土星人マイナスの性格を教えます!恋愛傾向や霊合星人まで徹底解剖

六占星術のなかで、土星人マイナスとされる人はどのような性格なのでしょうか?土星人マイナスの人は、人が考えないことを思いついてしまうところもあるようです。そのような土星人マイナスの人の性格についてみてみましょう。

土星人マイナスの人の性格傾向

土星人マイナスの人の特徴はロジカルで論理的ですが、内に秘めた性格ですのでなかなか他人が理解することが難しい側面もあります。身近にいる土星人マイナスの人は、どのようなことを思っているのでしょうか?土星人マイナスの人の性格傾向について知っておきましょう。

寡黙でプライドが非常に高い

土星人マイナスの人の性格ですが、寡黙で控えめな性格ですので他人から理解されることが少ないです。愚痴もこぼさないかわりにお礼も素直に言うことができませんので、ともすればとっつきにくい人だと思われることもあります。プライドも高く、なかなか謝罪も素直にできません。ですが、有言実行な部分がありますので長い目で見ると信頼されます。

控えめで注意深い

土星人マイナスの人の性格は、控えめで注意深いことが特徴です。何事においてもがつがつしていませんし、集団やグループの中でも自分からリーダーシップをとることはありません。

しかし土星人マイナスの人は、表面上は控えめで外の内容に思えても、腹の中ではいかに自分にとって良い状況にしようか考えていますので、外見通りの性格とは限りません。また、注意深い性格ですので後先考えない失敗をすることも少ないです。

信頼されて本人にその気はなくてもリーダーになる

土星人マイナスの人はあまりしゃべらないし集団の中で主導権を握ることもありません。しかしながら、努力家であることから有言実行の側面もありますし、めったに失敗することもありません。そのため、その気はなくても周りに信頼されることでリーダーになることができます。

陰で努力して結果を出す

土星人マイナスの人は大変な努力家が多いのが特徴です。陰ながらコツコツと努力しているのも特徴ですし、自分が努力している姿を語ることもなければ周りに見せることもありません。ですので、周囲からはなんであんなにできるのだろう、と思われることもあります。

もともと才能があると思われがちですが、土星人マイナスの人と親しくなって初めてそれが努力と知ることもあります。

独特な発想と感性を持つ

土星人マイナスの人は、人が考え付かないことを思いつくことがあります。多くの人は、物事を一方面から考えがちですが、土星人マイナスの人は違った次元で考えています。人と全然違う発想をしますし、独特の感性を持っています。そのため、なかなか思っていることが周囲には伝わらず、つかみどころのない人だと思われてしまいます。

自分の世界を持つ理想主義者

土星人マイナスの人は、自分の世界観を持っていることが特徴です。自分が良いように思える世界をもって言いますので、現実主義者と言うよりはむしろ理想主義者です。理想を追い求めます。想像力が高いので、卓越した表現力を持っており、常に妄想している人も多いです。土星人マイナスの人の考えは他人に理解されないこともあります。

束縛されると能力を発揮できない

土星人マイナスの人は不器用な性格です。そのためうまく立ち回るとことができません。束縛されると能力を発揮することができず、委縮してしまいます。そのため、どちらかというと自由にさせておいたほうが、土星人マイナスならではの能力を発揮することができます。自分に合った環境ではすいすいと動き、上手に物事を遂行できるからです。

普段は温和で優しく正義感もある

土星人マイナスの人の特徴は、普段はとても温厚で優しいということです。正義感もありますのでまわりにあまり悪い印象を与えることもありません。しかしながら、許せない言動や許せない対象に対しては、極端に怒りを爆発させることもあります。

そのため、一度怒ったりすると手が付けられないこともあり、普段温厚な人がなぜ?ということもあります。一見おおらかに見える分、いざスイッチが入った時のギャップがすごいのです。

信頼して心を開くまでに時間がかかる

土星人マイナスの人は、信頼して心を開くまでに時間がかかるのが特徴です。心の中で考えていることがわからないようにしますので、うわべだけの付き合いも得意です。仲良くなった人からは、そんな人だと思わなかった、と意外に思われることもあります。そのため、いい意味で誤解されることも少なくないのです。

土星人マイナスの恋愛傾向

そのようにミステリアスで理想主義者である土星人マイナスの人ですが、恋愛にはどのような傾向があるのでしょうか?土星人マイナスの人の恋愛傾向についてみてみましょう。

過去の失恋を美化する

土星人マイナスの人は、とても理想が高く自分の世界観を持っています。恋愛においてもそれはそうで、プライドが高いことから過去の自分を美化しがちです。そのため、土星人マイナスの人は過去の失恋を美化する傾向にあります。過去の恋愛を美化している以上、そこから先に踏み出すことがなかなかできないという特徴もあります。

慎重に行動してなかなか恋愛に発展しない

もともと何事に対しても慎重に考えて、相手からは何を考えているかわからないと思われるのが、土星人マイナスの人の特徴です。恋愛においては行動するよりも先にいろいろと頭の中で考えてしまう傾向があります。そして、慎重に行動するのでなかなか先の恋愛へ進めません。

友達としての関係が続いていてもなかなか結婚に発展しないのも、土星人マイナスの人の恋愛傾向と言えます。

相手への理想が高い

土星人マイナスの人は、相手への理想が高いです。想像の中の世界を持っているので、その分理想も高くなりがちです。好きになったとしても慎重で恋愛感情を出さないだけでなく、そもそもの理想も高いので一定の年齢を超えても付き合ったことがない人も少なくありません。ドラマの中でしか見たことがないような理想の相手を求める傾向もあります。

家庭運が薄く結婚せず人生を謳歌している人も多い

土星人マイナスの人は、家庭運や結婚運が薄いのも特徴です。特に土星人マイナスの女性は結婚せずに独身を謳歌している人も多く、ある程度年齢を重ねて不器用さを克服してからでないと結婚できない人も少なくありません。

一方で、土星人マイナスの人は結婚できたとしても、不器用ですので仕事と家庭の両立ができない特徴があります。子どもができると仕事への集中力が薄れたり、仕事人間になって家庭を顧みなかったりする特徴があります。

土星人マイナスの霊合星人の性格傾向

土星人マイナスの中でも、運命盤の停止の位置に自分の干支がある人のことを土星人マイナスの霊合星人といいます。ほかの星の影響を受けますので性格も少し変わってきます。

天王星人の明るい要素が混ざるためモテる

土星人マイナスの霊合星人の人が最も影響を受けるのが、天王星人です。天王星人は、土星人マイナスとは星回りがかなり違います。天王星人の持つ明るさの影響を受け、土星人マイナスの霊合星人はモテます。どこか落ち着いているけれど子どもっぽい無邪気な言動をする、そういう特色があります。

平和主義に拍車がかかる

土星人マイナスの人は、腹の中では何を思っているかはわかりませんが、とりあえず平和主義で軋轢を嫌います。天王星人も軋轢を嫌って平和を尊重する傾向があります。

そのため、土星人マイナスの霊合星人は、平和主義に拍車がかかる傾向にあります。天王星人は少し調子のいいところもありますので、物事を穏便に済ませるために時には嘘をつくことがあるのも特徴です。

まとめ

土星人マイナスの人の性格傾向は、寡黙でプライドが高く、理想論や自分の世界を持っている傾向にあります。着眼点も人とかなり違いますので、つかみどころのない人と思われます。謝罪や御礼を素直に言うことはできませんが、集団の中でリーダーシップをとることもありませんし他人と対立することも少ないです。普段は温和で正義感もありますが、時には感情を爆発させ周囲を驚かせます。

土星人マイナスの人の恋愛傾向は、プライドが高く理想も高いです。過去の恋愛を美化する傾向もあり、家庭運や結婚運は低いです。土星人プラス霊合星人は、天王星人の影響を受けて明るかったり平和主義に拍車がかかったりします。