感謝の気持ちを伝える方法!職場と家庭別に紹介します

感謝の気持ちをきちんと伝えていますか?何かをしてもらったとき、ありがたいと思ったときには、感謝の気持ちを言葉にして伝える必要があります。

そこで、ここでは

  • 感謝の気持ちを相手に伝える方法
  • 感謝することで自分が得られること

をご紹介します。気になる方はぜひ目を通してくださいね。

感謝の気持ちが必要な理由


いったいどうして、感謝の気持ちが必要なのでしょうか。日ごろから当たり前のように、感謝の気持ちを伝えている方は、自然に言葉を口にしていると思います。ここでは、感謝の気持ちが必要な理由をお伝えします。

相手の心遣いに感謝できる

相手から心遣いを受けたときには、感謝の気持ちを伝える必要があります。何かをしてもらった、気を遣ってもらったときに、相手に対して感謝するのは人として当然と言えるでしょう。言葉にするというのが大切です。

口には出さないものの、感謝の気持ちを持っている、という方もいるでしょう。しかし、感謝の気持ちは言葉にして初めて伝わるものです。言葉にしないと伝わるものも伝わりません。

他人を尊敬したり大事にしたりできる

感謝の気持ちを口にすることで、相手に対して尊敬の気持ちを抱けます。人に対して尊敬の気持ちが持てるということは、謙虚でいられるということでもあります。社会人として生きるためには、謙虚さも大切ですよね。

また、感謝の気持ちを伝えることで、相手のことを大事にできます。感謝の言葉を言われたほうも、「自分は大事にされている」と感じるでしょう。

相手に感謝を伝える方法

相手に感謝の気持ちを伝えるには、どのような方法があるのでしょうか。もっともポピュラーなのは、言葉にして伝えることです。それ以外にも、手を差し伸べる、プレゼントや手紙を送るといった方法もあります。

「ありがとう」を口にする


感謝の気持ちを伝えるもっともポピュラーな方法として、「ありがとう」と言葉で伝える方法があります。感謝の気持ちを抱いていても、言葉にしないと相手にはなかなか伝わりません。言葉にするのは簡単かつ確実に伝える方法と言えるでしょう。

「ありがとう」だけでなく、「感謝しています」とストレートな表現もできます。「助かりました」という感謝の表現もありますね。いくつかのバリエーションをもっておくとよいかもしれません。

相手が困っているときは手を差し伸べる

言葉で伝えるだけが、感謝の気持ちを伝える方法ではありません。相手が困っているときに、そっと手を差し伸べることで感謝の気持ちを伝えることもできるでしょう。これは、感謝の気持ちを態度で示す方法となります。

困っているときには、誰かの手を借りたいと考えています。そんなとき、そっと手を差し伸べてもらえると、うれしくなりますよね。

第三者にも感謝している気持ちを伝える

相手だけでなく、第三者にも気持ちを伝えることで、さらに感謝している気持ちが伝わります。つまり、直接あなたに何かをしてくれた相手だけでなく、近くにいた友人や家族に感謝の気持ちを伝える、ということですね。

こうすることで、相手は「わざわざそこまでするなんて、本当に感謝の気持ちがあるんだな」と思います。より強く、確実に感謝の気持ちを伝えたいときに使える方法ですね。

プレゼントや手紙を添えるとより効果的

感謝の気持ちと一緒に、プレゼントを添える手もあります。お菓子や雑貨など、いろいろなものが考えられますが、相手の好みが理解できていれば、さらにプレゼントのバリエーションは広がるでしょう。

また、物を贈るのではなく、手紙を添えると感謝の気持ちも伝わりやすくなるでしょう。今の時代、手書きの手紙をもらうこと自体少ないので、感謝の気持ちが綴られた手紙を貰った相手は、きっと感動します。

職場の仲間に感謝の気持ちを伝える方法

職場で一緒に働く仲間に、感謝の気持ちを伝えたい、というときにはどのような方法があるのでしょうか。お菓子のプレゼントをする、仕事を手伝う、言葉で伝えるといった方法がありますね。詳しく見てみましょう。

飴やクッキーなどのプレゼントをあげる


職場の仲間に、あまり仰々しいプレゼントを贈ると誤解を招いてしまう恐れもあります。相手に気を遣わせてしまう恐れもあるので、クッキーや飴といったちょっとしたお菓子をプレゼントするのがおススメです。

飴なら作業中に口に含むこともできるでしょうし、クッキーなら休憩中にコーヒーと一緒に楽しめるでしょう。ちょっとしたものですが、いただいたほうがうれしいものです。

必要なときは仕事を手伝う

感謝していることを伝えるために、仕事を手伝ってあげるという方法もあります。相手が困っているとき、率先して手伝ってあげることで、積極的に感謝の気持ちを伝えられるでしょう。

また、相手が何かミスをしたとき、一緒にフォローしてあげるのもいいかもしれません。ミスをしたときは、それを挽回するために必死です。手伝ってあげると喜ばれるでしょう。

具体的に助かっていることを伝える

サラッと感謝の気持ちを伝えるのもいいですが、より具体的に助かっていることを伝えると気持ちが伝わりやすいです。相手にしてもらったことでどのような結果になったか、何が変わったのか、といったことを伝えましょう。

相手としても、そこまで丁寧に言ってもらえると本当に感謝しているんだと思います。誠実な人、真面目な人といった印象を与えることもできるでしょう。

呑みに誘って奢る

お酒を飲みに誘うのもいいでしょう。飲みにケーションという言葉もあるくらい、お酒の席でのコミュニケーションは親睦を深めるのに有効です。感謝の気持ちを伝えるときにも伝えますし、さらに良い関係を築けるでしょう。

もちろん、支払いは感謝の気持ちをこめて全額自分で支払います。ここで割り勘にしてしまうと、感謝の気持ちがあまり伝わらないかもしれません。

パートナーまたは恋人に感謝の気持ちを伝える方法

パートナーや、恋人に感謝の気持ちを伝える方法をご紹介します。記念日以外にプレゼントする、手紙を送る、料理を作ってあげるといった方法が代表的です。詳しく見てみたいと思います。

記念日以外でもプレゼントをサプライズする


パートナーや恋人にプレゼントを贈るのは、誕生日や付き合いだした記念日などが多いです。しかし、感謝の気持ちを伝えたいときには、それ以外のタイミングで、何かプレゼントをサプライズしてみましょう。

もらった相手は、記念日でもないのにどうしてだろう、と不思議に思います。そこで、感謝の言葉も一緒に伝えてあげるといいでしょう。

手紙を送る

自分にとって近しい存在なので、言葉にするのが恥ずかしいという方もいるかもしれません。そのような時は、手紙を送るのがおススメです。手紙だと、自分の思いをしっかり伝えられますし、恥ずかしさも半減します

手紙をもらうという機会もめっきり少なくなったので、貰った人は単純に感動します。より親密な関係になれるでしょう。

手の込んだ料理を作ってみる

普段からパートナーや恋人に、手料理を作っているという方もいるでしょう。そのようなケースでも、普段作らないような手の込んだ手料理を作ってあげると、喜ばれます。感謝の気持ちも伝わりやすくなるでしょう。

今はインターネットを利用すれば、さまざまな料理のレシピが手に入ります。それをうまく利用して、美味しい料理を作ってあげましょう。

ちょっぴり高めのレストランに連れて行く


あまり高級なお店にしてしまうと、相手が申し訳ないと感じるかもしれないので、ちょっと高めのお店がベストです。普段は使わないようなお店、ファミレスよりちょっぴり格上なお店に連れていってあげましょう。

「こんなお店に連れてきてくれるなんて」と感動してもらえるかもしれません。2人で美味しい料理も楽しめて、一石二鳥です。

夜寝る前にマッサージしてあげる

眠りにつく前に、マッサージしてあげましょう。特に、毎日仕事で忙しくしているような方には、この感謝の伝え方が喜ばれるかもしれません。気持ちの通じ合っている相手からのマッサージは、うれしいものですよね。

マッサージしながら、軽く感謝の気持ちも伝えてあげるとさらに伝わりやすくなるでしょう。

感謝することで自分が得られること

感謝することによって、自分はどのようなことを得られるのでしょうか。人間関係がよくなる、場の雰囲気がよくなる、精神的に安定するといったことが挙げられます。もっと詳しくご説明しましょう。

人間関係がよくなる

感謝の気持ちを相手に伝えることで、人間関係をよくすることができます。誠実でまじめな人、きちんと人に感謝できる人、という印象を与えられますし、好感度もアップするでしょう。今まで以上によい関係性になれるかもしれません。仲良くなりたかった人とも、もっと仲良くなれるはずです。

場の雰囲気がよくなる

感謝の気持ちを伝えれば、場の雰囲気がよくなります。相手に対して心からありがたい、と思っている状態ですし、それを伝えることで、その場にいる全員がほっこりした気持ちにもなります。殺伐とした雰囲気であっても、空気が一変してしまう可能性もありますよ。

精神的に安定する


精神的に安定するというメリットもあります。相手に対してきちんと感謝の気持ちを伝えられたら、安心感を覚えます。ちゃんと伝えられた、相手に喜んでもらえた、と思えるのです。感謝の気持ちを伝えることで、スッキリした気持ちにもなりますし、それが精神の安定性をさらに維持してくれます。

ストレスが減る

ストレスが溜まってしまうと、ちょっとしたことでもイライラしますし、仕事でミスすることも増えます。パフォーマンスが下がってしまい、どうしようもなくなることもあるでしょう。感謝の気持ちを伝えることで、自分自身もスッキリできますし、ストレスが減ります。仕事でもよいパフォーマンスを発揮できるでしょう

脳の働きが活性化する

感謝の気持ちを伝えることで、脳の働きが活性化するといわれています。脳の働きが活性化されると、頭の回転も速くなりますし、仕事でもよい効果を発揮してくれるでしょう。たくさん感謝の気持ちを伝えれば、それだけ脳の働きも活性化するかもしれません。

まとめ


感謝の気持ちを伝える方法は、言葉にするだけでなく、プレゼントや手紙を送る、態度で表すといった方法があります。職場で働く仲間や、パートナーなどで使い分けてみるのもよいでしょう。ここでは、感謝の気持ちを伝える方法だけでなく、得られるメリットについてもご紹介しました。たくさんのメリットがあることも分かったと思うので、日ごろから感謝の気持ちを伝えるようにしてくださいね。