数秘術33の意味!マスターナンバーが持つ特別な運命・性格・恋愛・相性の傾向

かつてユダヤの各家庭で一般的であった秘術である「数秘術」。4000年前からあると言われており、その歴史は長く、今日に渡っても人気があります。その人気の秘密としては、生年月日だけでわかるというシンプルさ、そして信憑性があります。

今回は、カバラ数秘術のひとつである「33」についてまとめました。特にぞろ目の数字は、数秘術の中でも特別な位置づけにあたるマスターナンバーとなっています。性格や恋愛傾向などについて、ご紹介します。

数秘術33の性格の傾向

数秘術によって割り出された運命数が「33」という方のための性格傾向についてまとめました。

運命数3と6の性格も併せ持つ


ぞろ目であるマスターナンバーは、数秘術に3種類存在しています。11、22、そして33の3つです。1~9と合わせて計12種類なので、12通りの特徴に分けられているように感じるでしょう。ですがマスターナンバーに関しては、完全に独立した運命数でもありません。小見出しの通り、3と6の運命数がもつ特徴が合わさったような性格になっています。

まず3については、関連性を想像しやすいでしょう。3がふたつ並んで33という数字ができているためです。事実、意味合いとしても間違っていません。そして6については少し特別で、並んだふたつの3を足した数字として関係していきています。33を構成する数字のひとつと足した数字のそれぞれが3と6、だからこそ33にはこれらの特徴が合わさっているのです。

なぜ6が加わるかというと、数秘術は隣り合う数字は一桁まで足すのが基本であるため。例外的にマスターナンバーとしてぞろ目で残していますが、基本の考えが完全に消えるわけでもないのです。3の特徴である創造的で自由な性格、6が持つ愛や奉仕といった傾向両方を併せ持っています。

浮世離れした雰囲気を持つ

運命数が33の人は独特の雰囲気をまとっています。これには、33が高い志と理想を持っているという理由が関係しています。

ここでもやはり、3と6の2種類から考えると分かりやすいです。3の持つ創造的思考、そして6の深い愛情や奉仕の傾向が合わさるため、浮世離れした雰囲気がかもされています。とはいえ、本人にそのつもりはありません。自然体でありながら特別なオーラを放つのが、33なのです。

奉仕と貢献の精神が強い


33には、6の運命数が特に強く影響しています。愛に満ちた運命数6は、奉仕することに喜びを感じます。そこへきて33は、奉仕や貢献を生きがいとさえする傾向にあります。ここに宗教家にも近い高い志や理想も加わるため、実際に奉仕の仕事や団体にかかわろうものなら、大きな存在感を発揮できるでしょう。自分のことをないがしろにしてまで力を注ぐ姿は、周囲に感銘すら与えるかもしれません。

見返りを求めない無償の愛を注ぐ

あらゆる仕事や作業には、対価が発生します。金銭はもちろん、物や気持ちもまたそのひとつです。そうでなくては、無駄にエネルギーを消費したことになってしまうでしょう。にもかかわらず、33の人は見返りを求めません。私利私欲でなく、本当の意味での無償の愛を注げる人間なのです。

これは、気高い奉仕の精神と同時に、損得勘定のなさも影響しています。利益に無頓着であるため、メリットを重視できないのです。人として尊敬できる性格ではありますが、やはり効率的ではないでしょう。人のことに気をまわしてばかりで、気付けば自分の仕事や生活にトラブルが起こっているといったケースもあるので、注意も必要です。

努力ができる才能がある

33の持つ高い志は、美学ともいいかえられます。自分の中の美学のためであれば、苦労や損もあまり気になりません。奉仕の精神と同時に、努力することもまたそのひとつです。一度目標を決めたら、歯を食いしばってでも前へ進まなければならない、いいわけはしてはいけない、そんな美学が後押しするためです。

この傾向がうまく働けば、人から憧れるような職業に就く、十分な収入を得る、尊敬されるような立場を得るなど、特別な成功も収められるかもしれません。

並外れた集中力がある


かたくなに目標へ突き進むことができるのは、集中力が高いからこそ。損や負担を背負いながら努力を続けると、普通の人なら妥協したり、休んだりといった楽な選択肢も頭に浮かぶでしょう。

ですが集中力の高い33は、脇目をふることなく突き進みます。それこそ、周囲からは不器用に見られることもあるほどです。

とはいえ、それもまた33が持つ美学に他なりません。人に理解されにくい姿勢であっても、崇高な精神のもと努力を続けます。

自ら困難に挑み楽しむ

上記までを見ると、33は大変な努力をしなければならない苦労人のようにも思えるでしょう。ですが、大きな努力をおこなうにもかかわらず、大変に思わないのもまた33らしさです。

自分のことは二の次にして努力していると、たびたび困難にも遭遇するでしょう。ですが、そんな状況も33は楽しんでしまいます。それこそ、困難が目の前にあったらみずから喜んで飛び込みたくなるような性格です。大きな手ごたえ感じられる、経験豊かな人生が送れることでしょう。

高い志と理想を持つ


前述でも触れていますが、33を語る上でやはり欠かせないのがこのふたつです。志や理想は多くの人が掲げますが、33ともなるとそのレベルが違います。それこそ、世界平和や人類愛といった地球規模の視点で考えているほどです。周囲から見れば、その確固たる信念たるや悟りを開いているようにさえ思えるかもしれません。

独特で自由な発想があり警戒心が強い

独特なのは、雰囲気だけに留まりません。実際に考え方も一風変わっており、人にはない感性で物ごとを見ることができます。自由な発想によって、自分だけの新たなやり方や表現法、世界観を生み出します。その特徴は、仕事や活動においてもうまく活かすと良いでしょう。集団行動よりも、自分の自由さが役立てられる個人プレーの場が理想的です。

また、人に心を許すまで時間をかけるというのも特徴的です。繊細な心を持つため、合わないタイプを受け入れたくないのです。じっくり時間をかけて、信用できるかどうかを見極めます。とはいえ、愛や奉仕の精神が33の個性です。一旦受け入れると、多少傷つくようなことがあっても深い懐で受け止められます。

甘え下手で他人に頼れない

仕事や活動において個人プレー向きであることには、この性格も関連しています。組織での作業を好まないどころか、他人に頼れないためそもそも向いてないのです。愛情の深さから、人の気持ちを考え過ぎてしまい、素直な気持ちで甘えられません。作業を分担してもらう、悩みを聞いてもらうといったことも避けるため、何かとストレスを抱え込んでしまいがちです。

数秘術33の恋愛傾向と相性のいい数字

愛情深い33の運命数ですが、だからといって恋愛に長けているわけでもありません。愛に溢れているからこそ、気を付けるべき点も存在します。33の恋愛傾向について、知っていきましょう。

相手の性格を大切にして直感で恋するタイプ


33は、形式や体の繋がりや見た目の好みより、とにかく心を重視します。性格が合うかどうかを見極めて、もし自分好みであれば直感で恋に落ちます。恋愛のみならず、人間関係においては心のふれあいが大事であると考えているためです。ただ、前述の通り心を開くまで時間がかかります。恋愛においても同様で、恋に発展するまでは期間を要するでしょう。

とはいえ、内面を大事にする恋愛ができるというのは、好印象でしょう。外見重視の人は、軽薄に見られがちです。その点33は、心を重視しておりしかもしっかり見極めるわけですから、誠実で信頼できるタイプといえます。これには、地に足の着いた常識人という特徴が関係しています。浮ついた感情に左右されることなく本質を見極めるため、大恋愛に発展することも少なくないでしょう。

博愛主義でパートナーが不安になる

すべてへの愛情に溢れた33の傾向は、恋愛中においても変わりません。パートナーに重きを置けば良いのですが、他の人にも同様に博愛主義を貫くため、恋人と友人の区別が分かりづらいです。心配性のパートナーと付き合うともなれば、あなたが異性と普通に会話をしているだけでも、浮気していると勘違いするかもしれません。人として褒められるべき博愛主義というスタンスですが、こと恋愛においてはかならずしもメリットとならないのです。

33の人が恋愛を長続きさせるコツは、いかに特別感を出せるかです。恋人と友人、どちらにも愛情をもって接して問題ありません。ですが、どこかに差別化を図って恋人という立場をはっきりさせるのです。たとえば、話し方を変えたり、じっと目を見て話したり、二人だけの共通の話題を中心にするといった工夫が良いでしょう。さりげないちょっとした差別化でも、パートナーは喜んでくれるでしょう。

相性のいい数字は7と33


33は、他の人にあまり見られない独特な雰囲気をまとっています。そのため、一般受けはしにくいタイプかもしれません。ですが、同じく独特な感性を持つ7や33が相手であれば、価値観を共有しやすいでしょう。

もちろん、どちらも自分の世界を大事にするため、独特な者同士とはいえ共感はできないでしょう。ですが、自分の世界を大事にするという意識については、分かり合えます。そのため、恋人関係でありながらもお互いの世界や価値観には干渉しない、程よい距離感を保つことができるのです。

数秘術33の向いている仕事

独特な性格をしている33だけに、仕事選びも大切です。活躍できる職業と不向きな場が、大きく分かれるためです。以下のポイントを、参考にしてください。

奉仕と貢献の精神+肉体的にも大変な環境の仕事

33の性格に、ぴったりハマった仕事といえるでしょう。奉仕と貢献の精神が役立てられ、さらに犠牲を厭わない姿勢が活かせる肉体的に大変な環境は、やりがいを見出せます。看護師・介護士・医師などが、代表例といえるでしょう。

柔軟な個人プレーが求められる働き方が向いている

前述でも触れていますが、33は組織での仕事にあまり向かない反面、個人プレーを得意としています。自分の独特さやストイックな部分が活かせる場の方が、適しているのです。個人競技の選手・芸術家などとして働くことができれば、高い評価を得られるでしょう。

数秘術33の運勢アップのポイント

数秘術は、ただ人生の指針を表してくれるだけでもありません。占術のひとつに分類されているだけに、運勢アップの方法を知る上でも役立ちます。33の場合、苦にしないとはいえ、負担を背負うようなシーンが少なくない傾向が見られます。運勢を高めて、少しでも心身共にいたわれる生き方をした方が効率的です。運勢アップのポイントも、押さえておきましょう。

自分の事も愛する


自分のことを二の次にして、人に奉仕するというのはすばらしいことでしょう。加えて、33はそこに生きがいまで見出せるわけですから、まさに天職ともいえます。ですが、ストレスを溜め込んだり傷つくという行為は、紛れもなく運気を下げることに他なりません。

そのため、奉仕に努める中でも、自分も愛するよう意識してください。たとえば、疲労が溜まったと感じたら休息をとる、たまには贅沢をする、苦手な作業であれば断る勇気も持つなどです。それは、決して妥協でもありません。むしろ、モチベーションをキープする上で効率的ですらあるでしょう。良い状態の自分をキープすることで、運気も高められます。

頼まれ事を引き受けすぎない

日常的に奉仕に努めていると、多くの人に感謝されるはずです。ですが、一部の心ない人間や幼いタイプは、そんなあなたに甘え始めるかもしれません。何でも押し付けて自分は楽をしよう、そんな風に考えられてしまうと、奉仕の精神は無駄になりますし、またその人のためにもならないでしょう。

無理である、不要であると感じた頼まれごとは、断るようにしてください。優しい33は、相手を傷つけている、不親切に接しているといった風に感じてしまうかもしれませんが問題ありません。それにより、むしろ甘えを正したり成長させてやることにもなるためです。自分の運勢のため、そして相手のため、断る勇気も持ちましょう。

まとめ

33は、マスターナンバーの中でも穏やかで博愛主義な運命数です。ふたつの3を足してできる、6の影響を強く受けているためです。すばらしい傾向かもしれませんが、それにより損することも少なくありません。自分の性格を活かす部分、そして毅然とすべき部分を理解して、本当の意味での奉仕や愛情を大事にしてみてはいかがでしょう。