木星人プラスの性格とは?恋愛傾向や霊合星人から見る性格まで

生年月日により導かれた六占星術の中での自分の性格は気になるものですよね。そんな中、木星人プラスはどのような性格を持っているのでしょうか?木星人プラスのあなたは自分に当てはまる性格がないか見ておいてもよいですし、身近な人に当てはまっているのか、試してみるとよいでしょう。

木星人プラスの性格傾向

木星人プラスの性格を持っている人は、実はまじめな性格であり、カリスマ性を持っている人も少なくありません。信じられないほどの努力をしてその道の頂点に立つ人もいます。木星人プラスの性格、どのような傾向があるのか抑えておきましょう。

真面目で常識を重んじる

木星人プラスの人は、非常にまじめで常識を重んじる傾向にあります。コツコツと努力を重ねることも多いため、職場でも学校でもかなり信頼を得ています。

ルールやノルマを尊重しますので、木星人プラスの人を部下に持つには、かなり信頼して仕事を任せることができます。そのため、若くても評価されたりする人が多いです。何事につけても我慢強く、勉強などもしっかりと行う特徴があります。

カリスマ的な存在感

木星人プラスの人は、ただ単に真面目であるというだけでなく、人を引っ張ることができる手腕もあります。そのため組織においてはカリスマ的な存在になることも少なくありません。特に仕事や勉強などで一定の成果を収めることができるだけでなく、面倒見が良い部分もありますので、カリスマ性があると周囲に判断されるケースも少なくありません。

忍耐強い

木星人プラスの人は、何事においても我慢強いです。人一倍努力家であるだけでなく、自分の努力で逆境を乗り越える力を持っています。そして、常識やモラルがありますので努力のステージから逸れて何かをするということもありません。仕事であっても何であっても努力をすることができる忍耐強さを持っています。

情け深く面倒見がいい

木星人プラスの人は、単に真面目なだけではありません。対人関係に対しても誠実にまじめなところがありますので、みんなをフォローすることに長けています。

いろいろなことに対する真摯な姿勢が周りからも評価されると共に、自分自身も周りに対してしっかりと思いやります。情け深く面倒見がよく、皆から信頼されるのも木星人プラスの人の性格です。

慎重で几帳面

木星人プラスの人は、慎重で冒険を好みません。自分が正しいことであると判断してから動くようになります。まじめでコツコツと、几帳面な部分がありますので、物事に対して何か別の道があるのではないかと失敗を恐れず別方向を考えるよりは、王道の道を一生懸命行います。自ら率先して違うことをして冒険するということはありません。

人付き合いが苦手

木星人プラスの人は、基本的に家庭的で外に出ることよりも家にいることを好みます。そして、石橋を叩いて渡る慎重派ですので、人脈を積極的に広げることもしません。

人に対してフレキシブルに対応することがやや苦手ですので、人付き合いが広がることもありません。何事も真面目にやるので評価されている反面、真面目すぎてとっつきにくい人と思われることもあります。

真面目すぎるゆえに周囲に敵を作りやすい

木星人プラスの人は、思ったことをそのまま口にして周囲から嫌われる恐れがあります。王道から外れている、違っていると思ったらたとえ相手が誰であろうとも正論を言ってしまうことがありますので、特に若い時には攻撃的で敵を作りやすいと思われることもあります。

ストレスを溜め込む

木星人プラスの人は、ストレスをため込む傾向にあります。なぜなら、ほかの星の人と比べて我慢強く、人一倍努力家であるため、その分自分を追い込んだり我慢したりしてしまいます。

派手に冒険する、ということもありませんので溜まったストレスをどのように発散してよいかわからず、知らず知らずのうちにストレスをため込んでしまうこともあるのです。

木星人プラスの恋愛傾向

真面目で、コツコツと我慢強い木星人プラスの恋愛はどのような傾向にあるのでしょうか?木星人プラスの人の恋愛傾向についてよく見てみましょう。

遊びの恋愛を嫌い真剣な長い交際に向く

もともと真面目で冒険が嫌いな木星人プラスの人には、遊びの恋愛は似合いません。恋愛に対しては非常にまじめな考え方でそのあとの結婚も意識しますので、真剣な交際が長続きします。しかし、頑固で保守的な性格が災いして相手に遊ばれてしまうこともあります。しかしながら、いったん恋愛をすると持ち前の真面目な性格で相手のために努力を厭いません。

慎重すぎてチャンスを逃すことも

木星人プラスの人は、慎重な性格で、行動する前にとことん考えてしまいます。そのため、恋愛に対しても慎重に考えすぎて思い切ってアタックすることができず、ともすればチャンスを逃してしまうことがありますので注意が必要です。

信頼関係を大切にして情け深い

真面目でそして信頼関係を重んじる性格の木星人プラスの人ですが、恋愛においても信頼関係を大切にする部分は変わりません。そして、相手に対して情け深いところもありますので、いったん付き合うとその相手にとことん尽くして大事にするのも、木星人プラスの人の特徴です。

嘘や浮気は許さず縁を切る

何事に対してもとても真面目な考え方をし、相手を尊重する木星人プラスの人は、一方で真面目過ぎて頑固な面もあります。そのため、自分が浮気をすることは、泥酔でもしていない限りありません。

しかしながら、パートナーが浮気をしたり裏切りをしたりすると、許容することができず別れにつながってしまうことも少なくありません。木星人プラスの人と付き合うなら、軽率な行動は慎みましょう。

家庭を最優先する

木星人プラスの人は、家庭を最優先する傾向にあります。特に結婚すると家庭優先になるので、仕事の時間や友人との時間、趣味の時間よりも家庭を優先する人が多いです。

しかも、木星人プラスの人は理想の家庭像を持っています。女性であれば、料理上手で子煩悩、家庭管理や家の掃除、整理整頓はこまめに行いますし、男性であれば、妻子を第一に考えてくれる良きパパになります。

木星人プラス霊合星人の性格傾向

六占星術は、生年月日により人間を6つの星に分けたものです。プラスとマイナスがそれぞれの星にありますので、12種類ということになります。そのなかで、霊合星人というのは大殺界、停止の年に生まれた人のことであり、生まれ年の干支によって決まっています。木星人プラス霊合星人の特殊な性格傾向についてみてみましょう。

金星人の大胆な行動をする部分が混ざる

木星人プラス霊合星人は、実は金星人のようなフットワークの軽い明るさを秘めています。そのため、金星人のように大胆な行動をすることもありますし、金星人の持つ明るさが前へ出てきます。恋愛運も好調ですし、結婚運も好調です。

突然リミッターが外れた行動をする

木星人プラス霊合星人は、普段の木星人の持つ慎重さからは比較的かけ離れた行動をします。そのため、突然リミッターが外れたようにいつもの自分とは違う行動を行います。普段行かないようなところに行ったり、普段はしないような冒険をしたりということもあります。

金星人のような破天荒な言動をとることもありますので、木星人プラスの人と比べても良い意味で「らしくない」言動になります。

まとめ

六占星術における木星人プラスの性格傾向は、真面目で常識を重んじ、そして忍耐強いところがあります。仕事についてもまじめにコツコツ我慢強くやりますし、情け深くて面倒見も良いですので、カリスマ性を持ったリーダーになることもあります。

真面目で常識から外れた行動が嫌いですので羽目を外すということもありません。派手な人付き合いも特に好まず、言わなくてもよいことを言ってしまったり感情をうまく伝えらなかったりと、内側にストレスをためてしまうこともあります。一方で木星人プラスの恋愛傾向については、遊びを嫌い長い交際を得意としますが、慎重でなかなか先に進めないところや真面目であるため相手の不貞を許せないところもあります。

木星人プラス霊合星人は、金星人のような大胆な行動をすることもあり、突然リミッターを外したような行動をとることもあることから木星人プラスの真面目な性格とギャップがあります。