頭皮が乾燥するとどうなる?乾燥の原因や対策・注意点を紹介

頭皮にとって乾燥は大敵です。しかも、乾燥してしまう原因は、すぐ近くにあるのです。そこで、乾燥してしまう原因をまずはしっかりと把握しましょう。

さらに乾燥してしまったときの悪影響についても知っておくと、より一層注意しようという気持ちになれます。そして、そのような悪影響を被らないように、どのように乾燥を予防することができるのか、その方法についてご紹介します。

頭皮が乾燥したらどうなる?

乾燥は実は頭皮に様々な問題を生じさせます。まずは乾燥によってどのような悪影響が出るのかをまとめました。

積み重なると、とんでもなく大きなダメージになりかねません。少しでも心当たりのある方は、乾燥対策に真剣にとりくむべき時といえるでしょう。まずは、乾燥がもたらす悪影響が該当しないかチェックしてみましょう。

頭皮にかゆみが出る

頭皮が乾燥すると頭皮にかゆみが出ます。そもそも頭皮がかゆくなる原因は、何かしらの刺激を頭皮が受けることによります。乾燥という地肌のコンディションの乱れが刺激となってしまい、かゆみを生じさせるのです。できるだけ肌を刺激しないように心がけることが大切です。

抜け毛が出る

頭皮が乾燥することによって抜け毛もできてしまいます。髪の毛にはコルテックスというたんぱく質や水分を多く含む重要な要素があります。そのコルテックスを保護しているのがキューティクルです。乾燥によってキューティクルがダメージを受け、たんぱく質が縦に避けてしまうのです。

フケが出る

乾燥によってフケも出ます。なぜなら、乾燥によって角質が剥がれ落ちてしまうからです。乾燥によるフケが出やすいのは冬の季節です。寒さによる血行不良や暖房による湿度の低下が乾燥の原因となります。

頭皮ニキビができる

頭皮が乾燥していると、頭皮ニキビもできやすくなります。乾燥によるダメージに対処するために頭皮が皮脂を過剰に分泌するからです。その余計な皮脂が毛穴に詰まることによって、乾燥による頭皮ニキビを引き起こすのです。

水分が不足し髪の毛が生えなくなる

乾燥によって水分が不足すると髪の毛も生えなくなります。なぜなら、乾燥によって血流が悪くなるからです。血流が悪くなると髪の毛の発育にも悪影響を与えてしまい、薄毛の原因となりかねません

頭皮の乾燥の原因

頭皮が乾燥してしまう原因はひとつではありません。気を付けていないとつい乾燥しやすい環境に自分を置いてしまうかもしれません。そこで、乾燥しやすい原因となる様々な点をまとめました。思い当たる節のある方はまずはそこから改善していくとよいでしょう。

紫外線

頭皮が乾燥する原因として紫外線があります。紫外線は頭皮にとって強い刺激となるからです。強い刺激によって頭皮のコンディションが崩れてしまい、様々な乾燥によるトラブルを引き起こします。とりわけ薄毛の人は髪の毛でガードできないため、直で影響を受けてしまうといえるでしょう。

乾燥した空気

乾燥した空気は頭皮の乾燥を引き起こす原因となります。空気が乾燥しているとそれだけ頭皮も髪も乾燥しやすくなるからです。冬場の暖房などで乾燥した空気に触れていると、様々なトラブルを引き起こします。できるだけ乾燥しない環境づくりが大切といえるでしょう。

地肌環境そのもの

地肌環境そのものの乱れも乾燥の原因となります。地肌環境が良くない状態にはいろいろな原因が考えられます。元々アトピーなどの炎症を抱えている方、血流が悪い方などはとりわけ乾燥しやすい体質といえるかもしれません。

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れも乾燥の原因となります。生活習慣が乱れるということは食生活のバランスも損ないますし、ストレスもためやすくなります。睡眠不足によって、ターンオーバーの乱れを引き起こすこともあるでしょう。何気ない習慣の乱れが深刻な乾燥を引き起こす要因ともなりかねないのです。

間違った頭皮の手入れが乾燥を招くことも

頭皮の手入れを行っていれば乾燥に十分対処することができます。しかし、その方法を間違ってしまうと、逆に乾燥の原因となってしまうのです。せっかくの乾燥対策を効果的に行うために、注意すべきいくつかの点をまとめました。

シャンプーの回数が多い

シャンプーの回数が多いと乾燥しやすくなります。なぜならシャンプーをしすぎることによって皮脂が落ちすぎてしまうからです。皮脂が落ちてしまうと、それを補うために過剰な油分を放出します。清潔にしようという気持ちがかえって頭皮のコンディションを悪くしてしまうこともあるのです。

シャンプーの成分が頭皮に適していない

シャンプーの成分が頭皮に合わず、良くない刺激を与えるため乾燥してしまうということもあり得ます。自分の頭皮の元々のコンディションと、使用するシャンプーの相性をしっかりと見ましょう。使用していてかゆみが増えるなどの自覚症状が現れたら、使用をすぐに中止するのも大切です。

ブラッシングをやりすぎている

ブラッシングは髪の毛を美しく保つのに大切ですが、やりすぎると乾燥の原因になります。理由はやはり、ブラッシングによって過度の刺激を頭皮に与えてしまうことにあります。刺激が適度でないと、頭皮はそれをカバーするために、皮脂を過剰に分泌するのです。

洗髪後の自然乾燥

洗髪後の自然乾燥も実は頭皮のコンディションを悪くする大きな要因となります。長時間濡れたままにしておくと常在菌が繁殖し、ダメージの原因となるからです。また、濡れた状態で就寝すると、キューティクルがこすられて髪の毛がぱさぱさになってしまいます。

ドライヤーをかけると髪を痛めてしまうと考えて、乾かさないで寝るのはとてもリスクがあるのです。また、ドライヤーをかけるときも、根元から乾かすことを意識しましょう。そうすることで髪にダメージを与えずに乾かすことができますし、頭皮の状態も健康に保つことができます。

頭皮の乾燥対策

頭皮の乾燥対策として何ができるのでしょうか。実は少しの工夫と心がけで、改善することが可能なのです。そこで、今すぐにでも試すことのできるいくつかの方法をまとめました。

使用するアイテムも安価なものが多く、手に入れやすいといえるでしょう。まずは、気になったものから試してみるのはいかがでしょうか。

適度な保湿が必要

頭皮の乾燥を防ぐには、適度な保湿が不可欠です。頭皮の保湿といわれても何をしたらいいのかわからないという方も多いでしょう。しかし、実はとても簡単な方法で頭皮の保湿を行うことができるのです。そこで、頭皮の保湿を行ういくつかの方法を覚えておきましょう。

頭皮ケア用のローションを使う

頭皮ケア用のローションを使うと適度に保湿できます。用のローションの利点は、様々な頭皮ケアに役立つ成分を効果的に配合していることが多いです。持ち運びもしやすく、少しの合間に頭皮のコンディションを整えることができます。ローションによって配合されている成分や香りも異なりますので、気に入るローションを探してみても良いでしょう。

アミノ酸系のシャンプーを使う

アミノ酸系シャンプーは洗浄成分としてアミノ酸系の成分を使用しています。非常に高い保湿力が魅力です。また、とても洗浄力も高いので、少量でも十分に汚れを落とすことができ、頭皮へのダメージをかなりの程度軽減させることができるでしょう。アミノ酸はコラーゲンの素ともいえる成分なので、肌にもとても優しい成分といえます。

頭皮に使える化粧水を使う

頭皮にも使える化粧水も、頭皮の保湿には最適です。とりわけ乾燥肌の人は化粧水の使用は相性が良いといえます。また、血行不良な方も化粧水と合わせてマッサージするとよいでしょう。さらに紫外線に触れる機会の多い、外で仕事をされている方も、化粧水でのケアはおすすめです。

生活習慣の改善

乾燥を防ぐためには生活習慣の改善も図りましょう。例えば、肌にとって適した湿度である60%ほどを保ち、暖房のつけすぎに注意すること等が挙げられます。また、肌のターンオーバーの時間を考えて、遅くても12時には寝ることもおすすめです。

また基本的なことですが、運動の習慣や食生活の改善なども不可欠です。そのようにして血の循環を正常に保つことによって、頭皮の環境も改善されます。栄養のあるバランスのとれた食事を心がけましょう。

おすすめ頭皮ケア用シャンプー

頭皮ケア用のシャンプーはたくさんありますが、何がいいのか迷うこともあるでしょう。そこで、それぞれの特におすすめのシャンプーの特徴をご紹介します。自分に合ったシャンプーを見つけるまでいろいろと試してみるとよいでしょう。

すっぴん地肌ナチュラルスカルプシャンプー


すっぴん地肌ナチュラルスカルプシャンプーは、無添加ノンシリコン、アミノ酸系と頭皮に負担がかからない条件がそろっています。頭皮のかゆみやフケが気になる方にはぴったりのシャンプーです。無添加で、ボタニカル成分も厳選されており、まさに頭皮にとって好条件がそろっているといえるでしょう。グレープフルーツの香りもとてもさわやかです。

ミルボンディーセスエストクアルSO120ml


ミルボンディーセスエストクアルSO120mlは、洗い流さないタイプのトリートメントです。アミノ酸系オイルなのでとても肌に優しく、頭皮の環境改善に貢献してくれます。髪全体もとてもしっとりとまとまりのある髪質になっていくのがわかるでしょう。太い髪の方や、くせの強い髪質の方にもおすすめです。

ノヴェルモイ薬用未来キープシリーズ薬用未来キープシャンプーお得用ボトル


ノヴェルモイ薬用未来キープシリーズ薬用未来キープシャンプーお得用ボトルは、たっぷり大容量ながら質の高いシャンプーといえます。フケやかゆみを予防する上質なオリーブオイルやコラーゲンを配合していますし、洗浄能力も非常に高いシャンプーです。とても肌に優しいので赤ちゃんにも使用できるほどです。香りも非常に優しく男性でも使いやすいシャンプーといえます。

おすすめ頭皮ケア用ローション

頭皮ケアローションもとても役に立ちます。頭皮ケアローションもたくさん種類がありますが、中でもおすすめのいくつかの商品をご紹介します。どれもリーズナブルで手に入れやすいものですので、ひとつずつ試していってもいいでしょう。

酵素ローションENZ-SQエンザエスキューforスカルプ&ヘア300mlサイズ


酵素ローションENZ-SQエンザエスキューforスカルプ&ヘア300mlサイズは、泡で出てくる仕組みのため、とても使いやすくなっています。たらすことなくしっかりと使い切ることができるのがポイントといえるでしょう。お風呂のなかで使うことを想定されていますので、毎日のお風呂での頭皮ケアにぴったりです。

ビーワンオールインローション(簡単頭皮ケア)


ビーワンオールインローション(簡単頭皮ケア)は、乾いている髪になじませるように使います。そのまま頭皮をマッサージすれば、頭皮の環境改善にとても効果的です。湯船につかりながら行うと効果も高く、入浴しながらのマッサージに最適といえるでしょう。頭皮のほかにも疲れている箇所に塗布すると軽くなるなど、使い勝手も抜群です。

アブリーゼナチュラルオーガスキャルプローションS150ml


アブリーゼナチュラルオーガスキャルプローションS150mlは、オーガニック成分がふんだんに使われているため、頭皮にとても良い効果を与えます。地肌にオーガニック成分がしみこむことによって、張りのある美しい髪を生成することができるようになるでしょう。

頭皮の乾燥ケアで注意したいこと

頭皮ケアを行う上で注意しておきたい点があります。とりわけ乾燥対策には、次に挙げるいくつかの点をしっかりと注意しましょう。せっかくの努力が無駄にならないよう、適切な方法で行うことが大切です。

頭皮を洗うときは優しく

頭皮を刺激しすぎるとかえって頭皮の状態を悪くしてしまいます。刺激を強く与えすぎないように優しく洗いましょう。強く洗ったほうが、頭皮を活性化できると考える方もおられますが、実際はダメージから守ろうと過剰な皮脂を分泌するなど、コンディションを悪くする要素がたくさんあります。

ターンオーバーに備えて頭は夜に洗う

ターンオーバーに備えて夜に髪を洗うことによって、余計な皮脂のない状態にすることができます。そうすることで、新しく髪が生成しやすくなるので、頭皮も健康的な状態を保ちやすくなるでしょう。ただし、しっかりと髪を乾かしてから就寝することも忘れないようにしましょう。

トリートメントはしっかりと洗い流す

トリートメントの成分が残ったままだと、逆に頭皮にとってはダメージになってしまいます。しっかりとトリートメントは洗い流すことを忘れないようにしましょう

まとめ

このように、乾燥対策をしっかりと行うことによって頭皮の状態を健康的に保つことができます。身近なところから改善していくだけでも高い効果が期待できますので、積極的に取り入れていきましょう。そうすることで艶のある美しい髪を保つことができます。

- 1 / 1ページ -