初めてのジム!通えるジムの選び方とトレーニング中のマナー

ダイエットや健康維持のために、スポーツジムに通う人が増加しています。利用者のニーズの多様化に合わせて、24時間営業や完全個室など、様々な特徴を持つジムが現れました。ジムに通った経験がない方は特に、どのジムに入会しようか迷ってしまうかも知れません。

この記事では、

  • 初めてのジム選びのポイント
  • 体験入店時に確認したいポイント
  • ジムでの基本的なマナー
  • ジム内のプールでのマナー

をご紹介します。きちんと通うようになるためにも、ジムの選び方やポイントになる点を把握して、自分に合ったジムを見つけてください。

初めてのジム選びのポイント

スポーツジムには様々な特徴やセールスポイントがあり、初めての方は迷ってしまいがちです。しかし、自分に合ったジムを選ばないと、せっかく入会してもなかなか通えなくなり、後悔することになるかもしれません。初めてのジム選びに重要なポイントとは、どういったことなのでしょうか。

利用料金が高すぎないこと

ジム選びでまず大切なのは、利用料金が高すぎないことです。いくら施設やサービスが充実していても、経済的な事情で続けられなくなる可能性もあります。ジム選びをする際には、料金の相場を知るために、インターネットなどで複数のジムの利用料金を検索し、比較することをおすすめします。また、料金が安すぎるジムも、利用できる時間が限られていたり、使える器具が少なかったりする場合もあるので、ホームページをよく見て研究しましょう。

無理なく通える時間帯であること

ジムへの入会を検討する際には、自分が無理なく通える時間帯に営業しているかどうかも考慮しましょう。例えば、仕事帰りの遅い時間帯に通いたいなら、深夜までやっているジムを選ぶと安心です。また、ジムによっては平日の昼間限定など、安い料金で利用できるコースを設けていることもあります。安いからといって通いづらい時間帯を選んでしまうと、結局足が遠のくことになるので注意しましょう。

通いやすい立地であること

定期的に通うためには、ジムの立地も重要です。休日や仕事帰りでも利用しやすいように、自宅や勤務先の近くのジムを選ぶと良いでしょう。家の近所のジムなら地元の知り合いもできやすく、思わぬご縁につながる可能性もあります。また、女性の場合はトレーニング後にメイク直しする手間がかかりますが、近所のジムなら簡単なお直しだけですぐに家に帰れるので、より気楽に通うことができますね。

体験入店時に確認したいこと

スポーツジムの多くは、正式に入会する前に体験入店というサービスを設けています。かかる金額はジムによって違いますが、通常料金より安いことがほとんどなので、積極的に利用しましょう。良いジムであるかどうかを見極めるために、体験入店で確認したいことについてまとめました。

マシンの種類が豊富にあること

ジムの体験入店時にまず確認したいことは、利用できるトレーニングマシンの種類です。マシンの種類が少ないと、鍛えられる筋肉も限られ、自分の目的に合ったトレーニングができない可能性もあります。また、台数が少ないと取り合いになることもあるので、使いたいときに使えないという不便も出てきます。ジムを選ぶときは、できるだけマシンの種類や台数が多い施設を選びましょう

スタッフがマシンの使い方を丁寧に教えてくれること

スタッフのサポートが手厚いかどうかも、ジム選びの重要ポイントです。特に初めての方は、マシンの使い方がわからなくて戸惑ってしまうかも知れません。体験入店時にスタッフが正しい器具の使い方をきちんと指導してくれるようなジムなら、信頼して通うことができます。スタッフのサポート体制は店によって違いますが、運動は正しい方法で行わないと効果が出ないので、適切なアドバイスを行ってくれるジムを選びたいものです。

ロッカーや更衣室が必要な広さであること

ロッカーや更衣室の広さや使いやすさも、チェックポイントの1つです。隣の人との距離が近すぎる更衣室だと、ストレスになるだけでなく、トラブルの原因にもなりかねません。また、ロッカーのセキュリティも重要です。貴重品の保管はきちんとできるかどうか、ロッカーのスペースは十分に荷物や着替えを置ける広さかどうかなど、体験入店時に必ずチェックすることをおすすめします。

お風呂またはシャワールームが清潔であること

多くのジムには、トレーニング後に汗を流せるようにお風呂やシャワールームが併設されています。いくら設備が整っていても、お風呂に清潔感がなかったら気持ち良く通うことができませんよね。水回りが汚れていると、ウイルス感染なども心配になります。体験入店の際には、定期的な清掃がされているかしっかりチェックしましょう。

自分が通う時間帯に混雑していないこと

ジム通いで最もストレスを感じるのは、混雑が原因で思うようなトレーニングができないことです。体験入店の際には自分が通いたいと思う時間帯を選び、混み具合をチェックしておくのがおすすめです。台数が限られているマシンなどは順番待ちが必要になる場合もあるので、時間を無駄にしないように、あまり混んでいる場合は他の時間帯を考えるか、違うジムに行くことを考えましょう

初めてジムに通う前に知るべきマナー

完全個室のプライベートジムでない限り、一般的なスポーツジムでは、他の人の運動の妨げにならないように配慮することが必要です。これから紹介するジムでのマナーは、一見当たり前のことのようですが、気づかないうちに違反してしまうことも有り得るので、しっかり気に留めておいて下さい。

マシンは順番を守って使用する

ジムのマシンは、順番を守って使用しましょう。当たり前のことですが、気持ちよくトレーニングするために最も大切なルールの一つです。また、1つのマシンを長時間独占するのもやめましょう。マシンの数は限られているので、他に使いたい人がいるということを忘れてはいけません。ジムでたまに見かけるのが、トレーニングが終わっているのにマシンを占拠しておしゃべりをしている人の姿です。トレーニング後は、すみやかに順番を次の人に譲ってあげましょう

マシンを使うときは大きな音を立てない

マシンを使う時に、大きな音を立ててしまうと他の人の集中を妨げることになります。ダンベルやバーベルなどを大きな音が出るほど乱暴に投げ捨てたり、ガチャンガチャンと耳障りな音を立てながらマシンを動かしたりするのは大きなマナー違反です。器具によっては、音が出るような使い方をすると、故障の原因になることもあるので注意しましょう。

マシンを使ったらマシンについた汗をふく

マシンを使い終わったら、必ずマシンについた自分の汗を備え付けのタオルで拭いてから次の人に交代しましょう。誰でも他人の汗がついたものに触れるのは気分が悪いはずです。また、汗を放置すると、ブドウ球菌というウイルスが繁殖し、皮膚の感染症を引き起こす場合もあります。このような被害を与えないためにも、マシンが清潔な状態を保てるように常に気を配りましょう

トレーニング中に大声を出さない

 

トレーニング中に大きな声を出すのはマナー違反です。知り合いとのおしゃべりで大きな笑い声などを立てることもNGです。特に筋トレをしていると、力が入るあまり思わず声が出てしまう人もいますが、行き過ぎると迷惑行為になってしまいます。みんなが気持ちよくトレーニングを行える環境を保つことが、ジムを利用する人の最低限のマナーと言えるでしょう。

使用後はウエイトを元の位置に戻す

ウエイトを使用した際は、使用後に必ず元の位置に戻しましょう。バーベルのプレートや、他の器具に関しても同様です。他の人も使いやすいように、共同で使う物の位置を勝手に移動しないように気をつけましょう。マシンを使った場合も、使用後は運動の強度を一番軽い数値に戻しておくなど、次にトレーニングする人に対する心遣いが必要です。

ジム内のプールでのマナー

ジム内のプールを利用する際にも、マナーを守ることが重要です。みんながプールを気持ちよく使うことができるように、どんな点に気をつければ良いのでしょうか。利用者同士のトラブルも多い、プール内で守るべきマナーを4つご紹介します。

シャワーで汗を流してからプールに入る

シャワーで汗を流してからプールに入るのは大切なマナーです。衛生上の理由だけでなく、他の利用者に不快な思いをさせないためでもあります。特に、ジムでトレーニングした後は汗まみれになっているので、そのままプールに入るのは絶対にやめて下さい。トレーニング後にプールに入ることは、ストレッチ効果が得られて筋肉の回復が早まるのでおすすめですが、最低限のマナーを守って利用しましょう。

スイムキャップを着用する

プールに入る際には、マナーとして必ずスイムキャップを着用しましょう。特に髪の長い方は抜け毛が落ちやすく、キャップがないとプールを汚してしまいます。うっかり忘れてしまったときには、フロントで貸し出しがあるかどうか確認してみましょう。キャップを着用したほうが水の抵抗が少なく、運動効率も上げられるので、まずは忘れずに必ず着用することを心がけましょう。

メイクは落とすこと

プールに入る前にメイクは必ず落としましょう。他の人にすっぴんを見られたくないという理由で、メイクしたままプールに入っている人をたまに見かけますが、ファンデーションやマスカラなどが水の中で落ちると、水が汚く濁ってしまいます。他の利用者から注意され、トラブルに発展する事例もよくあります。プールに入るときはクレンジング剤を使用して、しっかりメイクを落としてから入ることを徹底しましょう。

プールでの追い越しは禁止

ジム内のプールでは、基本的にコースの途中で他の人を追い越すことが禁止されています。その理由は、まず追い越しのときに接触してケガをするリスクがあることです。また、自分のペースを守りたいがために、他人のペースを乱すことがマナー違反に当たるからです。プールのコースだけではなく、ジムは他の人と共同で使っているという意識を持ち、譲り合いの気持ちを忘れないことが、マナー違反をしないための心構えです。

まとめ

これからジム通いを始めたいという人は、まず通いやすさをポイントにしてジム選びをすると良いでしょう。体験入店時には、使いやすさや衛生面をチェックし、気持ちよく通える場所であるかどうか見極めるのも大切です。通いたいと思えるジムが見つかったら、初回のトレーニングの前に、ジムの基本的なマナーについて学んでおきましょう。ジムを利用する全ての人が、トレーニングに集中できる環境を作る意識を持つことがこれからジムに通う人には不可欠です。