クリスマスプレゼントはいつ渡そう!喜ばれる渡し方教えます

子どもや恋人にと、クリスマスプレゼントを大切な人に届けたい人は多いはず。でも、いつ渡すかどんな渡し方をしたらいいか悩むこともあるのではないでしょうか?

クリスマスプレゼントをいつ渡すか、どこに置くか、相手が喜んでくれるコツをご紹介します。

クリスマスプレゼントはいつ渡す?

クリスマスプレゼントを渡すのは24日の夜か25日の早い時間が自然。

なぜ、この時間にクリスマスプレゼントを渡すのでしょうか?クリスマスにプレゼントを渡す意味と一緒にご紹介します。

24日の夜に枕元に置くのが定番


クリスマスプレゼントを渡すとき、24日の夜に子どもが寝静まってから枕元に置くのが一般的。

海外ではツリーの下に置いた靴下にプレゼントを置きますが、日本では大きなツリーが置けないため、枕元にプレゼントを用意する方法が広がりました。

キリスト教の定義では25日がクリスマス

古代キリスト教では、24日の夜から25日の日没までをクリスマスと呼んでいました。古代の暦では日没を一日の終わりとし、そこからは次の日と考えていたからです。

日本ではクリスマスイブ、24日の夜が盛り上がりますが、キリスト教の定義ではこの日も25日のクリスマスと言えます。そのため、24日の夜にプレゼントを渡すのは自然なことです。

愛情を伝えるなら24日夕方~25日までに渡す


24日の夕方から25日の夕方までにプレゼントを渡すのは、キリスト教圏では重要なことです。キリスト教のご家庭ではクリスマスに家族で過ごし、家族へプレゼントを贈るのが愛情を伝える意味があります。

つまり、クリスマスプレゼントを渡すのは親密な人へ愛情を示す行為。ぜひ、クリスマスのタイミングでプレゼントを渡しましょう。

クリスマスプレゼントはどこに置く?

クリスマスプレゼントはいつ渡すかだけでなくどこに置くかも大切です。枕元に置くのが一般的ですが、クリスマスツリーの下やゲーム性のある渡し方、自宅の庭に置くなどが考えられます。よくある渡し方について見てみましょう。

定番はベッドの枕元

ベッドの枕元にクリスマスプレゼントを置くのは日本では定番。特に、枕元に靴下を吊してプレゼントを入れて置いておく光景は経験したことがある人も多いでしょう。

親御さんが子どもに贈るときの手法ですが、サプライズ的なムードがあり、朝起きたときに子どもが喜ぶためおすすめです。

クリスマスツリーの下に隠す


海外では定番ですが、日本では珍しいクリスマスツリーの下にプレゼントを隠す方法も効果的。

大きなツリーの下を木箱やキャンドルを並べてデコレーションしてプレゼントを置くと、意外性があって子どもからも喜ばれます。海外ドラマや映画でもよく見かけますがオシャレな渡し方です。

サンタさんが家のどこかに隠した?!

クローゼットの中やベッドの下など、意外な場所にクリスマスプレゼントを隠す渡し方もおすすめです。サンタクロースからの手紙だけが枕元に置いてあり、子どもに探してもらいます。

サプライズであることに加えゲーム感覚もあるので、見つけたときの子どもの喜びも大きいでしょう。

自宅の庭に置いてみる

クリスマスイブの夜に自宅の庭へクリスマスプレゼントを置くのも効果的です。たとえば、家族で夕食を食べながら過ごしているときにプレゼントが置かれていると、子どもは不思議に思います。

親御さんからそれとなく「サンタさんが来たのかな?」と話すと、子どもも喜ぶでしょう。

子どもが喜ぶプレゼントの渡し方は?

いつ、どんな方法で渡すかに加え、サンタクロースがどうクリスマスプレゼントを用意するかもポイント。クリスマスムードを盛り上げるために欠かせない、クリスマスプレゼントの渡し方のテクニックも見てみましょう。

サンタクロースからの手紙と一緒に枕元に置いておく

クリスマスプレゼントの雰囲気をよりいっそう盛り上げるのが、サンタクロースからの手紙。一年間いい子にしていた子どもが喜ぶようなメッセージを送りましょう。

「いい子にしてるとプレゼントがもらえる」と子どもも考えるため、本人の喜びが大きいだけでなく、教育上も効果的です。

サンタクロースが目の前に現れる


突然目の前にサンタクロースがやってきてプレゼントを渡すと、子どもも喜ぶはず。ご家族で食事をしているときなどに現れると、子どもも信じてくれるでしょう。

たとえば、知り合いの大人に頼んでサンタクロースを演じてもらうのもおすすめです。

サンタクロースが離れたところにいる

家族だんらんで過ごしていると窓の外を見るとサンタクロースの陰が…。「家にサンタがやってきた!」と子どもが驚くはずです。

さらに、サンタクロースがいなくなったあとに自宅の庭にプレゼントが置かれていると、もっと子どもも喜ぶと思います。

サンタクロースから電話がかかってくる

家族で過ごしているときにかかってくるサンタクロースからの電話。これも子どもに喜んでもらいやすい方法です。

プレゼントを見つけてから電話するか、電話でプレゼントの場所を教えるかは自由。子どもからは本当にサンタクロースがいると思ってもらえるでしょう。

彼氏をドキッとさせる!プレゼントを渡すタイミング


女性から彼氏へクリスマスプレゼントを贈るとき、どうやって渡すのがいいかわからないという人もいます。ストレートな渡し方だけでなく、サプライズ要素のある渡し方もご紹介します。

彼の上着のポケットにさりげなくプレゼントを入れておく

彼とデート中、突然ポケットにプレゼントが入っているのを発見したら、彼はきっと驚くはず。たとえば、ディナー中に彼が上着を脱いだときにアクセサリーや小物などをポケットに入れておきましょう。

彼がお店を出るときにポケットに手を入れると思い当たりのないものが…。意外なプレゼントの渡し方で喜ばれると思います。

デートの別れ際に「楽しかった」とお礼を言いながら渡す

ストレートな気持ちとともにプレゼントを渡すのはおすすめ。「楽しかった」というお礼とともに別れ際にプレゼントを渡すと、彼の気持ちもぐっと引き付けられるでしょう。飛び切りの笑顔でプレゼントを渡してあげてください。

あえて彼からプレゼントをもらったタイミングとはずらす

クリスマスと言えばプレゼント交換が定番。彼からプレゼントをもらったとき、同じタイミングで女性側から渡すのが自然です。

でも、あえて彼女からはそのタイミングでプレゼントを渡さず、彼に「あれ、プレゼントないのかな?」と思わせてみましょうサプライズ的な渡し方になるので彼もいっそう喜んでくれると思います。

24日から25日に日付が変わったタイミング

クリスマスイブの夜からクリスマスの朝まで彼と一緒に過ごすなら、25日に日付が変わったタイミングでプレゼントを渡すのがおすすめ

「クリスマスになった瞬間に渡されるとキュンとする」という人も多く、喜ばれる可能性が高いです。

彼女をキュンとさせる!プレゼントを渡すタイミング

彼氏から彼女にクリスマスプレゼントを贈るとき、どのタイミングで渡すのがベストでしょうか?ロマンチックな渡し方からサプライズな渡し方まで、彼女が喜ぶ方法を紹介します。

夜景の見えるレストランでディナーを楽しんだあとに


ロマンチックなレストランでディナーを食べたあと、気持ちが盛り上がったタイミングでプレゼントを渡すのは定番。

シンプルですが、彼女も期待している状況なので、飛び切りのプレゼントを贈りましょう。少しサプライズを加えるなら、レストランの店員さんから運んでもらうという方法も

ドライブデートの帰り道に助手席にプレゼントを置いておく

クリスマスにドライブデートで少し遠出したあと、帰りのタイミングでサプライズしてみましょう。彼女が車に乗り込むとき助手席にプレゼントを置くと彼女も喜びます。

特に、車の中なのでプレゼントをもらった感動の余韻に浸ってもらえるのでおすすめです。

彼女が帰宅したタイミングでプレゼントが配達で届く

楽しいクリスマスデートから自宅に帰った彼女に対し、宅配便でプレゼントを贈るサプライズも人気。相手がプレゼントをもらうタイミングだと思ってないので、不意打ちで喜びもアップになるでしょう。

サプライズを成功させるため宅配便の時間指定を行い、彼女に自宅にいてもらうようにしてくださいね。

お泊まりした翌朝に枕元にプレゼントを置いておく


サンタクロースが子どもにクリスマスプレゼントを贈るのと同様、枕元に置くサプライズを仕掛けるのもおすすめ。

お泊まりだからこそできる方法ですが、彼女も子供心に帰って喜んでくれるはずです。

まとめ

クリスマスプレゼントをいつ渡すか、どう渡すかは、クリスマスムードを盛り上げるために大切なことです。子どもが喜ぶ方法、彼女からまたは彼氏から渡す方法と、ちょっと工夫するだけで相手がより喜ぶと思います。

今年の冬は、ぜひ相手が喜ぶクリスマスプレゼントの渡し方を工夫してみましょう。