人が苦手なのはなぜ?人付き合いが上手に得意になる方法

人付き合いが上手くできないことが、悩みになっている人が多くいます。ただへこむだけで、思考停止に陥るのではなく、なぜ自分が人が苦手なのかを知れば、解決策も見えてくるものです。

そこで今回は、

  • 人が苦手な人の特徴
  • 人といると疲れてしまう原因
  • 人付き合いが得意になる方法

について紹介します。ぜひ見つめ直して見てくださいね。

人が苦手な人の特徴

自分の中で精神的な問題を抱えていることで、人が苦手という意識を強く持っている人が多くいます。以下の内容の中に、いくつ当てはまることがあるでしょうか。人が苦手な人の特徴をご紹介しましょう。

好奇心がない

人に対して興味を持つことができないため、人が苦手という意識が強くなっている人は多いです。相手に興味がないため質問をすることがなく、興味を持ってもらおうとも思っていないために、自分から話題を提供しようという気にもなれず、話が広がりません。結果、気まずい空気が流れるばかりになってしまいます。

被害妄想が強い

いっさい悪意が含まれていない褒め言葉に対しても、相手が嫌味をいっているという受け取りかたをする傾向があるのが、人が苦手な人の特徴のひとつです。何もいわれていないのに、この人はどうせ自分のことをこう思っているだろうと、悪く思われていると思い込んでしまう癖がある人もいます。

自分に自信がない

劣等感が強い上に傷つきやすく、物事を勝ち負けで判断する人が多いのが、人が苦手な人の特徴のひとつといえます。自分より優れていると思う人と話すたびに敗北感を味わってしまうことになるため、人と関わるのをできるだけ避けるようになっているのです。

相手の目を見て話せない

誰かと会話するときに緊張や恥ずかしさを感じて、相手の目を見て喋ることができない人が多いのも、人が苦手な人の特徴のひとつといえるでしょう。

まわりの人から自分がどう見られているのかを過度に意識していて、相手の目を見ることで変に思われるのではないかと感じ、視線を向けられません。人の目を見て話せないことで不信感を抱かれてしまうなど、損をしてしまうことがあります。

自分のことを話さない

自分のことを喋って馬鹿にされてしまうのではないか、相手を傷つけるなど不快な思いをさせてしまうのではないかと気にし過ぎています。失敗に対する恐怖心を強く抱いているために、寡黙になってしまっている人がいるのです。

複雑な家庭で育った

複雑な家族の中で育ってきた人が、人が苦手な人には多くいます。子どもの頃に人格を否定され続けていると、自己肯定感が著しく低い人になるリスクが高いです。結果、悪いほう悪いほうに物事を考えてしまい、人に対して強い警戒心を抱き、なかなか心を開くことができず人付き合いが上手くいきにくくなります

人といると疲れる原因

人といることに嫌な疲れを感じると、それが人が苦手で関わりたくないという考え方につながってしまいます。しかしその疲れは、周囲ではなく自分が原因で招いていることがあるのです。たとえば何があるのか、さっそく見ていきましょう。

感受性が強すぎる

そんなことまでいちいち気にしていたら身が持たないといわれるような些細なことにも敏感に反応し、泣いたり怒ったりするのが感受性が過度に強い人の特徴です。

こうした感情の変化ではエネルギーを消費することになるため、疲れてしまいます。大げさだと指摘されれば、そのことに対し悩んで余計に疲れてしまうことになりかねません。

完璧主義者

人に対して100%を要求する人がいます。相手のいたらない点に対する不平不満・文句・愚痴が多くなり、精神的疲労・ストレスで人と関わるのがしんどくなりがちです。

また、自分が完璧でなければ気が済まない人もいて、人にそこまで求められていないというレベルまで頑張り過ぎてしまい、勝手に疲れてしまっていることもあります。

他人の評価が気になる

自分に対するまわりの評価に過敏になっている人の中には、偽りの自分を演じている人もいます。人の顔色をうかがいながらどう動くか判断している人もいて、常に無理をしている状態になっているのです。

限界を超えてしまえば、まわりの視線が恐くなって自分の殻にこもってしまうケースもあります。たとえば失敗を恐れて、出勤できなくなってしまうようなこともあるのです。

人付き合いが得意になる方法

人と関わることに苦手意識がある人は、少し自分の視点を変えてみることによって、円滑・良好な人間関係をつくりやすくなります。人付き合いが得意になる方法を、以下にまとめました。

他人と自分を比較しない

自分に比べて相手が優れていると強く意識すれば堂々と振る舞えなくなります。逆に自分に比べて相手が劣っていると考えれば、見下すような態度になってしまう可能性が。

上を見ても下を見てもきりがありません。自分は自分、他人は他人と思い、卑屈・尊大な態度にならないようにすれば、人間関係は上手くいくことでしょう

少しずつ自己開示する

頑なに自分のパーソナルな情報を出そうとしないのは、関係を深めていきたいと思っている相手との仲を深めていくことの妨げになってしまいます。

一気に自分のすべてをさらけ出す必要はなく、小出しにしていくので十分であり、信頼関係の構築につながります。自分が自己開示することで、相手の自己開示を促すことにもなるでしょう

相手の言葉を深読みしすぎない

相手が褒めているのに対して、実は嫌味ではないのかなど、裏がある前提で受け取るのはやめたほうがいいでしょう。変に突っかかると無駄な労力を費やすことになります。素直に感謝したり、謙遜したりと受け入れたようにして、意に介さない姿を見せるのが吉です。

そうすると仮に相手に悪意があったとしても、面白くないと感じさせることができて、粘着されにくくなるでしょう。

他人と自分の価値観は違うと理解する

あらゆる物事に対して何を大切に、優先するかというのは、人によって異なるものです。自分以外の人に自分の価値観を押し付けるのをやめ、多様性を受け入れることによって、人付き合いが上手くいくようになるでしょう

自分が異なる価値観を受容できないために、まわりからも受容されないという問題の解決になります。

他人に興味を持つ

興味がない話を人がしているときは、うん・はい・へぇ・なるほどなどの相づちに終始する人がいます。ほんの少しでも相手の話している内容に注意を向けて、気になったことを質問してみるなどしてみましょう。

相手の言っていることに対して理解が深まると、たとえばそれが相手の趣味の話であれば自分もやってみようかなどと、自分の世界を広げるきっかけになるかもしれません

相手の話に耳を傾ける

人が苦手と思う人には、お喋りが得意でないことが原因になっていることが少なくありません。話すのが苦手なのであれば、聞き役に徹する手もあります。

相手の話を途中でさえぎらず、話している内容を否定しなければ、よき理解者として相手から信頼される可能性が高まります。

他人に尊敬できる部分を見つける

相手の悪い面ばかり目について人が苦手と感じるのであれば、良い面がないか意識して見つけましょう。そこを軸として関係を深めていける可能性がありますし、尊敬できるところを吸収して、自分を高めることもできます。

それがその人との関係を強固なものとするほか、新たな良好な人間関係の構築にも生きてくるでしょう。

まとめ

人が苦手と感じていても、生活に支障がなければ良いでしょう。しかし、そのことで悩み、どうにかしたいと思っている人がいるのも事実ではないでしょうか。

どういう人が人が苦手なのか、また苦手意識につながる、人疲れする原因についても今回は触れました。対処法も含めチェックし、人が苦手な悩みを克服するためにお役立ていただければ幸いです。