転職が難しいのはどうして?成功させるコツ教えます

転職をしたいけど、なかなか良い転職先が見つからないという人も多いことでしょう。転職先が見つからないのには、いくつかの原因が考えられるようです。

その原因に対して的確に対処していくことで、難しいとされる転職をクリアすることができます。転職が難しい原因とその対処法についてみていきましょう。

今回は、

  • 転職が難しい理由
  • 転職の成功の秘訣

をご紹介します。転職を検討されている方はぜひ、参考にしてみてください!

転職が難しい原因は?

昨今の日本では、転職は難しいとよく耳にしますが、なぜ難しいとされているのでしょうか。転職が難しいと言われる理由とその原因についてご紹介します。

年齢が高くなると難しい


企業側からすると、採用する人材の年齢は重要になってくることも。新卒で採用すれば、企業の理念に沿って教育していくこともできますが、一方で年齢が高い人を採用した場合、その会社の方針よりも自身の経験を優先してしまいがちになることもあり、企業としては年齢が高くなるほど、採用しずらいという実態もあるようです。

経験年数が短くスキルが不足している

その業界での経験年数が短く、スキルが不足していることも転職が難しいと言われる原因です。これまでしてきた仕事とは関連性の薄い職種への転職となると、企業からすればまた一から教育を施していく必要が出てきます。

教育期間中も給料を支払って雇わなければならず、となるとコストがかかりすぎてしまうため、転職が難しいと言われるのです。

転職経験が多すぎる

転職経験が多い人ほど、採用後のリスクが高い人材として見られてしまうこともあるようです。転職経験の多い人は、仮に採用したとしても、その人物はすぐに仕事を辞めてしまうと危惧されてしまうかもしれません。

企業側からするとコストをかけただけで、利益をもたらしてくれない人材と見なしてしまい、それならば他の人材を探した方が良いと考えるわけです。

謙虚さがない人は難しい

謙虚な姿勢は、物事を吸収する上で非常に重要です。なぜなら謙虚さは学びにも活かされるからです。自分の意見を言うことは大切ですが、最初から意見をぶつける人は、何を教えても自分の論理を曲げず、吸収してくれず、企業からすると扱いにくい人と見なされてしまいます

逆に常に謙虚な人ほど、教えられたことを従順に守って仕事に励んでくれると見なされます。

強みや特徴がない

これまでの実績がなく、人柄としても特徴がないとなれば、企業がその人を採用するメリットはほとんどありません。転職という場は、普通の人を見つけるための場ではなく、採用後すぐに利益をもたらしてくれる人を選ぶ場です。

資格を持っていない、これまでの経験職種も普通なら、その人を採用するよりも新卒の人材を採用した方が良いと見なされてしまいます。

転職先の仕事内容にこだわりすぎている


転職する上で、転職先の仕事内容はどうしてもこだわってしまうものです。やりたいことをするために転職活動をしているので、これは当然かもしれません。

しかし、あまりにこだわりが強いと、希望に見合うだけの求人情報が見つからず、その結果転職ができないことにつながります。

前歴に正社員経験がない

正社員として働いたことがあるという経験も、転職時に見られることになります。前歴に正社員経験が無いと、社員としての心構えや社会人としての知見がないのでは?と懐疑的に判断されてしまい、採用が遠のいてしまうこともあるようです。

新卒第一主義の会社が多い

現在でも新卒第一主義の考え方は企業に根強く残っています。転職希望者を募るくらいなら、新卒者を採用した方がメリットも多いという考えに則って採用活動をしています。そのような会社が多いと、転職希望者の間口も狭くなってしまい、その結果転職が難しくなってしまいます。

正社員の離職率が低く空きがない

人気の企業ほど正社員の離職率が低いものです。離職率が低いということは、新たな人材採用の余地もなく、その会社に入りづらいということを意味しています。

離職率が低い企業は、それだけ待遇が良いことが多く、転職希望者も殺到すると考えられ、競争率も高くなってしまいます。したがって、優良企業のみを目指して転職活動を続けていると、なかなか転職先が決まらなくなってしまいます

転職を成功させるコツ

それでは、転職を成功させるためには、どのような点に注意して活動していけば良いのでしょうか。うまく転職するためのコツを紹介していきます。

不採用になっても諦めない

仕事で参加できないと断る
転職活動は根気が勝負です。基本的にすぐ良い企業が見つかるということは起こりません。不採用の通知が来るたびに、自分の努力を否定されたような感覚に陥ってしまうものですが、そこで諦めてしまうと進展はありません

どうせまた不採用になるという後ろ向きな考えではなく、次は採用されるかもしれないという前向きな気持ちを維持するように心掛けましょう。

転職すると決めたら若いうちにできるだけ行動を

転職は若ければ若いほど有利ですので、転職を決意したらその日から可能な限り行動するようにしましょう。転職サイトに登録して求人情報をチェックする、やりたい仕事のために資格の取得を目指して勉強をする、転職活動に有利になりそうな情報を収集するなど、できるだけ行動へ移してみてください。

求人が多くなる3~4月・9~10月を狙う

戦略的に転職活動をすることも大切です。求人情報が多く出される季節は、転勤や異動などが多くなる3月から4月となります。

また、来期へ向けて企業の採用活動が積極的になる季節が9月から10月についても求人が多くなるので、これらの時期が狙い目です。求人数が多ければ、それだけ採用してもらえる確率も高くなります。

20代は経験やスキルは未熟だけれども意気込みがあることを伝える

面接時において取るべき対応は、年齢によって異なります。20代の場合は、まだまだ若手で、少々スキルが未熟でも意気込みさえあれば採用してもらえることも多いです。面接のときや履歴書の志望動機の欄を活用して、やる気のアピールをしていきましょう。

30代は培ってきたキャリアを活かせる転職先を選ぶ

女性 仕事
30代での転職は、これまで培ってきたスキルやノウハウ、キャリアといった能力が重視されます。即戦力として働いてほしいという企業側の思いがありますので、自身の能力に合った企業を選ぶと良いでしょう。

40年代は専門能力やマネジメント経験を活かせる職場を選ぶ

40代の場合、現場を統括するマネジメント力が問われることになります。これまで部下を管理してきた経験を活かせる職場を探してみると効率的です。

まとめ

転職活動が難しいと言われている原因には、時代の流れと自分自身のスキルの問題という二つが挙げられます。転職活動を成功させるためには、戦略的に行動を取ることと、自身のスキルアップが必要不可欠となります。希望する仕事が見つけられるように、行動へと移していきましょう。