仕事が面白くないと感じた時におすすめの対処法

仕事は、面白いと感じながらしたほうが、やる気や集中力が高まります。仕事が面白くないと感じた途端、モチベーションが消え去った経験がありませんか?

そうはいっても、誰もが自分の好きな仕事ばかりできるとは限りません。

今回は、

  • 仕事が面白くないと感じる理由6選
  • 仕事が面白くないと感じる人の特徴4選
  • 仕事が面白くないと感じたときの対処法

と、仕事が面白くないと感じたときの対処法についてまとめてみました。

仕事が面白くないと感じる理由

仕事が面白くないと感じるのには、何か理由があるはずです。

その理由を探して解決すれば、仕事を面白く感じる可能性があります。仕事が面白くないと感じる理由について、あげてみましょう。

職場の人間関係が嫌


職場には複数の人がいます。全ての人が自分と気の合う人ばかりではないでしょう。人によっては、特に交流があるわけでもないのに無性に嫌な人がいるということもあります。職場の全ての人が嫌となると、環境としては最悪です。

怒られることが多い


職場で怒られることが多くなると、自信がなくなってきます。モチベーションも下がる一方になり、職場に行く意味を見出せなくなってくるでしょう。

失敗すれば怒られるのが当然で、そうならないように改善していければよいのですが、自分が悪くもないのに怒られるケースもあります。

拘束時間が長い

仕事の拘束時間がやたらと長い場合、退屈に感じてしまうのは当然です。誰でも、仕事の時間とプライベートな時間を分けて生活したいもの。

趣味のようにできる仕事ならいくら拘束されてもあまり不服は出ないかもしれませんが、非効率に時間を拘束されるのには損失感が高まります。法外に拘束時間が長い職場も、不満に感じて当たり前です。

仕事が単純作業で楽しくない

ルーチンワークのような単純作業には、向き不向きがあります。いくらでも単純作業をしていたいという人もいれば、変化のある作業を好む人もいるのです。

単純作業が向かない人には、面白くないと感じてしまうことがあるでしょう。

思っていた仕事内容と違う

希望したり、思っていたりした仕事内容と違う仕事を任されたとき、面白くないと感じてしまう可能性があります。

臨機応変に対応できればよいものの、契約内容と違う、自分に向かないなどと思ったときには不満が爆発しかねません。

やりがいを感じない


仕事にやりがいを感じられないとモチベーションが下がります。やりがいがないことに時間を割いたり努力したりするのは、面白くありません。

面白くないと感じることで、さらにやりがいを感じられない気持ちが高まってしまいます。

原因は自分かも?仕事が面白くないと感じる人の特徴

仕事が面白くないと感じた理由を追求してみると、「それは当然だろう」ということもあります。

ところが中には、どんな仕事をしても面白く感じられないという人もいるようです。仕事を面白く感じない原因は、実は自分にあるのかもしれません。

仕事を面白くないと感じがちな人の特徴について、見てみましょう。

コミュニケーションがとれない


仕事が面白くないと感じるときは、自分の世界だけに閉じこもってしまっているのかもしれません。

仕事を面白くする要素は、仕事内容だけとは限りません。周囲とコミュニケーションがとれている良い環境では、仕事の面白くなさが軽減されることもあります。面白くない仕事を面白くできるかどうかも、周囲とのコミュニケーションにかかっています。

忍耐力がない

何をしても忍耐力がない人は仕事を面白くないと感じがちです。仕事は、面白いことばかりではありません。

やりたいことをやっているように見える人でも、何かしら我慢していることがあるものです。ある程度の忍耐力を育てないと、いつまでも仕事を面白いと感じることはできないでしょう。

理想が高い

理想が高く、なおかつ理想に届く努力ができていない場合、仕事を面白くないと感じてしまうかもしれません。

誰でも、好きな仕事にばかり就けるわけではありません。理想があるなら、そこに向かって努力する必要があります。

高すぎる理想を持っている人は、何から手を付ければよいかわからず現状に流されがちです。まずは届きやすい目標を設定して、少しずつステップアップしていくとよいでしょう。

創意工夫が苦手


面白くない仕事を面白いと感じるには、創意工夫が必要です。ただ漫然と、与えられた仕事をつまらないと思いながらこなしているだけでは、自分の希望との食い違いに苦しくなるだけでしょう。

面白くないと感じても自分が面白く感じられるように工夫してみると、違ってくるものです。

仕事が面白くないと感じたときの対処法

仕事が面白くないと感じているのに、何の対処もせずに不満を持ち続けているだけでは進歩がありません。

仕事が面白くないと感じたら、早めに何らかの対処をしてみることをおすすめします。まずは、ここで紹介する対処法から試してみてはいかがでしょうか。

仕事内容について上司に相談する

面白くないと感じる仕事は、自分に全く向いていないのかもしれません。あるいは、上手にこなせる方法を知らない可能性もあります。仕事内容について上司に相談してみることで、解決に向かう可能性があります。

そのとき、一気に解決しなくてもガッカリしないでください。できる上司であれば、部下の仕事環境を無視することはありません。何らかの対処法を提示してくれれば、それだけでも一歩進歩です。

仕事が楽しいと感じたときの要素を書き出してみる

仕事が面白くないと感じている人にも、仕事が楽しいと感じたときがあるでしょう。楽しかったときを思い出して、そのときの要素を書き出してみましょう。面白くするためのヒントが、見つかるかもしれません。

本当に向いていない理由が見つかることもあるので、そのときは仕事を変えてもらえるように上司に相談してみるのも一案です。

まずは今の仕事に全力で取り組んでみる

今の仕事に、全力で取り組んでみたことがあるでしょうか。嫌なことや苦手なことでも、全力で立ち向かってみると意外にスッキリすることがあります。

中途半端な姿勢で取り組んでいるから、面白くないとばかり感じてしまうのかもしれません。

仕事にゲーム感覚で取り組んでみる

立ち仕事
仕事にゲーム感覚で取り組んでみると、面白く感じる要素を見出せる可能性があります。ルーチンワークでも、昨日の作業時間と今日の作業時間を競ってみることで張り合いが出てきたりします。

いかに効率よく仕事するかを課題にしたり、簡単にこなせる目標設定をしたりして次々クリアしていくのも面白いものです。

将来なりたい自分を想像してみる

自分の将来像を思い描いたことがありますか?将来なりたい自分を想像してみると、高い目標を持っている人ほど幅広い力を着けておこうという気になります。

大物は、どんな難関もクリアできる力を持っています。大物にならなくてもいいという人もいるかもしれません。それでも将来の自分は今より成長していたいと思うのではないでしょうか。

つまり、将来の自分は今より大物に成長しているわけです。苦手なことをクリアしていくからこそ、成長した自分に出会えます。

好きなことを見つける

別に好きなことを見つけて、仕事は仕事と割り切るのも一つの方法です。仕事を面白くないと感じてどうにもならないときもあります。

それでも果たさなければならない役割がある場合は、割り切って考えるのが効果的です。他に楽しいことを見つけて、仕事は手早く終わらせてしまいましょう。

趣味仲間を作る


趣味の仲間がいると、人生が楽しくなります。仕事を面白くないと感じても、他に楽しめることがあればいいのです。

仕事が面白い人は、仕事ばかりに没頭する人生になることもあります。逆に、趣味仲間と楽しく過ごす時間を持てれば、仕事にも張り合いができるでしょう。面白くないことがあるからこそ、楽しいことがもっと楽しく感じられることもあるのです。

趣味仲間を作る利点は、職場では打ち明けられない愚痴や悩みを相談できることです。職場で仕事が面白くないと愚痴ると、仕事上で影響が出てしまう可能性があります。職場でどうにもならない悩みは、他の場所で信頼できる仲間に相談するのが一番です。

まとめ

仕事が面白くないと感じても、対処法はあります。最初からあきらめてしまうのではなく、まずは仕事が面白くない理由を突き詰めて対処法を試してみてください。

そのうえで何の解決にもならないと感じたら、転職を考えてみる方法もあります。