自分探しの旅のメリットと注意点!自分探しの旅をするきっかけも紹介します

毎日の生活に疲れて、ふと旅に出たいと思ったことがある、という人も多いのではないでしょうか。気分転換に旅がしたい、自分を見つめ直すために旅がしたいなど理由は様々です。

中でも忙しい毎日の中で自分を見失ってしまい、旅に出れば本来の自分を取り戻し、また元気に毎日を過ごせるようになるのではと考えてしまうこともあります。

今回はそんな人に向けて、

  • 自分探しの旅の目的
  • 自分探しの旅をするきっかけ
  • 自分探しの旅をするメリット
  • 自分探しの旅の注意点

を紹介します。自分探しの旅をしようか迷っている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

自分探しの旅の目的

自分探しの旅と聞いても、何を探しに行くの?何を目的としている?と疑問に思う人もいるのではないでしょうか。では具体的に、自分探しの旅とは何を目的にしているのか、見てみましょう。

自分の個性を見つけるための一人旅

一人で旅に出ることで、他の人とは違う性質や性格、特性などを見つけることができます

個性の漠然としたイメージは、突出したものや特別なものと捉えている人も多いのですが、旅先でいろいろな文化や人に触れたり、困ったことを解決したりして行く中で、自分の個性を見つけることができ、旅から帰って新しい個性を活かすことができるようになります。

これまでの人生を見つめ直す

旅行は非日常的なものです。忙しい毎日から離れて旅をすることで、自分と向き合う時間を作ることができ、これまでの人生を見つめ直すきっかけを作ることができます

もちろん日常生活の中でも、人生を見つめ直す機会はありますが、もっと深く見つめ直すことができるのが、自分探しの旅と言えるでしょう。

旅行で今までの価値観を変える

日本国内はもちろん、海外へ旅行すると価値観や世界観が変わると、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。特に海外へ旅行した人は強く感じていることです。日本では常識として通用することも、海外では通用しないこともあります。

また、文化や言語の壁を感じることもあります。これまでの自分の常識が覆されることもあるでしょう。自分探しの旅の行き先によっては、今までの自分の価値観を大きく変えるきっかけになります

自分探しの旅を始めるきっかけ

ただ漠然と自分探しの旅に出たいと考える人もいますが、人生の中で挫折を経験したときに自分探しの旅を考えることが多いようです。ではもっと具体的に、自分探しの旅を始めるきっかけを見てみましょう。

大失恋

長く付き合い結婚の話も出ていたのに、ある日突然別れを告げられてしまった、という経験をしたことがある人は少なくありません。

大失恋の後はもう恋なんてしたくないと殻に閉じこもってしまいがちですが、別れたパートナーのことを忘れて前を向くための選択肢の一つとなるのが、自分探しの旅です。

自分探しの旅で気持ちをリフレッシュさせることで、吹っ切れるきっかけになるかもしれません。

就職活動の失敗

不況、就職難と言われている現代は、自分が思っている通りの職に就くことができないことも多くあります。何社も受けているのに、なかなか就職が決まらない。そんなとき、自分探しの旅に出てみようと考える人も多いです。

自分探しの旅に出ることで、自分の特技や長所を見つけられるかもしれませんし、もっと他にやりたいことを見つけることができるかもしれない、そして視野を広げることができるかもしれないと考えられます

会社を退職した

リストラや自己都合、定年退職など、理由は様々ですが、それまで勤めていた会社を退職すると、次に自分が何をすべきなのか、何をしたいのかがわからなくなり、自分探しの旅を考える人もいます。

退職後もより豊かな人生を送るための潤滑剤として、自分探しの旅を選択している人もいるようです

人生がつまらないと感じた

なんとなく毎日が楽しくない、面白いと思えないなど、自分の人生そのものがつまらないと感じたとき、自分探しの旅に出ることで刺激を受けることができます。

刺激を受けると、様々な意欲がわき、また新たなことに挑戦できるようになるのではないでしょうか

大事な人との死別

パートナーや家族、ペットなど、それまで当たり前に一緒に過ごしていた大事な人の死は、大きな影響を与えるものです。

悲しみに暮れていて、そこから脱出することができないとき、自分探しの旅を通して大事な人の死を乗り越えることができるかもしれません

自分探しのメリット

旅に出て、自分探しをすることで、どんなメリットを得ることができるのでしょうか。旅を通して得られるメリットはたくさんあるので、自分探しの旅を検討しているという人は、ぜひメリットに目を向けてみましょう。

普段と違う環境で新しい発想が浮かぶ

旅先は少なからず、普段と違う環境で過ごすことができます。海外旅行などでは全く違う環境で過ごすことができるでしょう。普段とは違う環境に身を置くことで、新しい発想が浮かびやすくなります。

これまで固執していた考え方を改めて、新しい発想で物事を捉えられるというのは、旅から帰っても大きなメリットとなるのではないでしょうか

自分の悩みの小ささに気付く

自分探しの旅をすることで広大な自然や触れることがなかった文化、そして人の温かさに接する機会もあるでしょう。

そこで、自分の悩みはいかに小さなことかというのに気付きます。悩み自体を小さく感じることができれば、乗り越えられるでしょう。

チャレンジすることを肯定的に受け取れる

チャレンジすることはとても勇気のいることです。特に自分を見失ってしまい、否定的に物事を捉えているときは、新しいことにチャレンジするのが怖くなります。

また失敗したらどうしよう、失敗することで周囲の信頼を裏切ってしまったらどうしようなど、チャレンジすることをネガティブに捉えてしまいます。

ですが、自分探しの旅により自分と向き合い、新しいことへのチャレンジも肯定的に受け入れることができるようになり、自分ならできると信じて挑戦することができます

自分の考えを変えるきっかけになる

自分探しの旅は少なからず、刺激を与えてくれるものとなるでしょう。行き先が海外の場合はさらに、その刺激は大きなものとなります。この刺激が、自分を変えるきっかけになるのではないでしょうか。

自分探しの旅をしたいと考えるとき、多くの人は自分を変えたいと願っています。そのきっかけになるのが、自分探しの旅です。

自分探しの旅の注意点

自分探しをするための旅も、ただ闇雲に出かけるだけではあまり意味のないものになってしまいますし、ただの現実逃避で終わってしまう可能性もあります。

そこで自分探しの旅をよりよいものにし、旅をしたことで得られるものがあるようにするには、どんなことに注意すべきか紹介します。

コンセプトを明確にしてから旅をする

自分探しの旅を計画する際に、まずは旅のコンセプトを明確にします。先が見えない、毎日同じことの繰り返しでつまらない、自分を変えたいなど自分探しの旅を検討するには理由があるでしょう。

その理由を元に、どこに行くのか、何をするのか、どのぐらいの期間旅をするのか等を決定します。コンセプトが明確でない自分探しの旅は、なんとなく日常から逃げたいという気持ちだけで、自分を変えるきっかけにはならないからです。

自宅に戻ると生活が慣れてしまうリスクがある

自分の価値観を大きく変えることができた自分探しの旅も、自宅に戻って普段どおりの生活が始まると、だんだんと慣れてしまい、せっかくの旅の経験も無駄になってしまいます。

自分探しの旅をしたことで、自分がどう変わったのか、どう考えるようになったのかというのは、その後の生活の中でも活かすことが大切です。

旅先で考えたことは記録して自宅で読み返す

自分探しの旅で、考えたことや感じたことは、その都度メモを取るようにしましょう。一日の終わりに日記をつけておくのもよいでしょう。

記録に残しておくことで、旅が終わって自宅に帰っても読み返し、旅で感じたこと、考えたことを思い出すことができます

定期的な旅行で刺激を与えること

自分探しの旅は、人生の中で一回きりというものではありません。自分探しの旅が自分を変える刺激と考えるのであれば、定期的に旅行をして刺激を与えるようにしましょう

旅をするだけで自分が見つかるわけではない

自分探しの旅をしたからと言って、必ずしも自分が見つかるわけではありません。そもそも旅行で自分を探すことに疑問を感じている人もいるでしょう。

自分探しの旅で必ず見つけるというのではなく、何かきっかけを掴んで小さな変化を受け入れ、成長につなげることなのです

まとめ

自分探しの旅というと、あまり気が進まないという人もいるのではないでしょうか。ですが、自分と向き合い、変わるきっかけを見つけることができるかもしれないのが自分探しの旅であり、最初は楽しい旅行のつもりでも構いません。

日常生活の中で、ちょっとした刺激として、自分探しの旅を取り入れてみてはいかがでしょうか。