人のせいにする人ってどんな人?見分け方と対処法

何でも人のせいにしてしまう人が周りにいると、いつとばっちりを受けるか分かりませんよね。あなたの周りにも、そんな人がいませんか?

今回は、

  • 人のせいにする人の特徴
  • 人のせいにする人の心理
  • 人のせいにする人への対処法

などについてお話したいと思います。もし、あなたの周りに人のせいにする人がいるなら、きっと参考になるでしょう。

あなたの周りにいない?人のせいにする人チェック

人のせいにする人とは、具体的にどのような人のことを言うのでしょうか。約束をすぐに破る、人の話を聞かない、ネガティブな発言が目立つといった特徴が挙げられますね。ここでは、人のせいにする人の特徴をお伝えします。

責任感がなく約束を破る

人のせいにする人だと、責任感がないことが多いです。そのため、人との約束を簡単に破ったり、任された仕事を放りだすようなこともあります。飲み会の幹事を任されたときなども、結局放り出してしまい、人に丸投げしてしまうようなこともあります。

約束を破ることに対して罪悪感もありませんし、謝ったとしても表面上だけです。

「自分が一番」な言動や態度をとる

常に自分が一番でないと気が済まない人が多いです。自分以外の人を見下している部分もありますし、すぐにマウントをとりに来るようなタイプです。発言の端々から自分が一番、という考えが伝わってきますし、周りを不快な気持ちにさせてしまうこともあるでしょう。

そうした言動が多いため、周りからは敬遠されがちです。

被害者意識が強い

勝手に被害を受けたような気持ちになってしまい、落ち込むことがあります。また、自分が被害を受けたのは周りのせいだ、人のせいだと思ってしまうのも特徴と言えるでしょう。

たとえ自分に責任があったとしても、それを認めることはほとんどありません。いかにも、人のせいで被害を被った感じにしてしまいます。

他人の話を聞かない

人の話をあまり聞いておらず、そのせいでミスをすることもあります。仕事でも指示をきちんと聞かずに先走ってしまい、その結果失敗するということも少なくありません。しかも、失敗したことに対して責任をとろうとはせず、自らの保身を考えてしまいます。

周りの人からの善意の忠告でも、基本的に耳に入れることはないでしょう。

ネガティブな考えや発言が目立つ

思考がネガティブなので、発言もマイナスなものが多くを占めています。自分に自信を持てないタイプの方が多く、いつも悪い方向に物事を考えてしまう癖があります。自分のことを卑下したり、自虐的なことを周りに話すことも少なくありません。

ネガティブな要素がなくても、なぜかネガティブに考えてしまうことがあります。

仕事はあまりできない

仕事はあまりできないため、職場での評価は高くありません。人の話をあまり聞きませんし、誰もしないようなミスをしてしまうこともあります。仕事は大してできないくせに、周りを見下すような態度をとったり、仕事がデキるようなフリをしてしまうのも特徴でしょう。

周りからはあまりよく思われていません。

上司・部下からの評判が悪い

人の話を聞かず、その上仕事でもさまざまな失敗をしてしまうため、上司や部下からの評判は往々にして悪いです。

また、自分の失敗を素直に認めることもなく、人のせいにしようとするので、余計に評判は悪くなってしまうのです。人のせいにしたことで評価を保てたと思いがちですが、実際には周りの人にはバレています

人のせいにする人の心理

人のせいにする人の心理が理解できない、という方もいるでしょう。そこで、ここでは人のせいにする人の心理についてまとめてみました。他人からの評価を気にしたり、謝るのが嫌いといった心理が垣間見えます。

何よりも大事にするものは、他人からの評価

周りからどう評価されているのか、というのを気にします。そのため、自分の評価に影響すると思ったとき、平気で人のせいにしてしまうことがあるのです。周りからの評価を気にするあまり、人に罪をなすりつけるようなことをしてしまいます。

しかし、結果的にそれがさらに評価を貶めることに自分では気が付いていません。

謝るのが嫌い

人に謝るのが嫌い、という方が多いです。謝るということは、自分のミスを認める、負けを認めるということになります。このタイプの人は、それがどうしても許せません。自分の非を認めて謝るくらいなら、誰かのせいにしてしまえという心理が働いてしまうのです。

その結果、誰かを蹴落とすような行動に出てしまいます。

周囲を格下認定して自尊心を保つ

自尊心を保つために、自分以外の人を見下しています。実際には、周りの人のほうが優れた人間であっても、自分のほうが格上であると思い込んでいます。こうした性質のため、周りの人に対して上から目線だったり、根拠のない自信を振りかざすことも少なくありません。

周りを常に格下扱いする態度をとるため、周りの人からの評判はかなり悪いです。

自分に落ち度がないと思い込んでいる

たとえ失敗したときでも、自分には落ち度がないと思っています。そのため、人に迷惑をかけたとしても、自分から謝ることはまずありません。周りに謝罪するよう促されたとしても、自分は悪くない、落ち度はないとの一点張りで話にもならないでしょう。本気でそう思っているため始末に負えません。

上司に促されて嫌々謝罪するようなことがあっても、実際は反省もしていません。

自分に自信がない

人を格下扱いしてマウントを取るような行動をとりがちですが、実は自分に自信がありません。コンプレックスの塊であることも多いです。しかし、その自信のなさやコンプレックスに悩んでいることを周りに絶対知られたくない、と思っています。

それが、不自然な自信のアピール、強がりなどにつながってしまうのです。

人のせいにする人がいるときの対処法

人のせいにする人が周りにいると、いつ自分に火の粉が降りかかるか分かったものではありません。そこで、ここでは人のせいにする人がいるときの、対処法についてまとめてみました。ぜひ試してくださいね。

基本的には聞き流す

ムキになって反論しても、まったく効果はありません。本人は本当に自分には非がないと思っていますし、いくら言ってみたところで暖簾に腕押し状態です。発展性のある話はまずできないので、聞き流してしまったほうが無難でしょう。

また、本人に直接反論するのではなく、職場なら上司に相談したほうがまだましです。

認識のすれ違いを避けるために文書化する

文書化するのはおススメです。認識のすれ違いを回避できますし、日ごろから記録として残したほうがよいでしょう。また、大切な仕事に関わるようなときも、同様に文書化しておくことをおススメします。

こうしておけば、後から言った言わなかったの水掛け論になることも回避できます。「あの時確かにこう言ったよね」と追求する材料にもなります。

相手の矛盾点は論理的に反証する

一番ダメなのは、感情的になって反論することです。これだと、相手も同じように感情的になって反論してきますし、収拾がつかなくなります。矛盾点はロジカルな思考で指摘しましょう。

相手が感情的になってぶつかってきても、論理的に返していけば最終的に何も言えなくなります。人のせいにする人には、これが一番効果的ですね。

諦める

人のせいにするばかりで、どうしようもない人もいます。いくら論理的に反証しても、感情的になるばかりで話が先に進まないということもあるでしょう。

このようなときは、諦めるのも一つの手です。相手にするだけ時間がもったいないですし、貴重な時間を失ってしまいます。できるだけ距離を置き、直接関わらないようにしましょう。

まとめ

責任感がなくすぐに約束を破ったり、自分の非を認めないようなタイプの人とは、なるべく関わらないようにするのが正解かもしれません。ただ、どうしても仕事で関わる必要がある、というケースもあるでしょう。

どうしても関わる必要があるのなら、ここでお伝えした対処法を参考にしてください。聞き流す、文書化する、ロジカルに反証するといった方法なら、人のせいにする人に対処できます。どうしてもムリ、という場合には周囲の人にも相談しながら、できるだけその人と関わらなくても良い方法を探しましょう。