服を処分するメリットと服を上手に処分する5つの方法

着なくなった服がどんどんクローゼットに溜まっていく、という方は意外に多いのではないでしょうか。特に女性の方だと、こうした傾向は多いと考えられます。

そこで、ここでは

  • 着なくなった服を処分するメリット
  • 着なくなった服を処分する5つの方法
  • 処分しないで!服を寄付するという新しい試み

と、服を処分するメリットについてまとめてみました。また、服を上手に処分する方法についてもご紹介するので、困っている方はぜひ参考にしてくださいね。

着なくなった服を処分するメリット

着なくなった服を処分することで、収納スペースを増やすことができます。また、要らないものを処分することで気持ちもスッキリしますし、服選びにも時間がかからなくなるでしょう。

ここでは、不要な服を処分するメリットをお伝えします。

収納スペースがアップする

着なくなった服が増えてしまうと、どうしても収納スペースを圧迫してしまいます。きちんと整理していても、衣装箱がいっぱいになりますし、クローゼットの中がごちゃごちゃになるということもあるでしょう。

不要になった服を処分することによって、収納スペースを増やすことができます。新しく買った服も余裕で収納できるようになりますし、キレイに片づけることもできるでしょう。新しい服を買うときに「収納スペースがないからなぁ」と頭を悩ませることもなくなりますよ。

気持ちがスッキリする

服をたくさん持っている方の中には、部屋の中がいつも衣服で散らかっている、という方もいます。部屋が散らかっていると、集中力も乱れてしまいますし、雑念を抱いてしまうと言われています。

要らない服を処分することで、気持ちがスッキリするというメリットがあります。断捨離、という言葉を最近よく耳にしますが、断捨離も気持ちをスッキリさせる、という目的で行われることが多いですね。不要なものが部屋からなくなるだけで、見た目がスッキリする上に気持ちも爽やかになります

服選びに時間がかからなくなる

服をたくさん持っていると、外出するときの服選びにも時間がかかってしまいます。女性だと、出かける前にはメイクもしますし、さらに服選びとなると相当な時間がかかりますよね。選択肢が多いほど、何を着ていこうかと迷ってしまいます。

着なくなった服を処分すれば、このようなこともなくなります。選べる服が限られるので、短時間でサッと服を選べるのはメリットでしょう。服を選ぶ時間が短くなれば、外出するときもスムーズですし、ほかのことに時間を有効活用できるようにもなります。

余計な物を買わなくて済むので経済的

持っている服が多すぎると、衣装ケースなどもどんどん増えてしまいます。衣装ケースはただでさえ嵩張りますし、それが収納スペースを圧迫することも珍しくありません。また、除湿剤や虫食い防止剤なども多めに必要になります。

つまり、服が多いとそれだけ余分な出費が増えてしまうというデメリットがあるのです。定期的にクリーニングに出すとしたら、その分の費用もかかります。着なくなった服を処分することで、経済的になるのは大きなメリットと言えるでしょう。

着なくなった服を処分する5つの方法

着なくなった服を処分するには、どのような方法があるのでしょうか。ゴミとして処分する方法のほかにも、友達にあげる、フリーマーケットやネットオークションで処分することも可能です。

ここでは、着なくなった服を処分する方法をご紹介しましょう。

ゴミとして処分する

もっとも手っ取り早く処分したいのなら、ゴミとして捨ててしまいましょう。衣服なら、ほとんどのものは可燃ゴミとして出すことができます。指定のゴミ袋に詰めて、あとは決められた日時に出すだけで、自治体のゴミ収集車が持っていってくれます。

もっとも手軽に処分できる方法ですが、思い出のある服を捨てるという行為に抵抗がある方もいます。捨ててしまうのはもったいない、着ないけど捨てるのはちょっと、と考えてしまう方もいるでしょう。ゴミとして処分するなら、強い意志を持って行動に移してください

友達にあげる

友達や知人などにあげる、という方法もあります。人によっては、貰い物の服など着たくないという方もいるでしょうが、抵抗のない人なら喜んでもらってくれるでしょう。自宅に招き、欲しいものだけ持っていってもらうのがおススメです。

注意点としては、自分とスタイルの似ている人にあげるということですね。あまりにもスタイルが違いすぎると、友達にイラっとされてしまうかもしれません。また、自分が要らないからと押し付けるようにしてしまうと、友達をなくしてしまうかもしれません。注意してください。

フリーマーケット

フリーマーケットに出店してみましょう。フリーマーケットは至るところで開催されていますし、売れるものが多いのならおススメです。値段が高すぎると誰も買ってくれない可能性もあるので、その辺は注意してください。

着なくなった服、不要な服なら、二束三文の価格でも十分でしょう。ゴミとして出してしまえば1円にもならないわけですし、それを考えると、多少なりともお金になるのはメリットです。常識の範囲内で、上手に価格を設定して販売してください

オークション

ネットオークションに出品して処分する方法です。自分にとってはいらない服でも、人から見れば欲しいと思えるものもあります。中には、「ずっと前から探していた」という方が落札してくれる可能性もあります。

想像以上に高値で売れることもあるので、ネットオークションでの売買はおススメです。ただ、ネットでのやり取りなので、落札者とトラブルになることもあります。そうしたリスクは覚えておきましょう。また、アカウントがないのなら、まずはアカウントを開設しなくてはなりません

売却

古着買取店やリサイクルショップ、ネット買取サービスなどを利用する手もあります。リサイクルショップや古着買取店が近くにあるのなら、直接処分したいものを持ち込んでみましょう。

出張買取や宅配買取を行っている業者なら、自宅に居ながら売却が可能です。リサイクルショップでも、出張買取を行っているケースがあるので、確認してみましょう。また、なるべく高値で売りたい、と考えているのなら、複数の業者で査定を受けてみてください。複数社で査定を受け、もっとも高値がついたところに売却しましょう。

処分しないで!服を寄付するという新しい試み

服を処分してしまうのは簡単なことですが、ここでご紹介するのは寄付するという新たな試みです。自分にとっては不要な服でも、世の中にはその服を必要としている人がたくさんいます。

ここでは、要らなくなった服を寄付できるサービスを2つご紹介しましょう。

古着deワクチン

着なくなった古着を送り、ワクチンに換えて世界中の必要な人に送るという試みです。もちろん、送った服も再利用してもらえるので、一石二鳥の試みと言えるでしょう。衣服だけでなくバッグや靴、服飾雑貨なども寄付できます。

申し込みはネットから簡単にできます。専用のショッピングサイトから、古着deワクチンを購入すると、自宅に専用の回収キットと着払い伝票が届きます。あとは、寄付したい服やバッグなどを回収キットに詰めて、着払い伝票をつけて送るだけです。部屋が片づくだけでなく、世界中の困っている人の役にも立てる処分方法ですね。

フクサポ

フクサポも、処分したい服を送ることで再利用してもらえる試みです。古着のリユース、リサイクル業を運営している企業が行っているプロジェクトで、貴重な資源を有効活用する活動になっています。

不要な衣類をダンボールに詰め、ネットから申し込みをすると指定した日に集荷してもらえます。衣類の査定金額相当を寄付でき、古着はそのまま世界中に送られていきます。寄付した支援金は、カンボジアでの地雷や不発弾の撤去、子ども兵社会復帰支援センターでの給食などに使われます

まとめ

服を処分する方法は、大きく分けてゴミとして捨てる方法、友達にあげる方法、売る方法と3つあります。とりあえずすぐにでも処分してしまいたい、という場合は、ゴミとして捨てましょう。

少しでもお金に換えたいのなら、リサイクルショップや買取店、オークションですね。最後にご紹介した、寄付という試みも素敵なので、興味がある方はぜひ試してくださいね。