B型で右利きの性格・能力傾向は?恋愛するときのコツ

B型で右利きの人と関わっている人は、時にイライラしたり苦労したりすることもあるかもしれません。しかし、B型で右利きの人はユニークで好き嫌いも色々と別れる人たちです。

ここでは

  • B型で右利きの人の特徴
  • B型で右利きの人の性格傾向
  • B型で右利きの人の能力特性の傾向
  • B型で右利きの人と恋愛するポイント

と、そんなB型で右利きの人の性格や能力傾向、恋愛のコツなどをご紹介します。

B型で右利きの特徴


B型で右利きの人は、4人に1人くらいの割合でいると言われています。意外と多いと思った人もいるでしょう。

また、右利きだから左脳が強めに働き、思考のプロセスも理論型になることが多いです。そんなB型で右利きの人の特徴を見ていきましょう。

4人に1人くらいの割合

前述のとおり、B型で右利きの人は4人に1人くらいの割合です。自己中心的とよく言われていますが、実際には多くの方が社会と馴染んで生活しています。誰もが自己中心的ではないので、そこは勘違いしないことが必要ですね。

日本人はA型やO型が多いですが、実はB型も意外と多いのです。性格的には自由な傾向が強いですが、好き嫌いがはっきりしているので、逆にとてもわかりやすい人たちだと言えるでしょう。

右利きのためB型気質が左脳強めになる

B型で右利きの人は、B型特有の気質が左脳寄りになってくると言えます。B型の性格は他の血液型の人に比べて個性が強く、それが左脳寄りになるとより顕著になるでしょう。自分を大切にする思いが強くなるため、扱いが若干難しくなります。

また、B型の人が左脳の働きを強くすると、より理論型の傾向が強くなるということになり、理詰めするタイプも多いため、人によっては苦手意識を持ってしまうということもあるかもしれませんが、根本的には良い人も多いです。

B型で右利きの性格傾向


B型で右利きの人は、好きな人には心を開きますが、嫌いな人には一切興味を持ちません。自分勝手だと思うかもしれませんが、一番素直な性格とも言えますね。

ここからはそんなB型で右利きの人の性格傾向についてご紹介します。

好きな人には心を開く

B型で右利きの人は、好きな人にはとことん心を開きます。自分のことをもっと知ってもらいたいと思うので、積極的に自分から話しかけたり触れ合ったりしようとします。相手に自分のことを知ってもらいたいという思考プロセスが素直に働きます。

そのため、あまりにも行動が加速してしまうと、人によっては嫌がる人もいるかもしれません。ただ、本人は気に入られたいと強く思うため、より暴走気味になってしまうのです。心を開ける人が少ない分、開ける人にはとことん開くわけですね。

嫌いな人には興味をもたない

ダメ
B型で右利きの人は根本的に他人との関わり方がはっきりしているので、嫌いな人はとことん嫌います。そのため、仕事でもプライベートでも苦手な人がいると、一切関わろうとしなくなる傾向が強いです。避けるというよりは興味を失うのに近いかもしれません。

自分が興味のない人にはまったく関心を示さないので、それが自己中心的だと思われることもあります。多くの人は嫌いな人でもある程度取り繕って関わるものですが、B型で右利きの人はそういうことが苦手な傾向にあります。だからこそ、人間関係も他の人より特殊になりがちです。

怒りは溜め込むタイプ

普段はあまり怒らないため、B型で右利きの人は怒りを溜め込むタイプだと言えます。じっと我慢して、自分が納得できないことも受け止めてしまいます。中には怒りを溜め込んで、自分で答えを出して完結してしまう人もいるくらいなのですよ。

そして、何より怖いのはその溜め込んだ怒りが爆発する時です。他の人よりも根に持っていることが多いため、怒りが爆発した時には大変です。特にB型で右利きの人の場合は理論型なので、理詰め攻撃をしてしまうのです。結果的に修復不可能な人間関係の亀裂を生み出すこともあります。

感受性が豊か

他の人よりもB型で右利きの人は感受性が豊かです。喜怒哀楽がはっきりしているので、周囲の人から見ても性格はわかりやすいかもしれません。ユニークな性格ではあるものの、気分によって態度が大きく変わるので、ある意味単純明快ですね。

また、感受性が豊かなので他人に影響されることもあります。一見するとB型と言えば我が道を行く人が多いと思われがちですが、実は周囲に左右されることも多いのです。自分自身もそのことに気づかず、生きづらさを感じている人もいますね。もちろん、上手に向き合っている人もいます。

B型で右利きの能力特性の傾向


B型で右利きの人は、能力にも色々な傾向が見られます。直感型であり、発想力も優れていて、こだわりが強いと言えるでしょう。

ここからはそんなB型で右利きの人の能力特性について解説するので、参考にしてみてくださいね。

直感に優れている

B型で右利きの人は左脳を使っているので、理論型です。しかし、理論を組み立てつつ直感で動くこともあり、自分が正しいと思ったことに関しては猪突猛進になるところもあります。また、勘で行動することも多いので、中には予測不可能な行動を取る人もいますね。

直感で物事を捉えることも多いので、常人にはなかなか理解できない思考プロセスとなっている人も多いです。事実、行動の原理があまり定まっていないので、自分が感じたままに行動してしまうこともあります。それが正解か不正解かは、本人とってはあまり関係ないのかもしれません。

発想力が高い

B型の人は自分の発想力に自信を持っているというより、突然生まれた発想に流されることが多いです。その中でも特にB型で右利きの人は左脳が発達していることもあって、考え方も基本的に理論型です。しかし、それ以上に直感で行動することも多いです。

クリエイター気質な人が多いため、発想力を使った仕事が向いていると言えるでしょう。例えば作家などの仕事をしている人に多いです。一見すると芸術肌は左利きに多いと言えますが、B型で右利きの人にも多いのですよ。

こだわりのあることには粘り強い


B型で右利きの人はこだわりのあることには、とても粘り強いです。興味を持たないことに対してはすぐに飽きるのですが、自分が興味を持ったことに関しては延々とこだわれる気質を持っているとも言えるでしょう。

趣味などはもちろん、仕事でもプライベートでもその傾向は強いです。ただ、こだわりが強い結果、自分が納得できないことに対してストレスを感じることもあります。そこは上手に自分自身で向き合うことが必要ですね。

B型で右利きの人と恋愛するポイント

B型で右利きの人と恋愛をするなら、ポイントをしっかり確認しておくことが重要です。他の人よりも癖のある人が多いので、上手な距離感を保って関わることが重要となります。

ここからはB型で右利きの人との恋愛ポイントについて解説しましょう。

友情からスタートするタイプ

B型で右利きの人はいきなり恋愛感情を持つということは少ないです。心を開く人が限られているので、時間をかけてじっくりと心を開いてもらうことが必要となります。もちろん、興味がない人にはまったく関心がないので、無理だと思ったら諦めるのも手です。

どうしても恋愛に発展させたい場合は、友情からスタートするのが良いでしょう。そこで心を開かせて、相手と本音で語れるようになれば恋愛に発展する可能性もあります。まずは人として心を開かせることに注力してみましょう。

一目惚れはしない


一目惚れというのが少ないB型で右利きの人は、自分自身が一目惚れされることもあまり好みません。そもそも興味がない人から好意を持たれるということは、誰にとっても恐怖であると言えるでしょう。

そのため、一目惚れよりはじっくりと向き合って好きになっていくことが必要です。相手の性格を理解してあげて、どういう思考プロセスなのかも理解しないと、交際できたとしても上手くいくかどうかわかりません。じっくりと向き合う姿勢が重要なのです。

包容力のある異性を好む

異性に対しては、自分を受け入れてくれる包容力のある人を好む傾向があります。自分自身のことを大切にしているので、そんな自分を受け止めてくれる人に対して心を開くことが多いのです。

逆にB型で右利きの人に対して干渉したり束縛したりするのは厳禁です。また、自分の思い通りにさせようとすることも難しいと言えるでしょう。まずは相手を理解してあげて、自分が順応していくことが必要となってくるのです。

まとめ

B型で右利きの人は心さえ開くことができれば、良い関係を築いていくことも可能です。

ここで紹介した性格や能力傾向を知り、上手に向き合っていけるようにしてみてはいかがでしょうか。それが良好な関係作りにも繋がっていくことでしょう。