寡黙な人はモテる!物静かな男性がモテる理由と付き合うコツ

寡黙な人がモテる、というのは果たして本当のことなのでしょうか。もし、本当のことだとしたら、寡黙な人になりたいと思いませんか?

そこで、ここでは

  • 寡黙な人がモテる理由
  • 寡黙な人と付き合う方法
  • 寡黙な人と付き合う上での注意点

についてまとめてみました!気になる方はぜひ目を通してみてくださいね。

寡黙な人がモテる理由


ミステリアスな雰囲気がある、静かに過ごせる、話をきちんと聞いてくれそうといったイメージがあります。また、頼りがいがあって落ち着きもある、といった印象があるので、モテるのでしょう。詳しくご説明します。

ミステリアスな雰囲気が魅力

寡黙な人は口数が少ないです。感情的になることも少なく、何を考えているのか分からない部分もあるでしょう。そうした部分が異性の目からは、ミステリアスと感じるのです。人は不思議なものに惹かれる傾向があるので、ミステリアスな雰囲気漂う寡黙な人に惹かれてしまうのは、ある意味当然のことなのかもしれません。

静かに過ごせる

本人がおとなしいことが多く、静かに過ごしたいと考えています。一緒にいて騒がしくありませんし、静寂を好む人が多いですね。寡黙な人と一緒にいると静かに過ごすことができますし、落ち着きます。騒がしい人が苦手、落ち着きのある人が好き、という方にとって、寡黙な人は最高のパートナーと言えるでしょう。

嘘をつかれないイメージがある


ペラペラ喋ることがない寡黙な人は、真面目そうな印象があります。誠実そうですし、嘘をつかれないイメージをもってしまうのです。これも異性からモテる理由でしょう。嘘をつかれると不快な気持ちになりますし、誰でも嘘はつかれたくありませんよね。それが恋人候補なら、なおさらのことです。

話を聞いてくれそう

寡黙な人は自ら多くを語ることがありません。どちらかというと、聞き上手に徹する人が多いですし、人の話をきちんと聞いてくれます。周りの人も、そのようなイメージを抱いてしまうのです。真面目に話を聞いてくれて、的確なアドバイスももらえそう、という印象があるので、頼りになると思っている人も少なくありません。

控えめな感じで好印象を持てる

控えめな性格の人が多いのは事実ですし、「私が私が!」という方はほとんどいません。控えめで謙虚さがある、と見えるので、そこに好印象を持つ方が多いですね。謙虚な人は誰に対しても人当たりがいいですし、大人な印象もあります。異性としては、こうした部分に惹かれてしまうのかもしれません。

頼りがいがある


お喋りが多い人よりも、寡黙な人のほうが頼りがいがあると感じます。いざという時に力を発揮してくれそうですし、本当に困ったときには助けてくれそうなイメージもあるでしょう。実際、寡黙な人は頼りがいがあり、いざというときには我が身を顧みず助けてくれることもあります。自分のことを守ってくれそう、という印象もあるので、そこがモテる理由の一つです。

落ち着きがあって大人

常に落ち着いた雰囲気をまとっているので、大人な印象があります。いつも冷静な判断をしてくれる、ピンチのときにも焦ることなく対処できる、といった印象を持っている方も多いでしょう。大人に見えるため知的ですし、いろいろなことを知ってそうと感じる方も多いようですね。そうした部分にも魅力を感じてしまうのでしょう。

知性がありそう

ずっと喋ってばかりという人よりは、寡黙な人のほうが知性がありそうな印象です。いろいろな情報に通じているような気がしますし、知らない世界をたくさん知っていそうですよね。寡黙な人の中には読書好きな人もいますし、実際にさまざまな知識を持っている人もいます。自分の知らないことを知ってそうな部分にも惹かれます。

仕事ができそう


仕事がデキる人はかっこいいですよね。寡黙な人には、仕事がデキそうという印象もあるので、そこがモテる理由の一つです。職場でも黙々と自分の仕事をこなし、困っている後輩の仕事もさっと手伝ってくれる、そんなイメージがあるのではないでしょうか。実際、寡黙な人には仕事がデキる人が多いのも事実でしょう。

寡黙な人と付き合う方法

寡黙な人と付き合うには、無理やり話させない、居心地のよい空間を提供する、相手のペースを理解するといったことが大切です。ここでは、寡黙な人と付き合う方法についてピックアップしたので、目を通してください。

男性に無理やり話させない

会話したい気持ちは理解できますが、だからといってムリに話させようとするのはNGです。会話が嫌いなわけではないのですが、自分のペースで話したいと考えています。ムリに話させようとすると、不快な気持ちになるでしょうし、一緒にいたくないと感じるかもしれません。会話はしたくても、ムリにというのは厳禁です。

居心地のよい無言の空間を演出する


基本的に騒がしいところは苦手なことが多いですし、静かなところを好む傾向にあります。そのため、寡黙な人と付き合いたいのなら、なるべく相手が落ち着けるような空間を提供してあげることです。相手が居心地がいい、と感じるような空間を提供できればベストですね。普段からそのような空間を提供できるよう意識しましょう。

相手のペースを理解する

寡黙な人には、自分なりのペースがあります。それを乱されることを嫌うので、まずはそこを理解してあげないといけません。また、実際にお付き合いするときには、そのペースに合わせてあげることが大切です。ペースが合わない、しんどいと思われると、お付き合いは長続きしないでしょう。ペースを理解し、それに合わせることを意識しましょう。

沈黙の時間を楽しむ

会話するばかりがお付き合いではありません。会話しないと気持ちが通じ合わない、仲良くなれないと思っているかもしれませんが、そのようなことはないでしょう。特に、寡黙な人と付き合いたいのなら、沈黙の時間を楽しめないといけません。2人のあいだに流れる静寂を楽しめるようになってください。沈黙の中で過ごすのも、意外に楽しいものですよ。

寡黙な人と付き合うときの注意点


寡黙な人と付き合うときには、いくつかの注意点を覚えておく必要があります。態度や行動で示す、たまには本音で話す、自分から秘密を打ち明けるなどが挙げられます。ここで詳しくお話しましょう。

態度や行動で示すこと

きちんと態度や行動で示してあげましょう。寡黙な人とは会話が少なくなりがちなので、言葉によるコミュニケーションも少ないです。そのため、態度や行動で示してあげないと、相手に伝わらないこともあります。今自分が何を思っているのか、何をしたいのかということを、態度や行動で示すようにしてください。

質問はYesかNoで答えられるようにすること

あまり長々と話すようなタイプではないので、質問はイエスかノーで答えられるようにしてあげることです。これだと会話が淡白になってしまう、面白くない、と思うかもしれませんが、寡黙な人と付き合いたいのなら我慢です。こうすると相手も応えやすくなりますし、コミュニケーションもとりやすくなるでしょう

たまには飲みに行って本音を話すこと

寡黙な人に合わせることばかりしていると、自分が疲れてしまうかもしれません。そのため、たまには飲みに行って本音を話すようにしてください。お酒が入ると、お互い腹を割った話ができるかもしれません。相手の方も、お酒が入ってオープンになってくれるかもしれませんね。たまにでいいので、そのような機会を設けましょう。

自分から秘密を打ち明けること


秘密は自分から打ち明けましょう。寡黙な人だと、観察力や洞察力が鋭いことが多いです。そのため、隠し事や秘密がある場合、それをあっさり知られてしまう可能性もあります。しかし、寡黙な人はそれを伝えることなく、自分の中にしまい込んでしまうことがあるのです。相手を傷つけないためにも、自分から打ち明けてあげましょう。

まとめ

寡黙な人はミステリアスな雰囲気があり、知的にも見えるので異性からモテます。また、仕事がデキそうでオトナな雰囲気があるのも、モテる理由と言えるでしょう。寡黙な人と付き合いたいのなら、ムリに話させようとしたりせず、沈黙も楽しむようにしてください。ここでお伝えした、注意点も守りながらよいおつきあいをしてくださいね。