頭皮が脂っぽくなる原因と対策するために心がけたいこと

頭皮が脂っぽいのは、食生活や整髪料、シャンプーなどが原因になっていることもあります。放っておくと頭皮トラブルの原因にもなるので、健康な頭皮を維持するためにも、頭皮の改善を図りましょう。

頭皮が脂っぽくなる食生活とは?

頭皮が脂っぽくなる食生活は、脂身の多い食事や甘いものをよく食べる場合、食品添加物が多く含まれているインスタント食品なども関わってきます。ここでは、頭皮が脂っぽくなる食生活について解説していきます。

脂身の多いお肉を食べることが多い

頭皮が脂っぽく感じる場合、脂身の多い肉を食べることが原因の場合があります。脂っぽくなっているのは、皮脂の分泌量が多いためです。皮脂に肉由来の油成分が含まれ、これが頭皮に達して脂っぽい頭皮にしてしまいます。

肉類の中でも、特に脂分が多い脂身を食べると頭皮が脂っぽくなりやすいので注意が必要です。頭皮の脂っぽさが気になるときは、脂分が少ない肉類を摂取するようにしましょう。

チョコレートやケーキなどの甘いモノをよく食べる

チョコレートやケーキには脂分が多く含まれており、頭皮の脂っぽさを作る原因になります。糖分も多く含有されており、脂肪がエネルギーとして使用される前に、糖分が使用されてしまうのも頭皮に脂分が到達しやすい理由です。

頭皮のべたつきが気になるときは、できるだけチョコレートやケーキなどの甘い食べ物は控えるようにしましょう。糖分の過剰摂取は、頭皮の環境だけでなく、健康面でもマイナスが多くなります。

食品添加物の多いインスタント食品

食品添加物が多く含まれているインスタント食品も、頭髪のべたつきを作る原因になります。栄養バランスが乱れることも理由の一つで、脂分を吸収する栄養分を阻害してしまうため、取りすぎには気をつけましょう

食品添加物の化学物質や有害物質は、頭皮の環境にも悪影響を及ぼします。直接的に脂分を摂取するわけではないものの、間接的に頭髪の環境を悪化させてしまうので注意しましょう。

頭皮を脂っぽくする習慣

頭皮が脂っぽくなるのは習慣も関係しています。整髪料の使用頻度が多い人や帽子を着用することが多い人は要注意です。頭皮を脂っぽくする習慣を詳しくみていきましょう。

整髪料を頭皮につけてしまう

整髪料を使用してヘアスタイルを整える場合、整髪料が頭皮についたままだと頭皮が脂っぽくなります。整髪料に使用されている油分が頭皮や頭髪についてしまうためです。シャンプーをして洗い流すときは、入念に洗って落とさなければなりません

整髪料が髪の毛や頭皮に残っていると、頭髪や頭皮の環境を悪化する原因にもなります。頭皮環境の悪化だけでなく、薄毛の原因や脂漏性湿疹の原因にもなるので注意しましょう。

帽子をよく被る

帽子を被る頻度が多い人も、頭皮が脂っぽくなりやすい人の特徴です。これは、通気性が低下して帽子内の温度が高くなって汗が出やすいことが理由になります。汗が出ても蒸発できず、汗に含まれている皮脂が頭髪全体に影響を与えるわけです。

帽子を着用して頭皮の脂っぽさが気になるときは、通気性の高い帽子を着用することをおすすめします。特に夏場は汗をかきやすいので、こまめに汗を拭くなどの対策もしましょう。

皮脂の分泌を抑える食べ物

頭皮の脂っぽさは、皮脂の分泌を抑える食べ物を摂取することで抑えることもできます。ここでは、皮脂の分泌を抑える食べ物について紹介していきます。

レモンやみかんなどの柑橘類

頭皮の皮脂を抑えるためには、レモンやみかんなどの柑橘類の摂取がおすすめです。これらの食材には糖質や脂肪の代謝と排泄を高める働きがあります。皮脂を作る脂肪分を多く使用してくれることで、頭皮に達する皮脂も減ってきます。

ビタミンCは代謝の向上だけでなく、美肌作りをサポートする働きがある栄養素です。頭皮の脂っぽさを改善するだけでなく、頭皮の環境も整えてくれるでしょう。

緑黄色野菜

緑黄色野菜を積極的に食べることで、皮脂の分泌を抑えることができます。緑黄色野菜に含有されているビタミンCやビタミンAに皮脂の分泌を抑える働きがあるためです。緑黄色野菜の中でも、ピーマンやナス、紫キャベツ、ニンジンなどが特によいでしょう。

黄色野菜は皮脂の生成だけでなく、頭皮や頭髪の状況を整える働きもあります。皮脂や頭皮のコンディションを整えることで、薄毛予防にもつながっていきます。

シャンプーするときのポイント

頭皮の脂っぽさが気になる場合、シャンプーのやり方が間違っていることもあります。正しいシャンプーの方法や、シャンプーのコツについてみていきましょう。

シャンプーは毎晩一回まで

シャンプーをするときは、毎晩一回までにしましょう。シャンプーは頭髪や頭皮の汚れや皮脂を洗い流すために必要なアイテムです。しかし、シャンプーはたくさんすればいいというわけではありません。

シャンプーの中には刺激成分も含有されており、この成分が頭髪や頭皮に悪影響を与えます。一回のシャンプーの中で、頭髪や頭皮についている汚れをしっかり落とすように意識しましょう。

髪を洗うときは指の腹で洗う

髪の毛をシャンプーで洗うときは、指の腹を使って洗いましょう。爪を立てて洗ってしまうと、頭皮に傷がついてしまいます。指の腹を使って洗うことによって、頭皮に与える影響やダメージを最小限に抑えることができるわけです

頭皮が傷んでしまうと、皮脂が過剰分泌する原因にもなるので注意しましょう。また、指の腹だと細かい汚れが取れにくいため、入念に時間をかけて洗いましょう。

シャンプーやトリートメントは洗い流す

シャンプーやトリートメントを洗い流すときは、原液が残らないように入念に洗い流すようにしましょう。シャンプーやトリートメントの原料は、頭皮に刺激を与える成分が含まれていることもあります。

トリートメントは油分が含まれているため、洗い流さないと頭皮が脂っぽくなる原因にもなるので注意しましょう。洗い流すときは、水をかけるだけでなく、指の腹を使ってなでるようにすると効果的です。

皮脂の除去に効果的な頭皮クレンジングの方法

頭皮の皮脂は、頭皮クレンジングで除去することができます。頭皮クレンジングの方法や頻度、クレンジングに適したタイミングなどを紹介していきます。

頭皮クレンジングの方法

頭皮の脂っぽさが気になる場合の対策として、頭皮クレンジングがおすすめです。頭皮クレンジングをすることで、頭皮の環境を整えることができます。頭皮のコンディションが整うと、頭皮のべたつきも気にならなくなってくるでしょう。

頭皮クレンジングをするときは、セルフで簡単に行うことができます。頭皮の脂っぽさだけでなく、美髪を作る上でも効果的です。毎日続けることで、効果も高まっていきます。

週1回を目安にクレンジングする

頭皮の脂が気になる人には、週一回を目安とした頭皮クレンジングをおすすめします。頭皮クレンジングは、頭皮の脂分をごっそり落とせるのがメリットです。べたつきやニオイ、かゆみ、フケなどの頭皮トラブルも抑えられるでしょう。

クレンジングを使うときは、必ず頭皮専用のクレンジングを使いましょう。メイク用のクレンジングを使ってしまうと頭皮トラブルにつながることもあります。

頭皮だけをクレンジングする

頭皮クレンジングで頭皮の脂分を落とす場合、頭皮だけをクレンジングするようにしましょう。専用クレンジングは、頭皮の脂分の分泌を考慮して作られているものです。他の部位に使ってしまうと、影響が大きすぎることもあります。

頭皮を限定してクレンジングを使うときは、全体に馴染ませるような感じで優しくマッサージしましょう。ぬるま湯で頭皮をすすぐ仕上げも忘れないように注意が必要です。

頭皮が乾いた状態でクレンジングする

クレンジングするときは、頭皮が乾いた上で行うようにしましょう。頭皮が濡れている状態だと、クレンジングをしても効果がありません。シャンプー後のクレンジングは、ドライヤーを使って頭髪と頭皮を乾燥させる必要があります。

まとめ

頭皮が脂っぽくなるのは、生活習慣が深く関わっています。生活習慣を見直し、シャンプーのやり方を変えるだけでも、頭皮の状態は改善することが可能です。頭皮や頭髪の改善をするためにも、頭皮が脂っぽい原因を知ってきちんと対策しましょう。