声が小さい原因と声の大きさを改善する方法

声が小さい人は、ただ単に聞こえにくいだけでなく、人間関係やビジネスシーンでも不利益を被っている可能性があります。声が小さくて聞き取りにくいのは適切な対策によって改善できるものです。声の小ささが気になる人や自分の発言を頻繁に聞き返される人は、その原因を探り、改善方法を見つけてみましょう。

  • 声が小さい人の周りからの印象
  • 声が小さい原因
  • 大きな声を出せるようになる方法

を紹介します。

声が小さい人の印象

声が小さい人は気が弱い、話がつまらないなど、どちらかというとネガティブな印象を与えがち。声に本来の性格が反映していることもありますが、そうではないこともあります。自分の声がどんな印象を与えているかチェックしてみましょう。

気が弱そう

声が小さい人は、気が弱そうと思われる可能性が高くなります。人は怖かったり自信がなかったりすると声が弱々しく小さくなるものです。そのため、小さい声で話をする人のことも「気が弱そう」と感じてしまいます。

また、実際にはそうでなくても、自信がなくおどおどしていると思われることもあります。プレゼンテーションやミーティングなどで声が小さいと、相手をうまく説得することの弊害になりそうです。

話がつまらなそう

声が小さい人は話が面白くない人というイメージを与えることもあります。実際には面白い人であったとしても、小さい声から感じるおどおどとした印象によって話がつまらないのではないかと感じさせるのです。

また、会話の相手に対して「私と話してつまらないのかな」と不安を与えることもあります。話が面白くなさそうと思われるのは、初対面やそれほど親しくない人とのコミュニケーションの場で不利になりかねません。

シャイ

声が小さい人は、シャイではにかみ屋の人だと思われることもあるようです。シャイな人は恥ずかしさのためにぼそぼそと小さな声で話す傾向があります。

シャイやはにかみ屋が悪いわけではありませんが、シャイで消極的と思われてしまうとビジネスシーンで大役を回してもらえなかったり、プレゼンなどの発表の場に出してもらえなかったりする恐れがあります。

声が小さい原因:身体編

声が小さい原因には身体的な問題が関わっていることもあります。原因をチェックしてみましょう。

姿勢が悪い

声が小さい原因の一つには、姿勢の悪さがあります。姿勢が悪いといっても、ふんぞり返った姿勢よりも猫背の姿勢の方が声は小さくなる傾向があるようです。猫背でうつむき加減の姿勢は注意が必要です。

また、顎を引きすぎた姿勢も首が圧迫されて声の通り道がふさがれてしまう恐れがあります。いずれの姿勢も声の通りを悪くして声を小さくする原因になるようです。

口が大きく開いていない

口を小さく開ければ声も小さくなり、口を大きく開ければ声も大きくなるものです。話をするときに口の開け方が小さい人は、声も小さくなる傾向があります。

話をしているときの口の開き具合は、自分では意外と分かりにくいものです。自分でも気づかずに小さい口で喋っていることもあるため、声が小さいことを気にしているならば、自分で鏡などを使って口の開き方をチェックしてみる必要があります。

空気を出せていない

そもそも声は、喉の奥にある「声帯」という部分を空気が通ることで出るものです。その性質から当然、空気を出す量が少なければ、声も小さくなります。声が小さいと感じている人は、空気が十分に喉を通っているかチェックするようにしましょう。

また、声や空気の通り道となるお腹から口までの器官が緊張していることでも、空気の通りが悪くなる恐れがあると言われています。声を出すときに無駄な緊張がないか確認することも必要です。

声帯が閉じていない

声は体の中から出した空気が喉を通り、「声帯」を震わせることで出ます。声帯は息を吸うときには開いています。声を出すときだけ声帯は閉じ、そこを通ろうとする息が声帯を震わせ、音を作っているのです。

そのため、しっかりと声を出すためには声帯がしっかりと閉じていることが必要となり、閉じていなければ十分に声を出すことができません。声帯を日ごろからしっかりと使っていないと、声帯を閉じる筋力が落ちて声の出が悪くなります。

声が小さい原因:心理編

声が小さい原因には心理的なものも深く関係していることがあります。自信が持てないなどのデリケートな問題もありますし、すぐに改善できるものばかりではありません。心理的な原因を確認して、自分の内面の問題を掘り起こしてみましょう。

他人と喋るのが怖い

声が小さい人の印象として気が弱いというものがありましたが、実際に気が弱いこともあります。気が弱いため、他人と話をするのが怖いと思ってしまい、自然に声が小さくなってしまうのです。

相手からどう思われているか、怒られるのではないかとびくびくしている人や、大きな声の相手に圧倒されて反射的に声が小さくなる人もいます。鋭い観察眼を持っていて、相手の反応が見えすぎるのも他人との話が怖くなる原因といえるでしょう。

目立ちたくない

大きな声は目立ちやすく、たくさんの人の注目を集めることができるものです。反対に小さい声ならば目立つことがありません。そのため、目立ちたくないと思っている人は無意識に声が小さくなります。

また、こういったタイプの人は注目されると途端に声が小さくなることもあるようです。

緊張している

人は緊張しているときには自分の力を出しにくくなります。声も同様で、極度に緊張している状態のときには普通の声よりも小さくなってしまいます。人によっては会話をするときは常に緊張してしまい、声が小さくなる人も少なくありません。

これは内気な性格の人に多く、人とのコミュニケーション自体にマイナスイメージを持っていると、自然に小さい声で話すようになってしまうことが多いようです。

人見知り

人と話すことに慣れておらず、人見知りのために声が小さくなることもあります。何をどうやって話せば良いか分からなくなったり、話そうとするだけで身構えてしまったりし、声が固く小さくなってしまうのです。突発的な会話にも弱く、緊張もしてしまいます。

自信がない

自分に自信が持てない人も声が小さくなりがちです。自分に自信が持てないから、目立ちたくないと感じて声を小さくしてしまいます。また、嫌われたくないと思ったり、恥をかきたくないと感じたりする心理も声を小さくする原因の一つでしょう。

特に大人数でコミュニケーションを取るときなどに、自信のなさによって声が小さくなります。グループでトークをしていて、無駄なことは話さずに最低限の返事で会話に参加し、にこにこしている人に声が小さい人が多いようです。

相手と関わりたくない

声が小さくなる原因の一つとして、相手と関わり合いたくないこともあります。人と話をするのも面倒で、わざと意識的に声を小さくしている、これまでとは違ったパターンです。思春期の若者に多く、考えが変われば改善する一時的なものであることが多いようです。

自分の声が嫌い

自分の声が嫌いで、大きな声を出したくないという人もいます。自分の声に自信がない、嫌いな声を出したくない、他人に聞かれたくないと思うため小さくなってしまうのです。

また、子供の頃に親から声が大きいことを激しく注意されるなど、しつけによって声が大きいことを悪いことと感じ、大きな声が出せなくなることもあるようです。

大きな声を出せるようになる方法

小さな声はあまり良いイメージを与えないことが分かってきたと思います。本当は違うのに、声の大きさによって知らないうちに周りの人から不利益な評価を受けるのは不本意なこと。本当の自分を知ってもらうためにも、大きな声を出せるように工夫してみましょう。

自分の声に慣れる

大きな声を出せるようになるためには、自分の声に慣れることが必要となります。自分の声が嫌い、苦手な人も好きにはなれなくても、自分の声をあるがままに認めてあげましょう。

相手の反応が気になるのは気遣いができる証として、悪いことではありません。しかし、気にし過ぎて小さい声にするよりも、大きな声で聞こえやすくする方がコミュニケーションがスムーズで相手のためになるのです。

正しい姿勢で話す

声が小さいのは空気の通り道が閉ざされていたり、しっかりと腹式呼吸ができていなかったりすることが原因である可能性があります。姿勢の悪さはこれらの原因になりやすいため、正しい姿勢で話すことを心がけましょう。

うつむきがちな人が前を向いて話すことで、空気の通りも良くなりますし、明るい印象も与えられます。背筋は伸ばし、やや胸を張った姿勢を目指すと良いでしょう。習慣になるまでは意識的に姿勢を改善することが必要です。

カラオケなどで発声練習する

しっかりとした大きな声を出すには、トレーニングが必要です。しかし、自宅などで大声を出すトレーニングをしては迷惑になりますし、恥ずかしいと感じるでしょう。人に気兼ねせずに発声練習をするにはカラオケ店など、自由に大声を出す環境が必要となります。

他人に聞かれても大丈夫なら、友達と一緒に行って音量をチェックしてもらいましょう。自信がない人は一人カラオケから始めてみることもおすすめです。

声が大きい人と話す

大きな声の家族に囲まれて育った人は声が大きくなることが多く、反対に小さい声で話す家庭に生まれた人は声が小さくなりやすいようです。声の大きさは一緒にいる人から影響を受けるため、声を大きくしたいなら声の大きな人と話すことも効果があるかもしれません。

特に親しい人の影響は大きいため、地声の大きな人と友達になり、日常的に話をすることがおすすめです。気づいたらいつの間にか自分も大きな声になっているかもしれません。

相手の立場で考える


声が小さいと自分がネガティブなイメージで見られるだけでなく、相手に不安を与えることもあります。自分自身も「嫌われたくない」「自信がない」と思うから声が小さくなるのですが、声が小さいことで相手も「嫌われちゃったかも」と不安になっているかもしれません。

また、声が小さいだけで仕事の相手をイライラさせて、ビジネスチャンスを失う恐れもあります。相手の立場に立ち、自分がどうしたら相手を快適にさせられるか考えてみましょう。

まとめ

声が小さいことは、相手にあまり良い印象を与えないようです。ビジネスの場やコミュニケーションでネガティブなイメージを与えてしまい、不利になることもあります。声が小さい原因は心理的なものから身体的なものまでいろいろ。声が小さいのを改善したいならば、原因を突き止めて適切な対策を講じてみましょう。