「楽しい事ないかな」が口癖のあなたに贈る4つの楽しみを見つける行動軸

日々、仕事や生活に追われて心から楽しめる事がないと感じてはいませんか?人生は楽しんだもの勝ちという言葉があるように、同じ時間を過ごすなら少しでも楽しんだ方がお得です。「楽しい事ないかな」が口癖になっている人は、楽しい事を見つけようとしているつもりで、楽しい事を見過ごしているかもしれません。今回は、
  • 楽しい事がないと思っている人の特徴
  • 新しい事を見つけるために心がける事
  • 楽しい事を見つけるための4つの事
  • 楽しい事が見つかる:恋愛編
  • 楽しい事が見つかる:趣味編
  • 楽しい事が見つかる:日常生活編

を紹介します。楽しい事は自分の心がけ次第で見つけられる事もたくさんあるので、是非参考にしてみてくださいね!

楽しい事ないかなと思っている人の特徴

楽しい事ないかなと思っているということは、少なくとも現状には満足していません。なぜ、楽しい事がないと思ってしまうのか、「楽しい事ないかな」と思っている人の特徴について紹介していきます。

新しい事に対して受け身がち

 

新しい事を始めるときは、少し抵抗感を持つのが自然です。これは、新しい物事を始めるときはリスクを伴うこともあるため。しかし、受け身ではなく、自分から知らない事や初めての経験にチャレンジするよう心がけると、同じことでもよりわくわくした気持ちで取り組むことができます。

物事に対する先入観がある

先入観を持つことでリスク回避ができることもありますが、それで保守的になってしまうと、なかなか新しい楽しみには出会えません。物事に対して何でも先入観を持ってしまう人は、楽しい事をするきっかけを自分から失ってしまっている可能性があります。

お金を使うのが嫌い

収入が十分ではないので節約しなければ生活できない、将来のために貯金が必要など、無駄使いしたくない気持ちは大切です。しかし、現状維持することや貯金することだけが健全なお金の使い方とは言えません。ときには楽しい事に投資をしないと、モチベーションも上がってこないでしょう。楽しんでいる人は投資を惜しみません。

だらだらと遅くまで起きているが何もしていない

 

 

 

楽しい事がないと感じている人は、楽しい事を探すことに夢中になって時間を無駄にしてしまうこともしばしばです。だらだら遅くまで起きていたのに、結局何もしてないというケースも少なくありません。睡眠不足はやる気を失わせる原因です。楽しみを見つけるために無駄な時間を過ごしている人は、寝る時間も見直してみましょう。

周りの人が楽しそうなのを見るとイライラする

楽しいがないと思っている人にとって、楽しそうにしている人は嫉みの対象になりやすいです。周囲の人が楽しそうなのを見ていると、自分が満たされてない気持ちからイライラしてしまいます。楽しそうにしている人がいたら、それをうらやむだけでなく「自分もやってみよう」「仲間に入れてもらおう」と思えるかどうかが重要です。

被害妄想や被害者意識が強い

楽しい事が見つからない人は、被害者意識が強い傾向もあります。また、被害妄想をして自分を悲観的に見てしまうことも多いでしょう。被害者意識が強い人や被害妄想が強い人は、目の前に面白い事があっても、心の底から楽しむことができません。楽しむという気持ちは自分の心の持ちようも関係しています。

他人のアラを探すのが得意

 

楽しい事が見つからない人は、ネガティブな見方をしてしまうのも特徴。自分の身の回りだけでなく、他人に対してもダメなところばかりを探してしまいがちです。そうすると、小さなことが気になってしまい、楽しい事に心の底から夢中になることができません。人の良いところを見ることができる人は逆に楽しめる人です。

楽しい事に出会うためのマインドセット

楽しい事に出会うためには、どのような気持ちが大切なのでしょうか。楽しんでいる人の環境が恵まれているとは限りません。ここでは、楽しい事に出会うためのマインドセットを紹介します。

フットワークを軽くする

人生を楽しむためにはフットワークの軽さが大切です。フットワークが軽い人は、思いついたタイミングですぐに行動することができます。行動することで、本来なら経験できなかったことが楽しめる場合もあるわけです。フットワークの軽さは、楽しさの選択肢を広げることになります。

楽しい事は自分から探す必要があることを知る

 

楽しい事は、黙って待っていても勝手にやってくることはありません。楽しい事は自分から行動を起こしてこそ手に入るもの。また、行動して最高の趣味やコンテンツに行きつかなかったとしても、行動したことによって一つ学習することができます。繰り返すうちに自分の好きなものについての理解も深まるため、楽しい事も探しやすくなるでしょう。

楽しい事はつらい事や面倒ごともセットであることを知る

楽しい事には、つらい事や面倒な事もついてくるものです。たとえば、登山をして山頂の景色を楽しむためには、手間をかけてウェアや持ち物の準備をして、山の上まで時間をかけて登らなければなりません。すべてが楽しいということは案外面白味のないものです。つらい事や面倒な事もセットになるからこそ、余計に楽しさが際立ちます。

楽しい事を見つける4つの行動軸

楽しい事の定義は人によって異なります。同じ行動をしても、楽しく感じる人もいれば苦痛に感じる人もいるものです。そのため、本当に楽しい事を見つけるには、自分のなかに軸を持つことが必要。ここでは楽しい事を見つける4つの行動軸について紹介していきます。どこに重点を置くべきか、自分の気持ちを見つめ直してみてください。

1.恋愛をしてみる

恋人がいないなら、恋愛をしてみるのも手。年齢を重ねてくると若い頃のようなトキメキがないという人もいますが、これは勝手に自分でブレーキをかけてしまっている場合がほとんどです。「恋愛をしたい」という初々しい気持ちを持つことで、トキメキも復活して恋愛を楽しめるようになるかもしれません。

2.新しい趣味を見つけてみる

楽しい事を見つけるなら、趣味を見つけるのが手っ取り早い方法です。ただし、肝心の趣味が見つからないという人も少なくありません。自分にあった趣味を見つけるためには、いろいろな分野に飛び込んでみることです。実際に体験してみて、続けたいと思ったことを趣味にしていきましょう。

3.日常生活の習慣を変える

日常生活のなかでも楽しみを見つけることは可能です。たとえば、1週間に1回は自分へのご褒美で美味しいランチやディナーを食べるという楽しみ。日常生活のなかにも楽しい事はたくさん隠れているので、生活を送るなかで好きだと感じたことを習慣化してみましょう。

4.健康的な生活を送ってみる

 

健康的な生活を送ってみるのも、意外と楽しむために有効な方法の一つ。食生活から睡眠バランス、運動などを考慮して毎日を見直し、健康に気を配ることが楽しみに変わってきます。ジョギングやマラソンにはまる心理と近いものがありますが、楽しめて健康になれるので一石二鳥です。

1.恋愛をすると楽しい事が見つかる理由

恋愛をすると楽しい経験がたくさんできます。恋人がいて良かったと思えるシーンもたくさん出てくるでしょう。ここでは、具体的に恋愛すると楽しい事が見つかる理由について紹介していきます。

好きな人のことを考えるのが楽しい

好きな人がいると、好きな人のことを考えるだけで楽しくなるもの。近いうちにデートの予定がある場合は、デートの日が来るまでわくわくした気持ちが続くでしょう。特に、つきあって間もないうちは、何をするにも楽しく、新鮮に感じるものです。

相手が好むファッションを研究するのが楽しい

恋愛をすると、少しでも相手にかわいいと思ってもらえるよう努力するようになります。特にファッションは一番わかりやすい部分。相手がどんなファッションが好きなのか、相手の服装と似合う服装はどうかなど、ファッションを研究するのも恋愛の楽しみ方の一つです。

相手のためにダイエットで痩せてキレイになるのが楽しい

ダイエット

普段はダイエットしても三日坊主で終わるのに、恋愛するとダイエットが長続きする女性もいます。好きな人の前ではキレイになりたいという気持ちが強いからですが、モチベーションが高いときはダイエットそのものが楽しく感じます。ダイエットに自信があるなら、体重計に乗ることも楽しみになるでしょう。

メイクも上達して楽しい

普段何気なくしているメイクも、メイクテクを磨いていけばもっときれいになることができます。「社会人としてのマナー」と言われると力が入らなくても、「好きな人のためにキレイになりたい」という理由なら頑張れるもの。上達しているのがわかればさらに楽しくなります。

2.新しい趣味を見つけると楽しい事も見つかる理由

新しい趣味を見つけることは継続的に取り組める楽しい事を見つけることに直結します。趣味を持つことのメリットはたくさんあります。ここでは、新しい趣味を見つけると楽しい事も見つかる理由を紹介していきます。

今までとは違う価値観に出会える

 

新しい趣味を見つけるということは、これまで知らなかった世界を知ることでもあります。趣味の分野は幅広く、そこにはスペシャリストと呼ばれる人もいます。今はネットのコミュニティも発達しているので、目標となる人もすぐに見つけることができるでしょう。こんな考え方の人がいるんだ、と知ることが楽しみにつながります。

趣味を通じて今まで出会えなかった人と出会える

趣味の種類にもよりますが、チームで取り組むスポーツや音楽など、趣味を通じて今まで出会うことができなかった人と出会えるチャンスが増えます。人間関係の輪が広がっていくと、今度は仲間と話すことも楽しみになってくるでしょう。趣味を持つことでネットワークが広がります

趣味が上達するのが楽しい

趣味も追及していくと奥が深いものです。趣味を始めた頃は初心者の域でも、どんどん続けていくとレベルが上がっていきます。このように趣味が上達していくことを目的にするのも趣味を楽しむ方法の一つです。ランニングなど、数値で上達がわかるものはもちろん、料理やハンドメイド作品など、できなかったことができるようになるのもモチベーションがアップします。

趣味についていろいろと調べて試行錯誤するのが楽しい

趣味についていろいろ調べることや試行錯誤することも趣味の楽しみ方の一つです。実際にプレイするだけでなく、「どうすればもっとうまくなれるのか」「どんな背景があるのか」など、リサーチして理解を深めることにも楽しみを見出すことができます。

3.日常生活の習慣を変えると楽しい事が見つかる理由

なかなか楽しみが見つからない場合は、日常生活の習慣を転換させてみてはいかがでしょうか。楽しい事を見つけようとしている人は、大きな感動を見つけようとしがちです。しかし、人生を楽しむコツは、日常生活の小さなできごとにも楽しみを見つけること。ちょっとした変化で毎日が楽しくなるかもしれません。

普段降りない駅で降りて食事をするだけでも新しい発見がある

通勤に電車やバスを使っている人は、いつもと同じ駅で降車するのではなく、いつもと違う駅で降車してみましょう。普段降りない駅に降りると、いつもとは違った新鮮みを感じることができます。そこで見つけた飲食店で食事をするだけでも、新しい発見につながるかもしれません。

朝早く起きて行動するだけで街の見え方が変わる

 

「早起きは三文の徳」という言葉があるとおり、早起きには多くのメリットがあります。朝早起きをして行動するだけでも町の見え方は変わってくるでしょう。楽しむポイントは、「いつもと違う」を意識することです。小さな変化に気づけるようになると、楽しみの可能性も広がっていきます。

普段行かない街でお気に入りの店を探すのも楽しい

普段は行かないような街には新鮮なネタがたくさんあります。楽しい事を探すポイントは普段の生活で「いつもと違う」を心がけることですが、行ったことのない街に出かけるのもおすすめです。単純に初めての場所に足を運ぶことで、知らない景色、知らないお店に出会えます

4.健康的な生活を送ると楽しい事を見つけられる理由

直接楽しい事を見つけることに注力するほか、健康面に気を配り、健康的な生活を送っていると、楽しい事が見つかりやすくなります。また、楽しい事をするための体力やバイタリティーも高まるでしょう。ここでは、健康的な生活を送ることで楽しい事が見つけられる理由について紹介していきます。

運動や遠出のときに健康に気をつかう必要がない

運動や遠方への旅行、ドライブなどは休日を楽しむ方法の代表格。運動も旅行も、健康だからこそできることです。これらの趣味ができたときに、健康な生活を送っていれば健康に気をつかう必要がありません。

ストレスが軽減されるので物事が楽しく感じる

 

健康的な生活を送っていることで、体調からくるストレスが軽減されるので、物事が楽しく感じるようになります。まず楽しむための素地を作ることで、同じ経験に対しても「楽しい」と感じやすくなるでしょう。

元気になると新しい事にチャレンジしやすくなる

健康な生活を心がけていると、心も体も元気になっていきます。元気になると、いろいろなことにチャレンジしやすくなります。楽しい事にはフットワークの軽さや行動力が必要ですが、これらの下支えとなってくるのが健康です。元気なことは可能性を広げることにもなります。

まとめ

楽しい事は、待っているとやってくるものではなく、自分から行動して見つけるもの。楽しみを見つけるためには、アンテナを張って小さな変化に気づくことや趣味を見つけることが大切です。また、楽しい事を見つけたときに思い切り没入できるよう、健康にも気を配っておきましょう。きちんと準備をして、自分なりの楽しい事を見つけてください。