オムライスを炊飯器で作る!基本的な作り方やアレンジレシピも解説

炊飯器でオムライスを作ることには、炊き上がりまでに手があき、その間に別の作業ができるなどのメリットがあります。今回は調理師免許ホルダーであるIGさん提供の情報を基に、基本の作り方やアレンジレシピについてまとめました。料理経験のない方でもチャレンジしやすいので、興味のある方はぜひご覧ください。

炊飯器を使ったオムライスの作り方

炊飯器を使用してオムライスを完成させるには、炊飯器側でチキンライスを作る作業と、フライパン側でチキンライスにのせる卵を作る作業があります。作る方法についての詳細を確認しておきましょう。

炊飯器側の作業:チキンライスを作る

まずは炊飯器でチキンライスを作りましょう。手順については以下の通りです。

<手順1>
たまねぎ2分の1個をみじん切りにし、鶏モモ肉大1枚(300グラム)をひと口大に切る。

<手順2>
米2合をとぎ炊飯器に入れ、顆粒コンソメ小さじ2、トマトケチャップ大さじ6、水をメモリまで入れて全体を混ぜる。

<手順3>
みじん切りにしたたまねぎ、ひと口大に切った鶏モモ肉をのせて炊飯器のスイッチをオンにする。

<手順4>
炊き上がり後、塩コショウをして全体を混ぜる

なお、食べる量には個人差があるものですが、使用する材料は3~4人分を想定しています。

フライパン側の作業:チキンライスにのせる卵を作る

炊飯器側の炊き上がりにあわせて、チキンライスにのせる卵を作りましょう。手順は以下の通りです。

<手順1>
ボウルに卵2個、マヨネーズ大さじ1、牛乳大さじ1を入れてよく混ぜ卵液を作る

<手順2>
フライパンにバターを大さじ1入れ、溶けて全体にひろがったところに卵液を流し込む

<手順3>
かき混ぜながらトロトロにし、そのままチキンライスにのせれば完成

チキンライスにのせる卵の材料については、1人分を想定しています。お好みでケチャップやソースをかけるのも良いでしょう。彩りを良くするため、乾燥のものでも良いのでパセリを混ぜ入れるのもアリです。

炊飯器でオムライスを作る際のコツやポイント

米を炊くときには水の量に注意する、バターは焦げないようにするなど、炊飯器を使ってオムライスを作るにあたって押さえておきたいコツやポイントがあります。具体的な内容をまとめましたので、チェックしておきましょう。

米の炊き方は水の量に気をつける

米を炊くとき、水の量は多過ぎないように注意しましょう。今回ご紹介しているレシピでは、すでに水分を含むケチャップを調味料として投入しているために、水の量が多過ぎるとベチャベチャした仕上がりの原因になります。また、新米を使用する際には、米自体の水分含有量が多いため、やや少なめの水で炊くのがポイントです。

たまねぎは切り方や投入のタイミングで味・食感が変わる

粗みじんにすることによって、たまねぎの存在感や甘みが感じられます。また、手間は少しかかってしまいますが、たまねぎを米と一緒に炊かない方法も良いでしょう。フライパンで炒めたたまねぎを、炊き上がったチキンライスと混ぜることによって、たまねぎの食感が楽しめます。

バターは焦がさない

焦げると料理の色や風味を悪くしてしまいます。とくにバターはすぐ焦げるため、気をつけなければいけません。溶かしはじめたら、目を離さずに手早く作業しましょう。炊飯器側での作業と違ってフライパン側での作業は、ある程度は慣れが必要といえるかもしれません。

なお、バターに関しては、炊き上がりのチキンライスにお好みで混ぜ入れると、香りが良くより美味しく食べることができるでしょう。

ふわふわ卵の作り方

卵液を作るときにはよくよくかき混ぜておくのが、ふわふわの卵を作るためのポイントのひとつです。また、卵液を流し入れる前には十分にフライパンを熱し、バターを溶かして流し入れたあとは素早く大きくかき混ぜる、そして火を通し過ぎないないのが上手くいくための秘訣です。

炊飯器でチキンライスを作る際のよくある失敗と対処法

炊飯器を使ってチキンライスを作るわけですので、炊き上がりには注意したいところです。よくレシピを参考にしてやってみたのに上手くできなかったと嘆いている方がいますが、同じ失敗をしないための要点をピックアップしました。

芯が残る

炊飯器で作る料理で多いのが、米の芯が残ってしまう問題です。これは、吸水が不十分であるために起こっています。このほか、材料を混ぜ込んで炊いたことも要因です。米は炊く前に30~60分を目安に吸水させ、ザルにあげて調味料を投入し、炊飯します。そのほかの材料は投入して混ぜるのではなく米の上にのせるというのを守りましょう。

ベチャベチャになる

水分量が多過ぎるのが原因で、炊き上がりがベチャベチャになっていると考えることができます。単純な水の量だけでなく、調味料や具材から出る水分量にも注意して米を炊くのが、ベチャっとした仕上がりを避けるためには重要です。調味料や具材、水の量を抑えてみて、使っている炊飯器でのベストな状態を見つけましょう。

味や色が均一でない

具材をのせるのではなく混ぜ込んだ上で炊く、調味料や具材を投入後すぐに炊かなかったことによって、この問題が起こる可能性が高いです。とくにタイマー機能を使った場合、時間経過と共に調味料は下へと沈み込みます。すると、下の米ばかり濃い味に浸からせることになるのです。また、調味料と具材を投入後すぐに炊飯しないのは、芯が残る原因にもなります。

炊飯器でオムライスを作る際にオススメのワンポイントアドバイス

上手に炊飯器でオムライスを作るコツやポイントについてはすでに述べた通りです。そのほかに、子ども好みのチキンライスやお弁当向きな味付けについてチェックしておきましょう。

子ども好みのチキンライスを作る方法

炊き上がり後のチキンライスにバターを混ぜ入れて香りや味を良くする、パセリのみじん切りをまぶして彩を良くするといったテクニックがあります。また、スイートコーン缶を入れることによって、甘さを感じられる子ども好みのチキンライスに仕上げることができるでしょう。

お弁当にも適した味付けにする方法

お弁当というと作りたての状態で食べられないのが普通です。炊飯器でのオムライス作りでは、冷めても美味しく食べられる方法があります。たとえば、味の好みに合わないわけでないのであれば、スターソースを少々加えるのも良いでしょう。たったのひと手間で濃いめの味付けになり、冷めても美味しさを感じられます。

炊飯器で作るチキンライスのアレンジレシピ

今回ご紹介した基本のレシピ以外にも、飽きがこないようにアレンジのしかたを知っておきたい方もいるでしょう。そのような方のため、炊飯器で作るチキンライスのアレンジレシピをご紹介しましょう。

ガーリックライス

鶏肉を使用するのではなく、その代わりとして海老や海鮮ミックスを使います。2片のにんにくをみじん切りにし、ケチャップではなくバター大さじ2を使いましょう。調理の仕上げに塩コショウ、お好みでパセリのみじん切りをまぶせばガーリックライスのできあがりです。なお、海老や海鮮ミックスはあらかじめバターで炒め、炊くときの水分はやや少なめにするのが良いでしょう。

カオマンガイ(シンガポールチキンライス)

調味料を変更することによって、いとも簡単に東南アジアスタイルのチキンライスが味わえます。鶏ガラ顆粒大さじ2分の1、すりおろしにんにく小さじ2分の1、すりおろししょうが2分の1を調味料として投入しましょう。お好みで鶏肉を増量するのも良いです。

まとめ

炊飯器でオムライスを作る方法は、アレンジの幅もあり、飽きにくいと感じるのではないでしょうか。大人だけでなく子どもも楽しめ、さらにお弁当として美味しく食べる作り方も挙げましたので、活躍する場面は多くあるはずです。料理経験が浅いとはじめは上手くいかないかもしれませんが、今回ご紹介した内容を参考に、ぜひモノにしてください。