ビジネス本で仕事を円滑に!お悩みに効くおすすめ本紹介

恋愛、ゲームなどさまざまなジャンルの攻略本がありますが、ビジネスの分野にも攻略本があります。活字が苦手という人もいるでしょうが、自分にとってプラスになるものであれば、考え方も変わってくるのではないでしょうか。

今回は

  • 仕事で悩むこと
  • ビジネス書の魅力
  • おすすめのビジネス本

についてまとめてみました。

あなたの仕事で感じる悩みは?

ビジネス本を読む前に、まず仕事で感じる悩みを考えて見ましょう。仕事全般に対するビジネス本もありますが、明確な悩みがはっきりしている場合は、その悩みにピンポイントしているビジネス本がおすすめです。ここでは仕事で感じやすい4つの悩みについてピックアップしてみました。

今の仕事にマンネリを感じて面白くない

毎日同じ作業を繰り返している、あるいは、同じ業務の繰り返しではないけれど、できることはひと通り経験したという人は多いでしょう。そのために現在の仕事に飽きてしまっている人がいるのです。

今のままで良いのか、もっと面白い環境に移るべきなのではと悩んでしまいがちです。

思うように成果が出ない

自分では精一杯、仕事に取り組んでいるつもりでも、成果を上げることができずに悩む人は多いようです。その原因として、自分に向いていない職業に就いていることが考えられます。また、成果を出すために改善すべき点がわからないと思っていることもあります。

部下とのコミュニケーションや育成ができない

昇進をすると、人数に違いはあるとしても、部下を抱えるようになる人が多数います。仕事でのお悩みでトップ常連の「人間関係の問題」に直面し、苦労している人は多いのです。部下が自分に付いてきてくれない、離れていってしまう、賢明に指導しているのに育ってくれないというのは、よくある悩みといえるでしょう。

キャリアアップをしたい

もっと専門的な能力が身に着く環境に身を置きたい、経歴に箔を付けたい、高い地位や高年収の仕事への転職をしたいといったように、キャリアアップを望む人がいます。しかし、思うようにいかず、理想と現実のギャップに悩まされている女性も多いのです。

ビジネス書を読むと仕事の悩み解決の糸口が見える!

一冊のビジネス本との出合いが、アナタの仕事に大きな良い変化をもたらしてくれるかもしれません。実際に読むことによって、具体的にどんなメリットが得られるのでしょうか。順番に確認していきましょう。

解決方法や取り組み方を読んで成功するための考え方が学べる

仕事で成功を掴むには、試行錯誤がつきものと思っている人もいるでしょう。人類史上初の試みになるようなことであれば、確かにそうかもしれません。しかし、そうでないものについては、ビジネス本に疑問に対する答えや、上手いやり方が書かれていることが多いのです。

自分の無駄や反省点が分かる

仕事が上手くいっていないのが悩みで、どこに原因があるのか自覚できていない人がいます。ビジネス本は、そのような人に気づきを与えてくれる存在でもあるのです。読むことによって自分を変えられれば、落ち込んだり、恥ずかしい思いをしたり、申し訳ない気持ちになったりすることが少なくなります。

仕事へのモチベーションがアップする

ビジネス本と一口に言ってもさまざまなタイプのものがあります。中には読む人を鼓舞してくれるような内容にまとまっている書籍もあるのです。日々、仕事を続けている中で、何かがんばる動機付けが欲しいと思っている人には、ビジネス本がその望みを叶えてくれるかもしれません。

仕事のマンネリ化を解消したい人におすすめのビジネス本3選

自分自身の行動や思考の癖が原因となって、仕事のマンネリ化を招いていることがあります。3つのマンネリ打破の方法が書かれたおすすめのビジネス本を挙げますので、その内容に触れて実践してみると良いでしょう。

社会人3年を過ぎたら読む マンネリな自分を変える本


中小企業診断士・経営コンサルタントとして30年間で80業種、1、800社超の売り上げ・粗利向上の指導を務めてきた著者が送るビジネス本です。自己革新のための90のヒントが詰まっています。マンネリを脱却して、仕事だけでなくプライベートも充実させたいと思っている人にも適した内容です。

最強のモチベーション術


経営者やビジネスパーソンを対象に、年50回以上のセミナーや講演会を開催し、モチベーションに関するさまざまな書籍を発表してきた著者によるビジネス本です。再現性のある、実践的なノウハウを学べるので、特に部下を持つ人は、内容の充実度の高さを感じられるのではないでしょうか。

感性がもっと鋭くなる本―思考のマンネリを破る!

感性がもっと鋭くなる本―思考のマンネリを破る! (知的生きかた文庫)
仕事術に関するものを含め、100冊超の著書を執筆してきた著者による、マンネリ化した思考を変えるための8個のポイントが収録されている書籍です。ビジネス本としてはっきりカテゴライズされているわけではないものの、ビジネスパーソン向けの内容になっているといえます。

成果が出せるようになる考えや行動が分かるビジネス本3選

懸命に仕事に取り組んでいるけれど成果が出ないのは、その方法に問題があるのかもしれません。ここで挙げるビジネス本の内容に触れて、成果が出る方法を実践してみてはいかがでしょうか。

仕事偏差値を68に上げよう (どんな成功本を読んでも成果を上げられなかった人のための30の心得)


人の記憶に残る大手企業のコマーシャルを仕掛け、世界的な広告賞に輝いた実績を誇るクリエイターが送り出したビジネス本です。成果の出し方を知らない人に向け、突破口となる情報が詰まった一冊に仕上がっています。一つひとつのヒントが短文でまとまっているため、長文が苦手な人も読みやすいのではないでしょうか。

「なぜか成果が出てしまう人」の習慣術


世界的な企業でコンサルティングに従事するなど、輝かしい経歴を持つ著者2人によるビジネス本です。本書では、著者がコンサルティングやワークショップで培った、成果を上げる行動特性を身に付けるためのノウハウが収録されています。

ラクをしないと成果は出ない

ラクをしないと成果は出ない (だいわ文庫)
世界中を取材した経験を持ち、国内のノンフィクションを対象とした文学賞を受賞した経験を持つ著者が送るビジネス本です。がんばらずに成果を上げるために有用な、100の提案が収録されています。本書に書かれているたくさんのアイデアの中に、共感できて取り入れたいと思えることが見つかるかもしれません。

部下の育成術やコミュニケーションのコツが分かるビジネス本3選

部下の育成や、部下との円滑なコミュニケーションのためには、部下ではなく自分が変わったほうが良い場合もあります。下記のようなビジネス本を読むことで、部下の指導術やコミュニケーション方法を学んでみるのも良いのではないでしょうか。

ムチャぶりで人を育てる23のコツ-悩みが3分で解決する部下指導術


研修・セミナーへの参加者は述べ15万人。豊富な経験と心理学・脳科学の知識をベースとした、自立型人材育成カリキュラムを駆使して、社員と業績を伸ばすことを掲げる著者によるビジネス本です。

暗中模索状態にある部下を抱える人が、光明を見出すのに役立つ情報が収録されています。ムチャぶりとはタイトルにありますが、実際の内容はハラスメント的な内容ではなく安心、実用的です。

「20代男子」戦力化マニュアル 「ほめる・しかる」で部下を劇的に伸ばす!


率先して動けない指示待ち人間、些細なことでも指摘を受けるとすぐ辞めたがる人間。こうした困った若手社員を戦力外として見限ることなく、伸ばしていこうというのがこの書籍のコンセプトです。社内で受け継がれてきた人材育成方法があるのに上手くいっていないという人は、視点を変えてみるために読んでみると良いかもしれません。

どんな年上部下でも一緒に働きたくなる上司のルール


年下の上司を持つ人は、その人なりの悩みを抱えているものです。一方、年上の部下を抱える上司の側も、年上は敬うべきという思いから、指摘すべきところをはっきりと言えないなどの悩みを抱えがちです。本書は年上部下のいる上司目線で、大手ドラッグストア店長を務めた著者の経験に基づいた、役に立つ情報がまとめられています。

キャリアアップをしたい人のためのビジネス本3選

キャリアアップを望むのであれば、自分自身を見直して実現に必要な情報を得ていくべきでしょう。そのために役立つおすすめのビジネス本を3つご紹介しますので、キャリアアップのコツを学びたいという人は以下の内容をご覧ください。

サラリーマンのキャリアアップは人間関係が9割


派遣のシステムエンジニアから経営者になった、著者の経験に基づいた内容に仕上がっているビジネス本です。仕事におけるキーパーソンを見極め、その人物と良好な信頼関係を築けばキャリアアップにつながるという考えが軸になっています。そのための仕事術やコミュニケーション術が、本書には掲載されています。

35歳で課長になる人 ならない人―本当の「あなたらしい」働き方を見つけよう


キャリアコンサルタントとして、年間でおよそ2、000人をサポートした実績を持つ著者が送るビジネス本です。努力が報われない理由、自分の弱みや強み、改善すべき点を知りたい人に適した内容に仕上がっています。自分らしく仕事をしたいと思っている人が適職と出会うにはどうするか、このような悩みを持つ人にもおすすめの書籍です。

キャリアアップしたいあなたに伝えたい 働く女子の基本

キャリアアップしたいあなたに伝えたい 働く女子の基本
非正規雇用の受付スタッフとして最低賃金レベルで勤めている状態から、年商25億円の企業の取締役になった著者が送るビジネス本です。女性がサクセスストーリーを歩んでいくために欠かせない、仕事についての50の基本がまとめられています。

ビジネス本の読み方・吸収アップのコツ

ビジネス本の内容を100%分かろうとする、一気に読破しようとする、読むだけで完結してしまっているのは良くありません。読み方・吸収アップのポイントについて以下にまとめましたので、参考にしてみてください。

完璧に理解しようとしなくて良い

ビジネス本に書かれている内容のすべてを、完璧に理解しようとしなくても問題ありません。自分が仕事を円滑にするための、お悩みの解決に役立ちそうなところだけ分かれば、十分に収穫があったといえるでしょう

スキマ時間を活用して読もう

休日など、まとまった時間を確保できるときにじっくりと読もうと思っていると、そのまま読むことなく家で積んだままになる、いわゆる積読になってしまいがちです。移動中や休憩中といったスキマ時間を上手く使って読み進めるのを習慣にすれば、積読がなくなります。行動力や自己管理能力のアップにもつながっておすすめです。

読んだら一つだけでもすぐに実践すること

ビジネス本を読んでも、書かれていることに感心して終わってしまうのはもったいないことです。時間が過ぎれば忘れてしまい、せっかく買った意味がなくなってしまいます。いいなと思ったことすべてを実行しようとするのは大変ですが、何か一つでも実践し、ビジネス本を自分の仕事に活かすことをおすすめします。

まとめ

仕事に関する悩みは人それぞれですが、自分の考えや周囲への相談だけで解決できそうにない場合、ビジネス本を手にとってみると解決につながるかもしれません。

自分や身近な人とは異なる角度から、偉大な先人が知恵を貸してくれます。今回ご紹介したビジネス本の中から、まずは一冊、仕事に関するお悩みに合った本を購入して読んでみてはいかがでしょうか。