過酸化ナトリウムで家中ピカピカ!便利な活用方法と取扱い注意点

過酸化ナトリウムが家事に役立つ、という事実をご存じでしょうか。テレビでも紹介されましたし、SNSでも拡散されるなど話題になっていますね。しかし、過酸化ナトリウムをどのようにして、家事に役立てるのでしょうか。

ここでは、

  • 過酸化ナトリウムが家事に使える!
  • 過酸化ナトリウムのキッチンでの活用法
  • 過酸化ナトリウムで洗濯する方法
  • 過酸化ナトリウムで洗濯するメリット
  • 過酸化ナトリウムで掃除をする方法

と、過酸化ナトリウムを普段の家事で活用する方法、取り扱いにおける注意点などについてまとめてみました。

過酸化ナトリウムが家事に使える!

過酸化ナトリウムは、炭酸ナトリウムと過酸化水素を2:3の割合で混ぜたものです。強力な酸化力があるため、除菌や消臭力に優れており、洗濯や掃除で活用できます。

ここでは、過酸化ナトリウムが家事に使える理由をお伝えしましょう。

過酸化ナトリウムとは酸素系漂白剤のこと

過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)3kg

そもそも、過酸化ナトリウムとはどんなものなの?と思った方もいるでしょう。過酸化ナトリウムは、酸素系漂白剤のことで、過酸化水素と炭酸ナトリウムを混ぜたものです。

漂白剤として市販されているものに多く使われていますし、白くなることをアピールしている製品にはたいてい使われています。酸素系漂白剤は、活性酸素が汚れを化学的に分解するため、ほかのアルカリ剤に比べて高い洗浄力を持ちます

漂白剤でありながらツンとしたニオイがない

漂白剤をよく使う方だとご存じかもしれませんが、漂白剤は比較的ニオイがきついです。特に、塩素系の漂白剤だとアルカリ性が強く、塩素系のツンとした嫌なニオイがあります。しかし、過酸化ナトリウムにはそれがありません

酸素系漂白剤には、液体のものと粉末状のものがありますが、液体のものは弱酸性です。粉末のものは弱アルカリ性で、ツンとした嫌なニオイもありません。

酸化作用があるため除菌や消臭にも優れている

過酸化ナトリウムには、強力な除菌、消臭力があります。酸化作用があるので、細菌や雑菌を除去するのに適していますし、嫌なニオイを取り除いてくれる力もあるのです。これが洗濯や掃除に使える、と言われている理由でしょう。

その強力な酸化力を活かし、パイプクリーナーや洗濯槽クリーナーなどとしても使えるポテンシャルを秘めています。これも過酸化ナトリウムの魅力であり特徴と言えるでしょう。

比較的安全な成分で子どもやペットがいても使える

過酸化ナトリウムは、比較的安全な成分を使用しているため安心です。小さなお子さんやペットと一緒に暮らしている家庭でも、特に問題なく使用できるのは魅力的ですね。使用後は炭酸ソーダと酸素、水に分解され、環境への負担も最小限です。

また、使用したあとは殺菌作用を失うのも過酸化ナトリウムの特徴です。塩素系漂白剤だと、使用後も殺菌作用が残るため危険性が残りますが、過酸化ナトリウムではそれがありません。

過酸化ナトリウムのキッチンでの活用法

ここでは、過酸化ナトリウムをキッチンで活用する方法についてご紹介します。食器洗い機の洗剤として、まな板やふきんの漂白などに活用できます。

過酸化ナトリウムの力で、キッチンをいつもピカピカにしておきましょう。

食器洗い機の洗剤

食器洗い機を導入しているのなら、その洗剤として使用することができます。食器洗い機にもさまざまな機種がありますが、4~5人用のものだと、小さじ1杯、約5gが目安です。食器の量によっても変わってきます。

汚れ具合によっても使用する量は変わってくるので、その辺は調整してください。また、事前に食べ残しやカレールー、ソースなどはふき取っておくとしっかり汚れを落とせます。

まな板やふきんの漂白

毎日使用するまな板は、どうしても変色してしまいがちです。こうしたまな板の漂白も、過酸化ナトリウムを使えばできてしまうのです。まずは、たらいなどにお湯を張り、過酸化ナトリウムを大さじ1杯分溶かしてください。

漂白、除菌したいものをまとめ、先ほどの水溶液に1時間ほど浸け置きします。あとは、水でよくすすげば驚くほどキレイになりますよ。汚れたふきんなどもキレイにできます。

過酸化ナトリウムで洗濯する方法

過酸化ナトリウムは、洗濯でも活用できます。油による汚れをしっかりと落とすことができるだけでなく、活性酸素によって汚れを分解する働きもあるのです。

ここでは、過酸化ナトリウムを洗濯で活用する方法をお伝えしましょう。

洗濯機に水50リットルに対して過炭酸ナトリウム大さじ3~4杯入れて洗う

方法は簡単で、洗濯機に過酸化ナトリウムを入れて洗うだけです。過酸化ナトリウムを入れる量ですが、洗濯機の水50リットルに対し、過酸化ナトリウムを大さじ3~4杯ほど入れましょう。

特別なプロセスも必要ありませんし、過酸化ナトリウムを適量入れるだけで、いつもよりキレイに仕上がると言われています。ぜひ試してみましょう。

20分程度の浸け置き洗いでキレイになる

あらかじめ、浸け置きしておくと効果的に汚れを落とすことができます。そのため、頑固な汚れを落としたいとき、いつもよりキレイに洗いたいのなら、20分ほど浸け置き洗いしてみましょう。

また、洗濯や浸け置きのときに、お湯を使うことでさらに効果を高められます。効果的に洗濯したいときは、お湯や浸け置きをしてみましょう。

衣類の浸け置き漂白は40度のお湯5? に大さじ3~4の過炭酸ナトリウムで可能

浸け置きで衣類を漂白したいのなら、40度前後のお湯を用意しましょう。お湯5リットルに対し、大さじ3~4杯程度の過酸化ナトリウムが適量となります。浸け置きする時間は、だいたい1時間くらいでよいでしょう。

お湯の温度をなるべく冷まさないのがポイントです。そのため、お湯の温度が下がらないように、蓋をしておくと効果的ですね。より漂白効果が高くなりますよ。

液体洗濯用合成洗剤や無添加粉石けんの補助剤としても使える

液体洗濯用合成洗剤を普段から使用している方もいるでしょうし、無添加粉石けんを使っている方もいるでしょう。過酸化ナトリウムは、これらの補助剤としても使用することができます

液体洗濯用合成洗剤ではあまりキレイにならない、というときには、過酸化ナトリウムを少し加えてみましょう。それだけで、随分仕上がりが違ってきます。

過酸化ナトリウムで洗濯するメリット

過酸化ナトリウムを洗濯に使用するメリットとは、いったい何なのでしょうか。わざわざ、過酸化ナトリウムを使用するメリットがあるのでしょうか。

ここでは、過酸化ナトリウムを使用した洗濯のメリットについてお伝えします。

セスキ炭酸ソーダや炭酸塩などに比べて洗浄力が高い

洗浄力の高さが1つのメリットと言えるでしょう。本来は漂白剤なのですが、これだけでも十分洗濯ができるだけのポテンシャルを秘めています。水の溶けたときに発生する活性酸素が、汚れを化学的に分解するからです。

セスキ炭酸ソーダや、炭酸塩などのアルカリ剤と比較しても、その洗浄力はずば抜けています。さっぱりとした洗いあがりになるのは大きなメリットと言えるでしょう。

水の硬度に影響されない

水の硬度が高いと、十分な洗浄力を得られないときがあります。すすぎのときに、大量の洗剤、石けんのカスが残ってしまうということも少なくありません。しかし、過酸化ナトリウムでの洗濯だとそれがないのです。

水の硬度に影響されることなく、どのような水でも高い洗浄力でしっかりと汚れを落としてくれます。これも過酸化ナトリウムならではのメリットです。

酸素系漂白剤を使えるものなら使用できる

化学繊維や麻、木綿など、酸素系漂白剤を使えるものなら何でも洗うことができます。化学繊維でも、白物、柄物など関係なく使用できるので、洗うものをあまり選びません。

合繊洗剤から、石けん洗剤に変えたばかりのときにも適しています。一方、絹や毛皮製品、自然素材の飾りなどがついているものは、過酸化ナトリウムでの洗濯に向いていません。

過酸化ナトリウムで掃除をする方法

過酸化ナトリウムを使用すれば、キッチンだけでなくお風呂や浴室などの掃除もできます。ここでは、過酸化ナトリウムを使用して、掃除をする方法についてご紹介します。

お風呂の小物、浴室のカビ取りにも使えますよ。

お風呂の小物

お風呂で使用している小物の汚れを落とし、しっかり除菌することができます。お風呂場の小物は、雑菌も繁殖しやすいので、定期的に除菌したいものですね。過酸化ナトリウムを使用すれば、それが可能になります。

やり方は簡単で、小物類を全部浴槽に入れ、過酸化ナトリウムを混ぜて一晩浸け置きすれば汚れを落とせます。カビ防止にもなるので、一石二鳥ですよ。

浴室のカビ取り

浴室に発生するカビに悩まされていませんか?浴室のカビも、過酸化ナトリウムで解決できます。500mlのぬるま湯に、小さじ一杯の過酸化ナトリウムが必要です。これを混ぜてよく溶かし、歯ブラシや刷毛でカビの生えたところに塗ってください。

しばらく放置したあと、水をかけながら優しく洗い流しましょう。強くこすると素材に傷をつけてしまうので注意してください。

溜まっている洗濯槽のカビの除去

洗濯槽は、どうしてもカビが発生しやすいです。パッと見はキレイに見えても、洗濯槽から変なニオイがする、といった場合にはカビが発生していると考えて差し支えないでしょう。このようなときは、過酸化ナトリウムで掃除してあげましょう。

過酸化ナトリウムを入れて、通常の洗濯をします。しっかりカビを落としたいのなら、途中で一時停止してそのまま放置しておきましょう。1~2時間放置して、排水します。

排水口のぬめりの除去

気になる排水溝のぬめりを除去することができます。排水溝の蓋やフィルターは、バケツに入れて、過酸化ナトリウムを入れて浸け置きしましょう。過酸化ナトリウムは30gほど入れれば大丈夫です。

浸け置きするときのお湯は、50度くらいです。お湯が冷めないよう、新聞紙などで蓋をしてください。排水溝そのものにも、過酸化ナトリウムをふりかけ、50度のお湯で流していきます。

過酸化ナトリウムの注意点

過酸化ナトリウムは、うまく使えば家事に役立ちますが、いくつか注意点もあります。使用しているときに目に入ったときは、すぐ生理食塩水で洗い流してください。また、保存時はガス抜き機能のある専用容器を使いましょう。

目に入ったら生理食塩水で洗い流す

過酸化ナトリウムを使っているとき、誤って目に入ってしまうということも考えられます。過酸化ナトリウムはアルカリ性なので、目に入ったらすぐにキレイな水で洗い流してください。生理食塩水ならなおよいでしょう。

それでも痛みが残るようなら、医療機関で診察を受けましょう。目はデリケートな部分なので、失明や視力を悪くする恐れもあります。

保存するときはガス抜き機能のある専用の容器を使用する

過酸化水素が容器の中で溜まり続けると、容器が変形したり、破損したりするようなこともあります。そのため、保存するときには、ガス抜き機能のある保存容器を使用するようにしましょう。

市販されている過酸化ナトリウムも、パッケージには小さな穴が開いています。

まとめ

過酸化ナトリウムを上手に活用することで、家中をピカピカにできます。キッチンや浴室もキレイにできますし、洗濯でも活用できるのです。

使用することで得られるメリットはたくさんあるので、ぜひ今日からでも家事に役立ててみましょう。最後にお伝えした、扱うときの注意点についてはしっかり覚えておいてくださいね。