自己暗示の効果とおすすめの言葉7選

スポーツ選手やアーティストが自己暗示を活用しているという話を聞いたことがありませんか?自己暗示にはさまざまな効果があるといわれており、日ごろから活用している方はたくさんいます。そこでここでは
  • そもそも自己暗示とはどのようなものなのか
  • 自己暗示の効果
  • 自己暗示に使える言葉
  • 自己暗示の注意点

などについてまとめてみました。

自己暗示とは?


読んで字のごとく、自己にかける暗示のことを自己暗示といいます。心を整えるための技術であり、最適なマインドを生み出すこともできるといわれています。ここでは、自己暗示の基本的な情報をお伝えしましょう。

自分で自分に暗示をかけること

一般的に知られる暗示は、人から人にかけるものです。病気の治療に暗示が利用されることもありますし、催眠療法も暗示の一種と言えるでしょう。一方、自己暗示は人から人ではなく、自分で自分に暗示をかけます

基本的に、自己暗示をかけるときには一人で行います。スポーツやアートなど、多彩な世界で自己暗示を活用している人がいますし、それだけ効果が期待できるということです。

心を整えるための技術


自己暗示は、心を整えるための技術と言われています。心が乱れていると集中力をなくし、本来のパフォーマンスを発揮できないことも多々あります。いつもなら失敗しないようなことでも、失敗してしまったり、同じミスを繰り返すようなこともあるでしょう。

こうした状況を改善したいときにも、自己暗示が用いられることがあります。乱れた心を整えることで、元の状態に戻す、もしくはそれ以上の力を発揮させようとするのです。

潜在的に持つ力を利用するための技術

人は潜在的にさまざまな力を持っているといわれています。本人は自覚していないことが多いですが、自己暗示によってその潜在的な力を利用できるようになると言われています。

ここ一番でどうしても力を発揮したいときなどに、自己暗示をかけて潜在的な力を引き出してあげる、ということです。

自己暗示が必要な理由

そもそも、どうして自己暗示が必要なのか、という疑問を抱いた方もいるでしょう。何となく怪しいですし、オカルトのような印象を持つ方もいるでしょう。ここでは、自己暗示が必要な理由についてお話したいと思います。

成功者の多くが実践


実は、多くの成功者が自己暗示を活用しているといわれています。例えば、宇宙工学の世界で名を刻んだ糸川英夫さんは、晩年にチェロやバレエを始めました。リハーサルではうまくいかないのですが、本番ではうまくいくという自己暗示をかけていたようです。その結果、本番ではきちんとやり遂げられています。

ほかにも、多くの成功者が自己暗示を行っていたことを告白しています。成功者が行っているのならやってみたいと思いませんか?多くの成功者が実践していたということは、それだけ効果が期待できるという証とも考えられます。

自分の実力以上を引き出す

いつも実力をフルに出している、という方もいるでしょうが、実際には実力の半分程度しか出せていないこともあります。潜在意識が力をセーブさせていたり、発揮できない状況にあることも少なくありません。

このようなとき、自己暗示をかけることによって、自分の実力を引き出すことができるといわれています。また、実力以上の力も引き出せるといわれているのです。著名なサッカー選手も、大事な試合の直前には、普段以上の力を出せるように自己暗示をかけていたようですよ。

ポジティブな自己暗示の効果


ポジティブな自己暗示の効果について見てみましょう。潜在意識から人格を変える、モチベーションが上がる、本来の自分の姿に近づける、といった効果が期待できます。ここでは、より詳しくお話したいと思います。

潜在意識から人格を変える

潜在意識とは、潜在的に存在している意識のことです。自己暗示によって潜在意識に働きかけ、人格を変えることができるといわれています。人格を変えることができれば、今までの嫌いだった自分ともサヨナラできるかもしれません。どうしても自分を変えたいという方ほど、自己暗示を活用するべきと言えるでしょう。

モチベーションが上がる


モチベーションが下がった状態だと、本来のパフォーマンスを発揮することはできないでしょう。一度下がってしまったモチベーションを持ち直すのは難しいですが、自己暗示ならそれも可能です。ポジティブな自己暗示を行うことによって、モチベーションを高く保つことができます。

モチベーションを高く保てるようになれば、やる気もみなぎってくるでしょう。自分のやるべきことも理解できますし、今本当に必要なことをやろうとします。また、実力以上の力を発揮できるようになるかもしれません。

未来の自分の姿になる可能性が高い

自己暗示を上手く活用することで、できないことができるようになったり、自分を変えたりすることが可能です。例えば、自分はもっと優しく、冷静な人になると自分に言い聞かせることで、怒りっぽい人が我慢できるようになります。

もちろん、自分自身の努力は必要ですが、自己暗示により言い聞かせることで、それが現実的に未来の自分の姿になるのです。最初は小さな変化かもしれませんが、それにより自信を持てるようになると、だんだんと変わっていくはずです。

自己暗示を強化しよう!自分の5つの強みをチェック

自己暗示をする際、「根拠」があると、さらにその暗示が強まります!グッドポイント診断では、あなたの5つの強みを知ることができます。

5つの強みをチェックして、「私には○○っていう強みがあるから絶対うまくいく!」「もっと自信を持ってもおかしくない!」と自己暗示をかけてみましょう。

\無料で5つの強みを知ろう!/

あわせて読みたい

グッドポイント診断やってみた。転職希望アラサー女が気になる診断結果や転職で最大限活用する方法を全部見せます!

続きを読む

自己暗示によく使う言葉7選


自己暗示を行うときには、どのような言葉を用いればいいのかと思った方もいるでしょう。そこで、ここでは自己暗示によく使う言葉をピックアップしました。自己暗示を試してみたい、という方は自分にピッタリの言葉で試してみましょう。

自分ならできる

自らを奮い立たせる言葉ですね。自分の力を信じている、今の私なら必ずやり遂げられるはずだ、と自分に言い聞かせます。当然のことですが、この言葉を自己暗示で用いるときは、本当に自分ならできると心から信じることです。

「もしかしたらできないかも」「やっぱりダメかも」などと思ってしまうと、自己暗示は失敗してしまいます。心をまっさらな状態にして、自分に何度も言い聞かせてください。

いまは幸せだ


人は誰しも幸せになりたいものですが、この言葉は幸せな気持ちになれる自己暗示の言葉です。自分が今置かれている状況はとても幸せである、誰よりも幸せで、充実した日々を送っている、と自分に言い聞かせます。

幸せだ、と思えることで充実感も得られるでしょう。幸福度が高まるので、誰に対しても笑顔で接することができるかもしれません。大切な人と会う前などに試してみたい自己暗示の言葉ですね。

結果はついてくる

努力に対して結果が伴うかどうかは、誰もが気になるところです。本当に結果が伴うかどうか、不安になることもあるでしょう。この言葉は、そんなときに活用できる自己暗示の言葉です。

結果は必ずついてくる、と自分に言い聞かせることで、最高のパフォーマンスも発揮できるでしょう。成功した様子を明確にイメージするのがポイントです。

運がいい

運がイイと言い聞かせることで、本当に運を引き寄せる自己暗示の言葉です。運はさまざまな要素で決まりますが、ポジティブな言葉による自己暗示を実践することによって、運を強引に引き寄せることができるかもしれません。

自分は成功する

成功者の多くは、このような言葉で自己暗示をかけていたようです。強く思いこむことが大切ですし、成功したときの自分の姿を鮮明にイメージできればさらに効果アップが期待できるでしょう。何度も自分に刷り込んでください。

お金を持っている


お金を持っていると自己暗示をかけることによって、お金が入ってくるようになるかもしれません。たくさんのお金に囲まれている自分の姿、高価なものを買い物している姿などをイメージしましょう。

失敗は成功のヒントだ

失敗を恐れる必要はありません。誰でも失敗はありますし、大切なのはそれをどう活かすかです。失敗は成功のヒント、というのは本当のことですし、この言葉で自己暗示をかけることで、自分を奮い立たせることができます。

自己暗示の注意点

注意点
さまざまな効果が得られると言われている自己暗示ですが、いくつか注意点もあるので覚えておきましょう。長い言葉は使わない、難しい言葉は使わない、といった注意点があります。詳しく見てみましょう。

長い言葉で自己暗示をしない

長い言葉で自己暗示をしてしまうと、一番大切な部分がどこなのか分からなくなってしまいます。呪文を唱えているだけのようになってしまいますし、これだと自己暗示の効果は期待できないでしょう。ここでご紹介したくらいの言葉の長さなら問題ないので、なるべく短い言葉で自己暗示をかけるようにしてください。

難しい言葉は使わない

難しい言葉を使ってしまうと、潜在意識にしっくりと馴染みません。また、難しい言葉の意味を自分自身がよく分かっていないと、これも同じように自己暗示の効果は期待できないでしょう。自己暗示を行うときは、できるだけ簡単な言葉を使い、なるべく短くするのが大きなポイントとなります。

ネガティブな自己暗示も心に影響する


ポジティブな自己暗示ならプラスに作用することがほとんどですが、ネガティブな自己暗示も心に影響してしまいます。そのため、自己暗示を行うときはネガティブな言葉を使わないようにしてください。ネガティブな自己暗示をかけてしまうと、今後悪いことが起きるようになるかもしれません。

また、マイナス思考になってしまうかたは、以下の記事もチェックしてみてください。

あわせて読みたい

マイナス思考(ネガティブ思考)をやめたい!12個の克服方法。マイナス思考が止まらないときの対処法も

続きを読む

「無理」「失敗する」は言わない

無理という言葉には、できない、という諦めの意味があります。そのため、無理という言葉を自己暗示で言ってしまうとそれまでできていたこともできなくなるかもしれません。ネガティブな言葉なので、自己暗示の効果を得たいのならこのような言葉は使わないほうがよいでしょう。

また、失敗するという言葉も同様です。成功しない、挫折する、といった意味がありますし、心にネガティブに作用してしまう恐れがあります。例え、「自分は失敗しない」という自己暗示の言葉だったとしても、やめておいたほうが無難です。失敗という言葉が使われている時点でリスクがあるのです。この場合だと「自分は成功する」に置き換えたほうがよいでしょう。

まとめ

自己暗示を行うことで、実力以上の力を発揮できたり、モチベーションを高めたりすることもできます。仕事にもよい影響を与えることが期待できますし、試してみない手はありません。

ここでは、自己暗示に使える言葉もご紹介したので、ぜひ試してみましょう。また、最後にお伝えした、自己暗示における注意点を踏まえた上で行ってくださいね。