別れるタイミングだと感じる局面と別れる前に考えるべき2つのこと

長く付き合っていると相手の嫌なところが見えてしまったり、本当に相手のことが好きか分からなくなってしまったりなど悩んでしまうことがあります。このほかにどんなタイミングで別れるべきか考えるのでしょうか。

今回は

  • 別れる雰囲気を感じるタイミング
  • 別れる前に考えておくべきこと
  • 円満な別れ方
  • 別れを上手に伝える方法

について紹介します。別れを感じるタイミングはカップルによりけりですが、別れを切り出すのは辛いことでもありますよね。気持ちよく別れる方法はなかなかないですが、少しでも良い方向で別れられるようお互いに努力することは必要です。

別れを感じるタイミング

仕事や趣味に集中したい、恋人の両親と相性が良くないなど別れたいと感じるタイミングは人それぞれです。このほかに別れるタイミングを感じる局面はどんなものがあるのでしょうか。

恋愛よりも仕事や趣味に重きを置きたい

 

社会人になるとありがちなのが、仕事に比重を置いて生活がしたい理由から別れるパターンです。恋愛よりも仕事や趣味に重きを置きたい気持ちが出てくると、時間の割き方が変わるため、相手の存在が鬱陶しくなってしまうかもしれません。

恋人との関係性が良好な場合も多いため、相手も別れを察知してない場合がほとんどです。

他に好きな人ができた

恋人がいても、他の異性が気になることはあります。今の恋人に満足してない場合や、まったく違うタイプの異性が目の前に現れたとき、恋人との別れを感じるようになることがあります。

他の好きな人ができてしまうと、恋人関係を維持することは難しくなってしまうのです。

恋人が冷たい

恋人の態度が冷たくなると、急に気持ちが冷めてくる人もいます。心ここにあらずの恋人の態度が目に余るようになると、別れを考えるきっかけにもなります。恋人が冷たい理由もそれぞれですが、マンネリ化したカップルにも多いパターンです。

恋人の態度は別れにもつながりやすいといえるでしょう。

体の相性があまり良くない

 

関係性はいいのに、体の相性があまり良くない恋人もいます。体の相性は意外と恋人関係において比重が高い重要な要素で、長く付き合っていくと体の相性が合わないことで相手に冷めてしまいます。

体の相性が良くないことが別れてしまうきっかけになることは少なくありません。マンネリ化したカップルほど、体の相性が合わないことが関係維持に致命的な要因になります。

恋人の両親とそりが合わない

恋人との関係が良好でも、将来的に結婚を考えていると恋人の両親との関係性も気になるところです。恋人の両親とそりが合わないと、将来のことを考えたときに悲観的になってしまいます。

特に、恋人が両親に対して依存傾向にある場合は、結婚した後も関わりが増えることが想定されるため、余計に気にしてしまうものです。

恋人が浮気した(している)

浮気は、男女のトラブルの中でもっとも多い原因になっています。好きな人や恋人がいるにも関わらず、他の異性関係を持つことは男女ともに許せることではありません。たとえ本気でなくても、浮気をした相手やしている相手に対して好意は消えていくものです。

また浮気は、反省したにもかかわらず繰り返すことも多くあるため注意しましょう。

恋人の借金

 

お金のトラブルは人間関係を崩れさせる可能性があります。恋人が借金を抱えている場合も、その借金が原因で別れに至ることがあります。特に借金していることを黙っていて、後から発覚したときの心のダメージはかなり大きいものです。

借金の額にもよりますが、お金にはクリーンな恋人のほうが安心できます。借金の有無はなかなか聞けないところですが、少しでも気になることがあったら確認しておくようにしましょう。

別れる前に考えるべき2つのこと

別れたい気持ちが高ぶり、その勢いで別れを告げてしまう人もいます。しかし、別れ方を間違えてしまうとトラブルの原因になってしまいます。別れる前に考えるべき2つのことを覚えておきましょう。

1.円満な別れ方を考える

別れを告げる場合、相手のことをきちんと考えてあげることが大切です。円満な別れ方をするためには、思い立ったタイミングで相手に言うのではなく、話すことを十分に考えてから別れを告げるようにしましょう。突発的に別れを告げてしまうと、相手も動揺してしまうので注意が必要です。

2.別れを切り出すタイミングを考える

 

恋人と別れるときに、別れを切り出すタイミングはなかなか難しいものです。何となく別れの気配を漂わせることで、相手に心構えをさせてから別れを切り出すほうがスムーズになりやすいこともあります。

別れを切り出すタイミングを間違ってしまうとぐだぐだになってしまうので、別れ方を考える段階で別れを切り出すタイミングも考えましょう

円満に別れる方法

別れはトラブルがつきものですが、せっかくなら円満に別れたいものです。相手との関係性にもよりますが、円満に別れる方法もあります。ここでは、円満に別れる方法について紹介します。

相手に気付いてもらうように少しずつ後ろ向きにする

別れるときは、少しずつ後ろ向きな態度を取っていくのも円満に別れるためのポイントです。ネガティブな雰囲気を作っていくことで、別れやすい状況を作るのです。ポジティブな雰囲気だと、別れを告げたくても雰囲気に押されて伝えることが難しくなってしまいます。

冷却期間を設ける

恋人と別れるときに、冷却期間を設けるパターンも一つの方法です。距離を置くことが例として挙げることができますですが、別れに関するイメージを相手に持ってもらうことができます。心の準備もできてくるので、別れを告げやすくなります。

全部ダメならハッキリと伝えてしまう

いろいろな方法を試して別れる雰囲気を作っても、相手になかなか伝わらないこともあります。それでも別れることが難しいのであれば、別れたい原因や理由をハッキリと相手に伝えましょう。曖昧な言い方よりは、ハッキリ言われたほうがフラれる側も立ち直りが速いでしょう。

別れるタイミングでの上手な伝え方

別れを告げるとき、どんな風に伝えれば良いのでしょうか。別れ方によって相手が受ける印象も大きく変わってきます。上手に別れを告げる方法について考えていきましょう。

直接会って別れ話をする

円満な別れ方をするのであれば実際に会ってから別れ話をするのがベストです。メールやラインで話すこともできますが、もう一度会って話そうと言われる可能性もあり、ズルズルと長引いてしまうかもしれません。

直接会って話をしたほうが、後に引きずるようなこともなくさっぱりとした別れを実現することができます。

別れたい理由を言葉を選んで説明する

浮気や性格の不一致、他に好きな人ができたなど、恋人と別れる理由はさまざまです。相手に別れたい気持ちを伝えるときは、ストレートに伝えるのではなく言葉を選んで告げるようにしましょう。

理由は丁寧に伝えるべきですが、きつく言い方をするのではなくソフトに伝えていくのがポイントになります。

相手を責めないようにして別れる

恋人と別れるときは、相手を責めないようにして別れましょう。責めて別れてしまうと、相手は後悔したままになってしまいます。

別れたとしても好きだった人であることには変わりません。お互いがベストな形で別れられるのが一番です。相手を責めるだけでなく、良かったことも交えながら別れ話を進めていきましょう。

自分も悪い部分があった事を伝える

別れる原因が相手にすべてあったとしても、別れるときは相手のせいにするのではなく自分の至らなかったことも伝えましょう。たとえば、相手が浮気をして別れることになった場合でも、「浮気を許容できる広い心が私になかった」といった内容です。

自分の非を認めることで、円満な別れがしやすくなるといえるでしょう。

個室で別れ話はしない

別れを告げると、逆上する人や態度が豹変する人もいます。ストーカー体質の人だと、逆上して身に危険が及ぶこともあるかもしれません。別れ話をするときは、できるだけ個室で話をしないようにすることをおすすめします。

何かあったときに身を守れるような場所を探すと良いでしょう。

まとめ

別れること考える理由には、恋人の冷たい態度や体の相性などがあります。理由がどんなものであれ、相手のことを考えたうえで決めるようにしましょう。ここでは、別れる前に考えるべきことや伝え方についても紹介しました。長引いてしまわないようにするためにも、説明の仕方や自分の悪い点について話ながら別れ話をすると良いでしょう。