賢い人にありがちな特徴・思考法・行動

賢い人と言われたくありませんか?もし、賢い人と言われたいのなら、ここでお話することが役立つかもしれません。

ここでは、

  • 賢い人の概要や特徴
  • 賢い人の思考法
  • 賢い人になるための行動

についてまとめています。賢い人になりたい、言われたいと思っている方はぜひ目を通してみてくださいね。

賢い人とは?


そもそも、賢い人とはいったいどのような人のことを言うのでしょうか。多くの方は、IQが高い人のことを賢い人だと思っているでしょう。しかし、これは間違いです。賢いというのは、決してIQの高さだけで決まるものではありません。

IQの高さだけが賢さではない

IQとは知能指数のことを言います。知能のレベルを数値化したもので、この数字が大きいほど知能指数が高い、つまり賢いと考えられています。ただ、IQが高い=賢いということではなく、IQが高くても賢くない人はたくさんいます。

また、IQが高いからといって必ずしも勉強ができるわけではありません。同じように、賢いといわれる人でも勉強が苦手な人はたくさんいます

地頭のよさを活用できること

地頭とは、教育によって与えられたものではなく、その人が持って生まれた頭脳、頭の良さのことを言います。賢い人は、この地頭の良さを上手に活用できる人です。最近では、企業が地頭のよい人を採用する傾向にあるようです。

採用基準の一つとして、地頭がいいを設定している企業は少なくないようです。専門的なスキルより、将来の伸びしろを考えてのことなのでしょう。

まだ知らない知識に対して貪欲であること


賢い人は、もっと賢くなろうと努力します。つまり、賢い人というのは、今よりもさらに高みに向かうため、努力を怠らない人のことを言うのかもしれません。また、まだ知らない知識に対して貪欲であることも賢い人の特徴です。

本当に賢い人は、世の中に自分の知らないことがたくさんあることを理解しています。それを常に知りたいと考えているのです。

賢い人の特徴は?

賢い人には、いったいどのような特徴があるのでしょうか。人に分かりやすく説明するのが得意で、同じ失敗を繰り返すこともありません。また、感情的になることも少なく、付き合う相手を選ぶといった特徴もあります。

わかりやすく説明することが得意

人に何かを説明するときは、分かりやすさという部分を重視しなくてはなりません。なるべく専門用語を使わず、優しい言葉で伝える必要があるのです。賢い人はそれを自然にできる人で、誰に対しても分かりやすく説明できます。

説明された人は、言われたことがスッと頭に入ってきます。学生時代、クラスに一人くらい、先生よりも教え方の上手な人がいませんでしたか?

考え方が理論的でわかりやすい


ロジカルな考えができるので、説明するときも論理的に話をしてくれます。何が、どうなって、こうなった、としっかり説明してくれるため、理解力がない人でも容易に理解できるのです。

また、論理的な考えをしているので、難しいことも簡単にして伝えることができます。相手を見ながら、「この人はこういう説明のほうが分かりやすいな」と、言い回しや説明を変えることもできてしまいます。

同じ失敗を繰り返さない

何度も同じ失敗を繰り返すような人に対し、学習能力がない、と言いますよね。それとは逆に、賢い人は同じ失敗を繰り返すことがありません。人間なので失敗することはありますが、高い学習能力があるため、同じ失敗はしないのです。

一度目の失敗をきちんと覚えていますし、次にどうすればいいかを考え自分の中で処理できています。そのため、二度と同じ失敗はしません。

感情的にならない

感情的になることは少ないです。感情よりも先に、頭で考えることが多いのです。相手が怒っているからといって、自分も感情的になって怒るようなことはせず、どうしてこの人が怒っているのかを考えます。

感情的になることが少ないため、周りからは少し変わり者と見られてしまうこともあるでしょう。不思議な人、と思われていることもあります。

付き合う相手を選ぶ


賢い人は、付き合う人を選んでいます。自分にとってマイナスにしかならない人とは、なるべく付き合わないようにしているのです。逆に、自分の成長につながる、プラスになると思った人とは積極的に付き合おうとします

単純に好き嫌いではなく、自分にとってプラスかマイナスかを考えた上で、付き合う人を選ぼうとするのが特徴と言えるでしょう。

時間を有効活用できる

時間を無駄にすることを嫌います。時間が有限であることを理解していますし、少しでも有意義な使い方をしたいと考えているのです。そのため、ちょっとした隙間時間でも有効に活用できます。

時間がない、暇がないといった言い訳をすることはありません。時間は自分で作るものだと考えており、上手に時間を作っています。

落ち込んでからの気持ちの切り替えが早い

賢い人でも落ち込むことはあります。しかし、落ち込んでからの気持ちの切り替えは非常に早いです。落ち込んでいる時間がもったいないと考えますし、そんな暇があるならできることがたくさんある、と考えるのです

恋人と別れたときでも、気持ちの切り替えがスピーディです。その日のうち、もしくは翌日にはスッキリした表情で現れることがあります。

敵を作らずに思い通りの生活ができる


賢い人は敵を作りそうなイメージがあるかもしれませんが、実際にはその逆です。自ら敵を作るような行動はとりませんし、基本人当たりはいいので味方のほうが多いです。何かあったときも助けてくれる人のほうが多いでしょう。

敵を増やさないため、思い通りの生活ができるのも特徴でしょう。誰にも邪魔されることなく、自分の人生を謳歌できます。

ムダ話をしない

なるべく無駄話をしたくないと考えています。無駄話に時間を割くのがもったいないと考えていますし、その時間があるなら別のことに使いたいと思っているのです。ただ、まったくしないわけではなく、たまには雑談にも乗っかってきます。

何かをしているときは、そのことに集中しているので雑談にも応じることはほとんどありません。このようなときに話しかけてしまうと、割と本気で怒られてしまう可能性もあるので注意しましょう。

他人の意見に振り回されない

しっかりとした自分の意見を持っています。そのため、周りの意見に振り回されるようなこともまずありません。例え大多数が自分と反対の意見を持っていたとしても、自分は自分としてその考えを貫き通そうとします。

決して驕りがあるわけではありませんし、自分の考えが一番正しいと思っているわけでもありません。ただ、こうと決めたことは貫きたいと考えています。途中でコロコロ意見を変えるようなこともまずないでしょう。

相手によって態度を変えない


誰に対しても、同じように接するのも賢い人の特徴です。相手によって態度を変えるようなことはありませんし、目上の人にも、立場が下の人にも同じように接しています。そのため、職場や仲間内でも評判がいいことが多いです。

賢い人は上から目線で接してくる、というイメージがあるかもしれませんが、そのようなこともありません。本当に賢い人ほど、誰とでも同じように接するようにしています

さまざまな人とバランスよく接する

いろいろな人との出会いを楽しんでいます。いろいろな人と出会うことで、自らの成長にもつながると考えていますし、単純に楽しいという想いもあるのでしょう。

偏った接し方はせず、バランスよく接しているのも特徴です。できるだけいろいろな人と、バランスよく接することで、さまざまなことを吸収できると考えているのでしょう。

失敗しても前向きな経験と捉える


失敗したからといって、いつまでも落ち込むようなことはありません。また、失敗したことで、新しいチャレンジができなくなることもないです。むしろ、失敗したことを貴重な経験として受け止め、次に活かそうと考えます

失敗は成功の母、と言われますが、賢い人はまさにそう考えています。失敗の数だけ成功できると考えていますし、失敗を恐れたり、恥ずかしいことだとは思っていません。

賢い人になるために始めたい6つの行動

賢い人を目指しているのなら、ここでご紹介する4つの行動を実践してみましょう。いろいろなジャンルの本を読む、相手の話に耳を傾ける、新しい趣味を始めるといったことですね。詳しく見てみましょう。

まずは自分の個性からくる「くせ」を知り、改善していく

出典:ミイダス

はじめに、ミイダスのパーソナリティ診断をしてみましょう。そこから、自分の生まれ持った「個性」を知ることができます。

さらに、ミイダスでは、個性からきてしまう「くせ」を知ることができるので、「賢い人になるために直さなければいけない部分」を知ることができます。さらにその対処法についても教えてくれるため、ぜひ一度診断をしてみてください。

あわせて読みたい

ミイダスのパーソナリティ診断でわかる3つのこと!実際にやってみた

続きを読む

自分のいいところを知り、それを伸ばすことで賢い人に!

次に、グッドポイント診断であなたの5つの強みをチェックしましょう!強みを知り、それを強化することで「賢い人」に近づくことができるようになります。

ミイダスのパーソナリティ診断で自分の悪い部分を直し、グッドポイント診断で自分のいいところを補強していく、という形で利用してみることがオススメです!

あわせて読みたい

グッドポイント診断やってみた。転職希望アラサー女が気になる診断結果や転職で最大限活用する方法を全部見せます!

続きを読む

さまざまなジャンルの本を読む

多彩なジャンルの本を読むことで、幅広い知識を得られます。一つのジャンルにこだわることなく、いろいろな本を読んでみましょう。読書量と知識量は比例すると言われているので、たくさん読めば読むほど知識になります

賢い人の知識量は相当なものなので、それを目指すのならとにかく読書です。電子書籍なら、嵩張ることもなくどこでも読めるのでおススメですよ。まったく興味を持たなかったジャンルの本も読んでみましょう。

ToDoリストを作って時間を有効活用する


賢い人は時間を有効活用できています。時間を有効活用するには、やるべきことの優先順位を明確にしておく必要があります。それを可能にするのがToDoリストなので、さっそくリストを作って活用してみましょう。

ToDoリストとは、やるべきことをまとめたリストです。決められた時間の中でやるべきことをリストアップしたものですね。最近ではスマホアプリもあるので、手軽に使ってみたいならアプリがおススメですよ。

相手の話に耳を傾ける

普段から相手の話に耳を傾けるようにしましょう。自分の意見を持つのは大切なことですが、だからといって人の話を聞かない、疎かにするのはダメです。賢い人は、自分の意見をきちんと持ちながらも、人の話を聞いています。

他人の意見に耳を傾けるときには、自分の考え方とどこが違うのかをじっくり考えてみましょう。また、どうしてその意見になったのか、という背景まで考えられるようになったら大したものです。

新しい趣味を始める


新しい趣味にチャレンジすることで、今まで見えなかった世界も見えてきます。視野を広げることにもなるので、新しい趣味を始めてみましょう。まったく興味がなかった趣味に挑戦するのも楽しそうですね。

新たに始めた趣味では、失敗することもあるでしょうが、失敗しても落ち込まないようにしましょう。それを糧にするくらいでいいのです。賢い人の生態はそうなので、趣味を通じて賢い人に近づきましょう。

まとめ

賢い人は、まだ知らない知識に対して貪欲で、自らをさらに高めたいと考え努力しています。賢い人になれれば、職場でもきっと重宝されますし、友人や恋人とも良好な関係を築いていけるでしょう。ここでは、賢い人になるための行動についてもご紹介したので、ぜひ今日からでも試してくださいね。