カバラ数秘術を分かりやすく説明!あなたの運命数と特徴は?

占星術や四柱推命など、過去、現在、未来を予見するものはいろいろありますが、その中で、数字を使った占術に、カバラ数秘術というものがあります。タロット占いや手相占いなどと比べるとあまり詳しくない、という人も多いでしょう。
  • カバラ数秘術とはどんなものなのか
  • 運命数とは
  • 運命数の出し方
  • 運命数の特徴
  • マスターナンバーの特徴

を紹介します。

カバラ数秘術とは?

カバラ数秘術は、占いの中でも人気があると言われています。ユダヤで誕生したカバラ数秘術。西洋占星術や易学と並ぶ占術の一つであるカバラ数秘術の特徴を紹介しましょう。

古代ユダヤで生まれ現代では西洋占星術・易学と並ぶ占術の一つ


カバラという言葉の由来はヘブライ語で「受け取る」という意味です。すべての神秘を解くカギとも言われるユダヤの神秘思想「カバラ」から生まれ、ユダヤ民族の間で親から子に伝承されてきた秘術がカバラ数施術です。

古代ユダヤから現在まで、根強い信頼性を持って伝承されてきたカバラ数施術は、多くの占い師も使用している占術の一つ。恋愛や運勢、仕事運などさまざまな予見をする占いに活用されています。

その人の生まれ持った特徴や能力・相性や人生でおこる出来事を占う

さまざまな内容の占いができるカバラ数秘術は、その人の生まれ持った才能や性格、運勢、相性、人生で起こる出来事などが分かります。

生年月日から運命数を導き、運勢を占っていくのがカバラ数秘術の特徴です。

「すべての数字には特別な意味がある」と考え運命数で占う

数秘術では「すべての数字には特別な意味がある」と考えます。さらに、人間を含む宇宙すべては数の法則によって秩序があり、支配されているとも考えるのが、カバラ数秘術。

数の法則から、才能や使命、運命、カルマ、人生の意味などを明らかにできるのです。

カバラ数秘術の運命数とは?

数の法則に従って導かれる運命を知るには、生年月日を使います。そこから運命数を導き出し、性格や才能などを予見します。相性などを知りたい場合は、気になる人の数字も算出すれば可能。カバラ数秘術に出てくる運命数や誕生数とは何を示すのか、また具体的な算出方法を紹介しましょう。

運命数には誕生数と覚醒数がある


運命数には、誕生数と覚醒数の2種類がありますが、カバラ数秘術は誕生数を重視し、基本的には運命数=誕生数として考え占っていきます。

誕生数にはその人の先天的な性格や特徴が秘められ、覚醒数には後天的に築いてきた性格や特徴が現れると考えます。

誕生数=その人の本質や生まれ持った運命を表す数字

誕生数は、その人が生まれ持った性格や運命を表すと考えます。生年月日から導き出される誕生数は変えることのできない数字で、運命にも大きく関わるものです。古代においては、生まれた日にその人の運命を予言するという風習も。現代でも、それができるということです。

運命数は合計12種類:1~9・11・22・33

運命数は1・2・3・4・5・6・7・8・9・11・22・33の12種類。それぞれの数に特徴があり、その数における性格や姿勢、運勢を読み取ります。

11・22・33はマスターナンバー


11・22・33という数字が出てきた場合、それは特別な意味を持っています。マスターナンバーと言われる11・22・33の数字は、特別な才能や力をもつ存在、天からのメッセージを受け取りやすい魂を持つとされているのです。

一般的にゾロ目と言われる数字を持つ人は、一桁の人とは異なる才能などをもつ、豊かな才能がある、もしくは一風変わった人、などといった特徴が。

よくゾロ目を目にするときには、天使からメッセージが届いていると言われ、ゾロ目のことをエンジェルナンバーと呼びます。

運命数(誕生数)の出し方

運命数(誕生数)の出し方は、生年月日を使って出します。数をバラバラにして足していき、一桁になった数が誕生数です。その途中でマスターナンバーが出たらそこでストップ。誕生数の出し方を説明しましょう。

手順①誕生日の「西暦」「月」「日」をばらばらにしてそれぞれ足す

最初に生年月日をバラバラに分解し、足し算をします。生まれた年は西暦で。それぞれの数を一つずつ足していきます。

例:1983年11月31日生まれの場合
1+9+8+3+1+1+3+1=27

手順②二桁になったら再度ばらばらにして一桁になるまで足していく


足し算をしていき、それが1桁になるまで足し算を続けます。二桁になったら、それも分解して足していきます。

例:1983年11月31日生まれの場合
1+9+8+3+1+1+3+1=27
再度分解して 2+7=9
運命数(誕生数)は9

となります。

手順③二桁でもストップする場合:11・22・33などマスターナンバーがでた

誕生数を出す場合、通常は1桁になるまで分解して足し算をしていくのですが、11・22・33のマスターナンバーが出たら、そこで計算をストップします。マスターナンバーが出た人は、その数字が誕生数になります。

あなたの運命数の特徴は?

運命数(誕生数)からは、それぞれの性格や運命、それによって導かれるメッセージや教えなどが予見されます。

 

運命数1:情熱的なリーダータイプ

運命数2:皆から愛される癒し系タイプ

運命数3:自由を好む楽天家タイプ

運命数4:安定志向な努力家タイプ

運命数5:頼られる人気者タイプ

運命数6:他者を優先し調和を守るタイプ

運命数7:頭の回転が速い知性派タイプ

運命数8:夢や目標を叶える実力者タイプ

運命数9:不思議な雰囲気で掴みどころがないタイプ

 

それぞれの運命数の特徴を詳しく見ていきましょう。

運命数1:情熱的なリーダータイプ


最初の数字である1は、リーダーの特性があるということを表します。人々の先頭に立ち、みんなを導いていくリーダー。自信家で行動力があるタイプです。

人々がついてくるのも、人を惹きつける魅力があるから。目標を明確にもち、行動力をともなって突き進んでいくタイプです。

しかし運命数が「1」の人は、いい時は非常にいいが、悪ときはとことん悪い、という運勢の持ち主でもあります。リーダー気質で人から指示されることが嫌いなため、自己中心的になったり、うぬぼれが強かったりするとトラブルを起こしがちで、運も低下してしまいます。しかしピンチに強いので、悪いときをこらえて乗り越えれば、運勢も開けてきます。

自信過剰にならず、謙虚さを持ち自分を冷静に見つめることで、運気を下げず生きていくことができるでしょう。

運命数2:皆から愛される癒し系タイプ

運命数が「2」の人は、包容力や優しさがあり、癒しを与えてくれる人です。母親のようなあたたかさがあり、争いを好まない協調性も持っています。相手の立場に立ち、人をサポートするのが上手で周りからも信頼されたり、感性が豊かで芸術肌であり、美術や音楽を愛する人であったりもします。

人を助けることで、自分も救われるという運命の持ち主で、運が落ちても周りがサポートしてくれるでしょう。与えられるばかりではなく、与えることを忘れずにいれば、運気が上昇します。

運命数3:自由を好む楽天家タイプ


運命数が「3」の人は、無邪気で人付き合いが得意、社交性があり魅力的な人です。楽天的で陽気な「3」は、人々に喜びを与えることが好きです。エネルギッシュで、自分の人生をどんどん切り開いていく、クリエイティブな才能の持ち主でもあります。

強運の持ち主でもある「3」の人は、運気が落ち込むこともあまりなく、エリートコースをまっしぐら、というケースも多いので、順調で幸せな人生を歩んでいくでしょう。ただし、無神経すぎると人に嫌われるので注意が必要。すぐに行動にうつす前に、一度考える習慣をつけるといいでしょう。

運命数4:安定志向な努力家タイプ

運命数「4」の人は慎重で現実主義。コツコツと努力を惜しまず、マイペースに努力を積み重ねて結果を出すタイプです。堅実な姿勢は周囲からの信頼も厚く、存在を重要視される傾向にあります。

そのため、一発逆転するラッキーな人生、ということもなければ、大きな不幸に見舞われることもなく、大波のなき穏やかな人生を歩めるはず。もし、途中でつまずくようなことがあったら、周りの人に相談してみることをおすすめします。地道な努力家で周囲にも認められているため、協力者にも恵まれ、サポートを得ることができるでしょう。

運命数5:頼られる人気者タイプ


運命数が「5」の人は行動力があり好奇心旺盛な人。毎日同じことの繰り返しを好まず、変化を好む傾向にあります。真ん中に位置する「5」は、人の中心にいることも多く、周りを盛り上げるムードメーカー的な役割も担います。人気者なので周りから頼られることも多いでしょう。リーダー的な存在になることもありますが、基本的には組織をきらう自由人です。

また、自分には無理なことにも挑戦し失敗することもありますが、運命数の中でも特に逆境に強いのが特徴。人の言葉にも耳を傾け、冷静に判断することを忘れずに行動しましょう。

さらに、「5」を誕生数に持つ人は、自分の行いによって運勢が変わります。いいことをすればいいことがあり、悪いことをすれば悪いことが起こる、といった具合です。

運命数6:他者を優先し調和を守るタイプ

運命数が「6」の人は誠実で穏やかな人です。ユダヤ教を表すダビデの星からバランスの数字とも言われ、人との結びつきを大切にして、もめごとを未然に防ぐ力を持つ人。自分よりも他人を優先するやさしさにあふれているのが特徴です。

しかし、優柔不断な面があり、人に頼ってしまうことも。そのため、自分の意見がない人という印象を持たれることもあるでしょう。

決断に迷うときには、一人で解決しようとせず、周りに相談すること。特に親への相談は大事です。親の意見をよく聞くようにしましょう。運命に逆らわず、流れのままに生きることで幸せな人生を送れます。

運命数7:頭の回転が速い知性派タイプ


運命数が「7」の人は、分析力と洞察力があります。頭の回転が早く、物事を論理的に分析するのが得意な人です。完全な調和を表す「7」は、何事も一人でできることを表し、人と群れず、自分の道を行くタイプでもあります。

波乱万丈の人生で、多くの逆境に見舞われることも多いですが、逆境も難なく乗り越える能力があり、いいことも多い人生です。

ただし、知らず知らずのうちに他人のことを無視したり、むやみに攻撃的になったりすると運気が下がってしまいます。先入観に振り回されず、人を受け入れる姿勢を大切にしましょう。

運命数8:夢や目標を叶える実力者タイプ

運命数が「8」の人は、エネルギッシュで現実的なのが特徴。お金や権力といった現実的な成功を収める能力に長けています。「8」はスピリチュアルと現実のバランスを表す数字。持前のチャレンジ精神で、最後まで夢をあきらめないパワーがあります。名誉、権力、お金といったさまざまな夢を手に入れる運を持っています。

ドラマティックな人生を好む「8」の人は波乱万丈な人生を送ることも多く、トラブルも少なくありません。しかし、粘り強さで乗り越えることができるでしょう。冷静さを忘れず、意味のない争いごとは避けるようにしましょう。

運命数9:不思議な雰囲気で掴みどころがないタイプ

運命数が「9」の人は、直感が鋭く理想主義者です。少し現実離れした不思議な雰囲気を持っているのも特徴。そのつかみどころのない不思議さが魅力となり、多くの人を惹きつけます。精神的な強さを持つのも「9」の人の特徴で、不可能を可能にする運気があるとも言われます。

感受性が強く周りの人の影響を受けやすいため、いい人間関係ができれば運気もよくなり、悪い人間関係ができると運気も下がる傾向に。人間関係の構築には注意が必要です。浮き沈みが3年周期で繰り返すのも特徴で、悪い運気の3年間は自分の感覚を信じ、乗り切ることが重要です。

あなたのマスターナンバーの特徴は?

ゾロ目である11・22・33のマスターナンバーは、魂の振動数が高い数字で、目に見えない世界とつながる力が高いと言われています。そのため、1桁の数字の運命数よりも、才能に恵まれている傾向にあります。マスターナンバーと呼ばれる11・22・33の特徴を見ていきましょう。

 

運命数11:インスピレーションに溢れる先駆者タイプ

運命数22:人を惹きつけるカリスマタイプ

運命数33:奉仕精神と高い志を持つ宇宙人タイプ

 

運命数11:インスピレーションに溢れる先駆者タイプ


運命数が「11」の人は、強い創造力と好奇心があるタイプ。豊かな感受性を持ち、人とは違ったイマジネーションがわき、人がやらないことを始める傾向にあります。開拓者としての力もあり、先駆者のような役割を担うことも。現状に満足することなく、常に変化を求めて行動します。

しかし、いい方向に向かって進んでいく運気を持っているのですが、ネガティブな感情にとらわれると、運気が下がっていきます。感受性が高いため、周りからの影響も受けやすいのが特徴。ネガティブにならないよう、どのようなときも前向きに考えるようにしましょう。

運命数22:人を惹きつけるカリスマタイプ

運命数が「22」の人は、最強の運と何でもこなす天才肌の人。カリスマ性を持っている人でもあります。カバラにおいても重要視されている「22」の運命数の人は、誕生数の中で特に優れ、偉業を成し遂げる人という位置にあります。

運気もよく、「持っている」と周囲も感じるほど。そのため、嫉妬や妬みなどを受けやすく、裏切られることも。天狗にならず、謙虚な姿勢で生きることが大切です。

周りから批判を受けたり、嫌われているような態度を取られたりしても、ネガティブにならず、奉仕の精神で乗り越えましょう。成功するまで時間がかかることも多いですが、すぐにあきらめず粘り強さを持つことです。

運命数33:奉仕精神と高い志を持つ宇宙人タイプ


運命数が「33」の人は、一般的な人には想像もつかないほどの力を持っています。「宇宙人」などと呼ばれるほど変わっていて、考え方も他とはかなり異なります。また「救世主」という意味を持つ「33」は、無償の愛を持ち合わせているのも特徴。価値観が他と異なるので、考えもつかない愛情を抱く面もあります。

「33」の運命数の人は、子どもの頃につらい経験をするケースが多く、孤独を感じなから生きることも多いとされています。それは人との考え方が違うことからもそうなるようです。

周りからの影響も大きく、自らが周りに与える影響も大きいのが特徴。いい影響であれば救世主になりますが、悪い影響になると大きな脅威になってしまうことも。冷静な判断が求められるでしょう。

まとめ

古代ユダヤから生まれたカバラ数秘術は、数字の持つ意味から、性格や特徴、運勢などを予見する占術。生年月日から運命数を導き出し占います。中でも11・22・33のゾロ目はマスターナンバーと呼ばれ、他の数字とは一線を画す才能を表します。

運命数を出し、生まれ持った特徴を知るとともに、数字からのメッセージをとらえ、将来に役立てていくといいでしょう。