上手な別れ方を教えます!別れるときの注意点とは

彼氏と別れたいけれども、どうすればスマートに別れられるのかわからないと思っていませんか?相手を傷つけるかもしれない、けんかになるかもしれないと思うと別れを切り出せない人もいるでしょう。

  • 別れる時に考えたいこと
  • 彼氏との上手な別れ方
  • 別れる時の注意点

についてまとめてみました。

彼氏と別れたい時に考えたいこと


彼氏と別れるときには、十分検討して覚悟をもって切り出す必要があります。またそれまでの楽しかった日々に対しての感謝の言葉も伝えるべきです。別れを切り出す前に準備すべきことについて紹介します。。

間違いない覚悟が必要

恋人と別れる場合、どのようなケースでも覚悟が必要です。別れれば、それまでの2人の関係性も縁もすべて終わってしまうからです。本当にいいのか、やり直す方法はないのか、いろいろと考えて「やっぱり続けられない」と思ったときに別れるべきです。

相手が別れを切り出されて、「いやだ」「考え直してほしい」といわれることもあり得ます。もし覚悟が決まっていない場合、このように言われると決意が揺らぐかもしれません。その結果、ずるずる関係を続けて時間を無駄に使う恐れもあります。スパッと別れるためにも、相当の覚悟が求められます。

情でだらだら続ける方が相手を傷つける

別れたいけれども、これまでの関係もあるとなかなか別れられないと思っていませんか?もしくはここで振ったら彼氏がかわいそうと思ってずるずる関係を続けている人もいるでしょう。しかしそれはかえって彼氏を傷つけているかもしれません。

あなたが冷めていても、相手はまだあなたのことが大好きかもしれません。長く関係を続けていればいるほど、相手のダメージは大きくなります。だからこそ気持ちがなくなったのなら、早めに別れを伝えるべきです。

最後はいい女で別れることが最後の優しさ


別れるときにはきちんと面と向かって話をする、そして感謝を伝え、いい女で別れることです。「ありがとう」と伝えれば、それは男性にとって誉め言葉になるからです。

いろいろとあったかもしれませんが、愛情をもって接していた時間もあったはずです。幸せな時もあったでしょう。そのことに関する感謝の気持ちを伝えれば、男性は傷つく中にもどこか温かい気持ちを持てます。

彼氏との上手な別れ方とは

彼氏と別れる際には、明快な理由を持つことがトラブルなく分かれる方法です。そのほかにも相手が傷つかないように配慮することも大事です。具体的にどのように別れを切り出せばいいか、いくつかのパターンについて詳しく見ていきます。

少しずつ距離を取り2人の時間を減らしていく

メールや電話の回数、デートの頻度を少しずつ減らしていって、共有する時間を少なくしていきます。そうすれば、気持ちも離れていくでしょうし、相手も「そろそろお別れかな…」と意識し始めます。時間は長くかかりますが、できるだけ相手を傷つけたくなければこの方法はおすすめです。

友達に戻りたいことをはっきりと伝える

友人関係から恋人になった場合、友達に戻りたいと伝える方法も効果的です。恋人になった瞬間、変にそのことを意識して気持ちが悪くなることもあるでしょう。友人関係に戻ることで居心地のいい、気の置けない関係に戻れるかもしれません。また完全に縁が切れるわけではないですから、相手もショックを受けないでしょう。

仕事や学業を理由にして別れる

仕事や学業を優先するという別れの切り出し方は、相手も仕方がないとあきらめやすい口実です。しかし根拠がないと嘘くさく感じられるかもしれません。きちんと「こういう理由で学業や仕事に専念したい」と説得力を持たせましょう。

恋愛をすることに疲れたと伝える

自分が恋愛に疲れたとなれば、相手がどうこうという問題ではなくなります。そうなると、相手も自分が悪いという罪悪感を持たずに済みます。このため、それほど大きく傷つくこともないでしょう。

特にもともと一人でいることが好きという相手であれば、一人の気ままな時間がまた手に入ると思えるから、スマートな別れ方となります。

「あなたは高嶺の花である」ことを伝える

自分が未熟だったためにあなたと付き合うのには無理があったという別れ方であれば、相手もきっと気分は悪くないでしょう。また責任を自分がかぶることによって、相手の出方を気にする必要がなくなります。その後揉めたりやり直すしたりする方法を考えたりなどで、問題が長引くリスクも少なくできます。

デート中の態度に注意

デート中につまらなそうな言動をとるのも一つのやり方です。そうなると相手もデートに誘うのをためらうからです。自然とお互いに距離ができて、徐々に別れの方向に持っていけるでしょう。また、いつも通りにデートをしても、ある程度の距離感を保つように心がければ、相手も違和感を抱くはずです。

あえて相手が嫌がることをして別れを告げられるようにする

上で紹介したデートでつまらなそうな態度をとるなど、相手が嫌がることをして、向こうが別れを切り出すように仕向けるのも一つの方法です。相手が別れを切り出すわけですから、向こうが傷つくこともありません。少し時間がかかりますし、お互い不快にもなりますが相手を傷つけたくなければおすすめの方法です。

嘘のない正直な気持ちを伝えるようにする

余計なインサイドワークを講じずに、正直な気持ちを伝えるのもきれいに別れるためのテクニックです。なぜ別れたいのか、正直にかつ論理的に説明すれば、相手も納得してくれるでしょう。付き合う時も率直に好きだからだったはずで、別れる際にも素直に切り出すのも一考です。

家族や友達との時間を増やしたいと伝える

家族や友達との時間を増やしたいからというのも、別れの理由の一つになるでしょう。恋人がいるとそちら優先になってしまい、なかなか時間が取れなくなります。「家族が大変だから」など一緒にいなければならない理由も明確に伝えると、相手も踏ん切りがつきやすくなるでしょう。

趣味を頑張りたいことを伝える

仕事や学業にも似ていますが、趣味を理由に別れを切り出しましょう。自分に非があると相手も思わないでしょうし、仕方がないと思ってもらいやすいからです。ただしあなたの趣味について相手が知らないと、嘘くさく感じられるので注意が必要です。

彼氏を悪者にはしない

「あなたのそういうところが嫌い」といった、相手に問題があるかのような別れ方は、もめる可能性を高めます。男性は一般的にプライドが高いからです。プライドを傷つけられたと思うと攻撃的になることもあり得ます。彼氏を否定することなく、円満に別れることが大事です。

付き合ったことに対して感謝の気持ちを持つ


一緒に過ごせたことに対する感謝の気持ちを伝えましょう。「何をいまさら…」と相手は思うかもしれませんが、時間がたって冷静になったときにいい思い出として残るからです。感謝の気持ちを別れる人に伝えられないという人もいるでしょう。しかし一緒にいて彼の良かったところ、感謝の気持ちを持ったことは絶対にどこかにあるはずです。それを思い出しましょう。

別れを伝えるための注意点

フェードアウトしない、適当な別れ方をしない、間に誰かを入れないなど別れ方で注意すべきポイントがいくつかあります。別れ話を切り出すにあたって、注意すべきポイントについてまとめてみました。

音信不通で終わるようなことはしないように

別れ話をするのが面倒、だったら連絡を取らずにフェードアウトしようと思っている人もいるでしょうが、それはおすすめしません。あなたは別れたいけれども、必ずしも相手も同じ気持ちとは限らないからです。時間の長短はあれ、好きだった期間があったはずです。そのような人に対して、誠意を見せましょう。

適当な別れ方はしない

別れ話は1日で簡単に済ませられないかもしれません。相手が納得せず、長引く可能性もあります。その場合でも丁寧に説明して、相手の了承を得る、適当に別れないことです。特に付き合っている期間が長ければ長いほど、きちんと話し合いをすることがマナーです。

会って別れ話をする

別れ話は実際に会って、相手の顔を見て切り出すことです。最近ではメールやSNSなど別れを伝える方法がありますが、誤解を招く恐れが出てくるためです。

文章では細かなニュアンスなどを伝えるのは難しいです。またSNSの場合、相手が見てくれたかどうかわからないケースもあります。会って話をするのは重いかもしれませんが、最後は顔を合わせて自分の気持ちを伝えるべきです。

別れ話は二人だけで

別れ話は恋人同士で行うべきです。友人など第三者についてきてもらう、代わりに伝えてもらえれば、気持ちの負担も軽くなるでしょう。しかしこれでは、相手に誠意は全く伝わりません。「なぜ本人が言わないのか?」「恋人同士の話し合いなのに他人がいるのか?」と不満に感じるでしょう。その結果、かえって話がこじれる恐れもあります。

迷いがあるなら周りの人に相談をしてみる


別れることの覚悟が決まっていなければ、友人や家族に相談しましょう。話をすることで、自分の気持ちを今一度確認できるからです。客観的に自分を見つめなおせますし、思ってもみなかったアドバイスを受けることで道が開ける可能性も出てきます。

大事な話があると伝えておく

メールでも電話でも「大事な話をしたい」とあらかじめ伝えるのもおすすめです。そうすると相手も「もしかすると別れ話ではないか?」と心の準備もできるからです。自分の決心も固くなる効果も期待できます。

しかし男性の中には別れを察知して、なかなかあってくれない、別れを切り出しにくい状況を作ることも考えられます。彼氏のタイプを見極めて、切り出しましょう。

穏やかに話が出来る場所を選ぶ

周りが静かで、穏やかな環境で話のできる場所で別れを伝えることです。そのような場所でないと、彼氏が興奮してしまって逆上し想定できない事態に発展する恐れもあるからです。また家の中ではなく、外で話をすることです。周囲の人の目もありますから、冷静に話もしやすいためです。

感情的にならずに冷静に伝える

冷静に話をするように心がけることも大事です。もしあなたが感情的になると、相手も感情的になってけんかになるリスクが高まるからです。男性が感情的になると、怖い思いをするかもしれません。最後まで話をして、相手の了承をもらうためにも落ち着いて話をすることです。

まとめ

別れ話は重たいテーマですし、できることなら実際に会わずに適当に済ませたいと思うかもしれません。しかし相手に納得してもらうためには、誠意をもってきちんと話し合いをすることが大事です。あとくされなく、次の恋愛に進むためにも上手に別れましょう。