数秘術4を持つ人はどんな性格?恋愛傾向や向いている職業をご紹介!

日々一生懸命生きていても、うまくいかないことはあるはずです。そんなとき、運命を教えてくれる数秘術があると、心強く感じられます。自分の性格や傾向、注意点などがあらかじめ分かると、より充実した人生が送れるかもしれません。

以下で特集しているのは、12種類からなる数秘術のひとつ「4」です。生年月日の数字を、西暦・月・日とそれぞれバラバラにしてください。そしてそれを足していき、二桁残ったものをさらに足します。これを繰り返して最後に4が残った人が、数秘術4ということになります。なお最後がぞろ目の場合は、例外としてそのまま残しましょう。数秘術における運命数が4になった人は、以下特集を参考にしてみてください。

数秘術4の性格の傾向

数秘術は、正確にはカバラ数秘術と呼ばれています。古代ユダヤ人の時代から続いており、各家庭で口頭にて受け継がれてきたそうです。それが現代もなお役立てられているわけですから、信憑性に期待できそうです。事実、世界中で愛用される占術のひとつでもあります。人生に悩みを抱えているのであれば、活用して損はないでしょう。

4の数字は、カバラ数秘術でも基本となる一桁数字のひとつです。冒頭の計算法で4が残ったのであれば、今回の特集を参考にしてください。4の性格に焦点を当てて、細かく特集しています。

向上心はあるが現実主義で安定志向


4の数秘術は、動と静で例えると静にあたる性格です。どちらかというと穏やかで、落ち着きのある印象です。とはいえ、向上心についてはしっかり持っています。内なる炎を燃やしながら地道に努力を続ける、そんなタイプでしょう。

落ち着いていることは、決してネガティブでもありません。むしろ、物ごとを冷静に進める上で、冷静さは必須ともなるでしょう。計画性も伴うため、時間がかかるながら目的を達する可能性は高いです。

真面目で努力家

穏やかな印象でありながら向上を目指す性格は、真面目で努力家といいかえられるでしょう。余計な感情に振り回されることなく、やるべき勉強や研修に力を注いで、長期的な目標を叶えるタイプといえるためです。諦めず自分のペースでコツコツ続けるため、大器晩成型の精巧に期待できます。

そんな性格は、周囲からも好意的に捉えられます。真面目でしっかり者なキャラクターによって、多くの人から信頼を獲得できるためです。また、日本人の平均ともいえるような常識人であることも、そんな信頼に繋がっているでしょう。明るくない性格は、デメリットでもありません。冷静な判断力となり、あなたの人生を助ける存在となるでしょう。

合理的な判断基準を持つ理論家

物ごとの判断において、気分や感情はあまりかかわってきません。なぜなら4の人は、合理的な判断基準を持っているためです。理論で納得のいくような状況でなければ、なかなか前向きな決断はできません。それこそ、普段穏やかな人物にもかかわらず、納得できない話に関してははっきりと言い分を伝えた上で排除するケースがほどんどです。

忍耐力と几帳面さがあり面倒な事もやり遂げる


4の良さをひとことで表すと、やはりやり抜く力でしょう。世の中、大変なことや得意でないこと、面倒なことも数多く溢れているでしょう。ですが、4ならそんなやりにくい仕事もしっかりやり遂げます。忍耐力と几帳面さによって、やるべき作業が困難なものであっても、正しい道筋を開いていけます。

無理をいわれても面倒な表情を見せず淡々とやり遂げる。その印象は、高い評価を得ます。人間的な正しさを評価される場合もあれば、成績面で褒められる可能性もあります。地道な努力が、実を結んでいるのです。

慎重で確実性を求めて行動する

現実主義で安定志向な4は、とにかくリスクを嫌います。柔軟にリスクを避けて生き抜くタイプなので、自ら問題を解決するという手段は好みません。ですがその分、あらかじめリスクやトラブルに遭わないようにしています。石橋をたたいて渡るような慎重さで、時間をかけながらじっくり進んでいくのです 

人間関係の確立は慎重で確実

石橋をたたくのは、行動面だけでもありません。人間関係についても、やはり慎重です。穏やかで冷静な4は、人間関係自体大事にするタイプです。行動的でない分、いかに相性の良い人と繋がれるかで人生の充実は変わってくるでしょう。ですが、広く浅い軽薄な人間関係は好みません。慎重に信頼できるかどうか考えて、本当に相性が良い相手のみとじっくり付き合うのです。

理性的で感情のコントロールが上手


穏やかな性格でいるというのは、決して簡単でもありません。自分をしっかり確立し、そして社会の喧騒に影響されずフラットな精神でいるのは、容易でないのです。その点落ち着いており冷静な性格の4は、感情のコントロールがうまいタイプといえるでしょう。理性的であるため、周囲の人も接しやすく感じるため、深い関係に至らない人からも好意的に思われます。4が持つ、大きな武器のひとつといえます。

無口ではなく明快で率直

性格が落ち着いているため、発言数や口にする文章量は少ない方でしょう。ですが、だからといって主張の少ない無口なタイプというわけでもありません。言葉数少ないながらも、明快で率直な発言をするため、意思表示はしっかりできます。少ない言葉で周囲と同様に人間関係が築けるわけですから、ある種効率的ともいえるでしょう。

素直さが周囲に好かれる

端的かつ効率的な話し方をする4の人ですが、それは決して計算でもありません。事実、不器用であるためです。だからこそ軽快な会話が苦手であり、そしてコミュニケーションも慎重になりがちなのです。ですがその点も含めて、周囲からはかわいがられます。自然と協力者に恵まれるので、得な性格といえるでしょう。

この特徴のメリットは、人間関係に慎重という性質をカバーできる点でしょう。前述の通り、4は広く浅い人間関係が苦手です。決して必須でもありませんが、社会に生きる上ではできるに越したことのないスキルでもあります。その点、自然と人が集まる傾向は、広い人間関係を受け身で作れるため助かるでしょう。

数秘術4の恋愛傾向と相性のいい数字

人間関係に積極的でない数秘術4ですが、恋愛傾向についてはどのようになっているのでしょう。中には、異性関係を苦手とする人もいるかもしれません。数秘術から考えるポイントを押さえて、理想の恋愛に繋げてください。

遊びの恋愛には向かない


人間関係と同様で、やはり恋愛でも浅い付き合いは好みません。慎重に、そしてじっくり付き合いたいタイプなので、本気の相手だけとの恋愛を求めます。そうした理由から、結婚向きなタイプともいえます。同じく結婚を考えている異性と出会えれば、早い段階で深い話ができるでしょう。

慎重すぎて相性のいい相手を逃すこともある

慎重なのは良いことですが、恋愛においては奥手ともいいかえられるあまり良くない特徴でもあります。せっかくお互いの気持ちが高まっているときにあと一歩踏み出せず縁を台無しにする、積極的にきて欲しいというサインに応えられない、運命の出会いを見逃してしまうなど、多くのデメリットに繋がります。

もちろん、恋愛に関してだけ慎重になり過ぎない工夫ができればなによりです。ですがそれは、自分らしさを失うことでもあるため、うまくアプローチできないかもしれません。そんな場合は、自分の表現法よりも相手との相性にこだわると良いでしょう。

相性のいい数字は7と9

4と恋愛において相性の良いタイプは、数秘術における7と9でしょう。4が穏やかで繊細なタイプなので、似た気質のこれらふたつの運命数が合いやすいのです。どちらも思考が細やかである上、思いやりを大事にするタイプです。深くじっくり付き合いたい4にとって接しやすく感じられるでしょう。

数秘術4の向いている仕事

4の特徴は、控えめな印象であるものの、業種や環境によっては大きな武器ともなります。一般的な人には苦手な分野さえ、うまくこなせるタイプとなるでしょう。向いている仕事もまた、数秘術を役立てればイメージすることが可能です。4が自分に合った仕事につきたいと考えるなら、以下を意識してみてください。

規律や秩序を重んじる仕事


冷静で素直という性格は、規律や秩序を重んじる場において役立ちます。むしろ、欠かせない要素ですらあるでしょう。それが生まれつき備わっているのが数秘術4の人ですから、規律や秩序を重んじる仕事はやりがいをもって続けられるでしょう。具体的には、弁護士や自衛隊・警官・公務員などが挙げられます。いわゆるお堅い系ともいえる職業ですが、合っていると感じるはずです。

几帳面さが大切な細かな仕事

4の人は、几帳面で粘り強い性格です。これを活かした仕事は、ミスの許されない計算やデータの整理を黙々とおこなうような環境です。銀行員・経理・事務員などはまさにその代表例でしょう。普通の人では、細かい作業内容と業務の多さに、ストレスを感じるかもしれません。その点4は、意欲をもって取り組めるでしょう。

信頼できる安定した人間関係・組織の中で力を発揮

人間関係について少し注意点も多い4だけに、職場それぞれの人間関係に関しても着目すべきです。入社するまでは分からないのが社風とはいえ、求人内容や評判、口コミなどをチェックして考えると良いでしょう。

主には、信頼に値するようなタイプが多く所属する職場です。浅く広い人間関係が苦手なので、深くかかわりたいと思える人の多い職場は働きやすく感じます。

数秘術4の運勢アップのポイント

特別に運が良いわけでもない運命数であるため、運勢アップはしっかりおこなうべきでしょう。大器晩成型であるため、努力が実るまでの間は特に意識するべきです。次の4つの方法が、効果的です。

家族との関係が良好だと運勢も上昇する


4は、派手な幸せよりも平穏な日常に幸福を感じるタイプです。そのため、家族との関係を良好にすることで、日々幸福感を感じながら過ごせます。幸せと思える感覚は、ただそれだけでも運気を上げるものです。

堅実に誠実さを忘れずに人間関係を築く

そのまま数秘術4の特徴ですが、自分の性質を見失わず徹底しましょう。堅実で誠実、そして人間関係を慎重に築くという傾向は、それが自分合っているからこそ。逆にこれらが疎かになると、居心地や調子の悪さを覚えるでしょう。自然と人が集まるタイプではありますが、驕らず誠実であることを心がけましょう。

慎重過ぎて優柔不断になりチャンスや成功を逃さないよう注意

恋愛面同様で、慎重過ぎる特徴はあまり理想的といえません。慎重になるということは、それだけ迷う時間が多いともいいかえられます。つまり、優柔不断な状態になりやすいのです。優柔不断だと、恋愛や仕事、金運などに至るまで、何かとチャンスを逃してしまいがちです。慎重さは大事ですが、過度にならないよう気をつけてください。

困難な場面では柔軟に考える視点を持ち理屈に頼り過ぎない

理知的な性格は、4の武器といえます。ですが、いつもその性質がフィットするとは限りません。困難な場面では、柔軟に対応することも覚えましょう。視点を変えることで、打開策が見出せるかもしれません。

まとめ


数秘術4は、冷静で穏やかな性格の運命数です。12種類からなる数字でも珍しい、几帳面かつ真面目な誠実タイプです。自分の良さを活かし、そして短所に気を遣いつつ、生きがいの感じられる日々に繋げてみてはいかがでしょう。日々誠実に生きることで、大器晩成の特徴が発揮され、大きな幸福感を掴めるかもしれません。