わせます。

挿し木から根が育つまでは、霧吹きなどで水をあげます。水を与えすぎないようにしましょう。目安としては1日1回程度でOKです。

プランターや鉢植えの場合

大量のフレンチラベンダーを植えたい場合は地植えがおすすめですが、そこまで多くなくてもいいという場合は、プランターや鉢植えがいいでしょう。

プランターや鉢植えの場合の育て方において、ポイントや注意点についてお伝えします。

梅雨の時期は雨を避けられるところに移動する


フレンチラベンダーは基本的に日当たりがよく、風通しのよい場所で育てることが大切です。多湿は苦手な品種なので、梅雨の時期や雨が降り続くときは要注意。雨を避けられる軒下などに移動するようにしましょう。

夏場は風通しのよいところに移動する

地中海の強い日差しとカラッとした環境で育つフレンチラベンダーは、湿気には非常に弱いと言われています。通しが悪いと、うどんこ病の心配もあります。

湿気がこもらないよう、風通しのよい場所で育てるようにしましょう。直射日光や西日などが当たらない場所に移動することも必要です。強すぎる日差しは、水枯れの原因になるので注意しましょう。

夏は土が乾燥しやすいですが、水は与えすぎないことです。カラカラに乾燥していたら水を与える程度で心配ありません。

冬場は寒さを避けるために室内などに移動する

冬にはめっぽう強い、というわけではないので、寒さを避けるためにも、室内に移動することをおすすめします。霜や雪が降ると湿気につながるので、それを避けることも必要です。

霜には弱く、霜が原因で枯れてしまうこともあるので、注意しましょう。

まとめ

うさぎの耳のような葉が特徴のフレンチラベンダーは、個性的でキュートなハーブです。他の種類よりも暑さに強く、育てやすいので初心者にもおすすめ。

育て方の注意点としては、湿気に弱いので、水のやりすぎには注意することです。雨の多い季節は雨に当たらない場所に移動させる、夏は風通しのよい場所で育てる、などといった管理をしっかりするようにしましょう。