性格を変える!新しい自分になるための準備と行動

自分の性格が嫌いで、性格を変えたいと悩んでいる人は少なくありません。ですが、長い時間をかけて築き上げた自分の性格は、そう簡単に変えられるものではないと諦めているのではないでしょうか。しかし、自分の性格は変えることができます。

ここでは、

  • 性格を変えたいと考えるきっかけ
  • 性格を変えるのが難しいと言われる理由
  • 自分の性格を変えるための4つの準備
  • 自分の性格を変えるための3つの行動

を紹介します。性格を変えたいと悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

性格を変えたいと考えるきっかけ

こんな自分はだめだ、自分が好きになれないと感じたとき、性格を変えることができたらと考える人もいるのではないでしょうか。ネガティブな思考から性格を変えたいと思う人が大半ですが、そう思うきっかけはどんなことが挙げられるのでしょうか。

みんなと仲良くなれない

グループの中にいても人と仲良くなることができずに、いつの間にか取り残されてしまう経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。人と仲良くなれないという人の中には、自分の性格が影響しているのではと考えている場合があります

誰とでも分け隔てなく仲良くなることができる性格に憧れて、性格を変えたいと考えることがあります。

仕事がうまくいかない

真面目な性格や不真面目な性格、要領の良さや悪さなど理由は様々ですが、仕事ができない原因を自分の性格だと考えたとき、仕事ができる人になるために性格を変えたいと思うきっかけになります。

人生が楽しくない

生きていてもなんだか毎日つまらない、ただなんとなく生きているという人は人生が楽しくないと考えています。性格を変えることで、もっと楽しい人生を歩めるのではないかと考え、性格を変えたいと思うようになります。

性格を変えるのが難しいと言われる理由

考える女性

性格を変えるなんて、そんなに難しいこと簡単にできるわけがないと多くの人が思うのはなぜでしょうか?性格を変えるのは、難しいことなのでしょうか。そこで性格を変えるのが難しいと言われる理由をいくつか紹介します。

自分の弱さを受け入れるのはつらい

性格を変えたいと思っているということは、何らかの理由があり、その理由の一つとなっているのが自分の弱さです。誰だって自分の弱さを認めたくはありません。

ですが性格を変えるとなれば、それを受け入れた上で行動を起こす必要があることから、自分の弱さから目を背けている人は性格を変えるのは難しいでしょう。

成長するための努力は大変

性格を変えるということは成長をするということです。子供の頃の成長ならまだしも、大人になってからの成長にはたくさんの努力が必要です。

つまり、性格を変えるための努力は大変だと多くの人が予想することから、それが難しいと捉えられてしまいます

新しいことを始めるのは脳が抵抗を感じる

何か新しいことを始めるとき、なんとなく抵抗を感じることはありませんか?人は少なからず変化を恐れるものであり、この恐怖は脳が「いつも同じ」を望んでいることで変化がストレスになるからです。

脳が新しい情報を嫌うことで、新しいことを始めるときは抵抗を感じてしまうことも少なくありません。性格を変えるというのは脳にとっても大きな変化であることから、なかなか受け入れることができず、余計に難しく考えてしまいます

自分の性格を変えるための準備

自分の性格を変えるのは難しいことだと諦めずに、まずは変えるための準備に取り掛かりましょう。いきなり行動に移してしまうと、安定思考の脳はより一層抵抗してしまい、変えることができなくなってしまいます。

では、性格を変えるためにどんな準備をすべきなのでしょうか。

今の性格を客観的に分析する

自分の性格を変えたいと行動する前に、自分はどんな性格をしているのか客観的に分析することが大切です。なりたい性格になるためには、自分の今の性格をしっかりと理解しましょう。

自分の性格は自分が一番わかっているという人もいますが、それはあくまでも主観的であり、自分が思っている自分の性格と、周囲から見た自分の性格には大きなギャップがあることも少なくありません。

頭ではなかなか整理することができないという場合は、思いつくままにノートなどに書き出して、どんな部分をどのように変えたいのかなど自己分析をしっかり行いましょう

なぜ変わりたいのかを本気で考える

自分の性格を変えたいのはなぜなのか、行動に移す前にもう一度考えてみましょう。性格を変える努力をするためにも、一度本気で考える必要があります

なぜ変わりたいのかを考えることによって、努力を継続する意思を固めることができるのではないでしょうか。

変わったあとの自分を具体的に想像する

性格が変わったあと、自分はどのように変化し成長するのか、性格を変えたいと思っている間は漠然としていても、意思を固めるときはそのあとの自分を具体的に想像してみましょう。

なりたい自分を具体的に考えることで、より努力を継続することができるようになります

最後までやり抜く意志を固める

性格を変えるのは難しいと言われる最大の理由は、これまで過ごしてきた長い人生の中で積み重ねられて形成されたものだからです。ですから、性格を変えようと一日頑張った程度では到底変わるものではありませんし、努力を継続することが重要です。

そのためにも、努力を継続し、最後までやり遂げる意思を固めましょう。自分の性格を変えるためには自分自身の強い意思が必要不可欠です。

自分の性格を変えるための行動

自分の性格を変えるために4つの準備を整えたら、実際に行動に移しましょう。性格を変えるための行動は、いつもの行動にプラスするものもありますが、普段の何気ない行動自体を変える必要もあります。では性格を変えるための行動を5つ紹介します。

自分の長所と短所を紙に書いて毎日眺める

自分の性格を変える上で、定期的に自分を見つめ直すことはとても大切なことです。ノートなどに自分の長所と短所を書いて、毎日眺めるようにしましょう。毎日見返すことで、長所をさらに伸ばすことができますし、短所に着目することもできます。

長所と短所は対極的なものですが、どちらも自分が持っているものであり、長所はより伸ばし、短所は長所に変えていくことで性格にも影響するようになります。

部屋を断捨離する

自分の嫌な性格を変えたいと思ったときは、断捨離を取り入れてみましょう

断捨離をすることで部屋が綺麗になると、物理的な面や健康的な面でメリットがあるだけでなく、性格の変化にも影響します。部屋の中の物が減ることで、掃除が楽になり、綺麗な状態をキープしやすくなります。

断捨離は部屋に空間ができるだけでなく、心にも空間ができ心の余裕へと変化します。断捨離をすることで今まで見えていなかった自分を見ることができる機会にもなることから、性格を変えたいときは断捨離に挑戦してみましょう。

引越しをする

自分の性格を変えるために、自分が置かれている環境を変えてみてはいかがでしょうか。例えば、実家で暮らしているのなら、一人暮らしをしてみるのがおすすめです。すでに一人暮らしをしているという人は、引越しを検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

自分の性格を変えるというのは、難しいものですが、努力を継続することや自分をしっかりと理解することで成し遂げることができます。自分の性格を変えたいと考えている人は、一つでも多くの行動を実践して、自分の性格を変える機会を意識してみましょう。