性格が明るい人になる!明るい人の特徴と心がけること

性格が明るい人になりたい、と思っていませんか?性格が明るいと、いつも周りに人が集まってきますし、異性からもモテるようになるでしょう。

そこで、ここでは

  • 性格が明るい人の特徴
  • 性格が明るい人モテる理由
  • 性格が明るい人になるためのポイント

についてもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

性格が明るい人の特徴


話すときはハキハキしていますし、いつも姿勢がいいです。また、トラブルに直面してもそれを楽しめる余裕があり、仕事もプライベートも充実していることが多いですね。ここでは、性格が明るい人の特徴をご紹介しましょう。

ハキハキと話す

ぼそぼそと話すことはなく、いつもハキハキと話しています。そのため、相手に伝えたいことがきちんと伝わりやすいですし、元気な印象も与えられるでしょう。また、機械的、事務的な話し方ではなく、身振り手振りを交えて話す人も少なくありません。このような話し方も、人によい印象を与えています

背筋がピンと伸びている

美しい姿勢の人が多く、背筋もピンと伸びています。猫背になっている人よりは、姿勢が美しい人のほうが健康そうに見えますよね。デスクワークに携わっている方だと、つい猫背になりがちですが、性格が明るい人はいつも背筋が伸びています。健康的、元気、仕事がデキる、というふうにも見られます

トラブルを楽しめる

明るい性格の人は、どんなことでも楽しもうとしています。そのため、トラブルに見舞われてしまったときでも、それを楽しもうとするのです。普通は、トラブルに巻き込まれるとパニックになったり、どうしようかと悩んでしまうものです。明るい人だと、驚きはするものの、直面した事実を楽しもうとします

素敵な笑顔を心がける


笑顔が人に与える影響は小さくありません。素敵な笑顔の人には好印象を抱くものですし、好意を持ってしまうこともあるでしょう。明るい性格の人は、日ごろから素敵な笑顔を心がけているので、職場でも好かれていることが多いですね。特別笑顔のトレーニングをしているわけではありませんが、普段から笑顔を意識しているのです

周囲の空気をよくする

明るい性格の人が一人でもいると、場の雰囲気が明るくなりますよね。元気のパワーが周りにも影響を与えますし、一緒にいる人たちも明るくなれます。そのため、人が周りに集まってきますし、職場でもプライベートでも人気もの、ということが多いですね。険悪な雰囲気になりかけたときも、明るい人がいると場が丸く収まりやすいです。

仕事もプライベートも充実している

職場ではバリバリ仕事をこなしていますし、プライベートも充実しています。仕事とプライベート、どちらかに偏った生活を送っておらず、どちらも充実させたいと思っているのです。両方の優先度が高いということですね。プライベートもかなり大切にするため、友人や恋人、家族とも良好な関係を築けています

大きな目標を持っている


周りに吹聴することは少ないですが、大きな目標をもっていることが多いです。難易度の高い資格試験に合格する、大手の企業に転職するといった目標を持つ方もいますね。明確な目標を立てているため、日々それが実現するよう努力も怠りません。自宅で勉強したり、休日には目標を達成するための行動を起こしたりもしています。

性格が明るい人は好かれる!明るい人がモテる理由

性格が明るい人は、人に対して良い印象を与えられますし、好かれることが多いです。異性からもモテますし、恋人がいないことも少ないですね。ここでは、性格が明るい人が好かれる、モテる理由についてご紹介します。

辛い時でも明るい人が一緒だと安心する

心から落ち込んでいるときは、精神的につらいものですが、明るい人はその様子を見て慰めてくれます。また、普通に慰めるのではなく、少しでも元気になれるよう、明るく振舞ったり、面白いことを言ってくれるのです。その優しさが身に沁みますし、ありがたく感じます。一緒にいて安心できるのはうれしいですね。

周囲の評判もよく自慢の恋人に思う


性格が明るい人は、周囲からの評判もいいです。誰からも好かれるような性格なので、このような人が恋人なら周りにも自慢できるでしょう。同僚や友人からも羨ましがられますし、ちょっとした優越感も感じられます。自分の恋人が、誰からも好かれて評判がいい、というのはうれしいに決まっていますよね。

お互いに高め合えることができる

高い目標を掲げていることが多いため、お互いに高め合うことができます。お互いに切磋琢磨することができますし、励まし合いなが上を目指すことができるのです。2人で一緒に成長していくことができるので、これも魅力的なポイントだと考えられます。

印象がよく友人や両親にも紹介しやすい

誰に対しても、よい印象を与えるのが性格の明るい人です。いつも笑顔でニコニコしていますし、ハキハキ喋るため、悪い印象を持つ人はほとんどいません。そのため、友人はもちろん、家族にも紹介しやすいという魅力があります。お付き合いしていることを両親に伝えるため合わせても、好印象を持たれますよ。

幸せな家庭がイメージしやすく結婚を視野に入れやすい

結婚したらきっと幸せな家庭を築ける、ということがイメージしやすいです。そのため、交際している段階から結婚のことを視野にいれやすいですし、具体的な話を進めることもできるでしょう。明るい未来が見えないような人とは、結婚を視野に入れることはできませんよね。

性格が明るい人になるために心がけること


性格が明るい人になるためには、いったいどうすればいいのでしょうか。不平不満を口にしない、自分に目を向ける、仕事以外に夢中になれるものを見つける、などが挙げられます。ここでは、明るい性格になるために心がけることをお伝えします。

清潔感のある髪型やファッションを意識する

いくら性格が明るい人でも、清潔感がないとよい印象を与えることはありません。人は見た目で印象が決まってしまうので、まずはファッションを見直してみましょう。ファッションだけでなく、髪型にも気を遣ってください。爪や肌などのケアもきちんとしたいですね。

不平不満を口にしないように心がける

不平不満を抱いてしまうことは誰にでもあります。しかし、それを日ごろから口にしてしまうと、あまりよく思われません。「いつも文句ばかり言っている」「性格が悪そう」と思われてしまう可能性もあるでしょう。そのようなことを思われてしまうと、とても性格が明るい人とは思われません。思っても口には出さないよう心がけてください。

他人より自分に目を向ける


他人は他人、自分は自分です。いつも人と比べてしまう、という方もいるかもしれませんが、それは意味のない行動です。自分とは違う人なので、比べたところで意味がなく、時間の無駄なのです。それよりも、しっかりと自分に目を向けましょう。その上で、自分に足りないものを補っていくべきです。

仕事以外に夢中になれることを見つける

仕事は確かに大切ですが、そればかりだとつまらない人間になってしまいます。性格が明るい人は、仕事だけでなくプライベートも充実させています。プライベートも充実させているからこそ、いつも笑顔で明るくいられる部分もあります。とりあえず、趣味を見つけてみてはどうでしょう。没頭できるものが一つあれば違ってきますよ。

悩んだら即行動

いつまでも悩んでいても、答えは出ません。答えを出すためには行動あるのみです。悩むくらいなら、まずは行動に移してみましょう。性格が明るい人は、失敗したらその時はその時、と考えてすぐ行動に移しています。このような性格だからこそ、目の前にぶら下がっているチャンスを逃すこともないのです。見習いたいところですね。

まとめ


明るい性格の人になれれば、職場でも人気ものになれて異性からモテ、恋人もできやすいです。誰に対しても好印象を与えることができるので、今日からでも明るい性格の人を目指してみてはいかがでしょうか。不満を言わない、自分に目を向ける、夢中になれるものを見つける、といった部分を意識して生活するのがポイントですよ。

- 1 / 1ページ -