綺麗な手の女性が徹底するセルフケアの秘密

「手」は意外と目がいくもので、白く美しい、すらっとした指は女性らしく魅力的です。しかし、顔のケアはしっかりするものの、ハンドケアは手が荒れたときにクリームを塗るくらい、という女性も少なくないでしょう。ネイルが剥げていたり、ガサガサしたりしている手は女性としてのケアを怠っている証拠。

  • 綺麗な手の特徴
  • 綺麗な手になるセルフケア
  • 手を綺麗にするマッサージ

を紹介します。

綺麗な手の特徴

男性のゴツゴツした、広く大きな手が好き、と思う女性がいるように、細くてすべすべした手に女性らしさを感じる、という男性も多いです。綺麗な手というのはどういった手のことを言うのでしょうか?一般的に言われる綺麗な手の特徴をまとめてみました。

指がすらっと細長い

拍手 称賛
太くてプクプクとした赤ちゃんのような手がかわいい、と感じる人もいるでしょう。しかし、一般的に女性らしさを感じる美しい手、というのは細くすらっとした指のことをさします。ゴツゴツと骨ばっていては綺麗な手とは言えませんし、むくんでいたり、指輪が指に食い込んでいたりする手も、健康的ではありますが男性が憧れる手ではないようです。

ほっそりとした手は、全体の雰囲気を儚げに感じさせるメリットも。細く長い指で髪をかきあげるしぐさは、女性らしさを漂わせると男性が憧れるものでもあります。

すべすべと潤いがある

すらっとした細い指でも、肌がカサカサしていたり、ささくれがあったりする手は魅力的ではありません。すべすべしていて、潤っている手に魅力を感じるものです。

手は年齢を感じさせる部位でもあり、加齢とともに手も老化し、肌が乾燥していたり、シミができたりしてしまいます。しっとりとしたツヤのある手をしていると、女性としてのケアを怠っていない人、と好印象を与えるものでしょう。

爪が綺麗に手入れされている


ネイルをしている女性は多く、カラフルなデザインの爪は華やかでゴージャス。それもおしゃれな印象を与えますが、ネイルをしていなくても爪が綺麗に手入れされていることが大事です。

爪が綺麗に切りそろえられた健康的なピンクの爪は、長く伸ばした爪にきらびやかなカラーをしている爪よりも、むしろ好感度が高いもの。爪が割れていたり、ネイルが剥げていたりすると、女性らしさも半減してしまうでしょう。

綺麗な手の女性になるなら徹底すべきセルフケア

何もしていなくても綺麗な手でいられる人は少ないもの。特に乾燥しやすい冬や、家事などで水仕事が多い人の手は乾燥しやすく、あかぎれなどもできてしまいます。綺麗な手でいるには、日常的なケアが大切。綺麗な手の女性として徹底したいセルフケアを紹介します。

いつもハンドクリームで保湿をする

綺麗な手をキープする基本はハンドクリームです。寝る前に1回塗るだけではなく、手を洗うなど水を使った後は必ずハンドクリームを塗り保湿をします。手はいろいろなものを触るものなので、乾燥しやすく、こまめな保湿ケアが大切。手の綺麗な女性の化粧ポーチには必ずハンドクリームが入っているものです。

ハンドクリームといっても種類はさまざまです。ベタつきすぎるものは避け、使用感のいいものを選びましょう。リラックス効果があると言われる香りのものもおすすめです。

手洗いしたときは水分をすぐふき取る


手を洗った後、水分はしっかり拭き取ることが大切です。水分がついたままだと、肌が乾燥しやすくなります。吸水効果の高いハンカチやハンドタオルなどで、しっかり水分を拭き取り、ハンドクリームを塗りましょう。

手を洗うソープにも注意。アルコールが多く含まれていると、手が乾燥しやすくなります。肌に刺激となる成分が少ない、肌に優しく、保湿効果があるとされるソープがおすすめです。

紫外線対策は欠かさない

顔だけでなく手にも日焼け止めを塗ることが、綺麗な手になる秘訣です。紫外線は肌の乾燥の原因。シミやくすみ、シワの原因になるため、UVカットをしてくれるハンドクリームを選びましょう。長時間紫外線を浴びることが多い場合は、汗などに強いウォータープルーフタイプがおすすめです。

また、UVカット手袋でも紫外線をカットできます。手が綺麗な人はきちんと指までカバーできる手袋を着用していることも多いです。夏などはメッシュ素材など風通しがいいものを選ぶといいでしょう。

爪の形にもこだわって綺麗に整える


手を綺麗に見せるには爪の形にこだわることも大切。先端が少し平らでナチュラルなラウンド、ラウンドの角を削り丸みのあるオーバルなどが女性らしく見える形です。

爪切りでパチンパチンと爪を切っていると、爪が割れてしまうことがあります。爪は真ん中からではなく、端から切るようにし、切った後はやすりで角を丸めます。

ネイルサロンでは、ネイルカラーをするだけではなく、爪の形を綺麗に整えてくれたり、ハンドケアをしてくれたりするものです。こだわるなら、ネイルサロンで爪を整えてもらうといいでしょう。甘皮も綺麗に処理してくれるので、綺麗な爪を手に入れることができます。

ネイルは自爪もしくは自爪に見えるネイル


ジェルネイルやスカルプチュアなど、ジェルや人工爪は華やかで綺麗ですが、女性らしい綺麗な手というわけではありません。健康的な爪の色であれば、自爪で十分美しく見えます。ネイルをするなら、桜色など自然な色のネイルをするといいでしょう。

すぐに取り入れられる手を綺麗にするマッサージ

綺麗な手になるには、マッサージが効果的と言われています。血流をよくして、老廃物や余分な水分を流しやすくするのでむくみも解消。指までしっかり栄養が行き届き、健康な爪になることが期待できるほか、乾燥対策にもなるので、すべすべの手になれます。ハンドマッサージは心地よく、ストレス解消にもなると言われています。すぐにできるマッサージを紹介しましょう。

指を細くするマッサージ

1. 手の平をこすり合わせ、血行をよくして手を温めます
2. 片方の手でもう片方の親指を握り、5回ほど回します
3. すべての指を回します。反対の手も同じように行います

マッサージをする前に、手をよくほぐし、クリームを塗ってから始めるといいでしょう。

手のむくみを取るマッサージ

1. クリームを手に取り、肘を含め全体に伸ばします
2. 手の筋を手首から肘に向かってリンパを押し流すようにマッサージ
3. 手の甲を指でもみほぐします
4. 指を1本ずつマッサージ。指の付け根から先端に向かってもみほぐします
5. 指と指の間ももみほぐします
6. 親指の裏のふくらんだ部分を刺激します
7. 手首を回します
8. 手の平をマッサージします

特に指の先端は冷えやすいので、血液を循環させるよう、指の先端までしっかりともみほぐしましょう。マッサージをすることで、代謝がアップしむくみも解消するでしょう。手の疲れも取りやすくなります。

しっとり潤いのある手になるマッサージ

マッサージ前にクリームを指1本1本にていねいに塗ります。2倍に希釈した化粧水でもOK。手になじませるように塗布することで、乾燥を防ぎ、しっとりとした手になれます。ささくれはオイルでケアをするのがおすすめ。爪の根本にオイルを塗り、よく塗り込むようにマッサージしましょう。

さらに手をしっとりさせるには、スクラブを使ったマッサージがおすすめ。スクラブを指の関節に塗り、よくもみほぐします。特に爪のワキの部分を刺激することで、ツボが刺激され血行がよくなります。

最後にハンドパックをすると乾燥知らずのしっとり手に。ティッシュを手の甲に乗せ、その上から化粧水をスプレーし、ビニール袋で包み、手首をゴムで留めハンドパックをします。5分程度放置すればうるおいのあるスベスベした手になれるでしょう。

まとめ

綺麗な手になるには、こまめなケアが大切です。ハンドクリームをこまめに塗るのはケアの基本。さらにマッサージをしたり、紫外線対策をしたりすることで、血行がよくなりむくみも解消されてほっそりとしたスベスベな手になれます。ネイルを施していなくても、ピンク色の健康な爪は美しい手、といった印象を与えてくれるでしょう。