角栓を徹底ケア!原因・症状・予防法・対処法まとめ

角栓は、顔の毛穴を詰まらせる皮脂や角質のことをいうもので、20歳を過ぎて繰り返しできる大人ニキビの原因にもなるものとして知られています。

角栓は悪の元凶というわけではなく、外部からの細菌などが侵入することから肌を守ってくる役目も果たしています。問題となるのは、角栓が過剰に発生してカサカサした肌や粉をふいた肌などに変化し、ニキビなどの肌トラブルを生じることです。

そこで、角栓の特徴や成分、役割やメカニズム、角栓が毛穴を詰まらせないためのスキンケアの方法などについて解説します。

角栓の成分とは

肌を健やかに保つために必要な役割を果たすことも多い角栓は、その70%がケラチンなどのタンパク質を主成分としており、過剰な皮脂が占める割合は30%ほどと、意外に少ないものです。タンパク質のほとんどを占めるのは、古くなった角質、未発達の角質細胞です。

このように、角栓はそのほとんどが角質細胞であることがわかりますが、疎水性溶媒には溶けにくいという性質があるため、脂を溶かすように角栓を除去することは難しいものです。また、普段は肌のバランスを整えバリア機能に必要な皮脂も過剰に分泌されることによって角栓の原因となり、毛穴を詰まらせてニキビの原因となることがあります。角質と皮脂が交じり合った角栓は、なかなか除去しにくいものです。

未発達の角質細胞

本来、古くなった角質は分解酵素の働きによってそれだけが剥がれ落ちるサイクルによって排出されます。しかし、鼻などの角栓ができやすい肌では、角質が剥がれるスピードが速くなり、角質細胞が十分に発達する前に角化して角質を外へと送り出すサイクルになってしまうことが多くなります。

成長した角質細胞のような分解酵素をもたないため、真皮層や皮下組織によって角質の最上部まで押し上げられた際に肌に留まることができず、未発達のまま剥がれ落ちてしまうのです。周りの角質細胞と中途半端につながった形で留まることもあり、皮脂や古い角質と絡み合って角栓を形成することになります。

皮脂

皮脂は角栓の全成分の3割ほどしか占めないため、それほど影響はないように思えます。しかし、皮脂は空気に触れることによって酸化する性質があるため、鼻の毛穴を黒ずませる原因となります。酸化した角栓の皮脂は、皮膚にダメージを与えて活性酸素を産生することから、毛穴だけでなく周辺の皮膚まで黒く変色させてシミのように見える原因となります。

過剰な皮脂は毛穴を詰まらせることによって大人ニキビの原因ともなるため、適切なケアが必要となります。肌に水分が少ないとそれを保持しようとして過剰に皮脂を分泌することがあることからオイリー肌の人でも保湿を怠らないようにすることが大切です。

角栓の役割

角栓は角栓詰まりや黒ずみなど、肌にさまざまな影響を与えることからいつも悪者扱いされます。しかし、角栓は正常で健やかな肌を維持するために重要な役割も果たしていることから、角栓を全て除去することは望ましくありません。

毛穴から雑菌が侵入するのを防ぐ役割や肌を守る役割など、角栓が肌のために必要である理由について解説します。

毛穴に雑菌が入るのを防ぐ

顔の皮膚は他の皮膚のように服に覆われて守られておらず、いつもむき出しの状態で外部からの刺激にさらされています。もし、肌のバリア機能がなければホコリや雑菌などの影響をダイレクトに受けて肌がボロボロの状態になることでしょう。

雑菌などが自由に肌のなかに侵入しないように肌の出入り口となる毛穴に蓋をしてくれる役目を果たしているのが角栓です。角栓が大きくなりすぎて完全に毛穴を詰まらせてしまうと、大人ニキビなどの肌トラブルの原因となりますが、そこまで角栓を成長させなければいいのです。肌のターンオーバーやバリア機能に必要な角栓は自ら剥がれ落ち、小さな角栓が形成されることで肌を正常に保ってくれています。

肌を守る

角栓は肌を守るために必要な存在であり、全てを除去することは肌の健康を阻害することになります。肌が健康な状態であれば、不要になれば自然に剥がれ落ちるのが角栓です。洗顔やクレンジングなどで過剰に角栓を除去しようとすれば肌のターンオーバーやバリア機能を阻害することになるでしょう。

見た目が気になる、黒ずみなどのシミの原因になる、などの理由で無理やり除去することで肌が異常に反応して古い角質がいつまでも留まったり、十分に成長していない未発達の角質細胞が剥がれたりして、肌の再生サイクルが乱れてしまうことになります。

角栓のメカニズム

肌の黒ずみの代名詞としても知られている角栓。肌の大敵のように扱われることが多いものですが、ホコリや細菌から肌を守ってくれる役割も果たしています。角栓のほとんどは角質でできており、角質は薄くて硬いシート状の物質で一つ一つの細胞は目に見えないほどの小さなサイズです。肌が荒れた時に白く粉をふいたような状態になりますが、これは角質によるものです。

古い角質や未発達の角質、そして皮脂が絡み合って角栓が形成され毛穴を詰まらせることから、角栓詰まりと言われています。角栓詰まりの原因となる古い角質の蓄積や本来は自然に排出される角質や皮脂について解説します。

古い角質が少しずつ溜まる

肌のターンオーバーによって通常は古くなった角質は剥がれ落ちます。いつまでも肌に留まって剥がれない角質が増えると排出することができなくなり、少しずつ毛穴に皮脂を絡めながら溜まっていきます。健康な肌は、柔軟性やハリがあり通常は毛穴もしっかり閉じていて、不要な角質や皮脂が排出されています。しかし、毛穴が硬くなって柔軟性が失われると角質や皮脂が毛穴から上手く排出されなくなることがあります。

毛穴が硬くなることによって角質や皮脂が毛穴の内部に長く留まるようになり、古くなった角質や皮脂が酸化することで毛穴の内部にダメージを与えるようになります。角栓詰まりを予防するためには、自然に古い角質が剥がれ落ちる正常な肌のターンオーバーを整えることが大切です。

自然と排出される

正常な肌のターンオーバーやバリア機能が維持されていれば、古くなった角質や過剰な皮脂は自然に毛穴から排出されます。新陳代謝が活発であれば体の健康をキープできるように、肌機能が正常であれば健やかな肌を維持することができるのです。

肌荒れなどの肌の異常があると、古い角質がバラバラではなく塊となって剥がれ落ちます。本来、古くなった角質は、剥がれ落ちるための分解酵素をもっていますが、塊となって剥がれ落ちる際に分解酵素をもたない周辺の未発達の角質細胞をとりこんで一緒に剥がれ落ちることがあります。まるでダマのような形状ではがれおちるものが角栓となり毛穴を詰まらせる原因のひとつとなるのです。

角栓の詰まりを除去するスキンケア

角栓は肌を守るためにも必要なものであるため、角栓そのものを過剰に摂り過ぎる必要はありません。角栓詰まりの原因となるものを除去することに重点をおいたスキンケアが大切でありデリケートは肌を傷つけるような洗顔は逆効果となります。

皮脂や角質が気になるからといって、1日に何度も洗顔したり、洗浄力の強いもの、スクラブが配合されているものなどの洗顔料を使用して力を入れて洗顔したりすることは、肌にダメージを与え新たな角栓の詰まりをまねくものとなります。

角栓の詰まりを除去するための正しいスキンケアとして、洗顔料をしっかりと泡立てること、ゴシゴシ刺激せずに優しく洗うこと、ぬるま湯を使って十分にすすぐことを3つのポイントとして解説します。

しっかり洗顔料を泡立てる

スキンケアで最も重要なのが洗顔です。角栓は肌にとって必要なものでもあるため、角栓を剥がそうと意識してゴシゴシ洗っては逆効果となります。優しく肌をいたわるように洗顔するためには、マイルドな成分が配合された洗浄力が強すぎない洗顔料を使うことがポイントとなります。

洗浄液をそのままの状態で素肌につけるのではなく、手のひらで十分に泡立てて浮き上がった皮脂汚れを泡で包みこんで除去するイメージで洗うことが大切です。肌に不要となった角栓は自然に剥がれることを信じて、角栓を除去しようというイメージを持たずに優しく洗うことがコツとなります。角栓は取り除くのではなく、時間をかけて小さくしていくことが大切です。

肌を滑らせるように優しく洗う

過剰な皮脂や角栓が気になるとどうしても力を入れてゴシゴシと洗顔したくなるものです。しかし、摩擦を生じながら無理やり剥がした角栓の後にはさらに大きな角栓ができ毛穴を詰まらせる可能性があります。また、正常な肌の角質や肌を守るために必要な皮脂も除去することになり、肌のターンオーバーやバリア機能を乱すことにもなってしまいます。

古い角質や余分な皮脂を洗い流すことに重点を置き刺激をなるべく与えないように洗顔するためには、十分に泡立てた洗顔料を使って、泡で包み込むように皮脂などを吸着して除去した後は、手のひらで優しく肌を滑らせるように洗い流すことが大切です。

ぬるま湯ですすぐ

角栓を自然に取れやすくするためには、鼻の毛穴を開きやすくさせることが大切です。お湯で洗顔した後に毛穴が開きっぱなしにならないよう、最後の仕上げに冷たい水で毛穴を引き締める洗顔を行っている方も多いでしょう。角栓は、毛穴が開かないと剥がれにくくなるため洗顔した後のすすぎもぬるま湯で毛穴を開いた状態で行うことが大切です。

冷水を使用すると肌の毛穴がキュッと閉じてしまい、汚れや洗浄成分が毛穴に残ったままとなる可能性もあります。洗顔前にも浴槽に浸かって蒸気で肌を温めながら鼻の毛穴を開かせるようにするといいでしょう。朝の洗顔では、蒸しタオルを使って毛穴を開かせることも有効です。

角栓詰まり取りのNG行動

毛穴を詰まらせることも多い角栓詰まりは、美肌をキープしたいという女性にとっては大きな悩みとなります。角栓を取り除こうとさまざまなスキンケアにチャレンジすることもあるでしょうが、角栓には肌を守るという大切な役割もあるため、取り過ぎは禁物です。

角栓対策のためのスキンケアは、角栓のもととなる角質を取り過ぎないレベルで、自然なターンオーバーで取れやすくする環境を整えること、肌に非必要な角質が角栓になる原因を排除することが大切です。間違ったスキンケアは逆効果になることもあるため注意が必要です。角栓詰まり対策で多いNG行動について解説します。

ゴシゴシ洗顔する

皮脂や古い角質が気になる方、日頃からオイリー肌の悩みがある方は、1日に何度もゴシゴシと洗顔する傾向があります。毛穴を詰まらせないためには、いつも清潔にしておくことは大切ですが過度な洗いすぎは禁物です。

顔の皮膚は外部からの刺激や摩擦に弱く、スクラブ入りの洗顔料などを使うと傷つきます。角栓はあくまでも自然なサイクルで剥がれることを待つことが大切で、ゴシゴシ洗顔して根こそぎ剥ぎ取ろうとするとさらい大きな角栓ができて悪循環となることがあるので注意が必要です。

無理やり角栓を引っ張る

正常な肌のターンオーバーが維持されている場合には、古くなった角質や皮脂などが溜まることでできる角栓は、自然に剥がれていくものです。角栓が気になるからと自分で無理やり取り除くと皮膚が過敏に反応し、未発達の新しい角質を生成したり、皮脂が過剰に分泌されたりする肌の防御反応が働いて以前よりも大きな角栓がつくられることがあります。

特に毛抜きやピンセットなどの道具を使って角栓を除去すると、周りの肌を傷つけるだけでなく毛穴から出血することもあるので注意が必要です。

毛穴パックを何度もする

鼻の周りの毛穴は他の場所と比べて大きく深いため、毛穴が目立ちやすくなります。通常の洗顔では皮脂や化粧品などが残っているのではないかと、洗顔後に毛穴パックをしているという方もいるでしょう。毛穴パックは、毛穴を詰まらせる角栓や黒ずみを除去することができる即効性のあるスキンケアのひとつではなりますが、パックをした後の毛穴は開いたままの状態となるため実は毛穴にさらに汚れや角質、皮脂などが溜まりやすくなります。

角栓だけでなく、未発達な角質細胞や顔のバリア機能に必要となる皮脂まで全て剥がしてしまうことになるため、肌にはあまりよくありません。どうしても毛穴パックをしたいのであれば1週間に1度ぐらいに留めて置き、パック後には毛穴を引き締め、潤いを補給する化粧水などを使用することをおすすめします。

角栓詰まりを除去するための生活習慣

小鼻の周りなどTゾーンと呼ばれる皮脂分泌が盛んなところにできることが多いのも角栓の特徴のひとつです。毛穴周りに角栓が多くできると角栓で毛穴が詰まりがちとなり、ニキビや肌荒れなどさまざまな肌トラブルの原因となってしまいます。

角栓詰まりは、古い角質がいつまでも剥がれ落ちなかったり、逆に未発達な角質細胞が成長する前に剥がれ落ちたりすることも原因のひとつです。肌のターンオーバーが正常に機能していないことを理解して、その原因となる生活全般の見直しを図らないとなかなか状況を改善することができません。そこで、角栓詰まりと食生活や睡眠時間、ストレスや運動との関係について解説します。

野菜を多く食べる

欧米の食文化が広く根付いた現代の日本では、毎日、パン食やファストフードで済ませるという人も珍しくありません。もともと日本人は米などの穀物類や野菜類、魚介類などを消化するのに適した胃腸のつくりとなっており、消化に負担がかかる肉や乳製品などとは無縁の生活が長く続いていました。

普段の食生活では、無意識に糖分や脂分を摂取することが多くなり、血液がドロドロになったり、皮脂が過剰に分泌されたりする原因となっています。新陳代謝や肌のターンオーバーに必要な栄養成分はビタミンやミネラルがメインとなるため、脂肪分の少ない野菜中心の食事を心がけることが、角栓詰まりの改善につながると言えるでしょう。

ゴールデンタイムになるべく就寝する

仕事の忙しさやゲームやテレビなどを楽しむために、ついつい夜更かしを繰り返してしまうという方も多いでしょう。最近では睡眠負債の問題も話題となっており、最低でも7時間以上は睡眠時間を確保した方がいいとも言われています。また、時間だけでなく睡眠をとる時間帯も重要であり、22時~2時までのゴールデンタイムを睡眠時間に含めることが重要であるとも言われています。

ゴールデンタイム中には、細胞の生まれ変わりなどに重要となる成長ホルモンが活発に分泌されるとともに、健やかな肌を維持するためのターンオーバーも活性化されます。ターンオーバーが乱れることによって古い角質や未発達の角質が剥がれるタイミングがずれてしまうため、角栓詰まりを改善する対策のひとつとしてゴールデンタイムにはしっかりと就寝することを心掛けることが大切です。

ストレスをためない

現代は、毎日の仕事や複雑な人間関係などでストレスフルな社会であると言われています。過度なストレスが溜まると血行不良やホルモンバランスの乱れが生じ、新陳代謝も低下します。発疹や痒みがあって皮膚科を受診すると「ストレス性でしょう」と診断されることも珍しくありません。ストレスが原因で胃腸の調子が悪くなることもありますが、肌は胃腸とも深い関わりがあり胃腸が悪くなると肌荒れしやすくなります。

ストレスが溜まると肌のターンオーバーにも大きな影響を与えるため、古くなった角質が剥がれ落ち、新しい角質細胞が再生されるという正常なサイクルを維持できなくなってしまうことで角栓詰まりが生じてしまいます。ストレスを全て除去するということは困難ですが、溜め込まないようにその都度解消するように心掛けることが大切です。

適度に運動する

仕事で疲れて遅く帰宅する生活が続くと、インドア生活が当たり前となってなかなか体を動かす機会もなくなってしまうものです。遅い夕食であまり動くことなく就寝したら、太りやすい体質になるのも当然です。また、血行不良や新陳代謝の低下をまねくことにもなるため、軽い運動でもいいのでできるだけ毎日継続することが必要です。

適度な運動は、皮膚の新陳代謝を高めるとともに汗をかくことから毛穴が広がりやすくなり、角栓詰まりの改善にも効果があります。適度な運動はストレス解消にもぴったりであるため、肌にはWの効果があると言えるでしょう。どうしても運動ができないという方は、ぬるめのお湯に長く浸かることによって日常的に毛穴を広げやすくすると詰まりにくくなります。

まとめ

顔のなかでも目立ちやすい鼻にポツポツとできる角栓は気になるだけでなく、黒ずみやシミ、大人ニキビの原因となることもあるため、除去しようと必死になることがあります。しかし、角栓は外部から雑菌などが侵入しないようにするための肌の防御機能を果たす役割をしており、むやみに除去すると健やかな肌を維持することができなくなります。

角栓が自然に剥がれ落ちるような環境をつくるための正しいスキンケアや生活習慣の見直しを心掛けて、正常な肌のターンオーバーを維持するようにすれば、角栓詰まりを解消することができるでしょう。”