意地悪な人への対処法!意地悪な人の特徴と心理も紹介します

職場に意地悪な人がいると、ストレスが溜まってしまう上、仕事もやりにくくなってしまいます。そんな意地悪な人をあしらうためには、どのような対処をしていけば良いのでしょうか。

  • 意地悪な人の特徴
  • 意地悪な人の心理
  • 意地悪な人への対処法

についてご紹介します。

意地悪な人の特徴

意地悪な人にはどのような特徴があるのでしょうか。身の周りにこのような人がいるかどうか、チェックしてみてください。

平気で嘘をつく

意地悪な人ほど、自分が優位に立つために平気で嘘をつきます。普通の人ならば、嘘をつくことに抵抗があるものですが、意地悪な人は自分が人よりも優位に立っていれば他は考慮しないため、嘘をつくことも平気です。

相手の気持ちを理解しない

何かを発言する際には、普通の人は相手の気持ちを考えて言葉を選ぶものです。相手の事情を理解しようとつとめるのが普通です。

これに対して意地悪な人は、自分と他者を極端に区分けして自分を第一に置くため、相手の気持ちを理解しようとすらしません。どうあっても自分第一で他者への配慮はせず、その場を切り抜けることだけに集中します。

ミスや失敗に対するアラ探しをする

意地悪な人は、誰かが犯してしまったミスを執拗に責め立てて、その人よりも自分の方が確実に優位であることを立証しようとします。また、自分の優位を保つために論理のアラ探しをする傾向が強いです。

組織のためにはある程度ミスを叱ることも必要ですが、こういったアラ探しや執拗な責め立ては単に自分が優位に立つことだけを目的としており、「叱る」とは言えません。

プライドが高い

自分第一主義な考え方をする意地悪な人ほど、プライドが高い傾向にあります。自尊心を維持するため必要以上に他者をけなす、と考えると分かりやすいかもしれません。職場でスムーズに過ごしたいと考えるなら、プライドを捨ててコミュニケーションを取ることも必要です。

無理難題を押し付ける

意地悪な人は無理難題を相手に押し付けて、周囲からその人が無能だと評価されるように仕向けます。仕事をこなせない人、というレッテルを無理やり貼りつけることで、自分が優位であることを示そうとする傾向にあります。

相手によって態度を変えている

意地悪な人は自分よりも確実に能力が上な存在に対して、決定的に態度を変えます。自分の上司には媚びて、部下にはキツくあたるといった人はよく見かけます。部下に対して意地悪をすることで、自分が能力のある人間だと示したいのだと考えられます。

意地悪な人の心理

意地悪ばかりする人は、どのようなことを考えた上で意地悪を実行に移すのでしょうか。意地悪な人の心理と、その原因について見ていきましょう。

劣等感を抱えている

意地悪な人は、自分が人よりも劣っているということを熟知しています。そして、劣っていることを他人に悟られまいと行動します。劣等感は、ときには自分の成長へとつながるものですが、極度に持っていると、ろくに努力もせず他者を蹴落とすという方法に出てしまいます。

劣等感を持つことは悪いとは言い切れませんが、他者を落として自分の劣等感を解消しようとするのは間違いです。

自分が優位に立ちたいと考えている

意地悪な人は自分と他人を比較して、自分の方が上であることを示し優位に立ちたいと考えています。通常ならば同じ土俵に立って努力を重ね、能力をつけて優位に立てるよう心掛けるものですが、意地悪な人は相手を土俵から蹴落とすことに尽力します。

自分の能力が変わらなくても、相手が落ちてくれれば優位な状態が作られますので、より手軽で疲れないこの方法に出るというわけです。

相手が困っていることを見たいドS気質

相手の困っている姿を見て悦に入るドS気質を持っている、というケースも考えられます。自分の愉悦のために、他者の心情は考慮せず、自分勝手に振る舞って快楽を得るという流れで意地悪な行為に至ります。

相手を自分と同じ人間にしたい

相手を取り込み、味方を増やしたいという思いから、自分に合わせるように行動させようとするというケースもあります。本人からしたら「教育」のつもりで行動を起こしているものの、相手からその行動が「意地悪」だと感じられてしまうという齟齬が発生しています。

自分が正しいと思い込んでいる人ほど、このケースに陥りやすいです。

弱みを隠したい

自分が持っている弱みを隠したいと思い、他者に弱みについて触れさせないために意地悪な行為に至るケースもあります。相手に自分の弱みについて考えさせるスキを与えないことが目的です。

実は意地悪をする意味がない

目的や意味もなく、なんとなく意地悪な行為に至るというケースもあります。無意味な嘘をついてみたり、無意味に攻撃的な態度を取ってみたりといったケースが具体例として挙げられます。

「ただなんとなく」という短絡的な行動により被害を受けるのは腹が立ちますが、他の原因と比べると、改心してくれる余地がある分マシかもしれません。本人が意地悪をしていると自覚できれば、今後の改心に期待できます。

意地悪な人への対処法

それでは最後に、意地悪な人にはどのように対処していけば良いのかについてご紹介していきます。意地悪への対抗策を身につけて、ストレス源を断ってみてください。

相手の悪口を逆手に取る

もらった悪口は、自分の欠点を指摘してくれているとも捉えられます。悪口を逆手に取って、言われたらまずは「指摘してくれてありがとうございます」と感謝の言葉を述べてみてください。

悪口を言われるということは、同時に自分に不足している部分があるということも意味しています。悪口を真に受ける必要はありませんが、「そう捉える人もいる」と考えられれば、前向きな姿勢を維持できます。

悪口を言われると、どうしてもネガティブな気持ちになってしまいがちですが、このように前向きに捉えられれば、悪口を活用して自分を成長させることも可能です。

自分の意思を冷静に伝える

意地悪をされたら、ついカッとなってしまうものです。そして、冷静さを失ったまま売り言葉に買い言葉になってしまって、喧嘩へと発展することもあります。また、立場上喧嘩ができず一方的に言われるがままになって、ストレスがたまってしまうというケースもあります。

こういった場合、まずは冷静になることが必要です。気持ちを伝える際には、感情的に反論しても逆効果になってしまいます。意思を正確に伝えるためにも、一度冷静になって具体的な言葉を用いて反論してみてください。

論理立てて説明する

意地悪に対抗するときは、必ず自分の行動を論理立てて説明するように心掛けてください。意地悪な人は論理が大好きですので、ぐうの音も出ないほどきちんと論理が成り立っていれば、意地悪をやめてくれる可能性が高いです。

なぜその行動をしたのか、なぜ必要だったのかといったように、「なぜ」という言葉で論理を構築した上で説明してみてください。

なるべく関わらない

何をしても意地悪ばかりされたり、悪口ばかり言われたりする場合には、可能な限り距離を取るという方法も有効です。ストレスの原因がその相手にあるわけですから、必要以上にその相手に近づかないことで、ストレスを最小限に抑えることができます。

仕事上必要となる会話以外は避けて、悪口を言われても知らないフリを続けてみてください。必要以上に相手の言葉にのったり、相手にしたりすると、状況がさらに悪化してしまう可能性がありますので注意しましょう。

ストレス源には近づかない、これさえ守っていれば、ストレスを必要以上に背負い込むこともありません。

まとめ

意地悪な人は、その原因が劣等感にあることが多いです。劣等感を感じるからこそ、誰かに意地悪をして、その人を蹴落とし、自分が優位であろうとするわけです。

意地悪な人にもそれなりの考えがあって行為に移している、と割り切ることも必要となります。まずは意地悪な人にあまり近づかないように心掛け、意地悪をされたときには、状況に応じて感謝をしたり反論したりするのも良いでしょう。