嘘をつく人の特徴や心理まとめ!嘘をつく人との付き合い方

噓をつく人は身の回りにいますか?実は噓をつくことはそれほど変わったことではなく、誰しも可能性のあることです。しかしながら、噓をつきやすい人とそうでない人の差はあります。噓をつく人と深くかかわると、いろいろなトラブルにも巻き込まれるかもしれません。

そこで、今回は

  • 噓をつく人の特徴
  • 噓をつく人との上手な付き合い方4選

と、噓をつきやすい人との上手な接し方をまとめました。

噓をつくということ

噓はできればつきたくないと思うでしょう。しかし、それは時に難しいこともあります。そこで、そもそも噓とは何か、どうしてついてしまうのかについてまとめました。

原因を知ることで、噓をつかないように、あるいは噓をつく人にどう接するかの参考になります。

誰にでもある行動


噓をつくことは特別なことではなく、誰もが持っている傾向です。なぜなら、その要因となることは人間の自然な欲求に関係しているからです。

例えば、怒られたくない、相手を傷つけたくない、好かれたいという感情です。こうした感情を満たすために噓をついてしまうことは誰にでもありえるのです。

悪いことではあるが、時には良い噓もある

全ての噓に悪意があるわけではありません。相手を傷つけたくないために真実をいわないこともあるでしょう。例えば、大きな病気の告知などがあります。

後から噓をつかれたことに気がついたら結局相手を傷つけてしまうかもしれませんが、善意からつく噓もあるのです。

虚言癖とも呼ばれている

どうしても噓をついてしまうことを、虚言癖ともいいます。この場合、噓をつくことに大きな理由はありません。

噓をつくこと自体が癖になってしまっているのです。この癖をそのままにしておくと、徐々に病的な方向へとなってしまうこともあります。

噓をつく人の特徴

噓をつくことは誰にでもある傾向です。しかし、とりわけ噓をつきやすい状況や性格も存在します。

つまり噓をつく人には特徴があるのです。いくつかの具体的な原因を紹介します。

噓をつくこと自体が平気だと思っている


噓をつくことに罪悪感を抱かない人は平気で噓をつきます。罪悪感がなければ噓をついたこと自体、覚えてもいないということもあるでしょう。

噓をついて招いた悪い結果と向き合ったことが改善のきっかけになるかもしれません。

頭の回転が速い

噓をつくということは、あらゆる状況を吟味して、ごまかす能力が必要です。噓が下手なら、すぐにばれてしまい、あまり意味がありません。

そのためにはあらゆることを分析して、最善の噓を引きだす頭の回転が必要です。基本的に賢い人といえるかもしれません。

お人好しだからこそ噓をつくことも

お人好しは人を傷つけることを嫌います。それは、そうすることで自分が嫌われたくないという気持ちの表れともいえるでしょう。

そのため、周囲に気を使うお人好しほど、嫌われないような噓をつきます。善意からとはいえ、良い結果につながるとは限りません。

噓の上にさらに噓をついてしまう

一度噓をつくと、真実とのつじつまを合わせるのが大変になります。そのため、ゆがんだ事実をまっすぐにするために、噓に噓を重ねることが必要になることもあります。

しかしそれは結局きりがなく、無理も生じるため、得策とはいえません

自分自身に劣等感を持っている

劣等感が強い場合、認められたいという欲求が強くなります。認められたいゆえに、都合の良い噓をついてしまうのです。

劣等感が土台の場合、単純に噓をつかないようにしようと思うだけでは、根本的な要因は解決されません。

絶対に噓がばれない人が身近にいる

噓をついた方が得をするというモデルがいると、噓をつくことに抵抗がなくなります。絶対に噓がばれない人が身近にいると、噓でやり過ごすことが簡単に思えてくるでしょう。

するとその人物に引っ張られるように、噓をつきやすい性格へ変わってしまう可能性があるのです。

噓をつく人はどんな心理をしている?

噓をつく場合、必ずしも悪意があるわけではありません。噓をつくことには様々な理由があります。自分の中に心当たりのある傾向があるのなら、特に注意した方が良いでしょう。ここでは、噓をつく人の真理をまとめてみました。

相手に認められたい

いわゆる承認欲求が強い場合、噓をついて自分を良く見せようとします。とっさのことの場合、それがばれた後のことまで考えません。

瞬間的に自分のことを評価して欲しいという欲求が勝ってしまうのです。自尊心が弱い人は、承認欲求が強まりやすい傾向にあります。

自分で自分を守りたい

誰でも自分を防御する傾向はありますが、それが強い人ほど噓をついて自分を守ります。何かミスをした時の言い訳や、嫌われないようにつく噓もあるでしょう。

決して悪意が伴っているわけではありませんが、噓がばれるとかえって自分を危険にさらすことにもなります。本当の意味で自分を守るためには噓はつかない方が良いでしょう。

怒られたくないと思っている

怒られるのは誰でも嫌なことです。もちろん、怒られたことから教訓を得ることができれば自分にとってプラスになります。

しかし、怒られることを受け止められない人は噓をついてごまかし、それ以上追い詰められないようにします。怒られないために噓を噓で塗り固めることをしてしまいます。あまり自分に自信がない現れの一つともいえるでしょう。

誰からも好かれたいと思っている

誰からも好かれたいという八方美人な性格も噓をつきやすい性格といえます。人によって話す内容を変え、都合の良い噓をつくことで、敵をつくらないようにしようと考えているのです。

もちろん噓がばれたら周りが一斉に敵になる可能性があります。しかしそこまで考えるよりも目の前の好感度を優先するのです。

場を盛り上げたいと思っている

サービス精神が強い人は、少しでも面白く話をしようと盛ってしまいます。一部の事実を膨らまして面白いエピソードとして噓を盛り込むのです。

特に昔話など、今となっては誰も確認できないようなことなら、簡単に噓を盛り込めます。しかし、どのような噓を含めるかによって、その話がより面白くなるかどうかセンスが問われることでしょう。

相手を陥れたいと思っている

悪意を持って噓をつく場合もあります。そのようにして相手を陥れるのです。それには自分の利益が関係していることもあるでしょう。

または、単純に個人的な恨みが原因となることもあるかもしれません。基本的には非常に子供じみた思考を持っている人といえます。

あえて噓をつくことも

本当は噓をつきたくなくても、相手を傷つけないためにあえて噓をつくこともあります。基本的には優しい人や気配りができる人といえるでしょう。

しかし本当に噓をつくことが相手のためになるのかは、非常に難しい問題です。結局のところ、噓によってさらに噓をつかないといけないことも多く、八方ふさがりになってしまうこともあるでしょう。

噓をつく人との上手な付き合い方

噓をつくことには様々な原因があり、誰でも心当たりが一つはあるかもしれません。つまり、噓をつく人はすぐ近くにいるかもしれないのです。

そのため、絶対に噓をつかない人と付き合うのは現実的ではないかもしれません。そこで、噓をつく人との上手な付き合い方を紹介します。

謝れない人には本音で話さない

噓をつく人は怒られたくない人であることが多いです。また、承認欲求が強く、自分の非を認めない傾向もあります。

そのため、普段から自分の非を認めて謝れない人は、噓をつきやすいといえるかもしれません。ですから、そのような人と付き合う際には、こちらも本音で話さない方が良いでしょう。

自分の非を認められない人は、本音で話させるほどの信用には値しないのです。また、非常に子供じみた傾向があるともいえるので、こちらの本音を悪用することも考えられます。

本音を話した相手に裏切られると、とても関係がこじれます。無駄なストレスを抱えないためにも、謝れる人かどうかを注意してみると良いでしょう。

噓くさいと思っても否定はせず流す

噓をつく人が必ずしも、ばれないほど噓がうまいわけではありません。話を聞いていて矛盾を感じることもあるでしょう。しかし、いちいち矛盾を指摘しても無駄です。おそらく、その矛盾を埋め合わせるために噓を重ねるだけでしょう。

自分にとって害を及ぼすような噓ならともかく、噓くさい話をする人の話は放っておいても無害です。そのように噓を話すことで、その人は精神的に落ち着けているのかもしれません。

もしくは、自己顕示欲や盛り上げようとするあまり、自覚なく噓をついていることもあります。いちいち指摘して雰囲気を悪くするより、適当にうなずいてあげましょう。

他人のせいにする人は笑顔でスルーする

自分の非を認めず、人のせいにする人は噓をつきやすい人です。そもそも、他人のせいにすること自体、噓をついていることでもあるでしょう。

自分を良く見られたい、怒られたくないという気持ちが強いのです。そのような人の話の矛盾を指摘して決まりの悪い思いをさせてしまうと、恨まれることもあるでしょう。

特に自分のせいにされる場合は、いらいらするかもしれませんが、できるだけやり過ごしましょう。笑顔でスルーするくらいの余裕が持てればベストです。

噓をつきやすいと自分が思っている場合、他の人もそう感じているでしょう。ですから、その人が自分のことを悪くいっても意に介さない人も多いはずです。戦う労力を温存し、もっと有意義なことに使いましょう。

聞いているフリをする


噓をついている人の話は意味がありません。噓をついている人は、その話を信じてもらえるかどうかより、その話をすること自体が目的のようなものなのです。

つまり、こちらが理解しているかなどは関係ありません。ということは、聞いていてもいなくてもいいのです。大事なのは、噓を指摘して相手の自意識を傷つけないことです。

そのため、聞いているフリをしてその場をやり過ごしましょう。「すごいですね」とか、「知らなかったです」などと相手の自尊心を持ち上げるような相槌を打ってあげてください

多くの場合、そのようにやり過ごしたとしても特に大きな害問題にはならないでしょう。下手に聞き返すと余計に話が長くなります。時間を有効に使うためにも、聞いているフリでやり過ごしましょう。

まとめ

噓をつくことは基本的には悪いことです。信用を無くします。しかし、噓をついてしまう傾向は誰にでもあります。いくつかの傾向に気がついたら、できるだけ改善することができるように努力しましょう。

同時に、噓をついていると感じることがあったとしても、いちいち指摘せずスルーしましょう。そうすることで人間関係において余計なストレスを減らすことができます。

また、噓の要因となる根本原因は、同情できる点もありますので、広い心で接してあげましょう。