職人気質の人は実は頼もしい存在!上手に付き合うポイント

職人気質と言われるような人がいます。性格のイメージとしては、真面目である、気難しい、などを思い浮かべることが多いでしょう。

実際にはどのような性格の人のことを指すのでしょうか?そして、周囲に職人気質の人がいたら、どのように付き合うとよいのでしょうか?

今回は、

  • 職人気質の人の特徴
  • 職人気質の人との付き合い方

をご紹介します

職人気質の人ってどんな人?

職人気質とは、「匠」と呼ばれる職種としての職人を言うのではなく、職人に付随するイメージから発生した性格などのことをいいます。職人から受けるイメージを元にしているので、独特の価値観を持っている、頑固である、正直すぎるなど、極端な性格を指す場合も多いのです。

絶対に自分の考えは曲げない頑固者

職人は、1つの仕事に対し集中して取り組み、自分の技を注ぎます。時間をかけて昇華させた自分の能力には絶対的な自信を持っているものです。そのため、一本気で人の指図は受けたくないという人が多いようです。また自分の能力には絶対的な自信を持っているので、意見を変えることは少なく、考えは曲げません。

職人気質の人も、このような頑固者と言われる特徴を持っています。自分の意見を通すのは悪いことではないですが、ときには周囲から反感を買うこともあるかもしれません。物事を進めていく上では、周囲の人たちは、やりにくいと感じるときもあるでしょう。

完璧な仕事をするため物事の完成度が高い

仕事に対してミスなく完璧にこなそうとするのも、職人気質の人の特徴です。手を抜いて妥協することを嫌い、仕事にも完璧を求めるため、何をしても完成度が高いのです。

ですから、質の高い作業を求められる仕事には向いている性格と言えるでしょう。特に1つのことをじっくりと時間をかけて行うのが得意です。

粘り強く成し遂げるための努力は惜しまない

職人は、長い年月努力し、試行錯誤することによって、簡単に得られないような技術を習得してきました。そのため、粘り強く努力する姿勢が身についています。

職人気質の人も同様で、困難な仕事を成し遂げるためには、努力を惜しまない傾向があります。何事も粘り強くじっくりと行い、仕事を完遂させます。

集中力が非常に高い

困難な仕事を成し遂げるためには、高い集中力が要求されます。困難な事をクリアしてきた職人気質の人は、集中力が身についており、仕事の完成度は高いです。集中力を長時間発揮するのも得意とする人が多いです。

どんな事に対しても集中力を発揮するので、仕事を任せれば、完璧に成し遂げてくれることでしょう。そんな仕事に対する姿勢は、周囲からの評価を高くします。

物事に対して真面目に向き合う

職人気質の人は、物事に対して、手抜きせず真剣に向き合うことを基本としている真面目な方が多いです。中途半端なことを嫌い、不真面目なことを嫌うので、生真面目とも言えるでしょう。

ただ、あまりに真面目すぎる一面もあるので、周囲がふざけたり気を抜いたりしても溶け込めず、周囲と見えない壁ができてしまうこともあります。

相手にも完璧を求めてしまう

職人気質の人は、自分に対し完璧を求め、何をするにも高いレベルで仕上げようとします。完璧を目指すことが基本となっているので、他人に対しても同じことを求めがちです。妥協することを好まないので、相手に対しても、手を抜くような仕事は許せないと感じてしまいます。

しかし、だれもが完璧にこなせるとは限りません。そのため、妥協してもよいと考える人と職人気質の人では、お互いに溝が生まれることもあるでしょう。場合によっては、そのような溝は衝突を招き、仕事がスムーズに進まないかもしれません。

嘘をつくことができない

職人気質の人は、嘘をつくのが苦手と言われています。曲がったことを嫌い、それ故に嘘をついて自分を曲げるのも嫌います。ごまかすことを良しとしないので、周囲の人は誠実な人だという印象を受けることでしょう。

表裏のない、安心してつきあえる人物ですが、嘘が苦手なので、何事も包み隠さずストレートに言う傾向があります。そのため、時にはその言い方がトラブルの原因になることもあります。時には隠した方が良いような意見や事柄もありますが、それらもすべて素直に話してしまいます。

非常に几帳面なのでミスが少ない

職人気質の人は、作業や仕事をする際、完璧にこなそうとします。何事にも几帳面なので、普通の人が気づかないような部分も注意深く見ることでしょう。些細なことにも目を光らせるので、仕事でのミスは少ないと思われます。

しかし、その几帳面さのため、付き合いにくい部分があるかもしれません。おおざっぱに作業を進める人もいるので、職人気質の人との仕事はやりにくいかもしれません。

人付き合いが苦手

職人気質の人は、相手に合わせることや、誰かと積極的に話すのが苦手です。寡黙で、人付き合いは苦手と感じていることも多いようです。

相手にとっては自分を嫌っているようにも思えますが、そうではなく、進んで周囲に溶け込みたいと思わないだけです。

職人気質の人と接するときは、最初のころは適度な距離感で接し、時間をかけて徐々に仲良くなっていった方がよいかもしれません。急に和にとけ込まそうと誘うのは、逆に職人気質の人と距離を置くことになります。

職人気質の人との付き合い方は?

職人気質の人とスムーズな付き合いをするには、接し方が大切です。他人と話すことや、人付き合いが得意ではない方が多いので、付き合い方を考えて接してください。

プライドを傷つけないように相手を立てる

職人気質の人は、自分の能力や技術に自信を持っており、プライドも高い人が多いようです。

そのため、失敗やミスをしたときに無理にフォローしようとすると、プライドを傷つけられたと感じる人もいます。時には心を閉ざして相手と距離を置くこともあるでしょう。

その場合は、相手の様子を見ながら自然に接しましょう。無理に持ち上げる必要はないですが、時には、相手を立ててあげた方が上手くいくかもしれません。

軽い態度は好まれないので真面目な姿勢で

ふざけた態度や軽い態度は好まない傾向にあります。これも常に仕事に対し、真面目に取り組んできたのが影響しているかもしれません。そのため、接するときは、真面目な態度を保ちましょう。ジョークなどを言っても、理解してくれないかもしれません。そのために、職人気質の人と付き合い方がわからないような最初の間は、苦労するかもしれません。

会うときは少人数で

職人気質の人は、人混みの中にいることや、大人数の中で話すことを苦手としている人が多いので、一対一や少人数で接した方が付き合いやすいようです。

いろいろな人を紹介して交友関係を広げるよりも、特定の人とじっくり接する方が向いているでしょう。また、人数が多い場所は苦手なので、食事などでも少人数で落ち着ける場所を選びましょう。職人気質な人物としては、一人ずつ仲を深めて、ゆっくりと交友関係を広げる方が付き合いやすいと考えます。

見え透いたお世辞は言わない

普通は、お世辞を言われると悪い気はしないものです。しかし職人気質の人は、見え透いたお世辞を言われても、ご機嫌を取っている、からかわれている、などと思うようです。本当に凄いと思って褒めるならよいですが、その場しのぎのほめ言葉は言わない方がよいでしょう。

見え透いたお世辞は、あなたに対する評価も下げてしまいます。

距離感を大事に

職人気質の人と付き合うときは、接し方を考える必要があります。自分のテリトリーに入られるのを嫌うので、距離感を保つことが大切です。必要以上に接していくのは止めましょう。

趣味や価値観が違い、会話がかみ合わないこともあるかもしれません。また、自分のこだわりを持っているので、自分の考えを優先し、妥協することがないかもしれません。難しい人間だと感じるかもしれませんが、そこは適度な距離をとり、上手く接していきましょう。

じっくり考えてから話すためゆっくり返事を待つ

職人気質な人は寡黙な人が多く、こちらが話しかけても、一言二言だけ返事をしたり、じっくり考えてから答えたりすることが多いようです。状況によっては、気が向いたときだけ会話することもあるでしょう。

会話のテンポは遅いので、あなたの意見を押しつける、相手の返事を早く求めるようなことはしない方がよいでしょう。時間をかけて相手の話を聞く体勢を取り、ゆっくり会話していくことです。

ただ、時間がないとき、忙しいときは、付き合いにくい人間だと感じるかもしれません。

上から目線で話さない

自分が認めている人は別ですが、そうでない人が、自分より能力が高いと振る舞われるのを嫌う傾向があります。会話をするときは、上から目線ではなく、真剣に接し、丁寧に話すと良いでしょう。教えてやる話してやるなどの、押しつけるような話し方は避けた方が賢明です。

本人のやり方を優先させる

職人気質の人は、仕事や日常生活対して、自分なりのこだわりやルールを持っていることが多いようです。仮に別の方法でやって欲しいと思っても、周りが口を出すことは好まないでしょう。ですから、時間をかけすぎて納期に間に合わない等の時は別ですが、特に問題のない場合は、余計な口を出さず、本人のやり方を優先させましょう。本人のやり方を優先させた方が、質の高い仕事をしてくれることも多いです。

向き不向きがはっきりしているので得意分野の仕事をまかせる

仕事に関して、向き不向きがはっきりとしているのは、職人気質の人の特徴です。1つのことにじっくりと取り組むような仕事は得意であり、反対に、いくつかの仕事を並行して行うようなことは苦手な傾向にあります。

ですから、得意分野を探し、その仕事を任せるとよいでしょう。特に得意な仕事が見つかれば、成果を上げることができます。得意な仕事ほど、能力を発揮し良い仕事をしてくれます。

逆に無理に不得意な仕事を任せることは、成果に結び付かず、本人のためにも良くないでしょう。不得意な仕事を永遠とやらせるのは、職人気質の人の能力を押さえつけることに繋がります。

まとめ

職人気質の人は、仕事1つをとっても、完璧にこなすことが多く、長所がたくさん見つかります。反面、こだわりや自分なりのルールを持ち、妥協して相手に合わせることを好まないので、難しい人間だと感じることもあるかもしれません。その人の性格を把握し、長所を生かせるようにじっくり接することで、相手との距離も縮まり、スムーズな関係を築くことができるでしょう。