頭皮の角栓ができる原因と解決策

頭皮の角栓は、さまざまな頭皮トラブルを引き起こします。角栓は生活習慣やシャンプーで予防することも可能です。今回は、頭皮の角栓ができる原因や解決策について紹介します。

頭皮の角栓がもたらすトラブル

頭皮の角栓はニキビ、悪臭の原因にもなります。頭皮トラブルの一因で、放っておくと薄毛の原因にもなるので注意が必要です。ここでは、頭皮の角栓がもたらす主なトラブルについて紹介していきます。

薄毛のリスクが増大する

頭皮の角栓や薄毛のリスクを高めます。角栓が毛穴を詰まらせてしまい、頭皮環境が悪化してしまうためです。頭皮が荒れると、頭髪が必要とする栄養分が頭髪に供給されなくなり、健康な髪の毛の生成ができなくなります

角栓ができやすくなる年齢は30~40代で、薄毛が気になる年齢ともマッチしていると言えるでしょう。

頭皮にニキビができる

角栓が増えると頭皮のニキビができやすくなります。頭皮のニキビができるのは、角栓が毛穴を詰まらせ、角栓にニキビの原因のアクネ菌が集まるためです。アクネ菌が頭皮の炎症をもたらすことで、ニキビも増えてしまいます

角栓が原因の頭皮のニキビは、脂漏性湿疹とも呼ばれます。脂漏性湿疹を防ぐためにも、頭皮のケアは必要でしょう。

頭皮の悪臭がする

角栓がもたらす頭皮への影響として頭皮の悪臭があります。酸化したようなニオイが特徴で、角栓が酸化することによって生じるニオイです。ニオイを防ぐためには、原因となる角栓の生成を抑えなければなりません。

頭皮の悪臭は、ひどいと周囲の人に不快感をもたらします。加齢臭と呼ばれる中年の体臭の一つにも頭皮の悪臭は含まれています。

頭皮の角栓ができやすい生活習慣とは?

頭皮の角栓は生活習慣とも深い関わりがあります。食事、睡眠、運動、ストレスなど、どれかが乱れていると頭皮に悪影響を与えるので気をつけましょう。ここでは、それぞれの生活習慣と角栓に与える影響について紹介します。

食生活が乱れている

頭皮の角栓は、食生活が乱れることによって増加する特徴があります。角栓は脂質の一種であり、食事から摂取する脂質から合成されるものです。食生活が乱れ、脂質の摂取が過剰になるのも角栓の原因の一つと言えるでしょう。

脂質はエネルギー合成のために欠かせない栄養分です。しかし、頭皮の環境を整えるためには、過剰摂取を控えなければなりません。

過度のストレスがある

頭皮の環境はストレスに影響されるため、角栓の原因の一つにストレスがあります。ストレスが頭皮に影響を与えるのは、自律神経の働きが理由の一つです。

自律神経がストレスで乱れることで、頭皮や頭髪が必要とする栄養分の供給が安定して行われなくなります。ストレスを減らすことも、角栓を減らすことに繋がると言えるでしょう。

運動不足

運動不足も頭皮の角栓を作ってしまう原因の一つです。適度に運動することで、新陳代謝を高めることができます。新陳代謝がスムーズに行われることで、頭皮の新陳代謝も活発になって角栓が毛穴を詰まらせることもなくなるわけです

運動して汗をかくと頭皮に悪いという声も少なくありません。運動して汗をかくことの影響よりも、運動して新陳代謝を高める効果の方が高いです。運動不足を感じている人は、適度に運動をしましょう

睡眠不足

睡眠不足になると、角栓ができやすくなります。睡眠不足になると、体の機能が低下することやホルモンバランスが乱れやすくなるためです。角栓を減らすためには、安定した睡眠をキープすることも必要でしょう。

頭皮の角栓ができやすいシャンプーの習慣

頭皮の角栓は、シャンプーが原因で作られることもあります。シャンプーは頭皮をキレイにするために必要なアイテムです。間違ったシャンプーの使い方をしてないかどうか、みていきましょう。

肌に合わないシャンプーを使っている

頭皮ケアをしていても角栓ができる場合、肌に合わないシャンプーを使っていることが原因になっているかもしれません。シャンプーは頭髪や頭皮をキレイにするものですが、刺激成分も多く含まれています。この成分の一部が肌に合わないことで、角栓を作り出すようなこともあるので気をつけましょう

シャンプーやトリートメントの洗い残し

シャンプーやトリートメントを水でキレイに洗い流さないことで、頭皮の角栓ができることもあります。シャンプーやトリートメントの成分には、頭皮に刺激を与える成分が含まれているためです。

キレイに洗い流すことができないと、頭髪や頭皮を刺激し続けることになります。高級シャンプーやトリートメントを使っても、洗い残しがあると頭皮は影響を受けるので注意しましょう。

シャンプーの頻度を間違えている

シャンプーの頻度を間違えることも、頭皮の角栓を作る原因の一つです。シャンプーはたくさん使えばいいわけではありません。頭皮に悪影響を与える成分も含有されているため、回数を減らし、一回でキレイに洗うことを意識しましょう

整髪料の洗い残し

ヘアワックスやヘアスプレーなどの整髪料も、頭皮の角栓を作り出す原因です。整髪料を洗い残してしまうと、整髪料の成分が頭髪や頭皮に残存してしまいます。シャンプーを使って整髪料をキレイに洗い流すようにしましょう

頭皮の角栓を作りにくくする栄養素

頭皮の角栓予防は、食生活の改善でも可能です。ここでは、頭皮の角栓を作りにくくするために摂取したい栄養素について紹介していきます。

ビタミンB2、B6

頭皮の角栓を作りにくくするために必要な栄養分に、ビタミンB2とビタミンB6があります。ビタミンB6は、頭皮の新陳代謝に欠かせないたんぱく質の代謝に寄与するのが特徴です。

ビタミンB2は、頭皮の糖質や脂質の代謝を促進しています。これらの成分が含有されている、レバーや魚介類などを積極的に摂取しましょう。

ビタミンC

頭皮の角栓の生成を抑える成分の一つに、ビタミンCがあります。柑橘系や野菜に多く含まれている成分で、美容成分としてもお馴染みです。ビタミンCは頭皮に潤いを与え、乾燥から守る働きがあります

角栓は頭皮を乾燥から守る働きも担っており、乾燥状態が軽減されることで、角栓の生成が不要になるわけです

オメガ3脂肪酸

頭皮の角栓を予防する方法として、DHAやEPA、αリノレン酸などのオメガ三脂肪酸の摂取をおすすめします。

これらの成分は体内で作ることができない成分で、肌のターンオーバーを促して古い皮脂を毛穴から排出するのが特徴です。オメガ三脂肪が多く含まれている青魚やごまなどを意識して摂取しましょう。

頭皮の角栓を作りにくくする生活習慣

頭皮の角栓は、運動や睡眠改善で作りにくくすることもできます。ここでは、頭皮の角栓を作りにくくする生活習慣について紹介していきます。

有酸素運動をする

有酸素運動は、頭皮の角栓を作りにくくするオススメの方法です。運動をして汗をかくことで、毛穴に詰まっている角栓を取り除くことができます。

有酸素運動は代謝を上げることもできるため、肌の代謝を促して角栓の生成を予防する効果も期待できるでしょう。

しっかり睡眠をとる

角栓の生成を抑えるためには、しっかり睡眠をとることも心がけましょう。長く寝ればいいわけではなく、1日に5~7時間の睡眠を安定的にとることが大切です。睡眠不足の解消は、角栓だけでなく美容全般にメリットがあります。

頭皮の角栓を作りにくくするシャンプーの習慣

頭皮の角栓を作りにくくするためには、マッサージやオイルを絡めたシャンプーもおすすめです。ここでは、角栓予防に効果的なシャンプーの方法について紹介していきます。

正しいシャンプーで除去する


頭皮の角栓を除去するためには、正しいシャンプーが必要になります。ここで紹介するシャンプーは、頭皮マッサージをしながら角栓生成を抑えるのが特徴です。頭皮にかかる負担も少なく、効果的な頭皮の角栓予防効果が期待できるでしょう。

ホホバオイルを使ってクレンジングをする


頭皮の角栓予防の方法として、ホホバオイルを使ったクレンジングがあります。オイルが頭皮の毛穴の過酸化物質を除去し、健康的な頭皮を作れる方法です。すでに角栓ができている人にもおすすめします。

まとめ

頭皮の角栓は、生活習慣と深く関わりがあります。放っておくと薄毛や悪臭など、デメリットしかありません。生活習慣やシャンプーの仕方を見直し、頭皮の角栓予防をしていきましょう。